« 子育て1番のまち“泉大津”にするための方策について | トップページ | 今週は暇なし、重なる時は重なるんですね(^-^)v »

2013年2月27日 (水)

いじめで遊ぶ子どもたち

滋賀県大津市のいじめの問題を、どう考えたらいいのかsign02 と思っていた時に、この本に出会いました。

いじめで遊ぶ子どもたち

本のタイトルを見て、どういうことかsign02  とすぐには・・・

サブタイトルの安心と信頼の生活世界を

そして、今子どもたちに何が・・・?という点も、私の疑問に応えてくれそうと、すぐに購入flair

筆者は、大東文化大学教授の村山志郎氏

いじめ自殺の悲劇が繰り返されてきた。

氏は20数年間いじめ自殺が起こると必ず現地に行き、関係した人たちの話を直接聞いてこられた。

それだけに説得力がありましたshine

事件が起こるとマスコミはこぞって報道するが、起こった現象面ばかりが伝えられ、いじめが何故起こったのかという子ども達を取り巻く社会や、おかれた内面世界については、あまり考察されてこなかったように思う。

この間のいじめの特徴も、以前に比べると大きく変わってきたというsweat01

力による主従関係で言いなりにしたり、弱い子どもを下に見て、いじめたりしていたのが・・・

いじられキャラなどと言われ、いじりいじられる関係

いじる側にはいじめという認識があまりなく、ふざけるじゃれあうといった感覚で行われているというcoldsweats02

そして、テレビやゲームの影響での攻撃性

過度な競争、忙しい日々に対するいらだち、むかつき

家庭の崩壊など子どもの貧困による不安感

社会に対する抑圧感やあきらめ・・・などなど

子ども達だけの、学校や教育委員会だけの問題ではなく、社会全体の問題として考えなければならないsign01

そして、何より子ども達が将来に希望の持てる社会でなければ、本当の問題解決には向かえない。この本を読んで思ったことflair

« 子育て1番のまち“泉大津”にするための方策について | トップページ | 今週は暇なし、重なる時は重なるんですね(^-^)v »

教育・学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/56854339

この記事へのトラックバック一覧です: いじめで遊ぶ子どもたち:

« 子育て1番のまち“泉大津”にするための方策について | トップページ | 今週は暇なし、重なる時は重なるんですね(^-^)v »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ