« 市役所庁舎での避難訓練 | トップページ | 誠風中学の地区別懇談会に出席! »

2013年9月 6日 (金)

宮崎駿監督はいつまでも自由!今後も楽しみになった会見でした。

今日は、議員団会議で一般質問の意見交換sign01

午後は、質問準備などに追われるが、宮崎駿監督の引退会見tvをたまたま全部ではないが見ることができた。

これまで引退めいたことを言って騒がせてきたが、「今回は本気です」ではじまった会見sign01

公式引退の辞は、以下の通りです。

ぼくは、あと10年は仕事をしたいと考えています。自宅と仕事場を自分で運転して往復できる間は、仕事をつづけたいのです。その目安を一応“あと10年”としました。もっと短くなるかも知れませんが、それは寿命が決めることなので、あくまでも目安の10年です。
ぼくは長編アニメーションを作りたいと願い、作ってきた人間ですが、作品と作品の間がずんずん開いていくのをどうすることもできませんでした。要するにノロマになっていくばかりでした。“風立ちぬ”は前作から5年かかっています。次は6年か、7年か……それではスタジオがもちませんし、ぼくの70代は、というより持ち時間は使い果たされてしまいます。
長編アニメーションではなくとも、やってみたいことや試したいことがいろいろあります。やらなければと思っていること――例えばジブリ美術館の展示――も課題は山ほどあります。これ等は、ほとんどがやってもやらなくてもスタジオに迷惑がかかることではないのです。ただ家族には今までと同じような迷惑をかけることにはなりますが。
それで、スタジオジブリのプログラムから、ぼくをはずしてもらうことにしました。
ぼくは自由です。といって、日常の生活は少しも変わらず、毎日同じ道をかようでしょう。土曜日を休めるようになるのが夢ですが、そうなるかどうかは、まぁ、やってみないと判りません。
ありがとうございました。
以上。
2013,9,4

続く、質疑では、記者の質問に一問ずつ応える形で・・・

「72歳、風立ちぬは5年かかった。次の作品に取り掛かると80歳になってしまう」

「僕の長編アニメーションの時代は終わった」

今後のジブリはどうなるのかsign02 には、「上の重しがなくなるんだから、こういうものをやらせろと声が出てくる・・・」

今のジブリの若いスタッフにかかっていると聞こえました。

映画をつくってきて、「子どもたちにこの世は生きるに値する社会なんだということ」を一番伝えたかったと・・・shine

これからの自分は、「自由なんです」

「やりたいことはある」、その一つが「ジブリ美術館の展示に関わること、自分でしかできないことがある」と・・・

「車の運転ができる限りは、スタジオにも通いたい」

まだ10年は仕事をしたいというので、引退ではないようです。

長編はもうしないが、まだまだやりたいことはあり、やり続けて行きたいという宣言のように感じました。flair

宮崎監督の作品、ジブリ作品は大好きで、映画館でもテレビで見る時も、いつも子ども以上に熱中しています。

長編が見れなくなるのは残念ですが、この後の監督の生き方が楽しみですshine

ジブリにいるすばらしい才能をもった若い金の卵にも期待大です。

あまりの人気に予約を入れないと入れないジブリ美術館なので、思い切って行く事ができていないのが、ずっと心残り・・・

子どもが小学生の時に来たかったが、まだ子どもがついて来てくれるうちにぜひ行きたくなりました。

でも、本当に一緒に行ってくれるかsign02 だんだんその心配が大きくなってきますsign03

« 市役所庁舎での避難訓練 | トップページ | 誠風中学の地区別懇談会に出席! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/58141714

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎駿監督はいつまでも自由!今後も楽しみになった会見でした。:

« 市役所庁舎での避難訓練 | トップページ | 誠風中学の地区別懇談会に出席! »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ