« 市議会報告の議員団ニュースが完成! | トップページ | 「九州北部豪雨災害救援募金」と「子ども医療費助成制度引き上げ求める署名」活動に取り組んでいます! »

2017年7月20日 (木)

日本共産党は党創立95年を迎えました!

党創立95年の記念講演会が、昨日、行なわれました。会議が重なりネット中継は見れなかったので、今朝のしんぶん赤旗で内容をチェック・・・

志位委員長は、「都議選での党の躍進」と「国連会議での核兵器禁止条約採択」という2つの歴史的な出来事に焦点をあてた話・・・karaoke

不破哲三さんの「党の95年の歴史を語る」は、ぜひまたしっかりと見たいけど簡単に紹介すると・・・

「歴史が決着をつけた3つのたたかい」の意義についてshine

① 戦前の暗黒政治、軍国主義の中で、党は命がけで戦争反対を貫き、戦後公然と活動ができるようになり、今の平和な日本の未来を開くともしびになったこと・・・

② 特に60年代~ソ連共産党、中国共産党毛沢東派の干渉攻撃に屈せず、自主独立の党をつくり打ち破ってきたこと・・・

③ 日本の政治の体制の中で、「日本共産党を除く」という“壁”・・・その結果としての弊害の馴れ合い政治と金権政治に批判が集まる中、小選挙区制で日本共産党を封じ込め、自民党と共産党を除く野党連合での「2大政党制」へ・・・

しかし、安倍自公政権は「対米従属」、「財界密着」に加えて「戦前回帰」という中で、一気に決壊、瓦解したのが東京都議会選挙・・・

一貫して真正面から対決してきた日本共産党を除くことをよしとしない市民と新たな野党との共闘が生まれ、これまでにない新たな政治局面がつくられてきたこと・・・

今だにマスコミなどからは、昔からある政党という事で、「既存政党」などとひとくくりにされているが・・・

歴史の大きな流れの中でしっかりと見ること、①~③の攻撃に屈せず、ブレずにスジを通してきた正しさを歴史が証明していて、これほど確かなことはありません。

そして、日本共産党のさらなる躍進と野党と市民の共闘のさらなる発展でこそ、新たな日本の政治状況の実現、社会進歩があるという展望が示された内容でしたsign03

« 市議会報告の議員団ニュースが完成! | トップページ | 「九州北部豪雨災害救援募金」と「子ども医療費助成制度引き上げ求める署名」活動に取り組んでいます! »

選挙・日本共産党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578145/65557593

この記事へのトラックバック一覧です: 日本共産党は党創立95年を迎えました!:

« 市議会報告の議員団ニュースが完成! | トップページ | 「九州北部豪雨災害救援募金」と「子ども医療費助成制度引き上げ求める署名」活動に取り組んでいます! »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ