« 脱原発の本気度は、どこが1番か! | トップページ | 衆議院議員選挙がはじまりました! »

2012年12月 3日 (月)

消費税増税に対する政党の態度と変遷

明日からいよいよ総選挙の告示、12月16日の投票日まで選挙戦がはじまりますsign01

大きな争点のひとつ、消費税で各党がどういった態度をとってきたのかsign02

今日の商工新聞の1面に、そのことがよく分かる表が載っていましたshine

Sdscn1729 

新しくできたという党や、別の党に変わった人も元々はどうだったのかsign02

写真は見にくいので、ここから詳しく見れます

参考にしてみてください。一貫して増税阻止のために力を尽くしてきたのは日本共産党のみですshine

財界の要望で一貫して推進する自民党と、その時々で態度を変えた各党の動きがよく分かります。

原発、TPP、沖縄の基地、オスプレイ、被災地の復興なども・・・

どの問題でも、いのちと暮らし守る立場で一貫してブレない、なんといっても絶対に嘘をつかない。

まじめにがんばる人が報われる社会にするには、財界中心・アメリカ言いなりの古い自民党流の政治の枠組みを変えなければ・・・

そのことに本気で取り組める党と候補者は誰なのかsign02

今日の街頭での宣伝でも、何人かの人が手を振って声援をいただきました。

明日から選挙戦本番、18区のやの忠重さんと日本共産党の躍進のため、最後までがんばっていこうsign03 

« 脱原発の本気度は、どこが1番か! | トップページ | 衆議院議員選挙がはじまりました! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/56244597

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税増税に対する政党の態度と変遷:

« 脱原発の本気度は、どこが1番か! | トップページ | 衆議院議員選挙がはじまりました! »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ