« 第83回泉大津・忠岡メーデー | トップページ | 泉大津市制70 周年オープニング式典 »

2012年5月 2日 (水)

繰り返される悲劇!

京都で、観光客も行き交う交差点や通学の児童の列に車carが突っ込んだ事件

そして、夜行バスbusが防音壁に突っ込んだ事件

痛ましい交通事故sweat01 なぜこんなことが起こってしまうのかsign02

これだけ大きな事故が続いているため、その後の報道があまりされないwobbly

徹底した原因の究明は必要だsign01

京都の事故は、明らかに無謀で許されない行為から起こった。

こうした行為は、周りの人や社会の力で止められなかったのかsign02

バス事故は、行き過ぎた規制緩和によって、ひき起こされたという点は否めないangry

低賃金競争で、生き残るために運転手がどういう処遇をされていたのかsign02

一人の運転手が、9時間、670キロ1日に運転していいとされている。

総務省は、改善を勧告していたというが、国土交通省は応じなかったpout

利用者の安全より、業界の利益を優先した結果、今回の事故につながったともいえる。

改善されていたらリスクは当然低くなる。

夜行の長距離運転の場合、一人しか運転手がいなかったら、体調の不良などあった場合は、どういった対応になっているのかなど、会社の責任も重大sign01

せめて、夜行は複数の運転手が当たり前にしないといけない。

今から28年前、日本福祉大学のスキー合宿に向かうバスが湖に転落するという惨事があったweep

当時高校2年だったが、この事故で福祉大の存在を知り、その後入学することになった。

先輩たちの中では、友人を失くし、まだ悲しみも大きかった。慰霊祭が毎年行われ、二度とこんな事があってはならない、事故を風化させないと銅像が建てられているshine

同窓会などで大学を訪問した時も、学内を見てまわったりしたが、この場所に行き当時の事を思い出したりした。

2007年には、夜行のスキー場からの帰りのバスbusが、やはり運転手の居眠りで大事故を起こした。

繰り返される悲劇shock 本気で利用者の安全第1、命を守る対策が必要だsign03

« 第83回泉大津・忠岡メーデー | トップページ | 泉大津市制70 周年オープニング式典 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/54615605

この記事へのトラックバック一覧です: 繰り返される悲劇!:

« 第83回泉大津・忠岡メーデー | トップページ | 泉大津市制70 周年オープニング式典 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ