« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月の14件の記事

2020年8月31日 (月)

4月28日以降に生まれた新生児にも10万円の特別定額給付金が支給に・・・泉大津市

今日は総務都市委員会協議会で委員として出席・・・

新型コロナウィルス感染症の対応で、国の1次2次補正分の臨時交付金、泉大津市は8億9275万5千円の限度額が示され・・・

私たちも議会としても求めてきた事業予定の一覧がようやく示されました。

 

今日の委員会では主にコロナでの災害時の対応で・・・

避難所などでの備品の内容や対策本部にかかる事業について何点か質問。

 

昨年に続き、6月議会でも求めた避難所の段ボールベットなども各避難所10と数は少ないけど配置されると・・・

それ以上の多くは協定を結んだ段ボールメーカーからの発災後の供給に・・・

今後の防災訓練などで住民に知ってもらい、運営時にちゃんと活用できるようにと求めました。

 

厚生文教関係では、うれしいご報告!

4月27日という日にちで区切られて支給された10万円の給付金・・・4月28日以降に生まれた新生児にも支給される提案がされました。

来年3月31日までに生まれた新生児に対してで、すでに生まれている場合は個別通知があり、まだの場合は母子手帳交付時などでお知らせすると・・・

 

このコロナ禍の中、この同じ年に生まれてくる子どもや保護者にとって、同じように10万円の給付をと・・・

 

他市などでは早くに決めていくのに遅くはなりましたが、強く要望してきた点なので良かったです。

前にもブログで書いたけど、大府市などが28日以降に生まれて来る子にも支給を決めたと知ったのは4月中ごろ・・・

 

こうした心ある自治体は、その後次々に実施を表明し、臨時議会なども開き1日も早くと・・・

ところが泉大津市は、なかなか事業全体もはっきり示さないし、1次補正分などは市長先決で決めてからしか議会にも示さないということが行われてきましたが・・・

 

今回はこれまでも含めた全体、一覧で示されましたので、ここにもちょっと見えにくい写真ですがアップしておきます。

予定では9月10日の一般質問後の議題で提案されます。

Dsc_0819

Dsc_0820

2020年8月29日 (土)

この「7年8ヶ月」何だったのか!?

昨日から泉大津市議会では厚生文教委員会協議会がはじまり、いよいよ議会・・・

委員ではないので、隣室で傍聴しながら気になることがいくつも・・・

 

そのことをブログにと思っていたら、午後になって安倍首相辞任の一報!

その後、相談のあった人の件で田立議員など関係者と協議・・・

Dsc_0816

一旦帰宅した時の夕焼け雲、「あ~きれい」と思いつつ・・・今日のことを振り返る。

委員会が長引き、辞任表明の報道、相談内容は委員会の報告内容に深く関わるもの・・・

 

トップの姿勢でこれほどまでに政治や行政はゆがめられるのかとも・・・

その代表なのがこの国の総理大臣、この7年8ヶ月・・・最長を誇っていたばかりだったけど、辞任会見も自慢ばかり。

 

病気が理由なので、やむを得ないとは思うし、早く回復されてうやむやにしてきた「モリカケ桜の政治の私物化に、現職逮捕された買収に関わる疑惑」など果たしていない説明を・・・

 

病気を理由にした問題の幕引きは許されない。

何よりコロナ禍で、混迷と無策・・・やったのは子どもたちに多大な影響を及ぼした一斉休校や補償なき休業要請、マスク配布、GoToキャンペーンで感染拡大・・・

 

唯一の功は、戦争法や秘密保護法などのあまりにひどい強行採決などで、市民と野党の共闘が広がり今の流れをつくったこと・・・

野党の一致した要求は国民の声とあいまって、10万円の給付金や補正予算でのコロナ対策を引き出してきたこと、検察法改正も一人のツイッターから大きく広がり止めたこと・・・

 

声をあげれば政治は変わり動かせる。

だけどそれは容易ではない、権力は自分たちの都合で押し付けてくる。

 

大阪ではこのコロナ禍にも関わらず住民投票は最大の民主主義といってやろうとしている。1度「否決」されたのも住民投票あの時の民意は無視?!、勝つまでじゃんけん・・・

泉大津でも計画にも公約にもなかった図書館や病院を、これまでの計画もお構いなしに市民への説明もまともになく進めていく。

 

何なんだろう?この間あちこちで起こっていることは?

議会の準備もなかなか進まず、こんなことばかり気になってしまう。

 

それでも今日、明日は議会準備をがんばらないとヤバイので、この辺で・・・

委員会のご報告は月曜日の総務都市委員会協議会が終われば、公に出来るものもあるので、その後にします。

 

 

2020年8月26日 (水)

学生応援フードバンクプロジェクト開催8月29日(土)15時~桃山学院大学近く、いずみ野自治会館!

我が家の2人の大学生の娘・・・コロナの影響で、自宅2階の自室でリモート授業(まだ夏休み中らしいが・・・)が、後期も続くよう!

下の娘は京都のアパートはそのままで、空家賃だけ入れながらいつでも戻れるようにとしていたが、これ以上長引くとどうしようかと悩んでしまう。

 

それでもまだ近いので車で迎えに行って、必要な荷物などまとめて帰ってきているが・・・

遠方からの学生は、帰省も学校にも行けず、おまけにアルバイトもなかなかないと・・・

 

1年生は1度も校内に行ったことがない、友達も作りようがないと・・・

テレビの特集で見た青年の苦悩・・・小中高はリスク管理しながら再開しているのに、なぜ大学は?

早く何かしらのつながりがもてる取り組みを再開してほしいと思う。

 

うちの子どもらは幸い自宅にいるので食べるのに困ることはないけど、今、各地で学生向けのフードバンクの取り組みが始まっています。

困りごとの何でも相談会みたいになっていたり、あまり友人などとも会えず話す機会もなく、おしゃべり会みたいになったりと楽しく有意義な取り組みになっているとか・・・

 

泉大津ではないけど、隣りの和泉市には桃山大学があり、その周辺には多くの学生専用のアパートが・・・

そうした学生、青年向けに阪南地域の民青の取り組み⤵⤵⤵

Fb_img_1596892163931

Fb_img_1596892143321

阪南地域の党員や後援会、支持者のみなさんから寄付で寄せられた物品、この前事務所に行ったらかなり集まっていて驚きました。

困った時には助け合い、そんなみなさんの思いがあふれてます。

場所は桃山大学近くののぞみ野自治会館!

20200821_152523

2020年8月23日 (日)

和泉市で市田忠義副委員長を迎えての日本共産党演説会へ!

昨日、今日は和泉市へ!

和泉市では9月6日告示、9月13日投票で市議会議員選挙が行なわれます。

 

昨日は、市議7期28年の原しげき さんの事務所へ支援に・・・

今日は、市田忠義副委員長を迎えての日本共産党演説会へ!

 

大阪18区国政対策委員長・望月りょうすけ さんもご挨拶・・・

最後は4人で・・・会場の一番後ろで立ち見していたので、遠くて顔がほとんどよく分かりませんが(泣)

Dsc_0800

雰囲気だけでもと・・・ズームにしても私のスマホの限界!

Dsc_0798

それぞれのあいさつもコロナに関わることが多く、共通して言われたのがPCR検査の拡充で感染拡大の防止を・・・

それに効率第一で、何でも民間にという流れがいいのか!?と・・・

無駄を省くどころか税金の横流し、最悪の無駄使いになっていると・・・

 

市田さんが、コロナの危機を乗り越えた先の社会は、元の新自由主義といわれる公務労働など公的責任や社会保障を切り下げ、何でも自己責任に押し付ける社会にもどるのではなく・・・

政治を変えて、格差の拡大を止めて・・・どういう日本をつくるのかと7つの視点を示しました。

 

① ケアに手厚い社会・・・1人では生きてはいけない、医療、介護、保育、障害者支援など粗末にされてきたこの分野を手厚く!

 

② 人間らしく8時間働けばまともに暮らせるルールある社会!

 

③ ひとりひとりの学びをつくる社会・・・少人数学級を実現し、学費半額(それでも高いけど・・・)などで!

 

④ 危機にゆとりをもって対応できる社会・・・外需だのみではなく、内需の拡大、命に関わる大事なもの(食料なども…)は自分たちの国や地域でつくる!

 

⑤ 科学、サイエンスを尊重しそれに基づく政治・・・最悪の事例がアベノマスク一斉休校、大阪ではうがい薬や基準を都合よく変える大阪モデル!

 

⑥ 文化芸術を大切にする社会・・・人が生きていくうえでなくてはならないものとして。日本の文化芸術は国家予算ではフランスの10分の一しかない!

 

⑦ ジェンダー平等社会に・・・各種ハラスメントをなくし、多様な性や個人を尊重する。コロナ支援では大きな矛盾となった世帯主規定の廃止などを!

 

本当にこういう社会にしていきたい。誰もが大切にされる社会。

それこそがコロナ後に日本共産党が目指している社会、これをするのが政治の役割、責任だと市田さんの話を聞いてあらためて強く思いました。

 

2020年8月22日 (土)

コロナと山小屋、登山を守る・・・しんぶん赤旗の主張!

8月10日山の日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨に2016年に施行された・・・翌日のしんぶん赤旗の主張の冒頭書き出しの一文!

しかし、今シーズンは新型コロナの影響で、各地の山小屋の経営が悪化し、山小屋の維持だけでなく、登山をめぐる環境整備が出来なくなると・・・

 

登山者を泊めるというだけでなく、登山道の保守、管理から天候変化時の避難場所、遭難者の救助まで、登山の支えであるのに、個人の努力、事業者に多くを委ねられている問題で・・・

公的支援の拡充が必要・・・この間のしんぶん赤旗1面に小さい記事ですが、7回にわたり「登山守る」の特集!

Dsc_0784

美しい景色とともに、山小屋の仕事、自然環境を守る取り組みが写真付きで紹介されていました。

 

20代の頃、毎年夏は南アルプス中心に仲間と歩いていました。

それはかけがえのない時間で、忘れられないものですが、それを想い出として終わらせたくない・・・

 

子育て仕事と忙しく、体力も自信がなくなってきて、しばらく高い山からは遠ざかっていましたが、もう一度という思いが最近は強くなっています。

まだ元気で出来る時に出来る事を・・・富士山にも行った事ないし、1度は生きてる間にとふと思ったのがきっかけです。

 

金剛山など近場の山に時間あると出かけたりしますが・・・

あの台風21号の後、通行が厳しい箇所もルートによってはあって・・・一度間違えてとんでもない悪路を行ったことも!

その時に出会った青年がスマホでGPS付きの地図で、さっそく自分も導入し、それからは自分の位置が分かり、地図の読み間違えもなくなりました。

 

それでも地図にはあるのに、ちょっと大変な登山道に出くわしたことも・・・

ただ、そうした登山道を維持管理しているのは地元などのみなさんで・・・そのおかげでと実感します。

 

そうした活動をどこでも安心して行うことが出来るように、公的支援を強める必要があります。

貴重な自然環境を享受し、引き継いでいくことができるために・・・

 

山が大好きな者の一人としても切に願い、こうした視点もしっかりと伝えるしんぶん赤旗の報道に元気をもらいました。

2020年8月19日 (水)

自然エネルギー市民の会、なかよし学級での環境学習の取り組み!

短くなってしまった夏休み、最後の週の今週・・・

自然エネルギー市民の会が行う泉大津市内の各小学校にある「なかよし学級」への環境学習が取り組まれています。

 

泉大津の おづ自然エネルギー市民の会のメンバーも一緒にしていて、昨日は私も楠小学校へ!

最初はお決まりのスライドで地球温暖化などの状況や太陽光など自然エネルギーの取り組みについてを学びますが・・・

 

第2部は楽しみながらの環境学習!

今年は地球との約束「すごろく」・・・

Dsc_0765

前に張り出してあるのは見取り図で、これを実際にテーブルの上に作って並べ教室全体を使ってのすごろくに・・・

 

全体こんな感じで・・・3人一組でチームを作って、まず各自作った手作りのさいころを順にふって進んで行きます。

Dsc_0769

さいころをふる人、出た数字を言う人、コマを動かす人を順番にして、チームごとなので密集にならないようにも気を付けながら・・・

 

同じ回数なのにずいぶんと差が出来てしまいますが、ます目によって環境に良いことなら「2つすすめ」、悪いことなら「3つもどれ」などそこに止まったら読み上げて、みんなで楽しみながら遊んで学べるように・・・

Dsc_0770

さいころの目の①が続き一番遅れをとったていたームが、最後あっという間にゴールしたり、あと少しでゴールなのに①が出たりと・・・

思いの他みんなで盛り上がって楽しいひとときでした。

 

泉大津の学童なかよし学級の夏休みに定着してきた取り組みですが、少しでも子ども達の心の中に地球の環境や自然エネルギーについて残ってくれたらと思います。

 

毎年、創意工夫をしてくださるスタッフのみなさんにも感謝です。

私はなかなか参加出来ませんが、あと1校くらいは行きたいと思いつつ、スケジュール表とにらめっこです。

 

 

 

 

2020年8月18日 (火)

GDPが戦後最悪の下落!

昨日から今朝の各ニュースでもトップで報道されていますが・・・

4~6月期の国内総生産GDPが、戦後最悪の下落に!

年換算27.8%減少という・・・

 

これは予想されていたとはいえなかなか衝撃的な数字・・・

Dsc_0773

毎日新聞によると、リーマンショック後が17.8%減

東日本大震災後が5.5%減

消費税の8%への増税後が7.5%減

消費税10%への増税後が7.0%減

 

コロナ禍による影響による大きさが当然目に付くけど・・・

見逃せないのが、昨年の10月~12月期からの3期連続のマイナスだということ!

 

消費税10%増税による打撃から、さらにコロナによって大打撃に・・・

日本共産党の小池晃書記局長は「コロナ危機はもちろんだが、アベノミクス、消費税増税の大失政は明らかで、家計消費が30%以上も落ち込んでおり、こういう深刻な事態のもとで くらしをあたためる抜本的な経済施策が必要」と・・・

 

ドイツ、イギリス、韓国などは消費税にあたる付加価値税の減税が行われており・・・

消費税の5%への減税は、家計を応援するだけでなく、中小業者には赤字でも収めなければならない消費税は企業支援としても最も有効だ」と・・・

 

何よりこういう状況において、臨時国会の早期開会をして議論していかないと・・・

 

私も地域のみなさんとともに「消費税の廃止、減税」を地域から声を届けようと街頭宣伝に定期的に取り組んでいますが・・・

Dsc_0001

今日ではありませんが、先月の写真・・・

あらためてくらし家計応援の消費税の5%減税を まずは実現するため、引き続きがんばらんといかんと今朝の記事を読みました。

 

2020年8月17日 (月)

今日も危険な暑さ、熱中症対策を充分に!

今日も朝から危険な暑さ・・・お盆前から聞いていた相談や今日連絡あった相談など3件対応。

お昼ご飯を食べに家に帰ってテレビを付けると、浜松市で正午の時点で驚きのこれまでの国内最高気温の41.1度だって!

Dsc_0761

大阪でも38.0度で、体温を上回る気温、テレビの画面の人もそうだけどこれにマスクなんで本当に外周りをしているときついし、危険・・・

以前に熱中症のような症状になったことがあるけど、「頭がぼーとして何かおかしい?」という感じで、はっきり分からなくて自覚症状が分かりづらく、気付くのが遅れることがこわい・・・

Dsc_0763

厳重警戒と言われても、こまめな水分補給と休憩・・・

これくらいしか対策がないんだと思いますが、本当にみなさんお気を付けください。

 

泉大津市からのラインニュースによると、8月10日~16日の1週間で17名もの救急搬送があり、昨年同時期の2倍にもなるそうです。

命に関わる危険な暑さ、おかしいと思ったら迷わず病院、救急に連絡を・・・

 

昨年6月議会で、学校での熱中症対策を求めて質問・・・測定をする計器の購入や、今年は小学校体育館へのエアコン設置が進みました。

ただ、今年は夏休みも短くなって、泉大津では来週24日からもう2学期に・・・

 

まだまだ暑さは続きそうで、教室にはエアコンがあるとは言っても、コロナ対策で定期的な換気も必要だし、エアコン温度設定は変えたらダメと言われていて、暑くて耐えられないという声も・・・

学校での対策やエアコンの運用などもあらためて確認しないといけないなぁ!!

 

2020年8月12日 (水)

感染拡大防止、安心して暮らすにはPCR検査の抜本的な拡充を!

昨日、泉大津駅で宣伝活動・・・駅で写真を撮り忘れ、帰宅後に配布したビラの写真!

PCR検査の抜本的な拡充を求める日本共産党の提案・・・

Dsc_0640

心配のある人は誰でもいつでも何度でもPCR検査を受けられる体制がなければ、感染拡大の防止も安心して生活していくことも出来ません。

発熱外来・PCR検査センターを身近な地域に整備をして・・・

 

そうやって感染した人を把握し、隔離、保護をしていくだけでなく、生活部面も含めて支援をして、積極的に検査を受けれるように・・・

SNSで、大阪でも「検査に3~4日待ってほしいと言われている」という記事を目にしました。

 

速やかに検査をして把握しないと、ますます市中感染は拡大するのは分かっていても・・・

保健所など関係機関が手一杯で、とても対応できていない状況のようです。

 

感染が分かっても、すぐには療養型施設には入れず、自宅待機の人も・・・

その間に症状が悪化しても対応もできない。

 

大阪では維新政治のもとで減らされてきた保健所を増やし、削減された人員をすぐにでも増やして体制を拡充していかないと・・・

この危機を乗り越えることも、今後の感染症対応はできないということがはっきりしています。

Dsc_0641

けっして赤信号がともらないように変えた大阪モデル・・・

GoToキャンペーンも???

 

何より、早く臨時国会を開き、命と暮らしを守るために、PCR検査の抜本拡充を真剣にやりましょう!

 

 

 

 

 

2020年8月11日 (火)

大津川の河川敷、堤防上の道の除草が進んでいます!

今日も猛烈な暑さに・・・

相談や用事で家を出るたびにくらくらします。

 

そんな中、大津川の河川敷や堤防上の除草作業が進んでいて、暑い中作業をされるみなさんに感謝です。

特にこの梅雨明けが一番草も元気だったので、一気に伸びてました。

 

板原5丁目の堤防の上の道・・・

よく散歩をされている人から「軽が通れるくらいしかなくて危なくてしょうがない」と・・・

Dsc_0371

確かに道に大きくせり出していて・・・

あまり通行もないのかと思っていたら、和泉市との抜け道になっていて、思ってる以上に通行が多いことも分かり、安全に通行できるよう除草を要望していましたが・・・

 

さっそくその場所は除草がされ、こんなにすっきりと・・・

Dsc_0563

毎年、毎年のことで、草はすぐ生えてきて大変ですが・・・

やらずに間をあければあけるほど次がたいへんになります。

 

この少し下流も、以前は河川敷がジャングルのように木が生い茂り、大雨で増水した時に川の水の流れを疎外している。

洪水対策としても対応を繰り返し求めたことがあり・・・

 

ようやく撤去される時には、ショベルカーなども出てたいそうなことだったので、やっぱり定期的な管理というのが大切です。

梅雨の大雨から、この猛暑で今度は次々と台風も発生しており・・・天気予報に油断できない!

 

台風なくても熱中症も心配でと、もちろんコロナの感染も最大の心配事・・・心配が尽きない夏です!

2020年8月 8日 (土)

泉大津市立病院存続の岐路!

泉大津市立病院はどうなるのか?

長年にわたり市民の命と健康に貢献してきた泉大津市立病院・・・

 

「市立病院はなくなりません」と広報でもホームページでも言ってますが・・・

確かに無くならないけど、今の市の中心部にある病院は小児科産科だけになってしまうので、総合病院ではなくなってしまう。

 

和泉市との境界近くの穴田に新たに300床の病院を建設し、その運営は府中病院に委託すると・・・

地域医療連携という名の元で・・・

 

私が一番気がかりなのは、市民の声や願いはまったくといっていいほどそっちのけ・・・

これまで市の説明会は一度もなく、計画は広報やホームページで知らされただけ・・・

 

それでも54人もの多くのパブリックコメントが寄せられ、それは良いことという意見はなく、疑問や懸念の声ばかり・・・

今、市が進めている計画はどうなのか???岐路に立たされていることは間違いない。

 

?な人ほど聞いてほしいし、私もあらためて勉強したい。

20200809

2020年8月 6日 (木)

被爆75年、広島の原爆の日・・・

朝の通学路の見守り、今日は少しだけ早く自宅に戻りテレビの前に・・・

8時15分、一緒に黙祷・・・

 

広島に原子爆弾が落とされた1945年8月6日、あの被爆から75年・・・

被爆者の平均年齢は83歳になったと・・・

Dsc_0560

生きているうちに核兵器のない世界にとの願いは・・・

広島市長の「平和宣言」では、核兵器禁止条約への参加を強く求めています。

 

ところが、安倍総理は一言も核兵器禁止条約のことは言わず・・・

唯一の各被爆国なのに、「橋渡し」というはっきりしない立場・・・

これまた長崎の日にもそう言うのかと思うと幻滅します。

 

それでも「黒い雨」訴訟では全面勝訴し、これまで認められていなかった被爆者認定にもつながりそうですが・・・

なぜ75年も経って、今だにこんな認識(同じ黒い雨をあびて被爆しているのに、大雨のエリアでなかったとかでこれまで認められていなかったので・・・)なのかと、これも驚かされました。

 

2017年に国連で採択された「核兵器禁止条約」は、年々参加国が増え40カ国になり、発効まであと10カ国・・・

「戦争をしないための互いの信頼関係をつくる。日本政府も1日も早く署名し批准して、締約国になって、核なき世界の先頭に立ってほしい」

これは日本原水爆被害者団体協議会の代表委員の方の言葉・・・

 

自らの態度も表明し働きかける方が「橋渡し」もちゃんとなくしていこうとできるだろうに・・・

あいまいなままではどちらの信頼も得られないと考えるのは私だけではないと思う!

 

子ども代表2人の「平和への誓い」の言葉も胸が詰まるものが・・・

「目もくらむまぶしい光・・・人間の姿を失い、無残に・・・」と原子爆弾の実情を語り部から聞いたであろう話・・・「希望を未来につなぐ」ものであってほしい。

 

あたり前の暮らしが失われることへの悲しみは、今のコロナ禍でも起こっていますが、意図して行われた核兵器はまったく許されざるもの・・・

二度とあってはならないことだからこそ、この一点で世界は力を合わせなければならない。

 

2020年8月 5日 (水)

生活法律相談会のご案内!

この間、地域のみなさんのご協力も得ながら市内全戸配布してきた「議会報告の議員団ニュース」1面に記載しています・・・

 

「生活法律相談会」

 

明日、8月6日(木) 午後6時~

勤労青少年ホーム2階(誠風中学校向かい)

Dsc_0556

弁護士同席の法律相談会で、予約は要りません。先着順で対応させていただきます。

当日、都合の悪い方は写真にある議員団2名のどちらでもよいのでご連絡ください。

メールでも構いません。

後日お話を聞かせてもらいます。

 

コロナ禍の中でお困りのこと、お仕事、生活の中でのトラブルやお困りごとなどどんなことでもまずはお気軽にご相談ください。

「一人で悩まず相談」を・・・

「困った時には共産党」・・・ネットでこのワードがちょっと話題なんだそうです。

 

先週はこのニュースをポスティングだけでなく泉大津駅で朝、夕の2回、和泉府中駅では朝に配布しました。

必要としている人に、どこかで届いてほしいと願いつつ・・・

 

コロナ禍での失業、廃業もこれから増すと危惧しています。

弱いところから影響が出ることは必然で・・・行き詰まってしまう前に、早めの相談を!

Dsc_0418

 

2020年8月 3日 (月)

Net119緊急通報システム、スマホから通話音声でなくても「119番」通報が出来るようになりました!

8月1日から運用が始まった「Net119」緊急通報システムとは・・・

音声で119番ができない聴覚に障害のある方や難聴などで電話でのやり取りが難しい人も、スマホなどから通報ができて、チャット形式で対話も可能、位置情報からどこからの通報かも伝えなくても分かるという仕組み!

 

運用に先立つ先週、消防本部で行われた説明会に参加して来ました。

Dsc_0420

まず、説明の動画を見ました。

分かったことは、まず活用するには事前の登録が必要です。

 

機種によって違いがありその確認や、メール登録などが必要なため、直接消防本部とメールなど手続きなどやり取りが必要です。

詳しくは→市のホームページ ココから確認できます。

 

説明会で確認したのは、聴覚に障害のある方だけでなく、聞こえにくくなってきた高齢者などの難聴などの人でももちろん大丈夫ということ。

 

2年半まえの予算委員会ではじめて取り上げて質問したところ「実施する予定はない」との答弁でしたが・・・

調査研究していくということで、早期の実施を求めて来ました。

 

全国的にも導入が進んできたこともありますが、比較的早くに泉大津では導入となり、真摯に検討導入に尽力して頂いた消防、担当されたみなさんに感謝です。

 

聴覚に障害のあるみなさんは、FAXでのやりとりしかできなかったので、どこからでもスマホひとつで通報ができ、非常に有効な手段で、すごく安心につながるものです。

障害者手帳などが無い高齢になっての難聴などの人にも有効ですので、特にお一人暮らしの方などぜひ登録をお勧めします。

 

ただ、情報が届きにくいハンディのあるみなさんにどれだけ知って頂き、登録が進むための努力が引き続き必要です。

 

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ