« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の6件の記事

2012年7月29日 (日)

とんぼ返りでしたが、とんだハプニングに

今朝から入院中の父の見舞いのため、愛知県一宮市の実家へ

家族4人で来れる日が今日しかなかった

父は心臓病に続き、腎臓を患い透析が欠かせなくなった

この頃は、さらに状態がよくないようで、極度の水分量の制限になっている。

がまんできず、母や看護士を困らせているようで、かわいそうだが、これ以上悪化させないためには仕方がない。

せめてもの親孝行と、私の妹の小4の娘と、わが家の娘2人と3人娘も一緒に連れて行く

事前に言ってなかったので、驚いたようだが孫の顔を見て、話をしている時は本当に嬉しそうでした

それだけでも来たかいがありました

下の小6の娘は今年もお盆まで実家においてもらい、私たちは、夜には大阪にとんぼ返りです

の運転はまったく苦にならないので、愛知日帰り運転も何度もしています。

午前中は快適なドライブでしたが、午後から車を動かしたら、エアコンがまったく効かない どころか熱風が・・・

さすがにこの時期に、しかも高速道路では窓も開けれません

いくら節電の夏でも、車の電気は、バッテリーなので、原発も関係ありません。

あわててJAFを呼ぶがダメで、あきらめかけたが一宮にある三菱自動車を教えてもらい見てもらう・・・

最悪、アメリカ映画のオープンカーばりに、窓全開で帰るしかないか
と、思って2時間くらい待つ・・・

何故そうなったかの原因は分からなかったが、なんとガスの調整でエアコンが動き出しました

おかげで帰りも快適に無事に帰って来れました。

しかし、原因は不明のままなのでいつまた止まるかと心配です

原発の事故原因も、まだ完全に明らかになったとは言えません。

原発は、車のように心配しているだけでは済まされません

2012年7月17日 (火)

大手マスコミ新聞も見過ごせないので、報道はしたが・・・どうなのか?

昨日の『さようなら原発集会』の各マスコミ新聞の報道はどうだったのか

さすがにヘリまで飛ばしていたので、テレビなどではリアルに集会やデモ行進の様子は、多小の差はあるが、夕方のニュースなどでは取り上げられていたよう・・・

しかし、自分は帰宅が10時半過ぎで、その後のニュースでは、TBSニュース23は報道されていたが、フジニュースジャパンでは、もうそれまでに報道したからいいというのか、全く報道されていなかった

遅くしか帰ることができなかったら、その日に知ることもできなかったということ

翌日のテレビは、朝日系列はワイドショーでされたようだが、フジ『とくダネ』では、まったく報道されず・・・

NHKは海外むけにはしっかり伝えているのに、国内向けがなぜこんな扱いなのかとの批判が・・・

新聞はどうか 朝日は1面ではなく、社会面の小さな扱いに・・・ネット上ではNHK同様に批判がいっぱい。

毎日は1面に写真付きで報道も、しんぶん赤旗と比較すれば、その扱いの小さいこと・・・

大手マスコミ新聞も見過ごせない、報道はしたが・・・

右の毎日はメイン会場の上空のみ、一方赤旗はその周りの上空写真

公園中はどこもものすごい人だった。すこしでも少なく見せたいのか

大手マスコミ新聞も見過ごせない、報道はしたが・・・

しんぶん赤旗の報道(上下の写真)「国民の声を聞け」と、多彩な参加者へのインタビューも満載

大手マスコミ新聞も見過ごせない、報道はしたが・・・

当然、福島の人たちの声を思いを聞かなければならない。

ジャーナリズムの真髄が疑われてもしかたがない。

扱いを小さく小さく見せようとしていること事態が、上層部がこうした動きを恐れているからに違いない

2012年7月16日 (月)

さようなら原発集会に17 万人、ものすごい人、人、人

さようなら原発集会に、下の娘と朝6時に起きて行って来ました

娘は、初新幹線と集会会場の代々木公園は、原宿、渋谷のすぐ近くというのも魅力だったようですが・・・

11時前には原宿駅に着いたが、すでに人でごった返っていました。

第2ステージのスタートからしっかり見れました。

清く正しく美しくと制服向上委員会の、「だっだっ脱原発」の歌も、はじめて生で見て、娘はアイドルなのと半信半疑

でも裏に建っているNHKに対しても、「受信料払っているんだからちゃんと放送しろ」とか、「節電のために放送時間短縮しろ」とか、なかなかどうして良いこと言って、おもしろかったですよ

その後、第1会場に移動したら、元同僚だった職場の青年たちが12人で来ていて、合流出来ました

そうこうしている間も、後ろからぞくぞくと人が押しかけて来る感じで、あっという間に身動きもとれなくなっていました。

さよなら原発集会に17<br />
 万人、ものすごい人、人、人

大江健三郎さんらの呼びかけ人の発言には、大きな拍手が何度も・・・

「750万人の原発ゼロへの署名を提出した翌日に、再稼動がされた」ことの理不尽さ、「次の原発再稼動の危険な動き」があることなどなど・・・

坂本龍一さんが登場したら、ひときわ大きな拍手があり、「原発がなくなる最後まであきらめることなく、次は国の動向見て、秋にまた集会を予定している」と発表がありました。

ただ、あまりの暑さに娘もへばってきて、いつ出発できるか分からないパレードへの参加はあきらめて、会場の公園を歩いてましたが、どこもものすごい人、こんなに人がいるのを見るのもはじめてかも

スタートしたパレードの先頭をちょうど発見しパシャリと

さよなら原発集会に17<br />
 万人、ものすごい人、人、人

それに続く人の波、とにかくすごかったが、ヘリコプターが7台も飛んでました。どんな報道をしてくれるのか

さよなら原発集会に17<br />
 万人、ものすごい人、人、人

『しんぶん赤旗』もヘリをチャーターしたそうで、号外が配布されていたようです

さよなら原発集会に17<br />
 万人、ものすごい人、人、人

元のデータが小さく拡大したので見にくくてすんません。上空からの写真。

本物は、残念ながら受け取れませんでしたが、さすがです

その後は、このまま帰るのはもったいないと、田舎者丸出しで渋谷をうろうろと

さよなら原発集会に17<br />
 万人、ものすごい人、人、人

会場で並んだのに売り切れで食べられなかったかき氷、麻布茶房の炭酸水をかけて食べるのに初遭遇し、娘は大満足、私も癒やしの生ビールをおいしくいただきました。

娘と2人、日帰り東京弾丸ツアー報告でした

2012年7月 6日 (金)

大飯原発3 号機再稼動に抗議、関電本店前へ!

今日の午後は、大阪社会保障推進協議会の自治体キャラバン、本日は泉大津市と

大飯原発3<br />
 号機再稼働に抗議、関電本店前へ!

要望に対しての回答な事がいくつかあります。

特に、今やどこの自治体もやっていない不公平で不平等な事も、問題を認め見直ししていこうという気持ちが見られません。

詳しくは、田立議員のブログをご覧ください

2時間の話し合いも・・・また来年同じやりとりを、しないでいいようにしてほしいものです

その後は、大飯原発3号機の再稼動に抗議する行動に参加するため、南海電鉄と地下鉄で淀屋橋へ

時間があったので、のんびり中之島緑道を行くが、いろんなおもしろい像などのモニュメントがありました。

関電本店前は、まだ人の集まりが少なかったが、6時前になってきたら、ぞくぞくと人が集まって来ました

大飯原発3<br />
 号機再稼働に抗議、関電本店前へ!

再稼動反対をひたすら掛け合いで声を上げ続け、太鼓も入るとリズム感 もあって、すごい人数なので迫力もあり、なかなかのものでした。

様々な年代の人が、同じ思いで集まっているのがすごい

途中、心配した雨も降らず 

急ぎ足で帰る関電の人たちは、どう感じているんでしょうか

まだニュースを見ていないので、何人くらい集まったのかは、さっぱり分かりませんが、全国の動向も気になりますね。

行動し声を上げ続ける事が、社会を変える一番の力になる。その事に多くの人が気付いてきている

2012年7月 2日 (月)

遅ればせながら(--;)

昨日ついに元同僚で、大学の後輩のおかげで、ツイッターとフェイスブックに登録完了

前に、後輩のツイッターに返事をしようとして、登録は出来たようだが、その後何をどうしたらいいのかが分からなくなってしまい、しばらくあきらめていました

今回は彼にやり方を教えてもらいながらしたので、続けてやっていけそうです。

ただ、特にフェイスブックはメールは入ってきていますが、まだいまいちこちらからの発信がよく分かってないようです

わざわざ泉大津の家まで晩に来てもらったので、お礼に御飯をご馳走しました。

遅ればせながら(--;)

暑かったけれど鍋、しかし、だし汁などは使いません

豚バラと白菜を土鍋にしきつめ、ほんだしと塩コショウを振りかけただけ

遅ればせながら(--;)

しばらく火にかける上の写真のように・・・白菜の水分と、豚バラの油でなかなかのスープになり、おいしいです。

実はこれ前に『ほんだし』のCMで、小栗旬がやっていたもの 1度してからやみつきに・・・

彼の2人のチビさんもしっかり食べてくれました

2012年7月 1日 (日)

津波避難訓練と防災講演会

今日の午前に、旭、戎地域の津波避難訓練がありました。

防災行政無線から放送がありました。

車で状況を確認しようとまわっていましたが、よく聞こえる所と聞こえにくい所、建物の陰などになると全く聞こえなくなる場所もありました

地域によってすごく差があることが分かりました

訓練などで実際にやってみないと分からないですね

昨年の9月の定例会で、防災行政無線の拡充を一般質問で求めてきました。

今年度、新たに南海線より上の地域に10基設置されます。

市内全域に聞こえるようにするにはと、予算委員会の時に聞いたら、「あと21基必要」とのことでした。

すでに設置されている地域でも、これだけ聞こえ方に差があるので、さらに必要なのではと思います

避難は雨の中、傘をさして大変そうでした。

自分も講演会のあるテクスピアに車を置いて、避難所になっている旭小学校に向かう

津波非難訓練と防災講演会

ぞくぞくとみなさん集まって来られ、受け付けをしてアンケートなど記入していました。300人以上が参加されていたと聞きました。

その後は、講演会で大阪府危機管理室と泉大津市の危機管理監から、それぞれの防災対策について、パワーポイント使って説明がありました

津波非難訓練と防災講演会

東日本大震災の教訓から、やはり想定にとらわれない、そして対策は最大限を想定してとっていくこと

従来の2倍の津波高 6.4メートル、これによる浸水想定地域を対象に津波避難ビルの指定が進んでいます。

どこが指定されているのかは、3月の市広報にのりましたが、その後に指定された所は、市のホームページから分かるようになっています。

市の取り組みの報告では、市内300ヶ所に標高の表示の設置に、今取り組んでいるとのことでした。

詳しい標高地図の作成にも今年取り組まれ、新たなハザードマップを作成した時に、地図に津波避難ビルも載せていくと聞きました。

そして、あらたな知見による地域防災計画の見直しに府、市と取り組まれます

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ