« 要望書を提出♪・・・日本共産党旭後援会 | トップページ | 高石市立児童発達支援センター「松の実園」へ »

2014年5月22日 (木)

司法は生きていた、大飯原発再稼働差し止め!

昨日、帰宅してからテレビで知った2つの司法判決

今朝の新聞の1面にも大きく取り上げられました。毎日新聞でも、しんぶん赤旗でも写真に大きく映っていたのが『司法は生きていた』の文字・・・
明確で、明快な歴史に残る判決だったんではないでしょうか
司法は生きていた、大飯原発再稼働差し止め
 
原発が、人の生命を基礎とする人格権と、電力供給やコストの問題をてんびんにかけることはできない。
 
「国富の喪失」とは、運転停止による貿易赤字ではなく「豊かな国土とそこに国民が根をおろし生活していること」を失うことだと・・・
 
福島事故で明らかになった、原発の危険性と被害の甚大さは、「自然の前における人間の能力の限界を示すもの」として・・・
 
大飯原発の想定では、冷却機能喪失、使用済み核燃料プールの脆弱性を指摘されただけでなく、原発から250㌔圏内の住民が、運転により人格権が侵害される危険性があると・・・
 
地図を見ると、250㌔圏内は、大阪・泉大津はもちろん、和歌山、徳島、岡山、富山、長野、静岡の半分まで入る広大な地域
 
政府や電力会社は、この明確で明快な判決を真摯に受けとめて原発の再稼働を断念し、原発には未来がないと廃炉へ向かうしかない
 
そして、危険な原発輸出などもってのほかにしないといけない・・・
 
自衛隊機の夜間飛行禁止の判決でもそうだが、日常生活を脅かす、そうしたことが許されないということ。
 
ただ、この判決では米軍機が除かれたことは、まさに米軍が今も日本の主権とは相容れず、治外法権だからだろうか
憲法の解釈も勝手に変えようとする安倍政権、もっともっと声をあげ、あらゆる機会にNOの意思表示を一人一人がすることでしか、世の中を社会をよくすることはできない
 

« 要望書を提出♪・・・日本共産党旭後援会 | トップページ | 高石市立児童発達支援センター「松の実園」へ »

平和・憲法・環境・原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 司法は生きていた、大飯原発再稼働差し止め!:

« 要望書を提出♪・・・日本共産党旭後援会 | トップページ | 高石市立児童発達支援センター「松の実園」へ »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ