« うどん博物館へ、京都まで! | トップページ | 君が代、明治憲法も外国製・・・でも、日本国憲法だけ押し付けられたというのは、いかがなものか! »

2013年5月 6日 (月)

第二京阪国道枚方ブロック公害対策会議の解散総会へ!

先日、阪神高速湾岸線の騒音と粉塵の問題で相談のあった方たちと一緒に、上記総会へ出席させていただきました。

Photo

解散ということは、基本的な対策や役割を終えたということshine

2010年3月に第二京阪道は、全線開通sign01 

町の中を通る高速道路ができ、私もはじめて通ったとき、あまりに立派な道と防音壁に驚き、今どきはこれ位するのが当たり前なのかsign02 と思ったんですが・・・

道路の計画決定から45年、利便性と住環境を守ろうという、長く粘り強い住民運動があったことを知りました。

恥ずかしながら、泉州地域に住んでいて、こんなすごい運動が北摂地域にあったことを知りませんでした。

Photo_2

ブロックのニュースを発行して、状況をみんなに知らせて、先進的な対策をしている地域の取り組みを、視察をして、それを学んで、交流して、自分たちの要求として発信していくflair

10万を超える署名を2度、国に対して行なったとの説明もありました。

Photo_3

住民運動の結果、幾重もの遮音壁、裏面吸音盤、低音舗装などの環境対策のみならず・・・

道路の上に200メートルにわたるふたがけがされ、公園や自治会館が作られ、そうした所が4箇所・・・総会終了後、マイクロバスで案内していただきましたshine

Photo_4

道路によって分断されてしまうはずの地域が、こうしたことによって、地域の発展等の役に立っているのには驚いた。

道路の上とはとても思えません、広いし、ボール遊びを思い切りする子どもたちから、小さな子どもを遊ばせている親子の姿もありました。

Photo_5

シェルターで覆われている高速道路、側道の国道と地域住民が通る幅道の間にも防音壁があり、こうした事は珍しいそうです。

緑の緑地帯も作られ、いちばん端は自転車と歩行者の広い安全な通路に・・・shine

住民のみなさんの声、要望が生かされた結果だそうです。

今日の話だけでは知り尽くせない、大変な苦労や努力があったと思います。長年にわたり、粘り強い働きかけ・・・

そして、そこには行政の担当者が、ただ道路作るというだけでなく、そこに住む住民のそうした声を聞き、一緒になって国や事業者に対して、動いたからに他なりません。

市民にいちばん近い所にいる市として、住環境を守るという観点を、当然の責務として仕事をしてきたからではないでしょうかnote

泉大津の騒音と粉塵の問題で、何ができるのかsign02 

まだ、これからどうするのかという段階ですが、大変な状況の中で、日々窓も開けられず暮らしている人たちがいるのも事実で・・・sad

住民のみなさんの願いや声を、一緒に解決できるよう、知恵や力をみんなで出し合えるよう、今日は大変参考になった有意義なGW最後の日になりましたsign03

« うどん博物館へ、京都まで! | トップページ | 君が代、明治憲法も外国製・・・でも、日本国憲法だけ押し付けられたというのは、いかがなものか! »

平和・環境・原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/57324283

この記事へのトラックバック一覧です: 第二京阪国道枚方ブロック公害対策会議の解散総会へ!:

« うどん博物館へ、京都まで! | トップページ | 君が代、明治憲法も外国製・・・でも、日本国憲法だけ押し付けられたというのは、いかがなものか! »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ