« 震災がれき受け入れについての大阪市住民説明会! | トップページ | TBS報道特集の取材がありました! »

2012年8月29日 (水)

脱原発は圧倒的な国民の声

今日の新聞報道、右が毎日新聞、左がしんぶん赤旗sign01

脱原発は圧倒的な国民の声

どちらも“脱原発、過半の国民望む”というものshine

2030年の原発の割合を聞く各種調査の結果が明らかにされました。

パブリックコメントでは、8万9000件の87%が、原発0%。

討論型世論調査会のうち調査に協力した人では、6800人の68%が、原発0%。

そして、意見表明した人の中では、286人のうち47%が、原発ゼロ。

写真の3本の黒くなっている棒グラフです。

討論型は、電力会社の社員がまぎれこみ原発の必要性をいい、批判の的になったangry

限られた人しか参加できないはずなのに、何人もいること事態が不自然。

それに、討論を通じて15%と誘導するはずが、かえって0%が増えたと言う結果、過半数近くになったhappy01

原発や核燃料、核廃棄物の危険性や処理できない現実を正確に知れば知るほど、必要だなどということがいえるはずがない。

今すぐにはどうもsign02 と思っている人でも、原発はなくさなければならないと言う思いは、圧倒的といえるのではないでしょうかsign03

そのためにも、期限を決めた原発ゼロを宣言してこそ、代替エネルギーの推進も進んでいく。

「過半数の国民は、原発に依存しない社会の実現を望んでいる」との検証結果は、今回示されました。

新たなエネルギー政策は、9月に開催予定の「エネルギー・環境会議」で決めることになっているそうですsweat01

ここで、原発に依存しない社会の実現を盛り込むことができるかどうかsign02は、さらなる国民の声が必要ですshine

« 震災がれき受け入れについての大阪市住民説明会! | トップページ | TBS報道特集の取材がありました! »

平和・環境・原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/55536265

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発は圧倒的な国民の声:

« 震災がれき受け入れについての大阪市住民説明会! | トップページ | TBS報道特集の取材がありました! »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ