« 晴れ渡る空の下で…後援会ニュース配布と自治会活動! | トップページ | 市内小学校の市役所見学、議場の説明は議員が行なっています! »

2017年5月23日 (火)

「共謀罪」衆議院でも強行採決・・・良識の府・参議院で「廃案」に!

今日の衆議院本会議で「共謀罪」法案が、多くの懸念があるまま自公維新によって採決されました

国連のプライバシーの権利特別報告者からの懸念の書簡が届き・・・

プライバシー侵害との指摘に対しても、何らその点についての検討もされずに、立ち止まって考えることもせず、またしても強行・・・

なぜこんなに急ぐのでしょうか

イギリスで自爆テロと見られる凄惨な事件が起こりました。

大変痛ましい事件で許されることではもちろんありませんが・・・

こうしたテロ対策という名目としていても、現在ある国内法で対応ができるにも関わらず、わざわざ共謀罪をテロ対策としたことも解せません・・・

「戦争法」や「憲法9条改正」などで、アメリカと一緒に戦争できるようになるほうが、テロの標的になり、いっそう危険になるのは明らかではないか・・・

今朝は、泉大津駅で宣伝行動を行ない、「共謀罪」は許されないと訴え・・・

そして、午後からは宣伝カーで地域を回りました。

一般人を監視し、内心を侵害する共謀罪は「廃案」しかないと・・・

毎日新聞の今日の夕刊、3年前に発覚した岐阜県大垣署による「個人情報収集問題」の特集

「堂々と監視ができ、お墨付きを与える」ようなものだと被害にあった住民は訴えています。

ジャーナリストの青木理氏は、「百害のみ」と・・・一つの理もないと

そして、「監視や人権侵害など市民社会に弊害を引き起こすほうが圧倒的に大きい」と・・・

まったくその通りで、多くの人が自分には関係ないと思っていると思うが、無関心や傍観者的では済まされなくなる。

いつの間にか捜査の対象になり、巻き込まれる恐れが・・・冤罪も後を絶ちません。

そして自由にものが言えなくなる、暗にそうした空気感みたいなものができていくことこそ、恐ろしい社会ではないだろうか

そんな社会にしてはならない

« 晴れ渡る空の下で…後援会ニュース配布と自治会活動! | トップページ | 市内小学校の市役所見学、議場の説明は議員が行なっています! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 晴れ渡る空の下で…後援会ニュース配布と自治会活動! | トップページ | 市内小学校の市役所見学、議場の説明は議員が行なっています! »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ