« ちょっと息抜きの梅酒づくり♪ | トップページ | 一般質問のテーマは! »

2012年6月12日 (火)

第三セクター方式の行き着いた先は・・・!

来週の19日から29日までの会期予定で、泉大津市議会第2回定例会が行なわれますsign01

それに先立ち、各委員会協議会が先週の金曜日からはじまっています。

本日は、私の所属する総務常任委員会sign01

いくつかの案件があったが、私が質問発言したのは、『大阪繊維リソースセンター(テクスピア大阪)の買い入れ』について・・・(経営不振のために解散後の取り扱いをどうするか)

泉大津駅前からアルザ通りをあがっていって、すぐにある7階建ての立派なビルbuilding

平成5年開設、繊維産業の活性化を図るためとの名目で、国・大阪府・泉大津市・大阪市他12市町・民間企業・団体が共同出資して、立ち上げたもの。

いわゆる第三セクターというもので、当時はあちこちでブームのようにやられていた。

出資金の2倍、54億円をかけて建設し、借入金26億5千万円sweat01 私の質問に、部長はここからして無理があったと言ってました。

結局は、この借入金が返済できず、平成8年に大阪府から20億追加融資を受け経営改善を図ったが、この府の融資の返済もできなくなったshock

「そもそもの計画に無理があったのではないか」「行き詰った理由、こうした事態になったことについて総括すべき」と質問karaoke

大阪府が主導してきたという経過から、「まずは大阪府が総括すべき」との答え。

しかし、いずれにせよ、同じ過ちを犯さないためにも、大阪府の総括を踏まえ、市としての見解も合わせて記録として残して行く必要があると思いますsign01

今後は、市が4億1223万円で買い入れ、テナント料や貸室料で、市の一般会計の持ち出しなしに運営と返済をしていくと・・・あるが、本当にうまくいくのかsign02

ホールや会議室、繊維関係の拠点施設としての公共性を残したままで、単に破産し、競売にかかればこうした公共部分はなくなる可能性のほうが高いので、現状では最善の策といえるかもしれないが・・・

運営管理を商工会議所に委託していくとあるが、運営(経営)責任はどうなるのかなどについたは、まだ決められていないようなので、どうなるのかを聞くと・・・sign02

まだ、リソースセンターの株主総会での解散の特別決議や、大阪府の持っている債権放棄などの手続きがあり、その後の所有権移転後の議会などで示していくとの考えが述べられました。

市民にとっての財産として、いっそうの活用ができるものとしていくよう述べましたsign01

全国的に行なわれた第三セクターで、うまくいっているという話を聞いたことがなく、破綻した話ばかり聞くが、リソースセンターもそうなりました。

今後の動向についても、しっかり見ていく必要がありそうですsign03

« ちょっと息抜きの梅酒づくり♪ | トップページ | 一般質問のテーマは! »

議会報告・市政報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/54942091

この記事へのトラックバック一覧です: 第三セクター方式の行き着いた先は・・・!:

« ちょっと息抜きの梅酒づくり♪ | トップページ | 一般質問のテーマは! »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ