« 恣意的で不適切な計上が長年続いてきたと認定…障害者雇用水増し問題! | トップページ | この週末は近江八幡と姫路城へ! »

2018年10月26日 (金)

社会保障費、安倍政権で3.9兆円の削減!全世代型社会保障どころか全世代に生活苦!

臨時国会が開会、安倍首相のあまりの厚顔無恥ぶりの所信表明にこちらがぶっとびます

「若者にチャレンジしやすい…」「全世代型社会保障…」など耳ざわりのいい言葉が並ぶ一方で・・・

森友・加計の反省も、片山さつき大臣など内閣改造後にさっそく出ている政治と金の問題もまったくふれず…

沖縄に寄り添うと言うだけでまったく反する審査請求を強行…

福祉関係の仕事を20年前職でしてきた私にとって、本当に許せないのが安倍政権での6年間で、約3兆9千万円もの社会保障費の削減…

今日のしんぶん赤旗の試算で明らかに…写真のグラフにあるように自然増分のカット、法改正によるカット…

年金・医療・介護・生活保護の抑制策の数々、おまけにそれに伴っての各種保険料の引き上げに…

高齢者だけでなく、若者、子育て世代にとっても大きな負担増に…

そして、若者や現役世代には将来不安ばかりが増し…消費が冷え込むのも当たり前ではないか

出来るだけ気付かれないように、あれやこれやと画策し、超高齢化社会だからしょうがないと、さらに消費税が10%になったら…

いったいどうなってしまうのか それこそ取り返しが尽きません。

社会保障をきちっとすることで、将来不安、どんなことがあっても安心できる保障こそ、経済でも社会も進歩することができる前提では…

先進の欧州諸国がまだ様々な課題があったとしても示してきた道であり…

一人一人の「個」を尊重し大切にすることは、日本でも戦後「日本国憲法」で示された道…

安倍政権が行っていることは、時代の逆行であり、決して許されないこと…

今こそ憲法25条(生存権)が活かされる社会に、自治体もそれに基づくという根本を忘れてはならないのではないでしょうか

« 恣意的で不適切な計上が長年続いてきたと認定…障害者雇用水増し問題! | トップページ | この週末は近江八幡と姫路城へ! »

社会保障・医療関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 恣意的で不適切な計上が長年続いてきたと認定…障害者雇用水増し問題! | トップページ | この週末は近江八幡と姫路城へ! »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ