« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月の7件の記事

2018年2月28日 (水)

市議会第1回定例会「発言通告」を提出・・・すべての子どもたちに行き届いた公教育の役割を問う!

昨日、開会した泉大津市議会第1回定例会

補正予算などの一般議案の後、市長からの2018年度の「施政方針」及び予算提案がありました。

「時代の変化に臆せず、挑戦し、生き残るための基盤を築く」と勇ましい・・・

「変化・転換」という言葉が10回、「生き残り」という言葉が6回も出てきます。

その中で、高度な情報化社会、そうした変化する時代に向けて、生き残るためにと、様々なことが述べられています。

AIやIOT、テクノロジーなどカタカナがいっぱい出てきます・・・

「人々から世界から選ばれるまちづくりを進めます」と宣言

教育の分野でも「みらい構想」を策定し、プログラミング教育や能力開発など先端的かつ多様な学びの機会をつくると・・・

理解が出来ないなら、アナログと言われるかもしれないけど・・・

どうしても、言われている事がそのまま良いとは受け取れません。

新しく何かをしていく必要性は、どんな時でもあるでしょう。

しかし、子ども達や市民にとって、何を大切にしようとしているのかがよく分かりません。

今回の一般質問では教育について取り組みます。

人材育成という言葉が6回も出てくるのも気になります。

育成と言われると、何だか上からさせられている気がします。

子どもや人は物ではありません。

どの子どもも育ち合い、成長し発達していく保障こそ教育に必要な事ではないかと・・・

教育施策のこれからと、教職員の多忙化問題の改善も求めて質問します。

以下、提出した発言通告です。

 施政方針から見える本市の教育政策について

~すべての子どもたちに行き届いた公教育の役割とは~

1 「教育みらい構想策定事業」について、いつまでにどのように描こうとしているのか?構想策定のねらい、その目的や時期など事業策定の進め方について具体的にお示しください。

2 「先端教育人材育成事業」に関わって、IOT、プログラミング教育、能力開発教育とは具体的にどのようなもので、どうのように実施をしていくのかお示しください。

3 文科省は、小学校56年生での「外国語活動」を34年生にし、56年生には「英語」を現在の35時間に年間15時間加えて行うよう求めています。学習指導要領が改正され、正式には2020年から全面実施となるが、各校の判断で18年からの先行実施が認められているが、本市の対応はどうなるのか?

4 中学校給食について、小中9年間の食育推進の観点と予算()の概要で説明があるが、それがなぜデリバリー方式なのか? この関連と結論に至った理由についてをお示しください。

5 教員の多忙化解消は急務の課題と考えるが、教員の多忙、負担についての現状認識と解消に向けた取り組みについてお示しください。

 

2018年2月24日 (土)

国保も介護も保険料が値上げされようと・・・

昨日、今日はとてもいいお天気、寒さもやわらいでこのまま春になってほしい・・・

お伺いしたお宅の梅も、もう咲いてきてました。

ただ、そんな気分も吹っ飛び、懐の寒さがますます身にしみるのが・・・

国民健康保険(国保)と介護保険の保険料またまた値上げの方向に・・・

国保は、都道府県単位化のもとで、大阪府統一保険料とされて、泉大津では単身で比較的所得が高い人以外のほぼすべての世帯が負担増になる予定・・・

低所得や多人数の世帯ほど負担増に・・・

3月の議会で決められようとしています。

その前にあった所管する厚生文教委員会協議会では、各所得世帯がどれだけの保険料になるのかの資料も示されなかったため、出席した同会派の田立議員が委員会の開催と資料の提出を強く求めました。←・田立議員のブログココから見れます。

介護保険でも、現行の保険料基準額(本人非課税・世帯が課税)の月額5,180円が、5,700円の引き上げに・・・

これからさらに審議になりますが・・・

市民があまり知らない、分からない間に、さっさと引き上げてしまおうと言われても仕方のないやり方で、これに簡単に同意するなら議会や議員のあり方も問われるのではないでしょうか

2018年2月16日 (金)

誠風中学での職業講話へ

昨日は、うちの娘2人もお世話になった誠風中学で、「職業講話」があり、中学2年生に向けて、市会議員の仕事について話をさせてもらいました

誠風中の職業講話へ

昨年に続いて市議会としては2回目の取り組み・・・

他にも消防士さん、コンビニ店長さん、飲食店店長さん、農家さんなど、講談師さんまでいて、多彩なメンバー・・・

生徒が聞いてみたい仕事の話を希望して、クラスに関係なく分かれ、ちょうど一クラスぐらいの人数に・・・

先月は小津中学で2コマ、昨日が誠風中で2コマ、議員も分担して4グループに分かれ・・・

私が担当した時間の生徒は、積極的な生徒がいて、場の雰囲気を和ませてくれてよかったです。

議員と言っても、テレビの国会中継くらいしかイメージがないと思うけど、中には「政治についてどんなんか知りたかった」という生徒も・・・

様々な議会の取り組み、議員の役割、仕事、どんな事しているのか、出来るだけ分かりやすく話しをしたつもりなんですが・・・

最後にその時間を担当した3人が、それぞれ議員になったきっかけや議員をしていてのやりがいなどを伝えました。

どの程度伝わったか 

少しでも議員と言うものを知ってもらい、まずは選挙には行こうとなってもらいたいですね。

みんなの感想文が届くのが楽しみです

2018年2月13日 (火)

「保護」ではなく「生活保障」法に!

先週の衆議院予算委員会で、日本共産党の志位和夫委員長が提案した「生活保障法」への反響が広がっています

格差と貧困が深刻な状況の中で、現実のリアルな声を紹介・・・

2人の子がいるシングルマザー「ギリギリの生活で、3年間に一度も病院に行けず・・・薄氷を踏む生活・・・」

3人の子がいるシングルマザー「お風呂は冬場は週一回、あとは水シャワー・・・」

生活保護でいのちと暮らしをようやくつないだのに、政府が行う生活扶助費の引き下げ・・・

貧困の実態、暮らしの現実を見ないあまりにもむごいやり方・・・

世界の先進国では、貧困ラインは引き上がっているのに、日本は下がり続けています。

図

そもそも生活保護で生活を保障しなければならないのに、2割の程度の「捕捉率」しかないことも世界でも異常な事で大問題なのに・・・

生活保護に対する「バッシング」と「スティグマ」(恥と思わせる)で、ギリギリの生活でもためらい、我慢しているのに、困り果てて行った窓口での誤った説明(ex:働いていたらだめ、若いからだめなどetc)がされる「水際作戦」で追い返されることが依然としてある。

志位委員長は、こうした貧困の深刻な状況を打開するために4つの緊急提案

「保護」という名称が、憲法25条で保障された生存権を保障するということになっていない・・・

1 法律の名称を「生活保障法」にする。

2 国民の権利と明らかにして、制度の広報、周知を義務付ける。

3 申請権を侵害しないことを明記して、「水際作戦」を根絶する。

4 定期的に捕捉率を調査、公表し向上に努める。

誰でも病気やけが、失業などの思いがけないトラブルで、生活が行き詰ることは起こりうる・・・

私もこれまでも何人も生活たいへんという人の相談にのってきましたが・・・

「まさか自分が」と・・・

「病気で働けなくなって」・・・

「自分だけでなく、家族が病気になって」など、そうなりたくてなったなんて人には出会ったことはありません。

それまでちゃんと税金も払ってまじめに働いてきたにも関わらず・・・

そんな時でもちゃんと暮らせる保障が社会保障・・・

そのための「保護」ではなく、「生活保障法」・・・

誰もが正当に利用できる制度にするのが、憲法25条に基づく生存権を保障する政治の責任ではないでしょうか

2018年2月 9日 (金)

福岡県中間市の「空き家対策」と大牟田市の「三池港」へ視察に!

この水曜・木曜の2日間、泉大津市総務都市常任委員会の視察で福岡県へ・・・

1日目は、中間市「空き家対策事業について」・・・人口4万1千人あまり、面積15k㎡と比較的市域がコンパクトという点では、泉大津に似ている市・・・

高齢化率は36%とかなり高く、空き家問題は全国共通ですが、早くから実態調査に取り組み、空き家バンクを実施・・・

市外からの子育て若年世帯の定住促進で、空き家バンク物件の購入を条件に、『中古住宅購入補助金制度』、『中古住宅リフォーム補助金制度』、『中古住宅購入後に解体し新築するための補助金制度』など・・・

空き家になりそうな高齢世帯に対しての『住み替え補助金制度』や、老朽建築物の解体工事に対して『老朽危険家屋等解体補助金制度』など・・・

基本は空き家と言っても不動産、民間のやり取り、売買になるが、特定空き家など老朽化した危険な空き家などの解消に向けて、市が解体、移転が進むように制度の活用を上手く進めていました。

相続で引き継いだものの困っている人は多く・・・

資産価値が下れば下るほど、動きは作りにくく、その中でもどうすれば双方にメリットがあって、リスクの低減になるのか

かなり困難な事例にも踏み込んで、積極的な役割を市としても果たしていることが印象的でした。

2日目は、大牟田市・・・ご存知、三池炭鉱のあった町で、最盛期は人口20万を超えていましたが、閉山後は減少し、現在は11万7千人あまりで、泉大津の人口以上の減に・・・

その石炭積み出しの港、三池港を活用した地域振興について・・・

「にぎわい交流拠点としての港」ということで、実際に世界文化遺産になった「明治日本の産業革命遺産」の港として・・・

当初は港全体の再開発的な産業物流拠点化と観光地化を目指していたようですが、世界文化遺産になったことで、当時からの状況を変えられない守っていくため、全体計画としては見直しを進めていると・・・

下の写真が三池港、手前の赤い屋根は対岸の島原半島の島原港に向けてのフェリー乗り場で、来る前に「昔乗った事があるよ」と連れ合いが言っていて、ここからフェリーが出ているとはじめて知りました。

明治から現在も現役で動いている「三池港閘門」や海の下に向けて掘られた坑道が残っている「三川坑跡」などの、貴重な見学もさせてもらい・・・

炭鉱電車は、クラウドファンディングで3000万円の寄付が集まり、展示できるように・・・

坑道に続く入り口、ここはまだ整備がされていなくて、入り口しか見れませんでしたが、坑道に降りていく「人車」もそのままの状態で置かれていて、歴史を感じました。・・・

すごい歴史的な価値があって、順次整備をしているとの事でしたが、いつ完成するかは分かりませんが、出来たらまた来てみたいと思いました。

成り立ちや歴史がまったく違いますが、市民を呼び込んでいく価値のある港としての整備や魅力をどうアピールしていくのか考えさせられました。

2018年2月 5日 (月)

泉大津コンビニ窃盗冤罪事件をご存知ですか?・・・SUN‐DYUさんの訴え!

昨日の党と後援会の新春のつどい・・・スペシャルゲストとして来てくれたSUN-DYUさん

 

 

2012年6月に起こった泉大津のコンビニでの窃盗事件で、21歳の時に突然逮捕され、302日間も警察の留置場で拘束された。

 

まったく身に覚えのない彼は、犯人と決め付ける警察の執拗な取り調べの中・・・

 

「やっていない」と事実を貫き通し、家族がコンビニの録画記録を見直し、証拠とされた指紋が別の機会についたことを突き止め、無罪判決を勝ち取った。

 

しかし本来、これは警察がまともな捜査を行っていれば起きなかった出来事・・・

 

尋問で攻め続けられる中で、「もしかしたらやったんじゃないか」と思わされたと、自白の強要で冤罪がつくられる恐ろしさを感じたと・・・

 

拘束がとかれた後も被告人として・・・

 

2014年の無罪判決まで2年間の壮絶な出来事、そして、間違った警察も起訴した検察も一言の謝罪もない・・・

 

ようやくミュージシャンとして認められてきた中で、失われた時間と狂わされた人生・・・

 

間違ったら謝罪する、これは社会常識・・・

 

証拠の隠滅や捜査の不備、謝罪を求めて訴えて今も闘っています。

 

また「無罪」を勝ち取ったアーティストとしても、冤罪の起こらない社会を求め、同じように冤罪にあった人たちへの支援の活動もされています。

 

披露してくれた「12の言葉」というラップ調の曲←ユーチューブから聞けます。

 

 

おはよう・こんにちは・こんばんわ・いただきます・ごちそうさま・行ってきます・行ってらっしゃい・ただいま・お帰りなさい・・・

 

10の日常生活の中にある言葉、これに「ごめんなさい」「ありがとう」

 

謝罪をしない警察と検察、今も捕まっていない真犯人に向けて、そして自分を信じて支援してくれた家族や友人、支援者に対して・・・

 

SUN‐DYUさんの思いの詰まった曲、これからの活躍に期待しています。ココからSUN-DYUさんのアメブロ見れます。

 

また、何かできることあれば私も一緒にやりたいと、心から熱くなったつどいでした

 

 

2018年2月 3日 (土)

日本共産党、「JCPサポーター」始まりました❗️

日本共産党、「JCPサポーター」始まりました❗️

ネット・SNSでもつながり、情報発信、双方向の交流もできる「JCPサポーター」登録が始まりました。

ココからご覧ください。⇒⇒⇒https://www.jcp.or.jp/supporter/#aboutjcps

 

お名前とメールの入力だけで登録できます。

 

日本共産党は、「良いと思うけど・・・」、「ちょっと敷居が高い・・・」、でも「今の政治では将来が不安・・・」、でも「何ができるか分からない・・・」

 

そんなあなたへ

 

今後、「JCPサポーター」のホームページや会員へのメルマガで、動画や魅力的な企画、情報を順次アップし、紹介していくことに・・・気軽にのぞいて見てください。

 

もっと政治を身近に感じてもらえるように・・・紹介されていた声を紹介します。

ツイッターで反響

・待ってました!登録しました。党員になるっていうとなんとなく、敷居が高かったけど、サポーターなら!私に何ができるかな?と思うけど、ワクワクします。

・国会で共謀罪が審議されている時、近所のスーパーで地道に署名活動をしていたのは共産党の方々でした。その時は、名前を書くことしかできなかったけど、これからは微力ながらお手伝いさせてください。

・トレンドに入ってたけど、JCPって日本共産党だよなあ。と思ってみたら、日本共産党だった。トレンド入りするってすげぇな

 

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ