« クリーンエネルギーフェア2017へ | トップページ | ようやく「森下いわお議会報告ニュース」が出来ました! »

2017年11月 7日 (火)

「社会保障のいま」をじっくり学ぶ議員研修会へ!

昨日、今日と市町村議会、議員研修会が新大阪であり、みっちりと参加してきました

全体の研修テーマは、ずばり「社会保障のいま」をじっくり学びます・・・

1日目の記念講演は、立教大学コミュニティ福祉学部の芝田英昭教授

「我が事・丸ごと」地域共生社会による社会保障の変容に、地方自治体・地域住民はどう関わるのか

厚労省がうたう「地域共生社会」の本質とは・・・

地域に起こっている様々な課題や問題を、地域のみなさんと共に解決していこうということだけを聞けば別に悪い事でもない・・・

むしろ良いことだと思う人がほとんどだと思います。

しかし、国や公の責任はどこに 

「自助」「共助」という自己責任と地域の助け合いで何とかするようにと言われているようで・・・

本当にそれでちゃんと解決できるのだろうか

当面の実現過程、工程では、もう来年にも各自治体で行っていく必要のあることもあるようで・・・

そして、京都華頂大学大学教授の藤井伸生教授の講演

「子育て支援策の現状と課題」~母子保健・児童福祉における自治体の役割~

今回はフィンランドで滞在し研究してこられた点も踏まえての講義となり、子どもに関わって基本的に大切にしなければならない点は、どこの国でも変わらないと感じました。

ただ、この日本という国のあまりに貧困な内容には愕然とするばかり・・・

その中でも泉大津では、例えば母子手帳を交付するにあたって、役所の窓口で受け付けするのではなく、子育て安心サポートセンター(保健センター内)で保健師さんの面談を経てなど、顔の見える関係づくりをはじめていて・・・

その点は私も大切だと言ってきただけに、やはり重要だということが確認できたり・・・

後退させることなく、まだまだ充実させないといけない点などを確認できたのは良かった。

2日目の今日は、日本ケアマネジメント学会副理事長や自ら立ち上げた高齢者医療看護福祉の服部メディカル研究所の服部万里子氏

高齢者福祉における自治体の役割~介護保険、地域包括ケアの視点から~

介護保険制度改正の度にどうだったのか 利用者や地域包括ケアの現状や自治体の役割、新総合事業についてなど・・・

5時間にわたっての詳細な内容に、ちょっと頭がついていけない状況でしたが・・・

また、資料を読み返したりしながら、泉大津の実情にも照らして考えていきたいと思います。

大阪での研修なので日帰り、満員電車にも久しぶりにゆられて・・・

濃厚な2日間でした

« クリーンエネルギーフェア2017へ | トップページ | ようやく「森下いわお議会報告ニュース」が出来ました! »

社会保障・医療関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「社会保障のいま」をじっくり学ぶ議員研修会へ!:

« クリーンエネルギーフェア2017へ | トップページ | ようやく「森下いわお議会報告ニュース」が出来ました! »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ