« 幼児・親子教室を見学しました! | トップページ | あれもこれも値上げの4月です(>。<) »

2012年3月23日 (金)

『落ちこぼれゼロ法』と『教育基本条例』

朝から議会報告の議員団のニュースの打ち合わせsign01

午後は、第3期障がい者福祉計画策定の委員会の傍聴earに。1番多く出されていた意見は、当事者や家族からで、1ヶ所でしかされていない相談支援事業は、身体・知的・精神でしてほしいというもの。

障害の特性が全く違うのだから、抱えている問題は様々。だからこそ、それぞれの専門性に応じての対応が必要になってくる。

はじめての一般質問で私も求めてきた問題で、当然だされた意見と思うflair

夜は、市政報告懇談会。雨rainで天気も最悪の中、来ていただいたみなさんありがとうございました。この天気や体調不良で来れなくなってしまった人も・・・・・

はじめに、先日テレビtvで2日間にわたって放送された、アメリカの『落ちこぼれゼロ法』の問題についての特集の録画を見る。1回目2回目の内容はここから見れます。

この内容が、今日、大阪府議会で可決された『教育基本条例』とそっくりだ。

子どもの学力を向上させるために、テストの結果を学校別に公表し、競争させる。成果の上がらない先生、校長を辞めさせる。その結果は、結果のみを追求するあまり、点数の取れない子を休ませる、わざと先生がカンニングさせる、テストの結果を改ざんするなど不正腐敗が深刻化したwobbly

そして、学区撤廃で人気のある学校に生徒が集中し、学校がなくなり、行ける学校がなくなってしまうsad

10年前に、この法律を作るのに関わった人は、「失敗だった」と明言し、大阪の教育基本条例の英文を読んで、「教師に対して懲罰的すぎる」と危惧し、「子どもたちのためにも同じ過ちをして欲しくない」と言っておられた。

イギリスのサッチャー政権が行った教育改革も同じようなもので、それに続いたアメリカの落ちこぼれゼロ法、それらを参考にしたと維新の会の議員が言っていた。なぜ、10年も前に誤りだったというものを持ち出してくるのかsign02

オバマ大統領は、この誤りを演説で述べて、180度転換すると言う。アメリカの子どもはインタビューで、「先生がいなくなった」「本当に将来の事を考えてくれているのか?」「行ける学校がない」と、こんな思いにさせてしまっている。

これからは実行させない、許さない取り組みが必要。同じ思いに大阪の子どもをさせてはいけないと、みんなで食い入るように見ました。

« 幼児・親子教室を見学しました! | トップページ | あれもこれも値上げの4月です(>。<) »

教育・学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/54292446

この記事へのトラックバック一覧です: 『落ちこぼれゼロ法』と『教育基本条例』:

« 幼児・親子教室を見学しました! | トップページ | あれもこれも値上げの4月です(>。<) »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ