« 市政報告こんだん会のご案内! | トップページ | 大臣の失言がなぜこんなに続くのか? »

2017年4月15日 (土)

『テロ対策」と付け足しても、市民監視の社会への危険性は変わらない…「共謀罪」は4度目の廃案に!

昨夜は「共謀罪」ストップsign01学習会へ・・・

講師は、大阪弁護士会の伊賀興一氏karaoke

これまで3度も国会で廃案になったものに、「テロ対策」を付け加えただけでは・・・

オリンピック誘致の時には、「日本は世界で1番安全な国」とアピールしていたのに、今は「共謀罪」がなければオリンピックが開けないとまで言うsign02

テロや犯罪行為の「資金又は物品の手配、下見その他の準備行為が行われたとき」と条文にあるが、それをどうやって見分けて認定するのだろうかsign02

一般市民には関係ないかのような国会答弁をみたが、市民と犯罪者集団をどうやって見分けるのかsign02

それを見極めるためには、盗聴や盗撮、メールなどネットの閲覧、監視、そして密告奨励・・・まさに人権もプライバシーもなくなってしまう、市民監視の社会への道ではないだろうかsign02

こんな社会には絶対にしてはいけないと・・・

 

今、テアトル梅田で上映されている『母ー小林多喜二の母の物語』も観た。movie

小林多喜二は、貧困を生み出す社会の矛盾を書き、反戦平和を貫いたことで、治安維持法によって捕えられ権力に殺された。weep

山田火砂子監督は、戦争への危機を感じ、あんな時代には戻してはいけないとこの映画を撮ることにと・・・

 

今でもでっち上げや十分な証拠もなく捕まっての冤罪事件が多々起こっている。

「共謀罪」は、さらに罪なき人まで疑われ、監視され、罪に問えるようにできるということに・・・wobbly

 

昨日は、午前中は宣伝カーcarで地域を回って、夕方は泉大津駅で街頭宣伝karaoke

森友疑惑、共謀罪、アメリカのミサイル攻撃、介護保険法の改悪強行採決など訴え伝えたいことはいっぱい・・・

 

こんな事も、自由にモノが言えなくなるのでは・・・行動できない社会になってしまう。angry

国会前の行動や集会なども、とんでもない「共謀」だということになりかねないsign03

« 市政報告こんだん会のご案内! | トップページ | 大臣の失言がなぜこんなに続くのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/65152706

この記事へのトラックバック一覧です: 『テロ対策」と付け足しても、市民監視の社会への危険性は変わらない…「共謀罪」は4度目の廃案に!:

« 市政報告こんだん会のご案内! | トップページ | 大臣の失言がなぜこんなに続くのか? »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ