« 当たりました! | トップページ | 2013年度の予算審査特別委員会が終了しました! »

2013年3月17日 (日)

おりあむエッセイ賞の表彰式と土の子inマームタマ

今日は、午後から市政70周年を記念して、はじめて取り組まれた『おりあむ随筆エッセイ賞』の表彰式へsign01

泉大津は国産毛布の生産の90%を占める全国1の生産地shine

ニット・毛織り製品などが盛んな繊維のまちですが、安い中国産などに押され、空洞化などで厳しい状況が続いています。sweat01

繊維のまち泉大津の知名度アップや、繊維に対する思いを集めようと・・・

おりあむとは、『織り』と『編む』の造語で、表彰式会場のテクスピアには、『織編館』というスペースがあり、泉大津の繊維産業の歴史や昔の織り機などが展示されています。

応募できるエッセイは、衣類や繊維製品にまつわる話に限定pencil

海外も含めて全国各地から423点の応募があったそうです。

選考委員長は作家の難波利三氏、副委員長が木津川計氏、眉村卓氏と有栖川有栖氏も選考委員という豪華なメンバーで、氏らによる今回の選考やエッセイについての対談も良かったです。

最優秀賞は、阪神淡路大震災の時に被災者にマフラーを編んで送った話happy01

とてもあたたかい気持ちにさせてもらいました。

来年度も実施するようなので、興味のある方は今から準備して応募してみては・・・

最優秀賞には50万円の副賞、優秀賞は5万円、佳作は3万円、励みになりますよsign01

その後は、家族全員でマーム・タマへcar

おりあむエッセイ賞の表彰式と土の子inマームタマ

2013土の子巡回展の最後、店内に所狭しと、土の子たちでいっぱいでしたhappy01

おりあむエッセイ賞の表彰式と土の子inマームタマ

泉南、岸和田、高石と2月から順にやっていましたが、議会前、議会最中でどこにも行けず、最終日にマーム・タマに来ることができて間に合いました。

おりあむエッセイ賞の表彰式と土の子inマームタマ

デーセンター泉南で働いていた時に、はじめての取り組みで一緒につくった虫の絵の小皿

おりあむエッセイ賞の表彰式と土の子inマームタマ

わが家にも10枚以上お気に入りがあり、愛着がありますshine

おりあむエッセイ賞の表彰式と土の子inマームタマ

はじめて出合った土の子さんを購入。

今日は少しですが文化と芸術にふれた1日になりましたsign03

« 当たりました! | トップページ | 2013年度の予算審査特別委員会が終了しました! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/56977234

この記事へのトラックバック一覧です: おりあむエッセイ賞の表彰式と土の子inマームタマ:

« 当たりました! | トップページ | 2013年度の予算審査特別委員会が終了しました! »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ