« 総務都市委員会協議会で「公共施設適正配置基本計画」のパブリックコメントについての報告がありました! | トップページ | 共謀罪の強行採決に断固抗議します! »

2017年6月14日 (水)

一般質問発言通告を提出!「空き家」「私道」で特に所有者不明の問題について取り組みます。

本日10時、一般質問の発言通告の締め切りsign01

全国的に増え続ける空き家の問題、どう管理するのかsign02 活用につなげることはできるのかsign02

親が亡くなった後に空き家になってなど困っている人や、隣りや近所に空き家があって心配だという人などの相談はこれまでもあり・・・

自分が亡くなった後の心配をされている人も・・・

いろいろ対策や警鐘を鳴らす本も出されています。

いくつか読んだけど、なぜ増え続けるのかなどその大変な状況と言うのは分かりましたが・・・

全体的な問題として捉えながらも、個々の物件によって様々な状況があり・・・各市の対応、取り組みによることが大きいsweat01

一番の心配は相続人も居ない場合や相続を放棄された場合のその後の対応など・・・

そして、「私道」の問題では、宅地など開発をした業者がその部分の道を市に移管することなく、倒産などで放置したまま所有者不明になってしまっている場合について・・・

下水や舗装などがまったくされない wobbly

難しい問題ですが・・・問題提起して、実情も確認しながら、どう解決に向けて取り組めるのかsign02 

発言は6月21日(水) 一般質問トップの1番目の10時~coldsweats01

泉大津市議会では一般質問のネット中継をしています。→ココから見れます。

以下は、提出した発言通告文章です。

泉大津市議会 第2回定例会 一般質問 発言要旨

16番 日本共産党 森下 

         所有者不明の「空き家」と「私道」の問題について

 「空き家対策特別措置法」が国において施行され、各自治体の取り組みも進んでいます。本市においても、「環境保全条例」が改正され、シルバー人材センターとの「空き家等適性管理の推進に関する協定」が昨年締結されました。

 本年度は、空き家の実態調査事業が予算化され本格的に調査や活用をどうして行くのかが具体化されていくと理解をしています。空き家の問題は適正な管理といかに活用していくのかの2つの側面で進められなければならない訳ですが、所有者不明などの場合はいずれも適切な対応ができないということでは、問題の解決にはつながりません。

 また私道(わたくしみち)の場合でも所有者、管理者が不明で適切な対処が取られていない道が散見され、その沿道の住民は当然享受されるべき住民サービスを受けることが長年できないなど、同じ市民への行政としての対応に差が出ています。行政として解決に向けての、積極的な対応が求められているのではないかと考えます。

そこで、以下の点についてまず質問を行います。

1 今年度、予定されている「空き家実態調査事業」についての事業内容と検討状況、実施状況についてお示しください。

2 所有者不明の空き家に対して、市の対応はこれまでどのようにされてきましたか?

3 所有者不明ということで、対応がされない私道がありますが、市民からの要望があるにも関わらず、また必要性があるにも関わらず舗装や下水などの対応ができていない所はどの程度あるのか把握をされていますか?

  以上、ご答弁よろしくお願いします。


« 総務都市委員会協議会で「公共施設適正配置基本計画」のパブリックコメントについての報告がありました! | トップページ | 共謀罪の強行採決に断固抗議します! »

議会報告・市政報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/65410231

この記事へのトラックバック一覧です: 一般質問発言通告を提出!「空き家」「私道」で特に所有者不明の問題について取り組みます。:

« 総務都市委員会協議会で「公共施設適正配置基本計画」のパブリックコメントについての報告がありました! | トップページ | 共謀罪の強行採決に断固抗議します! »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ