« 一億総活躍どころか、一億総崩壊の危機… | トップページ | マイナンバーと社会保障の学習会に参加! »

2016年2月 8日 (月)

人口減少時代に「輝く」まちとは・・・

この週末・・・土曜日は市の上記タイトルの講演会に参加sign01

これからのまちづくりを考える参考になればと・・・

急激な人口減少は、コミュニティの面や税収の減などで、危機的な側面ばかりが強調されていますが・・・coldsweats02

泉大津は、2005年をピークに減少に転じて、この10年間で約1800人の減少・・・

大きいようだが、1年間では180人・・・まだ持ちこたえているといえます。

いかに子育て世帯に住んでもらうかsign02 住み続けてもらうかsign02 だからこそ子育て支援の重要性をこれまでも議会で取り組んできました。

そして、高齢者にとっても住みやすい安心のまちということも・・・住み続ける上では欠かせない条件・・・

ただ、若者と高齢者を相反するものとして・・・税金の使い道などで、対立をあおるような言動(若者のお金が高齢者に使われるなど)があり・・・

それはおかしいしそうではなく、それぞれ大事だし、必要なことだと思っていました。flair

今回の話の中で「シェアする社会」という考えがあり・・・いくつか事例が紹介されました。

空家、空き室を活用したシェアハウス、シェアオフィス・・・それは単なる分割して貸すだけではなく、共有のカフェやリビング、食堂などがコミュニティの場になり、これまでにない発想や動きを創り出す源に・・・

金沢では病院跡地に、高齢者や障害者の住居と大学生の住居、働く場まで・・・shine

学生は安い家賃だが、月30時間のボランティアを・・・それぞれのメリットをシェアして魅力を高めていると・・・

私たちのまちの魅力は何でしょうかsign02 

~なんでも近いでええとこやで~ 市の総合計画の副題で市民のワークショップで決まったフレーズsign01

なんばや関空など車でも電車でもどこに行くのも近い、コンパクトなまちで自転車でどこでも行けるというのはあるんですが・・・まちの風土や資源、魅力はsign02

まちの魅力、資源を探すには、大都市のマネをしない、郊外のまちの画一性から脱出、まずはまちを知る、歴史を掘り起こす、そこに誇りをもつ・・・これがポイントだそうです。

川沿いの公園に梅の花が咲いてきていました。桜は毎年見ていましたが、こんな所に梅が咲いているとは知りませんでした。

これも小さな発見flair 

これからいこうということはまだ言えませんが、どこからでもまずは小さな1歩が必要ですsign03

« 一億総活躍どころか、一億総崩壊の危機… | トップページ | マイナンバーと社会保障の学習会に参加! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/63182899

この記事へのトラックバック一覧です: 人口減少時代に「輝く」まちとは・・・:

« 一億総活躍どころか、一億総崩壊の危機… | トップページ | マイナンバーと社会保障の学習会に参加! »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ