« 地域包括ケアを問い直す~高齢者の尊厳は守れるか~ | トップページ | 病気で入院の相談が2件続き・・・医療費負担これがやっぱり大変です! »

2018年1月17日 (水)

阪神淡路大震災から23年!借り上げ復興住宅からの追い出し、何故こんな非道な仕打ちを?

今日、阪神淡路大震災から丸23年・・・私も毎年、この1月17日を特別な想いで迎えています

直接の被災はなかったものの、直後から大阪の障害者作業所など関連する団体のみなさんと一緒に、被災した作業所や施設にトラックで物資を運んだり・・・

その後は、安否の分からない障害のある方やその家族の確認、支援。

被災した建物の中にテントを張って寝泊り・・・

ほぼ3ヶ月職場から派遣されていました。

その時の経験、体験が、今どれほど役に経っているか。

今日のしんぶん赤旗の記事・・・

阪神淡路大震災から23年!借り上げ復興住宅からの追い出し、何故こんな非道な仕打ちをするのか?

復興公営住宅の孤独市は、昨年も64人に上り、累計では1027人と、千人を超えました。

また、神戸市や西宮市では、被災者が住む借り上げ復興公営住宅の借り上げ期間が来たので、退去を求め応じなければ提訴をするという非道な仕打ちをしています。

入居の際や、同居両親亡き後の継承の際にも何の説明もなく、あと数年になって「実は出てもらわないと…」と言って来て、これが事前通知だから問題ないかのようにされている。

しかし、すでに高齢で転居困難な生活実態であり、こうした事情は無視され・・・

一方、兵庫県の借り上げ県営住宅では、広く継続入居が認められ、実情を考慮する判定委員会で 検討されています。

これが当たり前の心ある対応ではないでしょうか。

23年も経った今尚、震災の影響が終わっていない。

こうした非道を行政が作り出していることに心が痛みます。

日本共産党の堀内照文前衆議院議員は、「道理は被災者にあり、政治の責任で最後の一人まで生活再建が果たせるよう力を尽くす」と・・・

非道に負けないで心からそう思う

« 地域包括ケアを問い直す~高齢者の尊厳は守れるか~ | トップページ | 病気で入院の相談が2件続き・・・医療費負担これがやっぱり大変です! »

大震災・被災地支援・防災関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地域包括ケアを問い直す~高齢者の尊厳は守れるか~ | トップページ | 病気で入院の相談が2件続き・・・医療費負担これがやっぱり大変です! »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ