« オスプレイ岩国に強行搬入 | トップページ | 震災がれきの焼却灰、泉大津沖フェニックスへ? »

2012年7月24日 (火)

市民協働といいますが・・・

今日の午前中は、次世代育成支援行動計画推進委員会の傍聴にear

出産直後から、子育て、学童期、など成人するまでの様々な分野にわたる広範な内容の検討など各委員からの発言を参考にされるというもの・・・

委員は学識研究者が、委員長、副委員長。自治会、商工関係、民生委員、社協、保育関係、教育委員、学校関係、保健師、子ども相談室、などの代表と市民公募の委員など19名。

提出された資料は、膨大でそれぞれの関係する分野からの発言、問題提起はあったが、なかなか議論にはなりにくいようでした。

興味深かったのは、子どもたちの居場所の問題。他市には、児童館など子どもたちが自由に行って様々な経験をし、関われるものがあるflair

泉大津には、学童保育は各学校にあるが、児童館のようなものはなく、公民館や青少年ホームなどの空き室を開放して、子どもたちの居場所作りの必要性が言われていました。shine

他にも重要施策はいろいろあるが、なんせ約2時間程度の委員会、それがなんと1年に1回しかおこなわれていない。

計画策定の年は、もう少し開かれるようだが・・・・・sweat01

5人委員が都合で出席できていないようでしたが、今年はもう聞く機会も発言する機会もないんでしょうかsign02

これだけの中身のものを、議論するのには到底時間が足りないのではないかsign02

出席している委員のみなさんにはご苦労をかけるのかと思いますが、もう少し分野ごとで検討部会もできるようにという提案もされていました。

市長は、よく市民協働でといいこと言いますが、形だけのものでは意味がありません。

本気で市民協働で良い市政をというなら、この委員会も検討部会などをもって実態がある実行力のあるものにしなければと思います。

もっと、各団体の代表に付け加え程度の市民代表ではなく、その分野に通じる市民にもっと参加してもらえば、さらに活発な意見交換ができるはずですnote

平日の昼間ということもありますが、傍聴したのは私だだ一人。他の傍聴できるものもわずかしかいない、と聞きます。

数日前に議会事務局の掲示板に貼ってあるのを見たが、あとは市役所の1階のロビーの片隅の小さな掲示板に貼ってあるくらい。

ホームページも見てみましたが、傍聴呼びかけがあるのかどうかも分かりませんでしたwobbly

傍聴に来てほしくないのかsign02 知ってもらおうという努力がされていない。

子育て世代の人たちにとっては大変興味関心があり、直接いろいろ関わってくることばかり・・・

知らせて、知ってもらい、少しでも参加をしてもらうことから協働ははじまると思いますsign03

あまりに暑いので、夏らしく浜風を感じられる背景にしてみましたmist

« オスプレイ岩国に強行搬入 | トップページ | 震災がれきの焼却灰、泉大津沖フェニックスへ? »

議会報告・市政報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/55270424

この記事へのトラックバック一覧です: 市民協働といいますが・・・:

« オスプレイ岩国に強行搬入 | トップページ | 震災がれきの焼却灰、泉大津沖フェニックスへ? »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ