« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の27件の記事

2011年8月31日 (水)

市民とともに!

本日、泉大津市議会の議会改革検討委員会が開かれた。会派を代表しての委員になっている。これまでの4回は、正副委員長の選出、会議の進め方などの確認事項が中心だったが、本格的な議論がはじまったsign01

これまでは、経過なども含めての確認持ち帰り事項を、会派で検討して会議に望んできた。今回からは、検討事項をまずは出し合い、それぞれに考え方や思いなどを自分の考えを意見として出し合っていくsign03質問も受けるcoldsweats01

意見を言うのは正直緊張するcoldsweats02が、会派立場の違いを超えて様々な意見が聞けるのは、新人議員ということもあり、勉強になる。

議会基本条例を作っていこうということでは全会派で一致しているshine

この条例は、ひらたく言えば「市民にひらかれた、市民とともに、市民に分かりやすい」議会を目指そうと、全国の議会でも制定する所が増えてきている。

今日の議論でも「議会が何をしているのかわからない?」という点で、一番議論が盛り上がった。最近は、議会報告会を開く、ホームページやブログなどで活動報告をすることが当たり前になってきているflair

4年前の選挙では多くの古参の議員が涙をのんだ。そうした人たちの中には、議会で一般質問などしたことがない、あまりしないなど、議員の活動が市民に評価されなかった人たちといえるのではないだろうか。

こうした中でも、わが党の8期32年努めた小林修平氏、6期24年の中口あきつ氏は、多数激戦で8人が落選したこの選挙で見事に当選を果たし、今年、それぞれ議席をバトンタッチをしていただいた。happy01

穴師地域の大大先輩の坂本輝夫氏は5期20年、その間、穴師ウィークとういうニュースを出してきた。その後を受け継いだ堀よし子氏も5期20年、こんにちは堀よし子ですというニュースを出してきた。

パソコンもない時代から、手書きで出されてきたこのニュースの分厚い原稿のファイルは、今は私の自宅にある。寄せられた多くの市民の声、多くの人と手を携えて、その解決に奔走する姿が浮かび上がっているgood

市民とともに、一貫して歩んできた歴史がこの地域にもあるnotesその歴史の重みを背負っているので、こうした改革は喜んで取り組んでいきたい。

2011年8月30日 (火)

総理大臣は何人目?

日本の新しい総理大臣が決まったsign01

それにしても、国民との約束を裏切り続けている民主党に対する期待が全くないので、興味も関心もわかないという人も多かっただろうsad

米国務省の報道官は記者会見で、この数年で何人目の首相かと聞かれ「知らないわ」と舌まで出して苦笑い交じりに言ったそうだ。相手にされていなくてもしかたがないと思ってしまうwobbly

ただし気をつけないといけない。何しろこの首相になる人は、消費税の大増税と、そのために自民・公明との大連立を言っている。

被災地復興を名目にした消費税増税は許されないangry大変な生活を強いられている被災地の人たちにも降りかかってくる。経済がいっそう冷え込むことは、これまでの増税の時をみても明らかだ。何もいいことはない。

財源がないというが、株取引などで大もうけをしている人たちには、証券優遇税制でもうけをおおまけにまけてあげている。法人税も引き下げられたままだし、おかげで大企業は内部留保金を溜め込んでいる。

本来の累進課税にもどし、大もうけをしている大企業からきちんと税金をとる。そして、軍事費5兆円、在日米軍に対するいわゆる「思いやり予算」は1,858億円で、それとは別に、

  • 基地周辺対策費など 1,739億円
  • 沖縄に関する特別行動委員会(SACO)関係費 101億円
  • 米軍再編関係費 1,161億円
  • 提供普通財産上試算(土地の賃料) 1,658億円(防衛省の予算外)
  • 基地交付金 394億円(防衛省の予算外、これのみ22年度予算の額)

驚くほどのお金が日本の国民の税金でまかなわれている。全部とはいかないが、少なくとも見直せば、多額の財源を確保できる。民主党の事業仕分けでも全く対象にせず、聖域にされてきた。

財界やアメリカに対してまともに物もいえない。大連立で、これまでの、自民・公明で推し進めてきた事に、民主も完全に逆戻りしたことが明確になった。

大連立するなら、国民に信を問うてからでしかできないはずだ。

各党で国民の税金を山分けしている政党助成金こそ、すぐにやめて被災地のために届けることすらしようとしないpout

2011年8月29日 (月)

療育の場がないんです!

今日は、午後から泉大津市内にある保健センターへ見学と懇談に行ったsign01

市民の健康をまもるために、様々な検診、予防接種、母子保健などをおこなっている。

特に、妊娠してから出産後の4ヶ月検診に始まる検診と、その時に分かったさまざまな母子の不安に対するフォローする育児相談、育児教室がたくさん行なわれている。shine

1歳半検診のときに、子どもの発達の遅れを指摘されることが多い。

親御さんにとっては認めたくないつらいことになるけど、発達相談などをうけて、子どもに応じた支援をその後に受けることで、将来の子どもにとって(親にとっても)決定的に違ってくる。wobbly

障害者の施設で働いていた時に、通いはじめた障害者の支援計画などを立てるときに、親御さんなどから、生育歴などを細かく聞いてきた。その人がどんな支援を受けて育ってきたのかsign02どんな環境で育ってきたのかをきちんと知ることで、現在の障害の状況とあわせてその人の状況をつかむ事ができるflair

乳幼児期にしっかりと発達相談を受けて、適切な支援を受けて、小学校や保育所などに入るまで療育施設で訓練や支援を受けれた場合と、そうでなかった場合では、同じくらいの障害でも、全く違ってしまうケースを何人も見てきたdespair

泉大津でも、検診やその後のフォロー教室や親子教室などはあっても、そのあとの療育の場が市内には全くない。angry

教室は月に3回程度で、親子関係や親の関わり方のきっかけ作りにすぎない。

やはり、毎日通える療育の場が近くになければ、本当にその子にとっての意味がある支援にはなかなかならない・・・・・・

財政難でお金がないということで、置き去りにされている。子どもたちの成長は待ってはくれない。お金が全くないわけではない。使い道の問題。市民ひとりひとりを大切にできる市政への転換がどうしても必要だnotes

2011年8月28日 (日)

世界柔道2011!日本がんばれ!

世界柔道2011が開催中sign01おかげで毎日寝不足だぁ~wobbly

高校の3年間だけだが、柔道部で汗を流したsweat01

今から思い返すと、何か漠然と日々の生活の中での物足りなさがあったように思うsign02

強くなりたいと、柔道部へ入ったように思うsign03

新設の高校だったので、練習は厳しかったが先輩もおらずで、ある意味自由におおらかにやることができた。

同じくらいの体格の人には、負けることはなかったが、高校クラスだと体重別ということがなく、昇段試験で当たった人が20cmくらいの体格差があり、あと1ポイント足りず、黒帯になれなかったことが、今でも悔いが残っているweep

その直後に練習中に、腰というか背中を痛めてそのまま受験もあって引退sad

それにしてももう少し早い時間に放送してほしい。生中継ならともかく、結局録画なのに夜中の12時半とかからしかはじまらない。なでしこジャパンの例を見ても、勝てば官軍とばかりにスポーツ報道はされるが、実際のスポーツ振興には国が真剣に取り組んでいないことや、企業お抱えのスポーツ推進の中で、この間の不景気でどんどん撤退しているangry

日本は前半戦は、金メダルラッシュで、福見VS浅利などの日本人対決もありもりあがったが、後半戦は、パワーを全面にしていざという時には逃げ回りながらまともにくまない、柔道とは言いがたい、強引な力づくでの、柔道にほんろううされてしまっている。despair

それでも、自分がしていたというひいき目はあるが、勝っても負けても必死でがんばる姿にはひきつけられてる。

おかげで、朝からちょっとふらふらだったが、しんぶん赤旗読者を増やそうという地域をまわる。この間相談にのっていた方が、読んでくれることにhappy01

本当に感謝、九州電力や北海道電力のやらせをスクープした、大企業や財界、アメリカ言いなりの他のしんぶんでは明らかにできない真実があるsign03

2011年8月27日 (土)

夏休みもあとわずか・・・

今日は下の子の登校日。ということは、朝の安全見守り、あわててて飛び起きたhappy02

自宅近くの交差点、朝の車rvcarの通行量が多くて危ないと聞き、4月の選挙の直後にはじめての仕事とおもい見に行ったeye

確かに、その交差点のすぐ近くにさらに道幅が狭くなっているところがあり、シルバー人材センターから派遣されている安全見守り員さんが立ってくれている。しかし、その手前の交差点で子どもたちがちゃんと信号を、歩道のある側に渡ってくれなかったら、その狭い危険なところに行ってしまうwobbly

あの交差点にもあと1人いてくれたらという事だった。とにかく実情把握も兼ねて、平日毎朝自分で立つことを決めて実行してきた。

実際に立ってみると、通るだけでは分からないことがよく分かる。角で待ち合わせをしている子どもたちのすぐ近くを曲がってくるcar車。内輪差が意外と食い込んでくる。大きなトレーラーがちょうど仕事はじまりで何台も通っていく。第二阪和から臨海方面へ、忠岡から泉大津市内への抜け道になっていて、急ぐ通勤の人の車がすごく多いなどなど・・・・

6月の議会では、議員団で役割分担して濱口議員が、市内の危険な交差点の安全見守り員の増員を求めた。議会前には2人で他の校区だが、大きな道が校区をまたぐ交差点を見て回る。

財政難を理由に減らすことはすぐにしても、増やすことはなかなかしようとしないsad近所の人が見るに見かねてボランティアで立ってくれているところもあると聞く、これも粘り強い取り組みが必要sign01

久しぶりに立ったが、みんな手に手にがんばって作った絵や作品を大事に持っての登校。中には、大作を大きな袋に入れて、額にしっかり入れたすてきな貼り絵、「見て見て」と筒状にした絵の中を見せてくれる子や「いわおさん」と声をかけてくれる子もいてうれしい限り、子どもたちの笑顔がまぶしい朝でしたhappy01

午前中は、楠小学校の親も参加しての草引きと側溝の泥だし、約1時間半でしたがsun暑い中、汗まみれに・・・参加されたみなさんお疲れ様でしたsign01

午後は、10月に行なわれる東大阪の市長選挙と市会議員選挙の支援にcarその帰り、空が真っ暗になり、突然の豪雨rain雷もthunder、高速道路で前が見えないくらい、渋滞かと思ったら、低いところに水がたまってみんな減速wobbly

警報も出ていたとかcoldsweats01ところが、帰ってきたらほぼ雨も通り過ぎたのかsign02

ラッキーnote

2011年8月26日 (金)

市政要望懇談会

議会を前に毎回行っている。毎回といっても自分自身は議員として2回目sign01

12人が参加。団体や地域で活動されている人たち。

今回もいろいろなご意見をear頂いた。

小学校支援クラスを担当されている先生からは、これまで介助員さんがしっかり担当してくれていたのに、今年度になって支援教員という形態になって1人で2人の自閉症の子を担当しなくてはいけなくなった。学年も違うため、別々の教室での授業もあり子どもも見通しがもてなくなり、度々パニックになってしまい、対応できない時は管理職の校長や教頭もが、付きっきりになっているという。

この時期に、しっかりと見通しをもって行動できるように、きちんと予定やどうするのかを伝えていくことが本当に大切。

商工関係の団体の方からは、利子補給制度の活用が特定の団体に加盟しているところしか受けることができない。この団体に入って会費などを払うことも大変なところにこそ必要な制度にもかかわらず、差別的な対応がされているとの話angry

国民健康保険料の減免制度が、74歳までは適用されていたのに75歳になったら市の制度が無くなってしまうために受けれない人が出てくるdespair

介護保険料では、いざという時のために残った分をためこんでおり、それを活用すれば引き下げもできるはずとの指摘を受けるflair

生活保護の決定明細書を、民生委員さんが担当地域の人に配布をしている。いまだにこうした対応をしている自治体は、府内でもごく少数になっているwobbly・・・・・プライバシーにも関わる重大な問題ということが、先日の大阪社会保障協議会の自治体キャラバンの交渉で明らかになり、今日も「やめてほしい」という当然の話が出された。

地デジ難民・・・・一方的にされて、TVtvをあきらめてしまっている人がいる。市に聞いても総務省の係を紹介されるだけで、それ以上の対応をしてくれない。

子ども医療費助成の年齢引き上げupなどなど、ここには書ききれない意見・要望

一度には難しいが、しっかりと受けとめて、がんばっていきたいgood

今日も日中は、大阪府との交渉に参加。夕方は泉大津駅でニュースを配布しながら、被災地支援と泉大津での対策を訴えるkaraokeこれについては、またの機会にnotes

2011年8月25日 (木)

大阪府交渉に参加しました。

今日は朝からこんにちは森下いわおですのニュースNo.3を、自分が住んでいる地域に配布。昨日の夜にしておきたかったが、配りはじめてすぐに雨rainで挫折。結局2コース500枚まとめてまくはめになり、2時間近くかかって・・・sweat01

市役所に行くのも遅くなり、やりたかった報告書も作れずdespair、農業委員会のあと急いで大阪府庁へ

今回の大阪府との交渉は、高石以南の8市4町の阪南地域の各自治体議会の日本共産党議員団として定期的に行なっているものsign01

ちょうど、学校安全対策交付金の項目。大阪府や橋本知事は、子どもたちに笑顔をといいながら、バッサリと切り捨てた。以前も紹介したが、6月の議会でも取り上げ、学校門前の見守り員さんの午後の時間の復活を求めた。flair

府の担当者は、ボランティアでというが、地域内ではどこも様々な形で、子どもたちの見守り活動は行われている。地域ぐるみで未来を担う子どもたちを守っていこうという、自主的な活動だ。clover

学校門前での校門見守り員さんは、いつもと様子が違う子どもがいたら、先生につなぐ、来校者への対応など、ボランティアでは、毎日のことで責任ある対応までは求められない。

池田小学校事件の後、大阪府がはじめた事業で、不審者対策のみならず、地域と学校をつなぎ、教育活動を下支えする効果も明らかだ。shine

それを監視カメラや校門をオートロックにしたから、もういらないという発想が、本当に子どもたちの事を考えているとは思えない。angry

学校訪問で行った時、遅れてしまった子どもが、どうしたらいいのか分からず入る事ができず困っていた。監視カメラをずっと見ている事など不可能で、それができるなら、校門に配置した方が余程ましだsign03

夏休みがあけたら、あの子のような思いをする子がいないか心配だ。

2011年8月24日 (水)

生きたい!「権利としての社会保障」と「生存権」!

生きたい!
生きたい!家族とみんなと、を一気に読んだ。胸が目頭が何度も熱くなった。weep

著者の家平氏とは、彼が東京で障害者団体の事務局に行くまで、一緒に大阪の障害者団体の連絡会で活動したsign01奥さんは大学の後輩で、家族ぐるみでのお付き合いをしていた

自ら重度の障害を受けながら、自立・自律した一人の大人として、困難な中での自立生活、そして恋愛、結婚、出産、子育て、仕事、活動・・・・・

天下の悪法、障害者自立支援法に対する違憲訴訟の原告として、先頭に立ち勝利和解。

家族の犠牲の上ではなく、ともに当たり前に生きたいというのを、願うだけでなく、実践し前にすすめるために、運動する、彼とその家族にあらためて、感服した。shine

どんなに重い障害をもったとしても、一人の人間として当たり前に暮らせる自立できるノーマライゼーションが根付いた社会こそが、子どもからお年寄りまで誰もが幸せを実感できる社会になる、これが私の政治活動をはじめた原点flair

こうした社会にできるよう、弱い立場の人たちの立場を一番考え行動する日本共産党に20年前に入り、地域地方から社会をよくしていくためにと、選挙にでて市会議員になった。

全国障害者問題研究会出版部から出ているので、まだ持ってない方はぜひご一読を、100ページ弱なのですぐに読めますよhappy01

よーし、力をもらったので、また明日も頑張ろう。good

でもその前にbeerで、今日のがんばりに1人で自宅で乾杯して・・・・・・sleepy

2011年8月23日 (火)

市町村議員研修会に参加して来ました!

市町村議員研修会に参加して来ました!
昨日、今日と2日間、神戸に1泊研修に参加flair

議員になってこれだけまとめての研修ははじめてで、普段は地域をまわったり、市役所内を行ったりきたりすることが多く、長時間座っているのはなかなか大変だったwobbly

内容は、「地方分権」が盛んに言われる中で、問われる地方議会、議員の役割や、開かれた議会をめざす長野県松本市議会の議会改革、東日本大震災の復興と地方自治、地方財政の基礎知識など・・・・・どれもタイムリーで勉強になったshine

とりわけ、泉大津市議会での議会改革検討委員会の会派を代表しての委員になったばかりで、どうしたらいいのかと思っていただけに、イメージをもってこれからの会議にも望めそうだsign03

夕方、戻ってからも相談2件、合間に子どもの晩ご飯をつくりにかえって、会議に遅れて参加wobbly、家に帰って、ようやくブログをしていたら、島田紳助引退の衝撃ニュースが入ってきて、この後はニュースに釘付けになりそうcoldsweats02

2011年8月21日 (日)

バトンを受け継いで!

4月の一斉地方選挙で、8期32年市会議員をしてこられた小林修平さんのあとを受けて立候補し、多くのみなさんのご支援で当選させていただいた。sign01

そして、4年前に引退した堀よし子さんのあとも受け継いだ。穴師、楠、旭の校区が私の生活担当地域。引退後も毎日のように事務所で生活相談活動を続けてこられた、堀さんと小林さんのお二人の頑張りがあったから、今の私の議席があることは間違いのないこと。shine

これまで議員への慰労と、新しく議員になった私を含めて3人の市会議員団を激励する集いがあった。107名の党員、後援会、支持者のみなさんが集まってくれました。happy01

ここまで来ることができた感謝と、まだまだはじまったばかりですが、ここからが本番、本当に困っている人たち、弱い立場の人たち、多くの市民のみなさんの願い、要求実現のためにがんばっていく決意を、以下の写真は述べさせていただいているところです。flair

バトンを受け継いで!

2011年8月20日 (土)

原発許すまじ!

昨日の夕方と今日の午前中、何軒かの家に訪問をし、しんぶん赤旗をすすめたり、原発から撤退して自然エネルギーへの転換を求める署名を集めて回る。sweat01

その中で、前議員の小林さんの時から、すごく政治にも関心があり、支持してくれていた男性に共産党に入って一緒に社会をよりよくする活動をしましょうと、訴えた。shine

結果は、残念ながら今すぐに入ってもらう事はできなかったが、これからもしっかり応援してくれると言って頂いた。happy01

その方は、三重県尾鷲市の出身で、原発撤退の話に花が咲いた。tulip

三重県では、中部電力が1963年に県南部の3ヵ所の美しい尾鷲近くの浜を、原発候補地として挙げ、それ以降地元漁協や日本共産党の市会議員と反対する人たちの取り組みが、くしくもちょうどその日のしんぶん赤旗の日刊紙に特集されていた。

お盆に実家に帰ったときに、地元の人たちと原発ができなかったことを喜びあったとの事、今全国の原発が建っている地元の人たちはどんな思いなのかdespair

立地計画の白紙撤回は、2000年。原発推進派が2001年に仕掛けた住民投票では、推進派の「原発は安全」「まちを活性化させる」と金に飽かした工作をくり広げる中で、67%が反対、見事に原発をつくらせない結果を残した。flair

最終的に決まったのは本当に最近のことだwobbly40年近い、粘り強い運動がなければどうなっていたのかsign02全国にはこうした取り組みによって70年代以降、1基も原発は作らせてこなかった。今ある原発は、すべて60年代に計画されてきたものばかりだ。good

今、ある原発も計画的に削減して、自然エネルギーへの転換をなしとげることこそ、子どもたちや未来への責任だclover

2011年8月19日 (金)

公営住宅一考!

こんにちは森下いわおです!№3のニュースの印刷がやっとできた。happy01

1万1千枚両面印刷を輪転機でする。4時間以上かかった。しかもエアコンの効かない部屋でwobblyそれでも、これから1軒1軒配布をしてくれるみなさんの苦労と、読んで頂くみなさんの事を思えばたいしたことはない。

午後は、今日聞いた相談の確認で市役所へ行き、以前聞いていた市営住宅の相談の報告に行く。新しく住宅やマンションはいっぱい建つが、困っている人たちの住む所がなかなかないdespair府営住宅にしろ市営住宅にしろ、入るための条件が厳しすぎて・・・・・

入りたくても入れないなど、まだまだ必要としている人はたくさんいる。それなのに、大阪府・橋本知事は府営住宅を半減するというとんでもない事も平気で言ってのける。

半減されれば、財政難という名目で、住むところまで奪いかねない。同居していた親がなくなったら、一緒に住んでいた子どもは出て行かないと行けない、という事まで一部で言われている。

格差や貧困が広がっている中で、また、今回の震災の被災者受け入れで少なからず大阪にも、非常時活用で空けている住宅に避難してきている人たちがいます。

半減どころか、ますます必要で重要な役割を担っていることは間違いないsign03

2011年8月17日 (水)

泉大津ではどうなっているのか?

昨日、紹介した「こんにちは森下いわおです!№3」で載せられなかった文ですhappy01

泉大津はどうなっているのか?
・貞観の三陸沖大地震の、18年後に仁和の南海大地震がおこり、大阪平野の辺りまで津波の被害が出たという記録があります。
・川をさかのぼって7キロ先まで津浪が押し寄せた。大津川がまさに横に流れているこの地域の対策が必要。
・泉大津のハザードマップは、旧26号線より海側しか想定していない、検証に基づく見直しが急がれます。
・各中学校の耐震化工事が、この夏休みにかけて行なわれています。しかし、災害時本部となる市役所はまだされていません。幼稚園、保育所もまだです。
・要介護者支援プランが示され、検討されています。しかし、どうやって全員に知らせて、必要な人すべての方に登録してもらうのか?があいまいです。日常的な支援がしっかりとされなければ、いざという時の備えになりません。

陸前高田に行った時に大変お世話になった藤倉市会議員に、貞観の大地震の18年後に大阪でも地震があったことを教えて頂きました。帰って調べたら、仁和の南海大地震でした。平安時代で1000年以上も前のことだが、今回の大震災を目の当たりにして、今現実として起きる可能性は否定できない。

藤倉議員に、「この現実をしっかりと見て、帰ってから地元の対策に生かしてほしい」との言葉をしっかりと胸にとどめ活動していきたい。flair

2011年8月16日 (火)

こんにちは森下いわおです!№3ができました。

最近知り合った若い人や知り合いに、よく聞かれるのが、どんなことしてはるんですかsign02

メインの仕事はもちろん議会だが、一般的にそれ以外に何をしているのかがなかなか分かりづらいsign01かつての自分もそうだったが・・・

相談者からの電話があればできるだけすぐに訪問し、時には市役所を一緒に行ったり来たり、その後どうなったかの訪問、選挙後こうした相談が55件を越えた。選挙の前や最中からのものをあわせると90件。すぐにできることから、なかなか難しいものまでいろいろsign03

他には、議員団や支部の人たちとの会議も多いし、議会での発言のために新聞や資料をできるだけ見逃さないように(これがなかなか充分にできない)と目を通しすwobbly

危険な交差点での朝の通学路の児童の安全見守りを学校のある期間は行なっている。 聞いた話だけではなく実際に地域の中の問題や状況を、自分の目で確認に行ったりする中で、これもはじめた事だが、他にもいろいろあり、その都度出かけていく。

こうした活動の全てはお知らせできないが、できるだけ定期的にニュースを発行して、知らせていく。それが、こんにちは森下いわおです!№3の今回は岩手県陸前高田市へ支援に行った内容を遅くなってしまったが、やっと作ることができた。

写真入りのニュースで容量が大きすぎてここにアップできません。私の力量不足で・・・wobbly

すいません文章のみ紹介しますcoldsweats01

岩手県陸前高田市へ支援の  ボランティアに行ってきました!

去る、7月15日から20日にかけて、日本共産党泉大津市会議員団3名で、岩手県陸前高田市へ支援のボランティアに行ってきました。視察だけでなく、実際に支援物資を届けるなど仮設住宅を訪問したり、聞かせていただいた話や見てきたことを、ご報告させていただきます。

 私は3月11日、民主商工会の重税反対の集会とパレードに参加。地震があった時はちょうどパレードの最中で、周りの人も誰も気が付きませんでした。市民会館に戻る途中で、防災無線から津波注意報が出ていると放送はしていたが、状況も分からず、急いで家に戻ると、近所の人から「どえらい事になった」と声をかけられ、テレビをつけました。津波が田畑をのみこんでいる映像が目に飛び込んできて、しばらく呆然と見つめることしかできませんでした。
 翌々日に事務所開きを控えていたが、選対のみんなで相談の結果、「今できることは救援募金しかない」と連日駅前やスーパー前で取り組みました。
 若い人からお年寄りまで、貯金箱をわざわざ家から持ってきてそのまま渡してくれた人、財布をひっくり返して入れてくれた人、多くの小中高生もお小遣いを入れてくれました。
 多くの人が「共産党はしっかり届けてくれる」と信頼を寄せて募金をしてくれ、選対として約60万円のご協力を頂きました。本当にありがとうございました。
 選挙後、臨時議会、定例議会もあり、7月にようやく時間をつくることができました。
 美しい東北の山々を抜けて、陸前高田の市街地へくだると目の前の景色が大きく変わりました。津浪は、内陸部7キロまで押し寄せ、山にぶつかって止まった跡のがれきが、そのまま残されていて、うかがい知れました。 さらに進むと、何も無くなってしまった土地に、3階立てのビルよりも高く積み上げられたがれきの山があちこちにあり、残された建物や車の無残な姿、折れた電柱やまだ放置されたままの物など、ため息どころか声も出ない、ただ見つめることしかできませんでした。
 現地では、日本共産党が中心になって開設している共同支援センターが、全国から送られてくる支援物資を青空市で無料提供し、何もかも無くしてしまった人たちにとって当初から重要な役割を担ってきました。
 私たちは、この青空市の準備や片付けを手伝い、やってくる人たちに物資の提供をしました。また、地域の一軒一軒を訪問をしたり、新しく開設された仮設住宅へ行き、困っていることはないかなどの要望を聞く活動や、訪問した仮設住宅に移動青空市として物資を届けるなど行ないました。
 津波の被害の無かった地域も、ご主人が、入院していて直後にヘリで緊急搬送されたものの、カルテが全て流され連絡も取れなかったため、3日間治療ができず、14日後に亡くなってしまったという方の奥さんは、大阪から来た私たちに、これまで誰にも言えなかった胸の内を、はじめて話をしたと教えてくれました。病死とされてしまうため、新聞にはこうした人の数は上がってこないし、保障もなく「津浪関連死として認めるべきだ」と、国会で日本共産党の高橋千鶴子衆議院議員が求めていた現実を目の当たりにし、胸がつぶれる思いで話を伺い、もどって地元の藤倉市会議員に伝えました。「泣いてばかりはいられない」と畑仕事を再開したとがんばる方に逆に励まされ、お互い行方が分からなかった人が、同じ新しくできた仮設住宅に入り、移動青空市で偶然再会するなど感動的な場面にも出会いました。しかし、「働く所がなくなってしまった」など、「生活をしていくためのお金をこれからどうしていくのか?」「家も土地も失くした、2年後には仮設住宅から出なければならなず、どこに行ったらいいのか?」など、切実な要望も多く、大量に残された瓦礫の撤去をはじめ、働く場の確保など、被災地・被災者の声に寄り添った新しい町と個々の人の生活の再建を一刻も早く進めていかなければならないと実感しました。
 私たちにできることはわずかでも、行政として取り組む支援や、個人としてできることなど、息長くできる支援を引き続きがんばっていかなければという思いを胸に帰ってきました。

文章ばかりで長く読みにくくなってしまいました。あきずに最後までお付き合いくださった方、ありがとうございましたshineもう少しあるので、また後日紹介します。

2011年8月14日 (日)

コクリコ坂からを見ましたか?

コクリコ坂からを見ましたか?
長崎の妻の実家のベランダから見た景色ですwobbly海の向こうには、天草諸島がきれいに見えますsign01
毎年来ていても天気のよい日は感嘆しますshine

家から海が見える日常はどんなものかと、今話題のジブリのコクリコ坂からとダブったりしたflair

ジブリアニメは毎回欠かさずチェックしてきた。映像の素晴らしさはもちろん、ワクワクドキドキだけでなく、考えさせるストーリー展開は、見るものを魅了し続けてきたshine

舞台は1963年の横浜。自分が生まれる少し前、親たちの青春時代だsweat01

今回はジブリのリアルなアニメの映像とは一味違う、淡い映像が哀愁を誘うnotes

少年と少女の恋の物語だが、少年達にとって古い文化遺産ともいえるクラブハウスを守る事を中心に話が進んで行くfoot

討論会で少年の発言、「新しいものばかりに飛びついて歴史を顧みない君たちに未来などあるかsign02少数意見を聞こうとしない人たちに民主主義を語る資格はないsign03

ドッキリさせられる。今まさに東北で、大企業の論理で海岸線が、地元の人たちの声も聞かずに、水産特区などという名目で、大開発計画がしゃしゃり出てきているangry

そして、二人の恋も戦争を知らない世代にも関わらず、戦争に揺れ動かされる。少しだが、公害時代の幕開けも予感させる。sad

まっすぐにまっとうに進んでほしいと、少女の真摯な瞳が印象的だったshine

まだという方は、ぜひご覧になってくださいmovie

2011年8月12日 (金)

お盆ですね!

お盆ですね!
無事に長崎の妻の実家に到着car

朝9時前に長崎市内に入り、真っ先に平和公園に行きました。今年は、どうしても来たかった。自分自身が市会議員となり、あらためて平和な社会を願い、これまで原爆や戦争の被害にあった人たちと、震災で被害にあった人たちに祈りをささげる事ができましたsign01

その後は、子ども達の買い物に付き合わされ、眠い目をこすりながらも、お昼に長崎名物のごっつい角煮の入ったラーメンに満足noodle

長崎市内から、さらに車で2時間、島原半島の先端にある口之津町へ、天気も良くsunとにかく海がきれいhappy01

山派fujiだったが、ここでは海派になってしまうwobbly

はじめて海水浴に来たときの、妻の一言が忘れられない。今日は人が多い(*_*)どう見渡しても数えられる。

2011年8月11日 (木)

いざ!長崎へ

明日からお盆sign011年に1度の我が家のイベントで長崎へ里帰り(妻の)

しばらくパソコンの前に座ることができなくなるので、携帯からの投稿sign021回しかしたことがないので少々不安ですが、ご了承くださいhappy01

片道850キロcarの道のりですが、7月に岩手の1000キロを経験したせいか、少し近く感じるから不思議です。

1年前とは仕事も生活も大きく様変わりしたので、みなさんへの報告とお墓参りしてきます。もうすぐ出発しますので、今日はこのくらいでご勘弁くださいsign03

2011年8月10日 (水)

熱中症!?

連日、猛暑が続いているsun大阪でも朝からうだるような暑さcoldsweats02

昨日の夕方は、長崎の原爆に日にあわせて、9条の会の宣伝行動に参加。泉大津駅で、帰宅する人たちに憲法9条の大切さを訴え、署名つきのはがきを手渡していった。1時間で約300枚配布できた。思いのほか受け取ってくれる人も多かった。

昨日はひさしのある場所での配布だったので、暑くてもそれ程しんどいことはなかった。

しかし、今朝は全く違ったwobbly7時から議会報告の森下いわおニュース「no.pag」をダウンロード を、後援会の人と配布。こうした宣伝活動も大切な活動だが、行った時28度だった気温が、駅のロータリーにたつ気温計はあっという間に31度~32度にup

1時間マイクから訴える、いつも立っている場所だが、直接日差しが降り注ぎsun30分もすると汗が止めどなく流れてきた。もともと汗かきなので、ハンカチで汗をふきながらcoldsweats01最後までがんばったsign01

さすがに、疲れたと思いつつ片づけをしていたら、めまいとまではいかないが・・・えっこれってもしかして熱中症sign02

ひざに両手をついて大きく深呼吸をして、終了後すぐに自販機で飲料を買いごくごく飲みほしたら、落ちついてきたsign03

私はたいしたことはなく、熱中症といえるものでもなかったようだが、まだまだいけるというのはよくない。今日のニュースでも全国各地で熱中症で救急搬送される人が続出している。

くれぐれも、暑い中で仕事をされている方、家にいる人も、節電がんばり過ぎず適度にエアコンも使って、充分に水分補給もして、ご無理をされないようにしてください。flair

2011年8月 9日 (火)

長崎 原爆の日に思うこと・・・

私の妻が長崎出身。おかげで結婚して14年、毎年お盆に長崎に帰省すことが、我が家の1年の中でも最大の行事になった。shine

昨年は戦後65年の節目の年だったので、平和公園と原爆資料館に行った。はじめて長崎を訪れた時に行ってから4回目の訪問。

子どもたちもしっかりと記憶ができる年齢になり、何か感じてくれればと思うflair下の子が帰ってきてから、平和記念像を夏休みの宿題の絵にしたことがうれしかった。happy01

今年も66回目の原爆の日を迎えた。この1年で新たに亡くなった被爆者は3288人、原爆死没者はあわせて15万5564人(あの日一瞬に奪われた命は7万4千人)広島では、この1年で5785人、原爆死没者は27万5230人。全国で、被爆者健康手帳を持つ人は、21万9410人(3月末現在)  しんぶん赤旗よりsign03

この数字を見ても、今でも戦後が終わっていない。今でも多くの人が、原爆に苦しめられている。被爆者と認定されない人の裁判も行なわれている。

「ナガサキ」「ヒロシマ」に「フクシマ」が加わってしまった。唯一の被爆国である日本で、原子力の平和利用と大宣伝され、安全神話がふりまかれ、安全対策が充分にとられず、被害はますます甚大になっている。

風評被害も含めれば、被害の全体もつかめない。人間の力ではどうすることもできない核燃料の廃棄物など、原子力が未来永劫人類のためにならないことが、今回の事態でいっそう明らかになった。

泉大津市議会でも、原発依存から脱却して、自然エネルギーへの転換を求める、日本共産党提案の「エネルギー行政の転換を求める意見書」が、いろいろ議論があったが、全会一致で採択された。shine

子どもたちの未来のために、国のエネルギー政策から私たちの生活スタイルまでも含めて、考え直さないといけないのではないだろうかsign03

2011年8月 8日 (月)

泉大津市吹奏楽団、サマーナイトコンサートがすばらしかった!

昨日の夜、子どもの医療費助成を考える集会のあと、久しぶりsign01はじめてsign02家族でそろってコンサートに出かけたhappy01

正確に言うと、上の子は友達と先に行ってしまったが、いとこの子も一緒に行き、行き先は同じ所なので、そろってではないが、みんなで同じ時間を共有したnotes

行き先は、泉大津市の吹奏楽団のサマーナイトコンサートnote上の子の中学の吹奏楽部の顧問の先生も出演されると聞き、それならばと思い・・・・・

もともと音楽大好き、しかし、楽器は大の苦手で歌うのがもっぱら、楽器できる人は尊敬sign01

カラオケから合唱まで、歌うのは何でもこいnote去年まで、子どもたちと一緒に、ピースウェーブコンサートに6年続けて参加。合唱組曲「ぞう列車がやってきた」にベース担当で出演。さすがに今年は、練習にも参加できないので残念です。

話は戻って、何しろ人数が60人くらいのビックバンドで、迫力がすごかったnotes馴染みのある選曲も親近感を増したし、後半の民謡をロック調でしかも太鼓とのコラボがgood新鮮で斬新だったsign01はじめての経験で、無料ということもあり、立ち見も大勢でて大盛況だった。

音楽の持つ可能性や人々に与える感動、希望、元気をもらった有意義な時間になったshine冒頭の、東日本復興願う“陽はまた昇る”とアンコールラストのゆったりとした曲調の中でも雄大で荘厳なイメージの曲(曲名が分からずごめんなさい)もよかったflair

うちの子だけでなく、多くの子どもたちも来ていましたnote音楽のすばらしさを素直に感じて伸びやかに育ってほしいと感じました。すてきな時間をありがとうsign03

2011年8月 7日 (日)

子育て1番の泉大津をみんなの力で!

先日お知らせした、子どもの健康と医療費助成考えるつどいが開かれました。

会場には、約40人。赤ちゃんと参加してくれた若いお母さんの姿もhappy01

眞鍋先生の話に、ear引き込まれました。子どもの体と心の変化を統計を元に、明らかに・・・・単なる体力の低下だけでなく、骨折する子も多くなっている。糖尿病では、小児型ではなく、大人と同じ型の病気になっている子が増加。

子どもの病気は、突然おこり、急に重くなる、症状が風邪と同じでも見かけだけでは分からない、重い病気が隠れている。だからこそ、早くにお医者さんにかかることが大切sign03

35年小児科医をされてきて、一昔前は医療制度、保障も不十分で、給料日前で医者にかかれず大変なことになったことがよくあったそうです。

今時、そんなことがあってはならない。でも、家計収入は年々落ち込んでいる中で、昔話ともいえない状況があり・・・・・だからこそ、全国でもこれだけ広がってきたshine

今日を機会に、子ども医療費助成制度の拡充を求める泉大津の会が、活動再開し3回目の署名活動に取り組むことを確認flairひとりでも多くの声を届けようfoot

みんなの力で、ここまで遅れてきたので、小学校入学までといわず、1才でも年齢引き上げができるようがんばりたいnote

下の子が5才になって、医療費助成が受けられなくなったとぜんそくの子どもを3人もつお母さんは、4月から医療費が12万円をこえたと嘆いていましたdespair

生まれた所によってこれだけ医療費が違う、国民皆保険といいつつ、先進的な諸外国ではありえない。(保険そのものが差別的で、義務化されていないアメリカは例外で、異常な事態に陥っている)angry

様々にご協力をお願いすることもあるかと思いますが、その際はよろしくお願いします。happy01

2011年8月 6日 (土)

三姉妹のよう?

夏休みなど長期の休みになると、我が家の娘2人は愛知の実家に行ってしばらくお世話になるのが恒例でしたsign01(夫婦で仕事遅くなっても安心という裏事情もありましたが・・・)

近鉄特急に乗ってちょっとした2人旅は、車中で駅弁食べたり、意外と新鮮で楽しみにしていましたが、今年は事情が変わってしまいましたflair

上の娘が中学1年生になり、吹奏楽部に入り、部活でクラリネットの練習に毎日出かけています。とても熱心な先生でレベルも高く、今年も南大阪地区大会で金賞になり、大阪大会に見事進みましたshine

娘はまだ1年なので荷物の当番で、演奏は聴けなかったと残念がっていましたが、来年が楽しみですnote

ということになり、下の小5の娘は1人で家でごろごろか、インターネットの動画ドラマ三昧の日々に・・・・・そこで一計、妹の下の子が3年生になり、2人で実家でお世話になることにしました。

約2週間、おばあちゃんの言うことや手伝いもして、楽しくすごしてきたようですhappy01

そして、今日から泉大津に妹の子も一緒に来ています。

大河ドラマの、茶々・初・江の子どもの頃の三姉妹のように、どうなるのかsign02この先将来が楽しみですが、あまり期待はせず、元気に明るく育ってほしいなあ~

3人でキャッキャッと過ごしている様子を見ると、子どもたちみんなが将来に希望のもてる社会へと願うばかりですnotes

昨日の夜から、愛知に子どもを迎えに行って、今朝から大阪にとんぼ返り、お昼に相談で電話あった人と会って、午後は党の新人議員研修で玉造まで行き、阪南地区委員会に明日の集会の準備物を取りにいき、夜は泉大津、高石、岸和田の盆踊りに顔を出し・・・・

今日も何とも目まぐるしい1日になりましたhappy01

昨日から今日の走行距離は540キロになりましたwobbly

2011年8月 5日 (金)

国保が大変!

自治体キャラバンに参加して!
大阪社会保障推進協議会の自治体キャラバンがあり、参加して来ましたsign01

泉大津市からは、当該の課長、課長補佐が出席して、市民、団体の人との懇談note

事前に要望書を市に提出し、回答を受けて、それに基づいて、参加者からさまざまな意見、質問、要望が出されていたflair

その中でも、国民健康保険料が高すぎる、年収が200万円しかない40才以上夫婦子供2人の4人家族の保険料が、年間43万1千円。(*≧m≦*)

分かっている自治体の中だけだか、大阪府下6番目の高さ。安い所でも31万円、それでも大変だろうangry払えるわけがない。

国がちゃんとしてくれなかったら、どうしようもないの課長の発言に、参加者からは、「あなたたちがどうしようもないといわないでほしい」 分納してでも保険証を守るために必死で払っている人がいる。

「市民の立場にたって制度改定させるくらい国にも言ってほしい」と・・・・・

おかしいときは、もっと怒らないといけない、そしてあらゆる立場の人が声をあげ行動しないと・・・

自治体キャラバンのスローガンは、たたかいはローカルからオール大阪、オールジャパンへ・・・

2011年8月 4日 (木)

住んでいる所で子どもたちの医療費がこんなに違っていいのか!

全国で子ども医療費助成が広がっているshine

泉大津では4歳までしか受けられないdespair

近隣では、和泉市が小学校入学まで、堺市は中学卒業までsign01

全国では、遅れていた香川県が8月から小学校入学までに引き上げ、全国3割の自治体が中学卒業まで実施をしている。残されているのは、沖縄の29市町村と、泉大津、高石、泉佐野のみになってしまったangry

少子高齢化が言われて久しいが、その対策のひとつとして、「安心して子育てするなら我が町で」と全国で広がってきたflair

泉大津も人口減少に歯止めがかからず減っているwobbly

6月議会の一般質問で取り上げる中で、来年4月実施に向けて検討中との答弁sign02

確実なものに、小学校入学までといわず、ここまで遅れてきたのだから、その分さらなる年齢引き上げを求めていくにも、多くの人の声が必要ですnotes

みんなで考え行動していくために、以下のチラシの集いが開催されます。

0001_10

見えにくくてごめんなさいcoldsweats01

眞鍋先生は、小児科医として、アトピーやアレルギーの専門医としても、とてもすばらしく、気さくな先生で、家の子も小さいときに、アトピーで診てもらい、今では心配なく過ごせるようになっています。

気軽に、先生の話をぜひ聞きに来てくださいear

そして、子ども医療費助成制度の年齢引き上げ求めて声を上げていきましょうsign03

未来を担う子どもたちの教育費がこんなに貧困でいいのか!

泉大津市内の学校訪問、今日で小学校、中学校すべて完了sun

現場の話を聞くことからスタートと議員団として取り組んできましたsign01

どの学校に行っても、教育予算があまりにもないために今どきどうよ~という実態が明らかになり、悲しくなってしまいましたweep

学校が時代遅れの象徴になってしまっているwobbly

一昔前は、愛のむちとか言って、木刀持ってけつバットする教師が本当にいたし、それを大人になったら感謝すると言ってのけた教師には、今でも二度と会いたくないし、厳しさと暴力を混同してた時代の延長だったのか・・・

さすがにそんな教師はいなくなったと思うし、パソコンの導入や個々の子どもたちに対する決め細やかな教育という点では、自分が子どもの頃に比べれば、格段の進歩は実感し感服するが・・・・

それにしても、教育環境の劣悪さは極まっているsad

熱中症で死者まで出る異常な暑さの中、子どもたちはエアコンもなく、暑さと戦いながら勉強せざるを得ないし、トイレは廊下から丸見え、いくら清掃しても臭い、人権やプライバシーが叫ばれる中、置き去りにされている実態。公共施設で今どきそんな所は無いし、許されないことが学校では当たり前sign03

それどころか、毎年、生徒は増えているのに、一律5%の予算の削減が続けられている。わずかな修理費や印刷、インク代まで事欠く始末angry

子どもの笑顔のためにと、当選した橋本知事は、校庭の芝生化など目玉の施策はマスコミ通じて打ち上げるが、その裏で学校安全対策交付金をばっさり0に切り捨て、泉大津でも校門前の見守り員さんの時間が大幅に減らされるなどの、実害が明らかにangry

詳しくは森下いわおの第2回定例議会の一般質問を、泉大津市議会のホームページからのぞいてくださいnote

自分も小5、中1の娘を持つ親として、何とかしなくてはと思いつつ、まずは現場の実態をしっかりつかみ考え行動していかなければ・・・

2011年8月 2日 (火)

なでしこジャパンに国民栄誉賞!

東北、陸前高田に支援に行っている時の試合だったので、リアルタイムでは見ることができず、朝のニュースでたまたま知ったくらいで、スポーツ全般見るのもするのも好きだけど、あまり女子サッカーに注目していなかったcoldsweats01

でも、そのニュースを見ていて、思わずこみ上げてきたものがあったのは確かsign01

先制されても引き離されても、あきらめずに何度も追いつき、soccer最後のPKのゴールキーパーの絶対に止めるという強い気持ち、それも控えにまわったベテランゴールキーパーとの強い絆、支えがあったことも後からだったが知り、スポーツの持つ可能性と多くの人をひきつけるのも、こうした真摯な姿がみんなの胸を打つからだろうheart02

それに引き換え政治の世界は、政局争いばかりが目に付き、震災復興もなかなかすすまないangry

なでしこジャパンの国民栄誉賞も、賞だけに終わらず、女子サッカーが、スポーツ全般が、トップの選手の身分保障から育成、市民スポーツの裾野を広げていく、そのための政策が明確にされなければ、今回の栄誉も薄れてしまうのを危惧するのは、自分だけだろうかsign02

今日は午後から、泉南市で大阪南部議長会主催の議員研修club

和歌山大の大西教授から、泉州地域での食と農業の可能性についての話riceball

基本的な農業のもつ機能、役割、価値と可能性が分かりやすく、よい話だったが、泉大津のような市域全部が市街化調整区域のまちでなにができるのかsign02どんな可能性があるのかsign02・・・・・悩みも増してしまいましたsign03

せっかく泉南まで行くのだからと、午前中は議員団で、かつて自分が働いていた障害者施設のデイセンターせんなんを訪問し、新しくできたばかりのhouseケアホーム(スタッフの支援を受けて障害者が生活をしている小規模居住施設)を見学させてもらうhappy01

久しぶりに会った利用者のみんなも、しっかり覚えてくれていた人もいて、うれしいひと時でした。

ケアホームは、当初の図面検討には参加させてもらっていたが、実際に完成したのを見たのは初めてで、男女それぞれ別棟で7人づつが生活をおくっていて、ゆったりとした食堂と個室に、ため息が出るばかり・・・・・coldsweats01

泉大津でもこうしたホームが当たり前になれるように力をつくさないといけないなあ~と、悩みもさらに増したwobbly1日でしたが、みんなに元気ももらった日となりましたnote

2011年8月 1日 (月)

公平性って?

夏祭りの準備、本番、片付けにおわれた3日間も無事におわり、今日からまた普段?の生活に・・・・・朝から議員団会議、3人のこの間の活動報告、相談活動の内容などを交流flairなかなか難しい相談など、先輩議員の田立恵子さんにいろいろアドバイスをもらう。

やはり、3人の議員団でよかったhappy01

3人寄ればなんとかで・・・・・いろいろな話がでてくるもので、詳しく書くときりが無いほどsign03

午後2時過ぎからは、相談で2件訪問。うち1件は息子さんが癌の治療で、医療費が大変という話sign01高額医療費の限度額上限があり、それ以上の医療費は戻ってくるか、それ以上の請求がされないことになっていることを伝える。

こういう心配をしないといけないのは、医療費だけでなくいろいろな減面制度などが、申請主義のため、知らなかったり、分からないままなら、誰も教えてくれず、大変な人がいっそう大変になってしまう。

制度としてあるならば、あてはまる誰もが利用できなければいけないと思うのだけど・・・・・

公平性に欠けると、いろいろな事業が切り捨てられる、事業仕分けが国でも、昨日は泉大津でも行なわれたが、公平にというなら、きちんとみんなや必要としている人にお知らせする。制度をうまく使える人は得をして、見逃すなど知らなかった、知らされてなかった人が損をすることこそ、不公平の極みではないだろうかangry

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ