« 楠、旭小学校の運動会へ♪ | トップページ | 福祉なんでも相談、早速1件の相談があったようです! »

2013年9月24日 (火)

南海トラフ巨大地震の対策と防災教育・・・一般質問の報告!

一般質問が終わってすぐに、決算委員会がはじまり、報告がまだでしたので、遅くなりましたが・・・

8月に大阪府は、南海トラフ巨大地震の津波被害の最終想定を発表しました。

南海トラフ巨大地震の対策と防災教育

泉大津では、津波高で4.4メートルwave、到達時間は95分watch

これに基づく対策や避難をとること、子どもたちへの防災教育が将来にわたり重要で、今この時に確認する必用性を感じて、取り組みました。

従来のハザードマップと比較すると、浸水域は広がり、深くはなっていますが、旧26号線を越えた辺りまでとなっています。

それ程大きく広がった印象はありませんsign02

その点を確認すると、東北とは違い真っ直ぐに津波が来るわけではなく、連動型の巨大地震でも4.4㍍の津波高でのシュミレーションによるもの・・・

但し、想定に縛られてはいけないというのが、東日本大震災の教訓で、着色されていない地域でも、青い矢印の方向で津波が広がって来るので、さらに高い地域への避難が必要で、この青い矢印で表記しているとのことでした。flair

対策としての、防潮堤、水門、樋門について

正確な避難が出来るための、防災行政無線などの情報について

避難計画、避難所におけるマニュアル、津波避難ビルのオートロックの解錠の考え方

今年度配布予定のハザードマップについて

そして、学校での避難訓練や防災教育について

幼稚園や保育所では、防災ずきんを使って訓練をしていて、小学校での必要性について

などなど、何点も質問確認させてもらったが、進んでいる点と、なかなか進まない点があり、市の防災計画の最上位計画になる、地域防災計画の策定がこれからになるので、そこに向けての取り組みがさらに必要だということ…

市議会のホームページから私の一般質問での発言が見れます。→ココから

まだまだこれからの取り組みですが、悠長にはしてられません。

平安時代、東北の『貞観の大地震・津波』の18年後に、『仁和の南海大地震・津波』が起こっています。

« 楠、旭小学校の運動会へ♪ | トップページ | 福祉なんでも相談、早速1件の相談があったようです! »

大震災・被災地支援・防災関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/58256768

この記事へのトラックバック一覧です: 南海トラフ巨大地震の対策と防災教育・・・一般質問の報告!:

« 楠、旭小学校の運動会へ♪ | トップページ | 福祉なんでも相談、早速1件の相談があったようです! »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ