« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の15件の記事

2018年3月30日 (金)

えびす認定こども園が開園!

桜も満開の昨日、えびす認定こども園の開園式があり出席させて頂きました。cherryblossom

えびすこども園が開園

大正12年から続いてきた「戎幼稚園」、たいへん歴史のある幼稚園。

昭和38年から続いてきた「宇多保育所」、泉大津の公立第1号の保育所。

その両園が一緒になって、新しいスタートをきるのが「えびす認定こども園」

泉大津では3園目のこども園・・・

公立が責任を持って、待機児童解消や老朽化した保育所の問題などの解消策として・・・

また、入園前でも地域の子ども達が気軽に来て遊べたり、子育て相談ができる親子広場「ちょこっと広場」など・・・

これからの子育て支援も含めたあらたな役割にも期待したい。

式では、両園の子ども達の元気な歌に、参加した大人たちが一番の笑顔と元気をもらいました。

新築された部分には、給食調理室ができました。

本日は試食会も行なわれ、人気メニューの「夕焼けごはん」と「高野豆腐の卵とじ」、イチゴを美味しく頂きました。

えびすこども園が開園

特にじゃこ入りのごはんはヘルシーで体にもよく、おかずもお野菜をスチーム調理をしているので、野菜の甘味などがより出るそうです。

3、4歳児の新しい部屋や、0歳児さんの改装された部屋も見学させてもらいました。

えびすこども園が開園

木の香り漂う、もちろんワックスなどしていない床はすべすべで気持ちよく過ごせそうです。happy01

これからも子ども達の元気な声と、笑顔あふれる園になってほしいと願っています。

2018年3月28日 (水)

森友疑惑はますます深まった、終わりのはじまりに・・・佐川氏証人喚問!

森友疑惑、財務省公文書改ざん問題での佐川氏の証人喚問が国会で昨日行なわれたsign01

 

夕方は泉大津駅での緊急街頭宣伝を行い、karaokeマイクで訴え・・・(写真を撮るのを忘れてしまった) wobbly

1時間で300枚のチラシを配布、やはり関心の高さが伺えました。

 

それにしても「訴追の恐れがある」と、証言拒否・・・何と55回も angry

一方で首相や夫人の関与は「ない」と断言したが、いっさいの根拠は示さない・・・

その態度は、国会に対する不誠実さと、首相夫妻を守ろうとする姿勢で・・・

疑惑はますます深まったし、佐川氏がひとりで行なったわけではない。

 

関係する人の証人喚問も必要だし、「あったことをなかったことにはできない」という前川氏のような良心のある人が出て来てほしいと思う。

 

この国の民主主義のこれからに関わる大問題・・・公文書までもが改ざんされて・・・

「うそ」と「詭弁」がまかり通るなら、何を信じたらいいのかsign02

 

これで幕引き、終わりにしてはならない。真相解明のはじまりに・・・

2018年3月26日 (月)

高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画推進委員会を傍聴

すっかり日中はあたたかくなり、一気に桜の開花も進みそうです。cherryblossom

大阪はまだもう少し満開までかかるかと思っていたら、こんなに咲いている桜と遭遇・・・

お花見の予定をもう1週間早くしておいたらと思っても、もう案内してるし、再来週だと完全に「葉だけ見」になりそう・・・sweat01

 

今日は、高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画の推進委員会を傍聴・・・

計画を最終承認する日のため、あまり意見もないなぁと思っていたら・・・

 

最後に、朝日新聞に載っていたそうですが、認知症の方の「徘徊」という言葉がどうなのかsign02という事が話題になり・・・

「徘徊」という言葉をやめてはどうかと・・・

委員長からは「迷い人」(まよいびと)なんていう言い方についてのも話もあり・・・

いずれにせよ、どう支援していくのかを合わせて考えていかないといけないという事に・・・

 

普通に使われていても、それを聞いた人がどう感じるかsign02 

一つの視点としてもっておく必要のあることだと気付かされました。

 

2000年に介護保険制度がはじまって、18年sign01

泉大津市の高齢化率は13%から25%へ・・・

保険料は、3000円台から、5700円に・・・

これだけの保険料を集めているということは・・・

「計画をつくっただけにならないように」というあいさつもありました。

その為にも、市の役割、責任をしっかりと果たしてほしいと願いますsign03

2018年3月25日 (日)

おづぷらざ(泉大津市市民活動支援センター)フェスタへ!

泉大津市の市民活動支援センター、通称「おづぷらざ」が主催のフェスタが、テクスピアの1階で開催中で、行って来ました。

参加している27団体のパネル展示があり、これは3月27日(木)の午後3時までやっています。

多彩な団体が、各地域で様々な取り組みをされているのが、よく分かります。

私が参加させてもらっている自然エネルギー市民の会の展示は、昨年の夏休み工作教室で、ペットボトルソーラーエコ電の様子がパネルに・・・shine

今日は手作り風車づくり・・・

子ども達があまりいなくて参加者がなかった時間もあったそうですが、覗いた時は子ども達がいっぱいでにぎわっていました。

これからの泉大津で、こうした市民活動を支える場所のひとつ、この会場の5階に市民活動支援センターがあり、市の市民活動をさらに広げていく、活動しやすくするために、様々な支援をしています。

そうした団体にとって活動や発表などができる場はとても大事です。

テクスピアの4階部分は、会議や取り組みなどで使われる市民の活動の場・・・

市は、その一室を使って、100名の民間企業の日本語学校の誘致を進めていると、予算委員会での私との質疑の中で明らかに・・・

外国の優秀な人材が泉大津に集まってくると・・・ゆくゆくは1,000人にするとまで言ってましたがsign02

しかし、なぜ市民活動のスペースを切り狭めてまでも、しなければならないのかsign02

1室という事でしたが、それだけでは済まないのではないかsign02

民間の企業であれば6階以上のテナント部分でやったらいいのではないかsign02

そこまで優遇してあてがうのは、文科省の認可を得るために、学校という事で場所など継続的にちゃんとできるかなどの担保がいるためだそうです。

テクスピアは、市民会館廃館後の代替え施設として、市民活動など活用できるようにと市は言ってきた訳ですが・・・それには反するやり方です。

それを狭めてまでもすることの意味があるのかどうかsign02

市民が望んでのことではないし、要求に基づかないものが上手くいくようには思えません。

引き続き、市民にも知らせながらみんなで一緒に考えていかないといけない問題ですsign03

 

2018年3月23日 (金)

議員定数1名削減が可決、議員報酬削減は否決…切られるのは市民の声、民意ではないか!

本日、泉大津市議会「第1回定例会」最終日sign01

まず、先週から続いてきた予算委員会の委員長報告があり、私は反対の立場で討論・・・

委員会の時には言えなかった施政方針の根本的誤りを指摘しましたが、賛成多数で予算は可決成立しました。

その後、議員提案された議員定数1名削減・・・提案理由は財政に貢献するという点と、すでに欠員が1名あるのでと・・・

泉大津市議会のすべての会派で議論し定めた「議会基本条例」 の前文にある二元代表制を担う議会の役割としての機能強化」「市民のために市民に開かれた議会」として、「関心を持ってもらい、新たな政治参加、挑戦したいと思える議会」にとまで謳った議会基本条例にもっとも反する行為が定数削減になると質問し、指摘をしました。

私たち日本共産党含む4名の議員が反対しましたが、可決、来年の市議会議員選挙からは定数16名となります。

これまでも、またどこも議員定数の削減が進んでいます。しかし、1名であっても議員が減ることは、それだけ市民との関わりは減り、市民の声が届きにくくなることは明らかで・・・

前回選挙前に1名定数削減ざれたが、結果的に選挙は「無投票」ということに・・・

市民との関わりが薄まれば無関心層も増えていき・・・投票率もますます下がるのではないかsign02

ましてや立候補なんて、ハードルがいっそう高くなり門戸が狭まるということに・・・

選挙前にパフォーマンス的に議員定数削減を続けて行けば、際限のない削減、議会の機能としても成り立たなくなってしまいます。

また、財政に貢献するというのに、なぜ議員報酬削減には反対なのでしょうかsign02

報酬削減には私たち党議員団を含む4名の議員の賛成しかなく否決されました。

「身を切る改革」をいつも言うのに報酬削減には反対・・・

自らの身は切ることなく、切られるのは市民の声、民意ではないでしょうかsign03

2018年3月21日 (水)

自治会の粗大ごみ無料回収の活動へ!

今日は、地元地域の自治会の粗大ごみ無料回収があり参加しましたsign01

朝から雨rainで心配しましたが、途中から止んでくれて良かったです。

昨年に続いて2回目の実施・・・

「自治会に入っていても何もない」という声が以前からあって、「会員さんに何かメリットのあることを」と、役員さんで相談して始めたんですが・・・

去年はどの程度あるのかの想像もつかない中、「けっこうあるもんや」と感心しましたが・・・

「まぁ2回目やし、そこまでないかぁsign02」と思っていたら・・・

あるわ、あるわ、出てくるわで・・・びっくりするくらいcoldsweats02

みなさん、お家にいろいろとため込んでいるんやなぁと・・・

昨年よりも1.5倍以上ではsign02 いったい何台になったんだろうかsign02

うちは2階にあった大きな学習机を出せなかった(1人では下ろせなかったwobbly)ので、ちょっと悔いが残りましたが・・・

typhoonの強い日の後とかに、あちこちに落ちている傘を拾ってきたのが、十数本あったのはこの機会に出せて良かった~shine

この粗大ごみ「どうしよう」、「どうしたらいいかsign02」と、気になっていたみなさんに喜ばれたのは良かったです。

自治会の加入率も下がっているので、「こんなこともやっているんだ」と、この機会に自治会に入ってもらうと1番いいんですけど・・・

未加入の方で1件でしたが、問い合わせはあったんですが・・・

これだけでは難しいかもしれませんが、自治会活動は大切な地域のつながりなので、何かとしながら、広げていければと思いますsign03

2018年3月19日 (月)

予算審査特別委員会が終結…2018年度一般会計予算(案)には反対!市立病院会計には賛成!

泉大津市議会、予算審査特別委員会6日sign01

各会派からの意見と賛否の表明を・・・

日本共産党泉大津市会議員団として、先週の5日間の審議を踏まえて検討し・・・

2018年度、一般会計の予算(案)には反対しました。

国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療の各特別会計にも反対・・・

他の特別会計、下水、水道、市立病院の会計には賛成としました。

いくつかの問題点、懸念する内容、理由がありますが、議会最終日の本会議での採決には、もう少し根本的な問題、考えを述べたいと思っています。

少し長いですが、以下討論の内容です。掲載しておきます。

 2018年度の予算案について、予算審査の質疑を通じて、日本共産党市会議員団としての検討の結果を踏まえ、意見を表明させていただきます。

 

一般会計予算についてです。市民サービスの維持・向上、人を大切にするという事を述べられています。これは当然のことですが、能力、可能性を引き出す、機能回復、維持向上、子どもたちや高齢者に向けられた取り組みは、教育では「みらい構想」の策定、「最先端教育」として行おうとしています。しかし、公教育としてのあるべき役割なのか?求められる能力を発揮できる子どもたちばかりではありません。

民生、衛生などで新しい施策として展開されていく取り組みは、その一つ一つの可能性は否定をしませんが、市民にとって本当に望まれていることでしょうか?

子ども医療費助成制度の対象年齢が引き上げられ中学卒業までになったことは大変評価できますが、先送りされてきた中でようやくの実施であり、就学援助の小学校入学準備支度金がこの春ではなく、来年に先送りされたことは非常に残念な点です。

 

公園整備のマスタープランや大津川緑地の園路整備、自転車道ネットワーク整備など魅力あるまちづくりは、若い世代の定住促進や空き家・空き店舗活用もはじめて具体に示されました。しかし、毎年の活用が予算一杯であったにも関わらずなくなった住宅リフォーム助成制度は、見直しによって、さらに今後あったであろうニーズに応え、制度本来の目的への見直しとならなかった点は残念でした。

窓口業務委託となって半年が経過をし、その状況や番号制度事務事業、いわゆるマイナンバー制度についての状況の確認をさせて頂きました。それに伴う市民サービスの向上にどうつながっているのか?また業務改善推進事業なども含めて、どうつながっていくのかも不透明なままです。今後においてはさらに窓口民営化の委託を広げ、マイナンバーの活用もいっそう進めていくという考えも示されていますが、メリットばかりではなく、大きなデメリットもあり、この点での検証も充分にないままに、前のめりに進めていく事に対し大きな懸念をしています。

市職員、教員の勤務、労働実態が、管理職も含めて相当厳しい状況にあるという事は、市民サービス、子どもたちへの支援に影響してくると、この点でも大きな懸念を持っています。適切な労働条件の整備、改善に、もっとも有効的なのは適切な人の配置、増員に他なりません。市として責任を持った人事配置、計画的な採用で対応することを求めます。

図書館の移転という大きな課題が唐突に出されました。行政として決めた公共施設のこれからの計画をどうして行くのかが、議会にも市民にも何も知らされず、庁内会議だけで勝手に決められていくということは、市民参加で作り上げられた総合計画とはあまりにも対照的であり、その基で進められたている行政としてあってはならない事です。

公共施設適正配置計画については、市民の声や願いに耳を傾け、市民にとってよいこと、必要なことはきちんと手続きを踏まえて見直しを行い、図書館についてもしっかりと費用負担も含めて情報を公開し、市民の参加と共同でこれからの新しい図書館の計画を作る事を求めます。

 

その他、質疑を通じて多くの要望・意見を申し上げてまいりましたが、各種計画の策定、見直しにおいて市民への情報公開、市民参加となっていない点、必要な財源を市民の切実な願いの実現、暮らしを支えるという点でも最も有効に活用するものとはなっていないとの判断で、一般会計予算(案)に反対とします。

 

国民健康保険特別会計です。
 
 大阪府統一の保険料となり、多くの世帯で保険料の引き上げになります。激変緩和という名で6年間にわたり引き上げを続け、その後は激増になるという予算であり、3人目の子どもに対しての減免がはじめて示されましたが、その対象も効果もわずかです。

保険料収納率が他の自治体に比べて高い点などは、職員の皆さんの並々ならぬ苦労の結果ではありますが、徴収機構の一元化以降の、滞納者への分納誓約において、保険者の生活実態を顧みない一律的な対応がされている点は、生活状況をよく把握をされている国保担当課との連携、情報共有を進め、滞納者の生活状況をよく把握をされて、親切で丁寧な対応を求めます。差し押さえの対応についても、国税徴収法に基づき生存権を脅かす差し押さえが無いよう事前の把握に努めて頂きますようこの点も要望し求めます。国保財政が都道府県単位化に移行したもとでも、引き続き保険料賦課徴収に責任を負う保険者として、加入者と市民を守る責務を果たすこと、社会保障制度としての原点に立ち返ることを求め、国民健康保険特別会計に反対いたします。

 

 

介護保険特別会計についてです。
 
 市町村が責任を持ち運営する要支援認定者に対する日常生活支援「総合事業」が開始され1年が経ちます。現況の確認をさせて頂く中で、減免制度の対象外になる世帯においても、本人非課税である場合はその納付が困難で、的確で必要する人への減免制度への対応が必要であり、あがり続ける保険料や利用者への自己負担も重く「保険があっても、介護を受けることができない」状況の改善と、深刻な事業所の運営、人手不足についてなどの実態把握を聞き取りだけでなく、アンケートなどで地域の状況をつかんで適切な対応が取れるよう求めます。国の施策に基礎自治体から強く抗議の声を上げる意味で、この会計に反対いたします。

 

 

後期高齢者医療特別会計についてです。
 
 保険料改定の年にあたり、わずかばかりの平均保険料の引き下げとなっても、制度発足から続けられてきた保険料の軽減措置、9割軽減の特例措置が段階的に廃止されたことにより、すでに大幅な保険料の負担増が行なわれています。さらに今後においても軽減の廃止が言われており、そうした決定に対して、自治体へもましてや市民にも充分に知らされることなく、決定だけが伝わってきます。国における制度改悪の中止を求めるとともに、大阪府広域連合においても、市町村国保から移行した場合に負担増となり、いったん全額払いになる人間ドックの不合理な点などの改正などを求め、いち早くの情報収集をお願いします。
 
 この制度が続く限り高齢者を年齢で切り分ける不合理な点、保険料の負担などがますます大きなものになるなど、この会計に反対とします。

 

その他の特別会計、そして水道事業会計については、災害時など非常時も含めて安定した水の供給に引き続きご努力をお願いし、賛成とします。

 

 

病院事業会計についてです。
 
 医療報酬改定が行われるもとで、いっそう厳しい医療環境になっていく中で、地域包括ケア病棟の設置など決断、即応した対応により、急性期を基本としながら、これまで早期の退院、在宅生活を迫られ困っていた市民にとっては、在宅までの間の猶予が生まれ、メリットもあることになりました。かかりつけ医などの地域医療との連携による対応などの確認もさせて頂きました。地域と市民の願いに応えるとともに、命と健康を守る砦としての役割を保健福祉行政とのさらなる連携によって果たすために、市立病院としての役割をいっそう発揮して頂くことを期待して賛成とします。

以上です。

2018年3月16日 (金)

予算審査特別委員会の質疑が終了…長~い5日間でした!

本日で泉大津市議会「予算審査特別委員会」の質疑が終了sign01

 この5日間がどんなだったかsign02

 

12日(月)の1日目は、一般質問の総務費、私は有給所得率を聞き、労務に関わっての働き方についてや窓口業務の民間委託の問題、マイナンバー制度の問題から防災対策などを質問・・・

他の議員の質問も多く、5時をまわっての延長に・・・coldsweats02

 

2日目は、民生費(福祉関係や保育所などの子育て関係など)、衛生費(保健センターやゴミ処理や環境、公園など)

在宅で寝たきりなどの高齢や障害の方への訪問理容補助実施や障害のある子どもさんの就学前の療養施設、病後児病児保育、保育所・こども園の正職員配置などを質問・・・

この日も予定の時間までに終わらず、5時を回っての延長に・・・sweat01

 

3日目は、商工費、土木費、消防費まで・・・

小規模事業者への支援、消費生活相談での障害のある方の被害増に対しての相談の対応、自転車ネットワーク整備、大津川の園路整備、119スマホでの緊急通報システムなど質問・・・

 

4日目は、教育費、歳入・・・

教育は一般質問でメインで取り組んだので、質問はしぼってkaraoke

スマホでのいじめ相談受付、受動喫煙防止教育、就学援助の拡充、図書館について・・・

 

そして、今日の5日目は、国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療、市立病院のそれぞれの会計で発言・・・

 

5日間連続でかなりタイトな日々・・・wobbly

会議後に翌日の発言の最終準備に追われ、ブログの更新もままならない日々でしたが・・・

1ヵ月くらい前から時間があれば準備を重ね、何とか乗り切れました。

 

6日目、19日の10時~、予算審査特別委員会で、意見表明し採決があるので、議員団として判断するための意見表明の準備はまだありますが・・・

それでも質議を終えてちょっと一息、今日はやっとゆっくり寝れそうですsign03

2018年3月13日 (火)

「公文書改ざん」信じがたい疑惑!

市議会は予算委員会の真っ最中で、今日で2日目の衛生費まで終了sign01

2日とも、予定していた所まで時間内には終わらず、5時回っての延長に・・・sweat01

その準備や対応に追われつつも、いやでも飛び込んでくる森友疑惑の「公文書改ざん」の問題・・・angry

麻生財務大臣のあまりにも他人事のような会見に、耳を疑った人も多かったのでは・・・

いったい誰のために、なぜそうしたのかsign02 

ここが明らかにされない限り、この問題は終わらない。

1年前にあれだけ、関わりはなかったという首相、文書も含めて問題がないかのように突っぱねていたことは・・・

「やっぱりそうなんでしょ」とみな思っているのでは・・・

こうした事が明らかにされないという事は民主主義の根幹に関わること。

ある資料がない。あっても書き換えられているなど、そんな事がまかり通れば、法治国家とも言えない国ということに・・・

今、言えるのは「まともな国」に早くならないといけないという事・・・

まじめに国や地方で、がんばっている人の思いではないでしょうかsign03

 

2018年3月11日 (日)

東日本大震災から7年…今、思うこと!

今日で東日本大震災から7年、もうそんなに経つのかという思いと、原発事故後の後始末をはじめ復興はまだまだだという思いsign01

テレビなど報道は、この時期に一斉に様々なことを知らせてくれるが・・・

それも普段は随分減ってしまっているのではsign02

2万2千人以上が犠牲になり、今尚7万3千人以上が全国で避難生活、仮住まいをしなければならないとういうのにdespair

政府は2020年度までの10年間を「復興期間」として、復興策の打ち切り、縮小をしようとしています。

オリンピックのあるその年に、期間が終わったからと同時に終了と言うわけにはいかないでしょう。

西日本では、南海トラフの巨大地震が心配されていますが、必ず起こるものとして想定して対応を怠らないこと・・・

先日のテレビの特集で「河川津波」をしていました。

知られざる脅威と・・・震災後はじめて岩手県陸前高田市に支援に行った中で、河川の津波が何キロも内陸地に上り、こんな所まで浸水被害があったのかと案内してもらい、目の当たりに・・・wobbly

私たちのまちのすぐ近くに流れる大津川はまさに、この北上川と同じような形状で蛇行して流れています。

私はこの7年、大津川の防災対策、津波、大雨対策の必要性、重要性を訴えて来ましたが、まさに科学的にも分析をされ、その危険性が映し出されていました。

この2年間かけて、川の中に溜まった堆積土砂の除去工事が行なわれ、一定進んだ事で少し安心しましたが・・・

引き続き河川状況を確認しながら見ていかないといけない・・・

東日本大震災を教訓は、想定外とせず、対応、対処できる準備を怠らないということを忘れずに続けることsign03

2018年3月10日 (土)

平昌パラリンピックが開幕!平和の祭典の先に非核化なるか!

平昌パラリンピックが開幕、オリンピックに続き選手のみなさんの活躍が楽しみsign01

 

学生時代に、何度か障害のある人たちとスキー場に行き、チェアスキーなどをしたことがあり・・・

普段は車いすで、自分では進めなくても、さっそうと滑り下りる爽快感はとても魅力的で・・・shine

その時のみんなの笑顔が忘れられません。happy01

 

残念なのが議会真っ最中なので、夜遅くのスポーツニュースでしかきっと見れないと思うこと・・・

 

昨日は「米朝首脳会談」のニュースも飛び込んできましたsign01

国家の体制維持というのが前提だが、北朝鮮の「非核化」の意向が示された。

緊張関係が高まり続けた中で、韓国政府の何としても武力衝突を避けて、対話での解決を求めてきた努力を、国際世論も支持してきた結果・・・

本気の「非核化」、そして世界の「核軍縮」に向かってほしい・・・

それにしても、対話ではなく強硬な制裁一辺倒だった日本政府は完全に「カヤの外」sign01

 

国内では、森友疑惑での公文書書き換えで大揺れ・・・

法治国家としてあってはならないことが、安倍政権のもとで平気でやられていたことに・・・

疑惑の中心人物の佐川氏が辞任・・・責任官僚が辞めて済む話ではない、首相、政治家の関与など真相はまだまだ闇の中sign02

トカゲのしっぽきりと言われても仕方がない・・・

嘘とごまかしが許されていいはずがないangry

 

国内外のニュースが気になりつつ、予算委員会の準備も、この土日が山場・・・coldsweats02

夜のパラ選手の活躍のニュースを楽しみにして頑張ろうsign03

2018年3月 8日 (木)

一般質問が終了、教育について・・・本当に学校でしなければならない事なのか、ますます分からない疑問は続く質問に!

朝の開会前の議場sign01

昨日、今日と12名の議員が一般質問を行ない終わりました。

各議員が出していた質問のテーマだけでは分からない事がいろいろとありましたが・・・

それがどう市民や子ども達にとってのものなのか、ちょっと?なものもありましたが・・・sign02

いろいろな考えがあるのはいいことなんだけど・・・市民の感覚というか目線でどうなのかと考えさせられた2日間・・・wobbly

私は「教育」に関わって、すべての時間を・・・

国や市も新しい事、良い事ばかりのように言うけれど・・・

英語教育の小学校の早期化、みらい構想、先端教育、人材育成、小中一貫校、能力開発などいろんな言葉が交錯し、果たしてそれがどうなのかsign02

学校という公教育の場でする必要のある事なのかsign02・・・デメリットだってあるし、ちゃんと検証されたのかsign02

上からの押し付けのよう・・・sign02

学校現場や子ども達が本当に望んでいる事なのかsign02

そうした声や願いを聞いての事とは思えません。

子どもや学校の実態、実情を踏まえたものでなければ、上手くいくはずがないし、かえって負担ばかりがましていくことに・・・

現場の教職員は超多忙で、過労死ラインを超えて働いて、さらに・・・coldsweats02

教職員の多忙化解消も訴えて、一般質問を終えました。

来週の月曜日からは予算委員会、まだしばらくは準備に向けてこもってますsign03

2018年3月 6日 (火)

国保・介護の保険料、いっそうの負担増・・・厚生文教委員会で日本共産党以外はすべて賛成!

昨日開かれた泉大津市議会、厚生文教委員会sign01

私は委員ではないので隣室で傍聴ear・・・

この4月以降の国民健康保険、介護保険の保険料の負担増の議案・・・

出席した同会派の田立議員は、実際の保険料がどうなるのかsign02と追加資料を請求し・・・

ほぼ2時間かかった委員会のほとんどの時間を費やして、質疑karaoke

軽減がかかる低所得の世帯でも保険料の引き上げになり・・・

一定以上所得の層では、若干保険料引き下げになるものの、2割軽減の対象にも引き下げ対象にもならない、まともに負担増になる世帯があり・・・

その多くが、子育て中などの現役世代。・・・angry

私たちが一貫して求めてきた、子どもが多い世帯への減免制度の実施を求めました。

大阪府は統一化にあたってこの「多子減免」の実施をするかのように言っていたのに、府としての統一基準にはしないと・・・

その為、市独自で「3人目以降の子どもの均等割り額」を軽減する考えがはじめて示されました。

一歩前進にはなりましたが、それでもあまりにも高い保険料・・・

これまで4月、5月はみなし保険料として徴収し、その後不足分を上乗せしていたものも・・・

みなし期間がなくなり、10ヶ月での徴収になると・・・あまりの大きな引き上げ額に、通知が届いたらびっくりするんではwobbly

その為か、他の議員さんから「市民への周知の徹底」、そして「医療費削減につながる健康体操を」との質疑はありましたが、保険料の負担増にふれたのは田立議員だけで・・・

委員会での賛否も、国保も介護も保険料の負担増の議案に、日本共産党以外はすべて賛成で可決されましたsign03

田立議員の討論など⇒詳しくはココ(ただち恵子のブログ)から見れます。

2018年3月 5日 (月)

核削減に反対する日本政府、沖縄への核持込も容認・・・唯一の被爆国として「核のない平和な世界」の願いに背を向ける日本政府!

春の嵐typhoonが日本列島を縦断・・・窓の外は一時すぐ先まで見えなくなるくらいの強い雨rain

その嵐よりも気持ちがざわついたのが、昨日、今日のしんぶん赤旗のスクープ記事・・・wobbly

米オバマ政権の時、「核なき世界を目指さなければ・・・」と、核体制の見直しの検討の時に、日本政府側が削減に懸念を示し、反対したと・・・

米の文書から明らかに・・・upwardright

さらに、見直しの際に「沖縄への核貯蔵施設建設」への考えを聞かれ・・・

説得力があると容認sign01

信じがたいというよりは、情けなく悲しい・・・

戦争被爆国として、唯一の国、その悲惨さは誰よりも分かっていないといけないのに・・・

すぐに無くせなくても、無くしていく、減らしていくことにこそ力を注がなければならないのに・・・

そうでなければ、あの広島、長崎の原爆で亡くなり、今も苦しむ人たちに顔向けできないではないかsign03

2018年3月 1日 (木)

議会傍聴呼びかけ宣伝・・・私の一般質問は3月7日の予定!

昨日は市議会第1回定例会の一般質問発言通告を提出、夕方からの議会傍聴の呼びかけの宣伝行動へsign01

市内3ヵ所のスーパー前や泉大津駅に議員が分かれて・・・

議会傍聴呼びかけ宣伝

私は、デイリーカナート(旧まるとく・はやし)さんでの行動に参加・・・

この議会の予定や一般質問で各議員が取り組むテーマなどが書かれたチラシを配布。downwardleft

議会傍聴呼びかけ宣伝

各議員の発言通告のテーマの一覧はココから見れます。

何人か知り合いの方と出会えたり、3人組の中学生が手を振ってくれたのがうれしかった~shine

先日の誠風中学での職業講話を聞いてくれてのことだったら、尚更うれしかったですが、話する間もなくあっという間に走り去ってしまい・・・

一般質問は7日、8日ですsign01

私の出番は、番目なので、3月7日(水) 午後1時頃の予定です。

傍聴やインターネットでの生中継、後日録画も見る事ができるので、ご覧になってください。⇒ココ(泉大津市議会HP)から見れます。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ