« 困ったを希望に変える新しい東京を! | トップページ | 堺西消防署を視察! »

2016年7月17日 (日)

生きること、生きている意味を考えさせられた2冊の本

選挙と議会でものすごく忙しくなる前に読んでいたのがこの2冊・・・

認知症になったり、知的な障がいがある場合に、よくある誤解や偏見で・・・

何も分からないとか学ぶことなどが無意味で無駄なように言われることが・・・despair

認知症になったとしても、すぐに何も分からなくなるわけではない・・・しかし、そうなってしまうんではないかという恐れや心配から、周囲もそう決め付けてしまい、本当にいま必要としていることが見えなくなっていないだろうかsign02

けっして自分が自分でなくなるわけではない・・・

自分らしく楽しみや張り合いをもって暮らすことは、本人の思いを大切にしながら適切なサポートがあればできるという当事者(著者の佐藤氏)の言葉は・・・

悩み苦しむ本人や家族だけでなく、見守り、サポートする側にも知っておきたいことばかりでしたsign01

もう一冊は、障がい者の生涯学習の場として、随分以前からあった青年学級からオープンカレッジという比較的最近の取り組みなど、様々な全国の実践が報告されていました。

一般の高校にあたる支援学校高等部の多くが、その先の就職のための職業訓練や実習ばかりで、本来その時期に学んだり、経験したりすることが充分にできなくなっていないかと、前から心配していました。sweat01

就職はできたものの、その後の人間関係などでつまづく場合も多く見られ・・・wobbly

今、その高等部を卒業した後に学びを保障する場もできてきています。こうした動きはさらに広がってほしいと願っています。

私が以前働いていた 「いずみ野福祉会では、2014年に岸和田に『シュレオーテ』という青年期の学びの場が作られました。」shine ←ココから当時の入学式の様子が見れます。

障がいがあっても、その時々、そして何歳になっても学び続けることの意味や大切さを考えさせられます。

そして、認知症や障がいがあっても、何歳でも自分らしく生きたいという願いと思いがありましたsign03

『認知症になった私が伝えたいこと』 佐藤雅彦 大月書店

『障がい者が学び続けるということ』 田中良三・藤井克徳・藤本文朗 編著 新日本出版社

 

« 困ったを希望に変える新しい東京を! | トップページ | 堺西消防署を視察! »

障害児・者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/63927526

この記事へのトラックバック一覧です: 生きること、生きている意味を考えさせられた2冊の本:

« 困ったを希望に変える新しい東京を! | トップページ | 堺西消防署を視察! »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ