« 第九・泉大津合唱団いよいよ全体練習がはじまりました! | トップページ | 2012 新春の集い »

2012年1月22日 (日)

大阪府下の日本共産党全地方議員学習会

昨日参加した上記の学習会。残念ながら午前のみの参加になってしまったが、大阪府市ダブル選挙後の状況と今後の取り組みについての報告がありましたsign01

橋下・維新の会の暴走ぶりはますます目立っている。マスコミも選挙最終盤は、その手法は「独裁といわれてもしかたがない」と言っていたが、選挙後は連日取り上げている。

矢継ぎ早に様々なことをやっているように描いているが、肝心なやろうとしている中身、市民にとってどうなのかsign02 どうなるのかsign02 についてはあまり伝わってこない。

選挙に勝てば官軍とばかりに、「大阪都構想」や「教育基本条例案」「職員基本条例案」を振りかざしているが、選挙の時は、分が悪いと察すると大阪市解体が「大阪市はなくさない」、特別区8~9でいいが、「24区色とりどりに」に豹変し、基本条例案はほとんど語られなかった。

府市統合本部というものをつくって、市長と知事とで決めているので何でもやれるとばかりに、次々に打ち出してきているが、「独裁」という批判が気になったのか、最近は「決定できる民主主義」と言っている。

しかし、話し合いはすると言いつつ、合意なき決定を独断専行するというのだから、これこそ独裁そのもの。

日本共産党の山中大阪市会議員団幹事長の質問でも、「批判は絶対に受け入れない」とけんか腰だったと聞いた。自らの意に反するものは女子高生だろうと徹底的に攻撃するというのは、知事時代にあらわにしている。

知事言いなりの職員、教員だらけになってしまったら、末恐ろしいwobbly が、どんな相手でも市民のくらしを守る立場で行動できる日本共産党のがんばり時です。

国政では自公も民主も手のひら返したように擦り寄る情けない姿をさらしている。みんなの党は一緒にやろうとまでしている。

当面は、「教育基本条例」「職員基本条例」をゆるさない取り組みが大切です。全国的には教育評論家でテレビでも人気の尾木ママや女優の竹下景子さんらが呼びかけ人になって、映画監督の山田洋次さんなど多くの各界の心ある著名人から批判が相次いでいますhappy01 

庶民のまちおおさかに独裁はいりません。

« 第九・泉大津合唱団いよいよ全体練習がはじまりました! | トップページ | 2012 新春の集い »

選挙・日本共産党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/53796819

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府下の日本共産党全地方議員学習会:

« 第九・泉大津合唱団いよいよ全体練習がはじまりました! | トップページ | 2012 新春の集い »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ