« TBS報道特集の取材がありました! | トップページ | ぞうれっしゃがやってきた!そして、今日は和泉市議会議員選挙の告示! »

2012年8月31日 (金)

大阪市汚染ガレキ焼却説明会で、橋下市長が暴言!

昨日の夜、行なわれた上記説明会。市民ではないので会場には入れないが、中之島公会堂前での集会も行なわれると、先日の学習会で知り参加してきましたsign01

始まる前から大勢の人が集まってきていました。

Sdscn1489

市民しか入れないのに、はじまってすぐに松井大阪府知事のあいさつ・・・なんで

しかも「受け入れることを決めました」の発言に、焼却業務は各自治体で決めるものなので・・・

あんた関係ないやんの、やじも飛んでましたdash

そして橋下市長は、「今日は説明会、意見を聞く場ではない」に会場は大ブーイング。

さらに「100%安全」と言い、自然界にも放射能はあるという全く誤った持論を展開angry

「みなさんは反対だが、一歩会場を出れば圧倒的多数が賛成だ」と言い放った。

すぐ外では抗議する人がこれだけ集まっている。来たくてもこれない人。内心心配し、快く思っていない人まで入れれば、こんな事がいえるはずがないwobbly

千葉から避難してきた母親は、子どもに健康被害が出たと・・・腰がいたい、同じ保育園では鼻血が止まらない子、吐き気をもよおす子もいたという。

Sdscn1492

チェルノブイリの原発事故で、その後長く治療にあたったベラルーシの医師の話で、最も多かった症状は腰痛で、敏感な子どもには症状が出やすく、鼻血もそうした影響だと聞いたことがあるsweat01

こうした実態、報道はされていない。明確な証拠がないということかsign02 

広域処理で使われる莫大な費用は、被災地現地に使うべきとの参加者からの話に、その通りと拍手happy01

ただ残念だったのは、一部エキサイトした人たちが中に入れろと職員、警察と押し合いになったことcoldsweats02

そこにいる人たちは、業務命令でさせられている人。罵声をあびせても意味がありません。違反すればただちに処分されるのが、今の大阪市役所ですからsad

お母さんたちの発言にあったような、現場・地域の実情を冷静に落ち着いて発信していくこと、その方が心ある人なら必ず動かされるはずです。

子ども連れの夫婦や、若いお母さんもたくさん参加していました。

Sdscn1497

説明会は、橋下市長が一方的に打ち切って終了。参加者からの報告集会。先日の学習会で講師だった下地先生は大阪市民で、集会の報告をされていました。

環境省のでたらめな説明に、最後発言できたと・・・そのまやかしを論破してくれたようですshine

Sdscn1495 

俳優の山本太郎さんも・赤いシャツの人。間近ではじめて見た。あいさつもしてましたkaraoke

子どもを守りたい、安全な地域であってほしいと、夜なのに参加されるその勇気・気持ちに拍手ですshine

何故か、会社帰りのサラリーマンと間違えられたのかsign02 読売テレビと朝日新聞のインタビューを受けてしまいました。

なぜ、これだけ危険性が言われ、反対の声があるにも関わらず・・・強引に受け入れを進めようとしているのかsign02

岩手県へ2度震災ボランティアで行き、岩手大船渡ではガレキの処理は地元でできる。

陸前高田では、広域ではなく地元にプラントなど雇用にも繋がる施設の必要性を、市長が明言していると話すと、「そうなんですか」と・・・知ってもらえてよかったです。

帰ってTVを見ていたが、全国放送では全く放送されていませんwobbly

« TBS報道特集の取材がありました! | トップページ | ぞうれっしゃがやってきた!そして、今日は和泉市議会議員選挙の告示! »

大震災・被災地支援・防災関係」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます!
放射線の健康被害は、明確な根拠を証明できないという難点があります。
しかし、原発事故被災地やホットスポットといわれたところは、危険な状況であることは、今の福島、そして事故後いまだに周辺には住むことのできないチェルノブイリ惨状をみれば、明確です。
放射能を発生し続け、処理することのできないものを動かし続けることこそ最大の問題で、ガレキの焼却は、全国に拡散させる最悪のやりかただと言うことです!

> 千葉から避難してきた母親は、子どもに健康被害が出たと・・・腰がいたい、同じ保育園では鼻血が止まらない子、吐き気をもよおす子もいたという。

 それは放射線障害ではありません。
 そういう井戸端会議程度の噂話をさも根拠あるかのように語るのはいかがかと思います。


> チェルノブイリの原発事故で、その後長く治療にあたったベラルーシの医師の話で、最も多かった症状は腰痛で、敏感な子どもには症状が出やすく、鼻血もそうした影響だと聞いたことがある

 特定の症状と結びつけるにはあまりにも根拠が不明確です。

> こうした実態、報道はされていない。明確な証拠がないということか 

 科学的に間違いだから。

 以下、ご参考に

http://blogos.com/article/45768/forum/
「信頼できない話は大声でやって来る」 科学者、菊池誠さん<「どうする?原発」インタビュー第6回>


昨夜の説明会の様子が早くも動画に上がっています。

http://www.youtube.com/watch?v=36UEfVXPypc
http://www.youtube.com/watch?v=PCTKQPRBv2A

市民の意見は聞かないと断言する橋下市長、
松井府知事ともども、市民からの鋭い指摘に答える事も出来ず、
憮然として会場を後にする姿は必見です。

>「今日は説明会、意見を聞く場ではない」

上の方の動画の50分過ぎ辺りからですね。本当に酷い発言です。
市民の鋭い指摘に答える事も出来ない人に勝手に決められて
勝手に推し進められるなんて恐ろしいです…。(lll゚Д゚)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/55544432

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市汚染ガレキ焼却説明会で、橋下市長が暴言!:

» 大気中放射能濃度の測定は空間線量より1万倍も高感度 [ペガサス・ブログ版]
放射性がれき焼却では,行政などが空間線量の値を公表して「問題ない」と言っているようですが,空間線量を見ていても,焼却場から出てくる放射能の変化を見ることは困難です.言い換えれば空間線量に変化が出るようだと,呼吸する大気には相当の,たとえば3.11直後の関東地方の大気程度の汚染があるということです.このため大気中放射能濃度を測定することが重要です. そこで,だれでも作れる(中学生の夏休み自由研究程度)大気中の微粒子収集装置を提案しています.フィルター紙を各地の市民放射能測定室などに持ち込んでガンマ線... [続きを読む]

« TBS報道特集の取材がありました! | トップページ | ぞうれっしゃがやってきた!そして、今日は和泉市議会議員選挙の告示! »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ