« 市民活動支援センターが開所! | トップページ | 政党助成金廃止法案を提出…他党とは1票の重みが違う! »

2015年1月26日 (月)

日本と世界の平和を考える泉大津教室100回記念講演会へ

昨日、上記講演会がありましたsign01

泉大津九条の会が結成10年、毎月行われてきた勉強会、誰でもいつからでも気軽に参加してもらえたらと続けてこられました。
 
憲法はもちろん核兵器、ゴミや食糧、オゾン層などの環境問題、介護や障害者福祉まで・・・
 
そして、原発の問題、集団的自衛権、秘密保護法、世界の憲法などその時々の関心事も、100回の内容は多岐にわたっていました。flair
 
私は残念ながら議員になってからの途中参加で、それも行けなかった時もけっこうあり…sweat01
 
今回は〝必ず〟と思い、行くと会場いっぱいでイスが足りなくなるほど…
 
ずっとメイン講師をされてきた、泉大津九条の会の代表世話人でもある青山政利先生
日本と世界の平和を考える泉大津教室100回記念講演会へ
 
記念講演のテーマは「人類の生存の危機を乗り越えるために」shine
 
137億年前の宇宙のはじまり・・・46億5千年前に地球ができて
40億年前に最初の生命誕生・・・25億年前に植物、10億年前に動物、2億年前にほ乳類が生まれ
 
700万年前に人類の先祖、70万年前に火を使い、1万年前に農業をはじめ、鉄を使い、蒸気機関を使いはじめたのは250年前・・・
 
長い歴史の上に、今の73億人の人間すべてがある、みな同じように生きている…という壮大な話からはじまりました。
 
だからこそ、みな同じように幸福に生きる権利があり、今を生きている人も将来生きる人も同じだということ。
 
その生存を脅かす、『急性の危機』が戦争、しかも20世紀になってからの大量殺戮兵器、核兵器や原発の放射性廃棄物・・・angry
 
『慢性の危機』が、環境破壊、温暖化などの気候変動、自然災害の大規模化、干ばつによる食糧危機、生物の絶滅による連鎖の崩壊・・・wobbly
 
資本の論理で突き動かされる競争型社会でいいのかsign02…大量生産、大量消費、大量廃棄の使い捨て経済への反省はsign02
 
社会のあり方を考え直さないといけない・・・
 
キーワードは、平和人権環境、そして民主主義 ・・・そんなの今では当たり前ではと思うかもしれないが・・・
言葉の上でのうわべだけでなく、資本のための世界づくりではなく、人間のための、生活者のために本気でそういう社会でなければ…講義の最後で未来社会はどうあるのかということについても・・・
 
私も話を聞いて、わずか1%超富裕層が、世界の富の半分以上を占める、という異常な社会がいつまでも続いていいのかsign02、続けさせていいのかsign02、おかしいと思う多くの人で正していかないといけない、誰もが明日安心して暮らせる社会にと強く思いましたsign03

« 市民活動支援センターが開所! | トップページ | 政党助成金廃止法案を提出…他党とは1票の重みが違う! »

平和・環境・原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/61039470

この記事へのトラックバック一覧です: 日本と世界の平和を考える泉大津教室100回記念講演会へ:

« 市民活動支援センターが開所! | トップページ | 政党助成金廃止法案を提出…他党とは1票の重みが違う! »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ