« いよいよ6月議会です! | トップページ | 旭小学校の増改築事業の基本設計と工程の概要 »

2014年6月 7日 (土)

『医療・介護総合法案』は廃案しかない!

今週の国会、参院厚生労働委員会で小池晃議員の質問に、何度も審議が中断・・・

医療介護総合法案は廃案しかない!
 
介護保険の利用料を2割に負担引き上げをねらう根拠が…完全に崩壊
 
医療介護総合法案は廃案しかない!
表のように、厚生労働省は、収入359万円の高齢者夫婦で所得307万円をモデルとして、消費支出は平均247万円で60万円余るので、負担ができるというが・・・
 
しかし、政府の家計調査では「収入250~349万円」の世帯でも、可処分所得の平均は年197万円しかなく、実際は預貯金を取り崩して生活をしているということ
 
年金だけで、毎年60万円も資産を増やすことができる高齢者世帯がどれだけあるのか
 
都合のいいように数字を出したとしかいいようがないもので、田村厚労大臣は答弁に立てず「今日のところは許して」と・・・言い逃れ
 
5日の委員会で、結局「負担増の対象者は年60万円の余裕があるという」介護保険利用料の1割から2割の引き上げの論拠を「撤回する」と表明sign01
 
だいたい審議中の法案の説明を撤回するということ自体が、前代未聞ということだけでなく、説明もできないような法をさらにごり押しすることが許されないのは当然・・・flair
それよりも、保険あって介護なしと言われるように、保険料はわずかな年金からも天引きされ、1割負担でも負担できず、利用を控えている、あきらめている方が大勢おられる。
もっと、必要に応じて支援を受けることができ、ヘルパーなどで働く人の身分をしっかり保障することこそが、本当に必要なことではないでしょうかsign03
 

« いよいよ6月議会です! | トップページ | 旭小学校の増改築事業の基本設計と工程の概要 »

社会保障・医療関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/59775790

この記事へのトラックバック一覧です: 『医療・介護総合法案』は廃案しかない!:

« いよいよ6月議会です! | トップページ | 旭小学校の増改築事業の基本設計と工程の概要 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ