« 司法は生きていた、大飯原発再稼働差し止め! | トップページ | 織編(おりあむ)館プレオープンで、ジャカード織機の見学会! »

2014年5月24日 (土)

高石市立児童発達支援センター「松の実園」へ


1日遅れの報告になってしまいましたが…

泉大津のお隣の高石市には、様々な発達に支援が必要な就学前の子どもたちの通園施設がありますsign01
高石市立児童発達支援センター「松の実園」へ
 
昭和50年から設置されていて、30名の定員で、職員は保育士だけではなく、保健師、発達相談員、兼務だが理学療法士や作業療法士もおり、専門的な療育が受けれるようになっています。
高石市立児童発達支援センター「松の実園」へ
園庭も広く、のびのびと遊んだり、ここでいっぱいいろんな体験が毎日できます。shine
 
私も高石の障害者作業所で働いていた時から、ここを卒園して大人になって来ることになった人の支援をしていたので、随分前から知ってはいましたが、あらためて訪問見学をはじめてさせて頂きました。happy01
 
人口でいえば、泉大津よりも少ない高石でこれだけの施設があることはすごいことだとあらためて感心しました。
 
当時の市長が、これからは子どもとお年寄りを大事にしなければと、松の実園と並んで高齢者福祉センターが併設されている。
 
どこも開発優先で財政難に落ちいる中で、こうした観点をいまこそ大事にしていかなければならない。
弱い立場の子どもや人が大切にされる社会や地域は、誰もが安心して住み続けることができる。
当たり前のようだが、そうなっていない国や大阪府のやり方にますます憤りを感じますが、身近な自治体は、そうではなく住民に寄り添った施策が必要ですnote
 
松の実園で行われているのは、まさに一人一人の発達に応じたきめ細かい実践です。
 
それと子育てに悩む保護者のみなさんが、ここでつながることで同じ悩みを共有して、次への一歩、保育所や幼稚園、小学校、支援クラス、支援学校など、どうするのかを先生などとも相談して決めることができることflair
 
残念ながら、泉大津ではそうした就学前の支援施設が無いために、進路をどうするのかが保護者任せになっている側面があります。
20年以上前から、先輩議員の田立議員がその必要性を求めてきました。私もはじめての予算委員会で求めてきました。
 
様々な支援が必要な就学前に、将来を見通して親も子どもも一緒に成長できるそんな環境の大切さを学ばせてもらい、何とかそうした環境の整備ができないものか・・・まだまだ頑張らないといけないですね

« 司法は生きていた、大飯原発再稼働差し止め! | トップページ | 織編(おりあむ)館プレオープンで、ジャカード織機の見学会! »

障害児・者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/59699083

この記事へのトラックバック一覧です: 高石市立児童発達支援センター「松の実園」へ:

« 司法は生きていた、大飯原発再稼働差し止め! | トップページ | 織編(おりあむ)館プレオープンで、ジャカード織機の見学会! »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ