« 黒姫高原、野尻湖から望む黒姫山、妙高山は美しかった! | トップページ | 臨時議会の開会中… »

2017年5月 9日 (火)

「自治体財政を考える!」大阪自治体問題研究所の議員研修会へ

GWも終わり、昨日から現実にもどされ、さっそく水路や固定資産税に関しての相談も・・・

今日の午前中は、大阪自治体問題研究所の議員研修に出席するため、朝の通学路の見守りをしてからそのまま大阪市内へ・・・

黄色いヤッケをそのまま着て行きそうな勢いでしたが、自転車の前かごにヤッケを入れて、電車に飛び乗りました。train

講師は大阪教育大学教授の高山新先生karaoke

財政問題は難しい・・・

子どもの頃から算数と数学が苦手で、数字に弱いので苦手意識は克服できませんが、大事なのは地方財政の視点や状況をどう把握して理解することだと自分に言い聞かせ、時にはこういう勉強会に参加しています。

何度か聞くうちに自治体財政の専門用語の意味などは分かって来ましたが、一番分からないのは国のやっているでたらめな点wobbly

これ以上借金を増やさない、後世につけを回さない、さらにこれからは地方の時代などと言って、地方分権が進められ、本来国や都道府県でされていたことが自治体単位で考えてしなさいとしつつ・・・

そのための財源は不十分どころか、削減して・・・

原発があるだとか特別な条件がない限り、どこの自治体財政も厳しくなってあたり前では・・・

ただ、泉大津は駅前再開発などの身の丈に合わない大規模開発も財政状況悪化の大きな要因ですが・・・

ただ、これも国の政策誘導に踊らされていたんではsign02

いわゆる小泉内閣時代の三位一体改革の流れが今も続いていると・・・

地方交付税のあり方を大きく変えて、民間への流れを加速させてきたが・・・

当時もてはやされた第3セクターはどこもたいてい行き詰まり、業務委託や指定管理など民間に肩代わり、代行させるやり方、アウトソーシングが現在も相当進んできている・・・

本当にそれが効率的で1番良いのかsign02 住民にとってはどうなのかsign02

イギリスやドイツでは民営化の後に、最近になって再公営化という流れも起こっていると・・・この辺りは今日の話だけでなく、もう少し勉強が必要です。

実際にはサービスの低下が起こり、やってはみたがもうけにならない企業が撤退など・・・

2年前に視察に行った長野県栄村、住民とともに課題解決するなどの自主的な取り組み も少し紹介がありました。

いずれにしても住民自治を基本とした自治体のあるべき姿の中で、どう様々な政策を進めて行くのかsign02 

国や上からの押し付けではなく、栄村のように小さな自治体でもできること、やれることがもっとあるんではないでしょうかsign02

地方自治体、財政の役割は、それぞれの地域の課題、問題を解決し、住民の安心・安全な生活を支えるためだから・・・sign03

« 黒姫高原、野尻湖から望む黒姫山、妙高山は美しかった! | トップページ | 臨時議会の開会中… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/65257744

この記事へのトラックバック一覧です: 「自治体財政を考える!」大阪自治体問題研究所の議員研修会へ:

« 黒姫高原、野尻湖から望む黒姫山、妙高山は美しかった! | トップページ | 臨時議会の開会中… »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ