« 「2019年度泉大津市施策と予算案に対する重点要望」を提出! | トップページ | 要望をいろいろお聞きした週末に・・・ »

2018年12月14日 (金)

「一部損壊家屋にも支援策を求める意見書」を全会一致で採択!

今年の漢字」に「」が選ばれました

相次ぐ地震や台風などの災害が相次いだということから・・・

あまり喜ばしくない一字ですが、自然災害以上に「災い」となっているのが「アベ政治」では・・・

この間の国会を見ていると、そんな意味合いもあると深読みしてしまいます。

災いがある時にこそ、政治の助けが必要です。

災害指定を受けても全壊、大規模半壊しか公的支援はなく、一部損壊では何もない。

一部自治体では、一部損壊に対しても独自の支援策を行なう所が増えていますが・・・

それこそ国や大阪府の責任ではないだろうか

今日が第4回定例会最終日だった泉大津市議会

日本共産党提案の「一部損壊家屋への支援策を求める意見書」が全会一致で採択されました。

国や大阪府へも党としても独自に政府交渉や大阪府交渉で求めてきましたが・・・

市議会としてまとまって意見書を上げることができたのは良かったです。

ただ、本気で実行してもらいたいし、災害時にこそ助かる具体の支援策が必要です。

以下、意見書の全文、よかったらご一読ください

大阪府北部地震及び台風などによる

一部損壊家屋への大阪府の独自支援策を求める意見書

 本年6月以降、大阪府北部地震、西日本豪雨、台風21号・24号など、大阪府民の被災が激甚となっている。日常生活の苦しさに加え、連続する災害で、府民の生活は一層疲弊していると言わざるを得ない。とりわけ大阪府北部地震や台風21号・24号による家屋の損壊は激甚であり、台風21号では大阪府内自治体の罹災証明願いの総数は54,000件を超えている。

 高槻市における北部地震による全壊・大規模半壊家屋への国の被災者生活再建支援法適用(全壊300万円・大規模半壊150万円)の決定を受け、大阪府は府内自治体の同規模の被災者に対し、支援法に相当する「府独自支援策」を市町村と協力して創設するとされた。

 一方、本市においても罹災証明発行件数が約2,000件にも及ぶなど、大阪府全体の家屋被災との関係でいえば、まだまだ府独自の支援策は不十分である。一部損壊であっても、家財道具も含めた被害が甚大で、生活や営業の土台をなくしたり、転居を余儀なくされた世帯もある。家屋の一部損壊に対して独自の家屋改修費用への支援を判断している自治体がある一方で、本市を含め何の支援策も立てられない自治体も多い中、「同じ府内に住みながら、住んでいる市町村により支援の内容が違うのは不合理だ」との声も上がっている。このようなもと、大阪府がさらに一歩踏み出し、府内での地震・台風などによる一部損壊家屋も対象とする支援策が強く求められるところである。

 とりわけ、台風21号による家屋等への被害の復旧については、その件数などから数年の期間がかかるとも言われており、さらなる府独自の支援策が必要である。

ついては、大阪府において市町村と協議しながら、全壊・大規模損壊にとどまらず、一部損壊家屋についても府独自の支援策を創設されるよう強く要望する。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成30年12月14日 

泉 大 津 市 議 会

送付先;大阪府知事

 

 

« 「2019年度泉大津市施策と予算案に対する重点要望」を提出! | トップページ | 要望をいろいろお聞きした週末に・・・ »

議会報告・市政報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「一部損壊家屋にも支援策を求める意見書」を全会一致で採択!:

« 「2019年度泉大津市施策と予算案に対する重点要望」を提出! | トップページ | 要望をいろいろお聞きした週末に・・・ »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ