« 44歳の挑戦! | トップページ | 今日はダウン(x_x;) »

2012年1月17日 (火)

阪神淡路大震災から17 年

今日、1月17日は忘れてはならない日の1日。あの時の光景も大変なショックだったwobbly

震災3日後に、同僚達とトラックに物質をのせ、神戸市内の障害者作業所に届けるために出発。途中、倒壊した高速道路と同じ路線の下で、信号待ちをしていた時に余震があり、正直びびったcoldsweats02

結局、大渋滞で10時間以上かけても神戸には近づけず、尼崎の障害者作業所も避難所には避難できない障害者家族が避難しているとの事で、そちらに届ける。

その後、大阪障害者センターが中心になって、現地に障害者、その家族を支援するボランティアセンターが開設され、その一員として3ケ月間交代で現地で寝泊まりしながら活動したsign01

主な活動は障害者家族の安否の確認。全国から来てくれたボランティアと手分けをして、一軒一軒すべて訪問。避難所には、迷惑かけると半壊状態の自宅に取り残されていたケースが多数あった。支援物資も届く事もなく、水も食糧も尽きかけていて、緊急に届けたり、命の危険もあると病院に搬送するなど、日々必死の活動だった。

17年がたち、ハード面は復興した。しかし、開発優先の復興に被災者への個別の支援が行き渡らない現実に悔しい思いもしたsad

今も復興住宅での孤独死が後をたたない。昨年も36人、累計717人、仮設住宅の孤独死を合わせると950人に達する。復興住宅からの追い出しも大問題になっている。まだ震災は終わっていない。

東日本大震災を目の当たりにして、日本はこの17年間いったい何をしていたのかと・・・
地震だけではなく、津波に原発、被災地域の甚大さなどはるかに上回るが、その後の政府の対応があまりにも遅すぎるangry

発生の時間午後2時46分神戸から被災地東北に向けて黙祷が捧げられた。
ちょうど次の3時の予定前に、いったん帰宅していたので、テレビの前で一緒に黙祷。

これから本当に必要な被災者の願いに即した支援を息長くしていきたい。泉大津でも、9月議会で求めた防災行政無線の内陸部への拡充や、障害者や高齢者など一人では避難が困難な要援護者の支援プランなど、安心安全なまちにしていきたいflair

« 44歳の挑戦! | トップページ | 今日はダウン(x_x;) »

大震災・被災地支援・防災関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/53761123

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神淡路大震災から17 年:

« 44歳の挑戦! | トップページ | 今日はダウン(x_x;) »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ