« 議会運営委員会にはじめて委員として出席! | トップページ | 新しくできた障害のある人の働く場「ぽむのいえ」さんを訪問! »

2020年6月18日 (木)

コロナ禍の中で行なわれている市の施策は!?

昨日今日で、10名の議員の一般質問を終え・・・

コロナの深刻な事態が続く中で、第2波や災害時ににどう備えるのか?学校や医療、地域経済、何より困っている人への支援など・・・

 

各議員から出された質問、意見は私は貴重なものだと、どの質問を聞いても思えたし、市の答弁も今できることのものだとは思うけど、もう少し積極的な受け止めが出来ないのかとも思う。

 

それは市が打ち出しているコロナ対応策は、他市に比べてまだまだだから余計にそう思ってしまう。

 

今日、経済対策として決まった3万円の市内買い物で4千円の商品券をもらえるという施策・・・

市内の消費喚起として一定の効果は望めるし、もらえたらうれしいとは思う。

 

ただ、一人暮しの方など7月の1ヶ月の期間で、3万円も果たして使えるだろうか?

生活が大変な人は節約して暮らしているので、そうした人ほど恩恵も受けられないのにと率直に思う。

 

水道料金の基本料金6ヵ月免除、給食費3ヵ月無償、ゴミ袋600円分配布・・・それも助かるけど、もっとも困っている大変だという声に充分応えているとは言えない。

ひとり親家庭への支援金、児童扶養手当の上乗せは大阪府下の多くの自治体が実施。

 

4月27日で区切られた10万円の給付金、それ以降に生まれた赤ちゃんにも給付する自治体が全国で広がっています。

緊急事態宣言の最中、お腹の中にいた赤ちゃんも生きていた命だからと・・・

 

母子手帳がすでにあったり、この大変な同じ年に生まれてきた子にと来年3月31日までと、期間や金額には違いはあるけど・・・

河内長野市や忠岡町、私がはじめ気付かされたのは愛知県の大府市など・・・

 

議員団でも共有し、田立議員が昨日の一般質問で求め ←ブログにその思いがココから見れます。

直接、田立議員には妊婦さんからの声も届けられました。

 

こうした思いに応える、こころある対応を泉大津市にも期待したいものです。

残念ながら、府下の支援策一覧表では個人向けの給付のない数少ない自治体になってしまっています。

Dsc_7404

 

 

« 議会運営委員会にはじめて委員として出席! | トップページ | 新しくできた障害のある人の働く場「ぽむのいえ」さんを訪問! »

議会報告・市政報告」カテゴリの記事

新型コロナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 議会運営委員会にはじめて委員として出席! | トップページ | 新しくできた障害のある人の働く場「ぽむのいえ」さんを訪問! »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ