« 2017年7月 | トップページ

2017年8月の9件の記事

2017年8月12日 (土)

今日から長崎へ帰省、今年は雲仙にも行く予定!

今日の午前中の会議を終えて・・・やっとお盆休みモードになれそうです。happy01

今晩から長崎県の妻の実家に里帰り・・・

大学1年と高校2年になった娘たちとは、日程調整が大変でしたが、例年より1日短くして、みんなで行ける事にはなったのでよかったです。

長崎のおかあさんが元気な間は出来るだけみんなで行きたいし、孫の成長も喜んでくれると思います。

ちょうどしんぶん赤旗の日曜版『たび』のコーナーで実家のある島原半島の『雲仙温泉』が紹介されていました。

なかなかいいお湯で、記事によると日本初の「国立公園」でボーリングできないため、お湯はすべて自然湧出だそうです。

まさに、これぞ温泉spaという感じ・・・

今年は雲仙仁田峠プレミアムナイトというのしているということで、そこに行こうと妻と妹さんが相談していました。

その島原半島の一番先にあるのが実家のある口之津町、今は合併が進んでしまい南島原市となっていますが、島原市までもけっこう遠いので、その南といわれてもピンとはきません。

やっぱり、口之津は口之津・・・

今年の猛暑のせいかsign02 

ちょっとバテ気味、夏風邪気味ですが、片道800キロcar 行ってきますsign03

2017年8月11日 (金)

自然エネルギーを感じよう!牛乳パックソーラーパネルエコ電車の工作教室

昨日は自然エネルギー市民の会 などの共催で、夏休み工作教室が福祉センターであり、私もお手伝いで参加してきましたsign01

夏休み工作、ソーラーパネルエコ電車

58組の市内の小学生親子の参加で、はじめに「地球温暖化の問題」についてなどを少しお勉強・・・pencil

そしてお楽しみの工作は、牛乳パックをリサイクルして、太陽光パネルを乗せた「エコでん」

参加者は車体になる牛乳パックと車輪になるペットボトルのキャップ4つを持参・・・

製作キットは会の方が準備、作り方の仕様書を見ながら順に作っていきます。

夏休み工作、ソーラーパネルエコ電車

私たちスタッフは午前中に1度作って練習して、午後の本番は各テーブルごとに分かれて、難しい所などお手伝い・・・

「あーでもない、こーやろ」と親子でちょっと悩みながらも、楽しい時間です。

出来上がると、試験走行・・・室内なので投光器の光で動くか確認

夏休み工作、ソーラーパネルエコ電車

うまく動いたら最後の仕上げ・・・電車の紙を張り付けて・・・

とても上手にできた子の作品の写真を撮らせてもらいました。

夏休み工作、ソーラーパネルエコ電車

なかなかの出来です。shine

帰りに外に出るとさっそく太陽の光で走らせている子どもも・・・地面が凸凹でうまく走りませんでしたが、平らの所ならきっとうまく走るはず・・・

私も子どもたちと一緒に童心にかえって、大いに楽しんだ1日になりましたsign03

2017年8月10日 (木)

大阪社会保障推進協議会の自治体キャラバンで、泉大津市と懇談

今年も大阪府下の各自治体と大阪社会保障推進協議会(大阪社保協)との自治体キャラバンが行われていますsign01

 

昨日は、泉大津市との懇談会があり・・・泉大津社会保障推進協議会や各団体のみなさん30人くらい、私も参加させて頂きました。

 

各自治体からのアンケートを集約した資料集と、事前に出していた要望項目に対しての、市からの回答を見ながらの懇談です。

大阪社会保障推進協議会の自治体キャラバンで、泉大津市と懇談

要望項目は、主に6項目

1.「子ども施策・貧困対策について」

就学援助制度の入学準備金の前倒し支給、学習支援・無料塾の実施、中学校給食、インフルエンザなどのワクチン接種についてなど

 

2.「医療費助成制度について」

障がい者などへの福祉医療制度の利用者負担増に対して、子ども医療費助成制度の義務教育終了までの引き上げなど

 

3.「各種検診について」

特定健診やがん検診の受診率向上、障がいのある人ももっと検診を受けれるようになど

 

4.「介護保険、高齢者施策について」

あらたにはじまった総合事業、専門家ではない家事エンジャーという訪問しての家事支援についてなど

 

5.「障がい者施策について」

65歳になると介護保険優先で、これまでの障害福祉からの支援が切り離される問題についてなど

 

6.「生活保護について」

ケースワーカーの対応や人数、生活保護のしおり、小田原の「保護なめんなよ」ジャンパー問題など

 

主にこうした事などについて、参加者からも実態や聞きたい事が出され、それに市の担当者からも丁寧な説明がありました。

回答は現状の説明や、できることできないこと、即答できないこと、いろいろありますが、率直に状況や市民が実態を伝え、市とも確認し合うことができるこうした場はとても大切な場だと思います。

 

昨日、出席していた職員さん何人かに今日会ったのでお礼を伝えつつ話を聞くと、参加者の意見に気付かされ勉強になったという話も聞きました。

 

大阪社保協の事務局長の寺内さんは、すべての自治体を順にこうして回っておられますので、ここの市はこうだったなど市の担当者や私も知らない直近の状況を伝えてくれ、とても勉強になりました。

参加されたみなさんお疲れ間さまでした。ありがとうございました。

 

2017年8月 8日 (火)

楠小学校での夏休みこども平和学習会へ

台風一過のすっきりとした天気にはならず、引き続き朝からとても蒸し暑い日に・・・

市役所前で以前議員をされていた他の会派の方とばったりと出会い、「台風の大雨で近くの排水口がつまって大変だった」と・・・

私も気になっていた所に、朝から行くとやっぱりつまっていて・・・市に対応の依頼にcoldsweats02

 

午後は、楠小学校で行なわれた「夏休みこども平和学習会」へ・・・run

他の小学校でもやっていますが、今年は楠小が最後・・・

楠小学校でのピースディスカッションへ

20人くらいの子どもが来てくれました。

泉大津の戦没者遺族会や原爆被爆者の会の方からのお話があり・・・

 

絵本の会「ぽっかぽか」のみなさんから、平和に関する絵本の読み聞かせや紹介がありました。

楠小学校でのピースディスカッションへ

8月6日にあったことを絵本や写真付きの本を見ながら・・・

3冊目には、はじめはちょっと遠巻きで冗談交じりのおしゃべりをしていた子どもたちが、どんどん引き付けられて、さいご思わず読み聞かせの人の声と合わせてごく自然に「やめて」と言っていました。

戦争や核兵器はもちろん「やめて」ですが、国だけでなく人としても、理不尽な事などにはちゃんと「やめて」と言えるのが、とても大切だというメッセージのように感じました。shine

 

4つのグループに分かれてのディスカッションでは、「なんで戦争が起こるんだろうかsign02」と一人一人考えました。

私がいたグループでは、最初の子が「みんなバカだから」と・・・

「資源や土地の奪い合いになるから」など、いろいろ理由を一緒に考えていた大人たちの方がドキッとさせられました。

 

どんな理由があったとしても戦争になれば、人を殺しあう・・・

どんな理由も許されない・・・

どうなってしまうかの考えに至らないとしたら、「バカ」と言われてもしょうがない。

 

周りの大人のほうが「なるほど」と納得・・・子どもたちのまっすぐなこころと言葉に気付かされました。

子どもたちが自分の気持ちを正直に話せたり、聞ける、こんな「学びの場」は大切ですねsign03

2017年8月 7日 (月)

台風5号、近畿直撃、 全小・中学校で避難所開設…泉大津市

昨日の猛暑から一転、今日は台風の心配に…typhoon

停滞、のろのろだった台風の5号が、動き始めると、どうもこっちに向かって来ました。

 

近畿地方を直撃、和歌山県北部に上陸・・・

雨はさらに強まっていますが、風はこれから強まるでしょう。

動きは依然遅いので、雨風が長引きそうです。coldsweats02

明日の朝までは注意が必要です。みなさん充分にお気を付けください。

 

テレビではお隣の岸和田市の避難所状況のテロップが流れていましたが・・・

泉大津市では、午後1時市内全ての小・中学校11ヵ所に避難所を開設しています。 ←ココから避難所名を確認できます。

 

市内でよく水が上がるエリア、水路や河川近くは特に注意が必要です。

我が家のすぐ横を流れる大津川、大雨のたびに水位が気になります。

一般質問で要望して市のホームページからも確認できるようになったのが河川の水位や雨量情報・・・

 

大津川の水位は、河川に府が設置しているカメラからの状況をネットで確認できます。←ココから(市ホームページの防災の所から府の河川情報を確認できます)

 

今日は夜の会議も中止して帰宅、後は自宅待機・・・

大きな被害が出ないことを願うのみですsign03

2017年8月 6日 (日)

猛暑の中、署名活動に夏祭り、市政報告会!

連日、たいへんな猛暑、今年の夏は特に暑く感じますsign01

そんな中、昨日の午前中は自宅のご近所を、「子ども医療費助成制度の引き上げを求める署名」の受け取りで訪問させて頂きました。

事前にお願いの文章と署名を配布させてもらった70軒

留守も多くてあまりお会いできなかったんですが、我が家のポストに入れておいてくれたり、玄関先に置いてくれている方もあり・・・

これまでで一番多い65筆pencilも集まりました。

これでちょうど250筆になりました。happy01

汗だくで帰宅して、とりあえずシャワーをして・・・

午後は豊中町にある障がい者施設「ワークショップかりん」さんの夏祭りsign01

たくさんの人でにぎわっていて、地域で親しまれているのがよく分かります。

ちょうどイベントの合間で、職員さんや知り合いの人と話をすることができました。

大阪市内の施設で出店していた「ポンチセぴりか」さんは、私も以前から知っていた施設で、ここのプリンは絶品でした。shine

そこから今度は、くすのき夏祭りsign01

楠小学校区の自治会が毎年中心となって行ってくれています。

準備など、この暑さの中で大変だったと思いますが・・・続々と子ども達が集まってきていました。

暑さ対策で置かれていたミスト扇風機・・・coldsweats01

すごいですね。coldsweats01

近くでは涼しく感じますが、近づきすぎるとびしょ濡れになりそうです。

そして夜は、穴師長寿園での市政報告会

はじめて手話通訳の方に参加して頂きました。

参加してくれた聴覚障害のある方は元教師で、教員の多忙化の問題では「先生がゆとりをもって教えることができるように」と・・・

「市役所窓口に手話のできる人の配置を・・・」と、要望など話をしてくれました。

また、これもはじめてのことで、私の一般質問の様子など議場でのやりとりの様子などを、プロジェクターで見てもらいました。

傍聴が難しい人にも雰囲気は知ってもらうことができました。

今日は広島に原爆が落とされた日weep・・・平和への想いも胸に刻みながら、またがんばっていきますsign03

2017年8月 4日 (金)

「私らしく生きる自由」と憲法・社会保障

私が以前働いて社会福祉法人の6月にあった創立記念日sign01

記念講演をされた日野秀逸(ひのしゅういつ)東北大学名誉教授karaoke

その著書「私らしく生きる自由」と憲法・社会保障・・・新日本出版社

私らしく生きる自由

憲法の成り立ちから、本来の社会保障とは何かsign02

ひとりひとりが大切にされる、誰もが願うあたり前の幸せな生き方を社会として保障していくために・・・

それに逆行する安倍自公政権の進める社会保障政策とは何かsign02

アベノミクスで暮らしはどうなっているのかsign02

それぞれ丁寧に解説されていて、たいへん納得できる。

憲法25条の生存権を公的責任で果たし、保障していくのかsign02 

できること・すべきことはたくさんあるということですsign03

2017年8月 2日 (水)

そこで暮らす生活者の視点が大切です!

先日、訪問活動をしていて清水町の方から言われた危険な場所・・・

大津川の堤防沿いの道に設けられた緑地帯・・・しかし、草と木の背丈が高くなって通行する車rvcarが見えないと・・・

生活者の視点が大切

確かにぜんぜん見えませんeye

この位置downwardrightまで来ると見えますが、少し道がカーブしていて、覗くように見るとすぐ近くまで車が来ていて、ヒヤッとすることも多いと・・・

生活者の視点が大切

それに工場も多く、トラックなどの大型車両にも多く通ります。

運転手からだと見通しは悪くないので、ついスピード出過ぎる車も多く見られます。

さっそく、市に除草と木をもう少し低くしてもらうように依頼・・・

除草は8月には行う予定になっているとの話でしたが、すでに夏休みになっていて、子ども達も大津川に遊びに行くこともあるだろうと、時期を早めて優先してもらうよう要請しました。

いつも散歩runしていて、「危ないなぁ」と思っていたという事で・・・

車ではたまに通っていたのに、私も言われるまで気付きませんでした。

やはりそこで暮らす人の視点が大事ですね。

事故があってからでは遅いですし、せっかく寄せて頂いた意見ですので、市民から見たそういう視点で、今後の管理もしてほしいものだと思いますsign03

2017年8月 1日 (火)

平和への想いはイロイロでも、平和の想いはつながっていきます!

安保関連法=戦争法が強行可決されたあの日、全国的に毎月19日、この日を忘れまいと宣伝活動が行われていますsign01

泉大津でも駅頭などで、泉大津九条の会などの市内団体、個人でつくる「平和憲法を守る泉大津連絡会」が、署名、宣伝活動を地道に続けています。

昨日のしんぶん赤旗の読者欄にいつも一緒に活動をしている女性の投稿が載りました。

自衛官の人と対話になったと・・・「自衛官の使命で、他国で死ぬかもしれない」とcoldsweats02

「憲法九条は自衛隊員の命も守っている」などと話す中で、「戦争は絶対に反対」だがそれでも「安倍首相に従う」と・・・

それは「国民多数が選んだ代表だから」、「あなた方が選んだ首相になってもその方に従う」という・・・

それが仕事だからでしょうが、簡単に言えることではないでしょうし、自衛官としての高いプロ意識の人だったのでしょう。

ちょっと感銘を受けながらも・・・

これまで自衛官になった子どもや、自衛官の妻になった子どもの親御さんと話をしたことがあり、思い出していました。

その家族の想いは大変複雑で、東日本大震災の時など災害現場などに行っている時期には、直接的な人助けをしているという事で、誇らしげだったのに・・・

戦争法の可決以降は、特に一時的であっても海外への赴任する時は、心配で居てもたってもいられなくなり、精神的にも大変しんどくなってしまったと・・・shock

こうした家族の思いまで、安倍首相や自公政権は考えてくれていないでしょうsign01

先日あった7月19日の宣伝の時には、高校生らしい3人組が9条守れの署名をしてくれ・・・

ひとりはよく分かってなくて「これは安倍派かsign02」と言うと、すかさずもう一人が「違うからこの署名してるんやろ~」と、さすが大阪的なのり突っ込みshine

もう一人も訴えを聞いていてくれたからか、しばらくしてから「おれもするわ」と来てくれて署名pencil

たまたまそこに居合わせただけかもしれませんが、こんな小さな出会いなどから、平和や9条のことを考えてもらう機会にいつもなっています。

長く、地道に続けていく活動の先にこそ、しっかり平和や憲法を守ろうという想いがつながって行くんだと思いますsign03

« 2017年7月 | トップページ

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ