« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月の13件の記事

2020年9月29日 (火)

泉北水道企業団の解散に関する議案は閉会中の継続審査に・・・

昨日が泉大津市議会第3回定例会の最終日・・・

懸案だった議案「泉北水道企業団の解散」に関する議案は、総務都市委員会に付託することとなりました。

 

閉会中の継続審査ということで、10月7日の午前10時からの委員会が行われることに・・・

9月10日の本会議で、規約に廃止を入れた改正が賛否同数となる中で議長判断までいって可決・・・この時のことを書いた私のブログで状況見れます!

 

廃止になるわけではない、ここから議論がはじまるかのような発言をして賛成する議員もいましたが・・・

こんなにすぐ、廃止と3市の財産分与まで決めようとする・・・

 

「所管の委員会での説明もなく、重要な問題を本会議で即決でするのはいかがなものか」と、議会運営委員会で私も主張し・・・

そこはさすがに多数の賛同を得て、総務都市委員会に付託することに!

 

市民の命の水に関する問題、災害時の2次水源にもなる信太山の浄水場が廃止されるということ・・・

丁寧な説明も議論もなく、廃止ありきで強行すること許されません。

 

今年山で出会った一番きれいなお花畑、緑の方が目立つけど、いっぱいしかもいろんな種類のお花が・・・

本文には関係ありませんが・・・文章だけだと愛想なしなんで!

Img_20200816_204859_414

 

 

 

 

2020年9月27日 (日)

25年ぶりの3000m峰…御嶽山は6年前の今日噴火!

今年の夏の私の最大の出来事は・・・御嶽山へ行ったこと。

梅雨明けしたすぐの休みの日が、お天気☀ 良さそうと!

 

何で御岳山かというと、6年前のあの大噴火・・・今年、山頂への立ち入り禁止が解除になったとニュースで知って!

実は噴火の前に、次に山に行くなら御岳山に行こうと思ってました。

 

ロープウェイを使えば3000m峰に久しぶりに行けるのではという淡い期待をもっていたところにあの噴火・・・

ちょっと衝撃でした。自分も巻き込まれていたかもと・・・

 

慰霊登山というとおこがましいけど、この解禁になった今こそ行きたいと・・・

コロナもあってロープウェイは?山小屋は?どうしようかと悩んだ末、岐阜県側のに濁河温泉からなら日帰りで行けるだろうと・・・

 

前日は夕方から寝て、午後10時に家を出て、4時半過ぎ、まだ暗かったけど明けて来たので登山口を出発!

Img_20200914_224821 

森林限界超えまでは息があがりましたが、その後は見えたピークの山に元気をもらい、まず飛騨山頂へ・・・ここまで3時間半以上。

五ノ池小屋はおしゃれでびっくり、池と摩利支天山に続く山が美しすぎ!

 

ここからは稜線伝っての気持ちのいい山歩き・・・

Img_20200914_225002

美しすぎる三ノ池を見ながら進み、いよいよ御岳山を目の当たりに、ただそこに続く道もなかなか・・・

山頂目前の二ノ池前に・・・池は火山灰で真っ白に埋まっていました。

Img_20200914_225459

直下にシェルターも出来て、解禁になったのかと・・・慰霊の碑もあり、手を合わせ・・・

山頂の3000m峰、25年ぶりに自分の足で来ることが出来たことにうれしくなって、疲れも吹っ飛びました。

 

修験道の人や登山の人もやっぱり多くて、山頂にはあまりいませんでしたが・・・来た道を戻りました。

Img_20200914_225649

せっかくここまで来たのでと摩利支天へも周って行き、ようやく五ノ池小屋小屋が見えてきて・・・

ただもうかなりふらふら・・・小屋にノンアルがあると聞いて、たまらず購入、この景色を見てのノンアルは人生最高のうまさでした。

 

ここからさらに3時間下って、濁河温泉まで何とか下山。

歩くのが遅いのと、休憩が長くて、12時間半・・・長かった。

近くの山もいいけど、景色、世界がやっぱり違いました。

 

今日はテレビでも御岳山噴火から6年のニュースが・・・

Dsc_0971

まだ見つかっていない方も5人いると聞き、胸が痛みます。二ノ池が青いのが見えました。

 

安全な登山をと願いつつ、この何年かでもいくつもの山で、台風後もそのまま危うい登山道が目に付きます。

多くの山で地元や山小屋のみなさんに管理をお願いしているのに、ちゃんと整備が配分されていない。登山文化、自然環境守る取り組みにもっと予算が必要です。

 

 

 

2020年9月26日 (土)

がんばれ!くっさん・・・泉南市議会議員選挙が迫ってます!

今日は泉南市の文化ホールで行われた日本共産党の演説会へ!

10月25日投票で行われる泉南市議会議員選挙が迫っています。

 

私の前職の社会福祉法人で同僚、後輩だった くすのき成明さんの応援に・・・

日本共産党は3名全員当選、1議席増を目指しての挑戦です。

Dsc_0933

弁士は衆議院議員のこくた恵二さん、党の国会対策委員長として野党共闘の進展に最も尽力してきたお一人・・・

清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟、思いがどの党にもあったと・・・

 

それでもアベ政治を終わらせる政治の転換こそしなければという裏話などは、リアルで深~いお話でした。

この泉南でも他党の賛同を得て「PCR検査の抜本的拡充を求める」意見書が採択されたのは、我が党議員の尽力があったと・・・

 

くすのきさんは新人ですが、2回目の挑戦、この4年間も子どもが通う学校のPTA会長を務め・・・

泉南では遅れていた学校教室のエアコン設置を求め、保護者のみなさんと署名活動まで行ない、ついにエアコン設置が実現!

 

まだほとんどない特別教室や避難所となる体育館への設置も引き続き求めています。

今日の演説会では、普段地域を回って訴えている自転車で登壇・・・・くすのき成明の訴えはココから聞けます。

Dsc_0935

4年前トップ当選した大阪維新の新人議員は、任期間もないのに投げ出して大阪市議選挙へ・・・

市民の1票という信託をどう考えていたのか?驚きましたが・・・

 

選挙を自らの成り上がりの手段としていたとしか思えません。

こういう議員が増えても市民のためにはなりません。

 

地道に市民の声を聞き、市政に届け求める議員こそ必要です。

がんばれくっさん!!!

2020年9月24日 (木)

2019年度決算認定の委員会での日本共産党の見解!

昨日は、先週5日間続けて質疑を行った2019年度の決算審査について、各会派から賛否の意見表明と委員会での採決が行われました。

 

日本共産党は、一般会計・特別会計と、病院事業会計には「反対」、水道事業会計には「賛成」

他会派は、一会派だけ病院会計に反対ありましたが・・・他は全て賛成、採決の結果、全ての決算が認定となりました。

 

以下、私が表明した意見で、ちょっとたいへん長くて、読んでいただくには恐縮ですが・・・

日本共産党泉大津市会議員団の見解として、掲載しました。

 

日本共産党の森下いわおです。2019年度の決算審査を通じて、総括的な意見を申し上げます。

まず、認定第1号一般会計特別会計についてです。

 

2019年度は、この前年の台風21号による多大な被害からの災害復旧の事業がこの年度にも進められ、職員のみなさんの発災後からの奮闘努力に感謝申し上げます。今後も災害に備えた対策として、また今般のコロナ感染症対策を踏まえた備蓄計画の再考、避難行動要支援者の名簿作成に留まらない個別支援計画策定については具体的な提案をさせて頂きました。

 

私が議員となったのは2011年、1年目から中学校給食の実現を求めて来ました。当時は全く賛同を得られなかったですが、デリバリー方式とは言え全員喫食での中学校給食が、課題もまだありますが実現したことは大きな前進でした。

これも要望してきた点ですが、聴覚に障害のある方はこれまでファックスでしかできなかった救急通報が、スマホさえあればどこからでも通報できて場所も分かるNET119の運用がはじまり、登録や今後の取り組みを確認させて頂きました。

性的マイノリティの方への配慮として、2015年から繰り返し求め、具体的な改善が見られなかった各種申請書類の見直しは、改善に向けての方向が示されました。そこに留まらない改善、ジェンダー平等社会への取り組みを進めて頂きますよう期待をしております。

 

 一方で市民の暮らしの実態や願いにどう応え取り組まれてきたのかという点では多くの残念なこともあり審議の中で述べさせていただきました。

市民の安心安全に寄与するセーフコミュニティ活動では、再認証を目指さないばかりか、取り組みそのものが縮小されているのか庁内の体制も脆弱になっています。

データや根拠に基づく対策で安心安全な取り組みを進めていくということが充分に取り組んでいけるのか疑問であり、体制、取り組みの強化を求めました。

 国が推進する施策として行われたプレミアム商品券、多額の経費をかけてどれだけの効果があったのか?同様に証明書等コンビニ交付も便利になった人もいますが、約3889万円という多額の構築費用をかけ、今後も大きな経常経費もかけても恩恵を受けられるのはマイナンバーカードの普及が22%程度しかなく、全体の交付枚数からすればわずかです。この事業実施と同時に平日に市役所に来ることが出来ない人への日曜日の交付が廃止されました。しかし、マイナンバーカードの交付の為には日曜日も開庁して対応しているのとは対照的で、マイナンバーカードを持っていない市民には冷たいやり方です。

市民会館の代替え施設としているテクスピア大阪の同じ市民でも料金格差がある問題、一階の大ホールは車いすのスペースもないバリアフリーでない状況の改善についても合わせて改善を求めました。

 

共働きの子育て世帯にとって重要な保育所こども園で、待機児童がこれまで最多の状況は極めて重大な事態であり、その最大の要因である保育士不足を理由にして、今後の幼稚園、保育所を統合し民間への移管を進めようという再編整備計画が進められていることも大きな問題です。公立の園所は、様々な支援を必要とするすべての子どもとってかけがえのない施設であり、単にコスト論で将来の施設整備を図るべきではなく、ましてやこれだけの待機児童がいる状況は公の責任で解消しなければならない問題です。保育士確保、待機児童解消にまず全力で取り組むべきです。

 

就学後の留守家庭児童会の環境整備は施設面だけでなく、平日夕方の開設時間が6時までしかないことも他市から大きく遅れた状況であり、7時までの時間延長は切実な要求だと繰り返し求めています。保育所待機児童増加と学童保育の遅れた状況は、確実に就学前の子育て世代の流出を招いています。このことに真正面から取り組んで、改善に取り組まなければ、本市の将来にとって大きな影響を及ぼしていくことになります。合わせて子どもに関わる事業で申し上げた病後児体調不良児保育事業の改善や子どもの居場所づくり、学習支援の場など、必要としている子どもや家庭にしっかりと届き、活用ができ、活かされるようお願いします。

 

 生活困窮者自立支援事業、市民生活応援窓口の昨年度の状況から、今年度コロナ感染症により、かなりの相談が増え、各種支援策の要件が広がったこともあり、多くの活用があることを確認しました。給付金などで一時的にしのいできた人も、今後ますます厳しい状況が予想され、各窓口での親切で丁寧な市民の立場にたった相談、とりわけ税や保険料の滞納や納付に遅れがある人たちには、困った時に相談できる窓口があるという個別の案内や分かりやすく探しやすいホームページの改善を求めました。

 

 教育の分野では小中一貫教育が推進されています。職員の意識向上が図られ、カリキュラムの策定中とされていますが、施設分離型とはいえ、今の段階においても保護者への説明もなく、ましてや子どもたちのコロナ禍における実態に応じた対応ができるのか?現段階では不透明です。しかし、看板があげられても何がどう変わるのか?ましてやこうした不安定な状況の中で全校区に既定路線かのように広げて行こうとするのはいかがなものでしょうか?コロナの感染対策で三密をさける学校にすること、子どもたちの学びと心のケアを保障すること、教員の多忙化解消に最も効果的なのは少人数学級です。国の中央教育審議会でも中間まとめで盛り込まれるなど、ようやく国も動き出しました。教職員を大幅に増やしすべての小中学校で少人数学級を進めるための真剣な検討こそ求められます。

 

そして行政のあり方として看過できないのが新図書館整備事業です。公共施設適正配置基本計画を策定した直後に、庁内で決定し、明らかにされることなく施設所有者との水面下の交渉がされていたことをはじめ、廃止とされた青少年ホームや図書館との複合施設としていた最も古い公共施設である南公民館についてはまったくその方向性も示さず、この図書館整備だけが、しかも多くの疑問や反対など懸念の声がある中で、駅前移転ありきで進められました。改修工事の設計委託業務などが予算に丸め込まれ既成事実がつくられました。この年度の計画が遅れている理由も移転先とする商業施設が非常に不安定な物件であり、その解決のために区分登記の費用など普通では考えにくい方法が提示され、そうした協議にも多大な時間と労力を要したからに他なりません。厳しい財政状況の中で緊急で切実な行政課題だと言えたのか?ましてや泉大津市参画及び協働の推進に関する条例の理念を逸脱したやり方であることが、まさに今、問われております。

 

国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療特別会計におきましては、国の制度設計の問題はありますが、保険料の負担増や制度の改悪が重ねられています。

とりわけ、国保会計は毎年度保険料が引き上げられて、市民と加入者に耐えがたい負担を強いています。この決算年度で黒字分の積み上げとなる基金ができました。加入者の負担軽減に生かすことを求めます。国保、介護については保険者として、後期高齢者医療制度においても広域連合の構成団体として、加入者、市民の生活実態を把握し、今後の運営に反映させるための一層の努力を求めます。保険があっても医療も、介護も受けられないという状態が既に生まれ、広がっています。

以上を申し上げ、認定第1号一般会計特別会計決算認定に反対とします。

 

 認定第2号水道事業会計についてであります。

 安心・安全の水の供給をどんな事態にあっても保障すると考えたとき、2次水源である泉北水道企業団の浄水場はなくてはなりません。廃止を前提とした規約改正が行われ、廃止に向けて進んでいます。過大な見積もりのまま老朽化したからという理由で、市民にまともな説明もなく強行されようとしていることはあってはならないことです。本市の水道事業にも多大な貢献をしてきた浄水場の廃止は、本市の将来にわたり禍根を残こすことになり抗議するものですが、昨年度の水道事業に関わる決算認定であり賛成とします。

 

 認定第3号、病院事業会計についてです。

 医療環境がますます厳しい中で、昨年度は大きな一時借入金を行い、財政状況がいっそう悪化しました。しかし、2015年度に一般会計からの繰り入れを行い収支改善したにも関わらず、その後、一般会計からの繰り入れを約9億円と定め、その時々の医療状況に応じた財政措置が取られていなかった事にも大きな要因があり、質問を行った医療機器の整備にあたるリース債務の減少などを見ると、十分な投資が出来ていなかったからで、設備や体制も十二分でなくという答弁にあったように、救急受け入れや入院患者の減少にも大きく影響を与えたと言わざるを得ません。 

 

国の医療制度、診療報酬の改定のもと、自治体病院を取り巻く環境は大変厳しいものがあります。今年度はさらに新型コロナ感染症という厳しい対応を迫られる状況の中で、奮闘し対応して頂いている医師や看護師、病院職員のみなさんには大変感謝をします。そうした病院スタッフを、将来の身分の保障が不安定な状況にさせてしまう計画が突然発表されました。どこでどう決まったのかもよく分からない事なども病院全体のモチベーションを引き下げ、過度なストレスを与えている訳です。

 

こういう中にあっても市民の命、健康を守るとりでとしての役割を果たしていただかなければなりません。コロナ感染症から市民を守るための最善の手立ては今現にある市立病院のもつ機能役割を最大限に生かすことです。市行政と一体となって感染症対策に取り組んでいただくこと、災害拠点病院としての役割を引き続き果たして行くことが求められています。

 

コロナ禍においてまさに医療状況がさらに激変、見通せない中において進められている地域医療連携構想はいったん止めるべきです。そして、2016年からのこの4年間、本来必要とした不足した資金を投入をしてこなかったことが会計悪化の大きな要因であり、必要な資金を一般会計から投入して収支改善をするべきです。必要な時に必要な資金を投入せず、収支悪化を招いた市の対応も大きな問題です。

よって認定第3号、病院事業会計は反対とします。

以上です。

2020年9月22日 (火)

府営住宅の継承が拡大されます!

この9月議会の最中に知ってたのが、府営住宅の地位継承がこどもや孫にも可能になったというニュース・・・

日本共産党の大阪府会議員団が繰り返し求めていた問題!

 

6月に府営住宅の問題で、お世話になった内海府会議員さんのニュース⤵⤵⤵

Fb_img_1599921141852

6月に相談のあった人も継承の問題でしたが、これとは違う手続き上の問題で内海議員にご尽力頂きました。

 

ただ、このニュースにも冒頭書いてますが、「親が亡くなって整理もつかないのに・・・、急に転居迫られ・・・」

「しかも病気があり、働くのが難しい・・・・」など、これまでは同居していても住み続けられませんでした。

 

私もこれまでこうした問題にどうすることもできなくて、非常に残念な、悔しい思いもして来ました。

お孫さんでも可能と言うのも良かったと思います。

 

知っている何人かは、親であるこどもに事情があって、お孫さんを育て暮らしている人も・・・

 

住む所、住宅は生活の大元・・・

低廉な家賃で住む所を保障する公営住宅が減らされ続けており、住宅政策が乏しいのもこの国の大きな課題なのに・・・

 

どんなことがあっても、最低限の住む所があり、失われることがないように、そして次のステップに再挑戦が出来る社会に!

 

2020年9月19日 (土)

欠員になったままの通学路見守りの交通安全専従員の配置を要望!

昨日で5日間続いた2019年度の決算審査の質疑が終了!

来週、休み明けの23日に総括討論、採決となります。

 

さすがにきつかった!事前準備はしていても、翌日の発言と答弁を想定しての発言準備・・・

今日は、まだちょっと疲れが残り「ぼー」っとしてます。

 

何項目も質問したんですが、ちょっと驚き残念、でもしっかり対応して頂かないといけない1点のご報告・・・

毎朝、私もしている通学路の見守り活動・・・

 

地域自治会や多くの方がボランティアでご協力してくれています。

私ももちろんボランティアですが、より危険な箇所と言うことでシルバー人材センターに委託して、11名の交通安全専従員さんが配置されています。

 

その状況確認をしていたら、教育委員会は「欠員」が出ていることを把握されてなく実際は10名・・・

それがこの場所、私が立っている交差点から少し離れた急に道幅が狭くなっている道・・・

Dsc_0842

この黄色いポールの手前に専従員さんが立ってくれていましたが、ご病気もありコロナの休校明けからは誰もいない状況・・・

こどもたちが広がって歩かないように、出来るだけ一列になるようにと声をかけてくれていました。

 

写真は以前、撮っていた雨の日の状況、ちょっと望遠で見にくいですが・・・傘が重なって、広がると危ない!

 

特に朝は交通量が多く、この辺りは工場も多く、大型のトラックもよく通ります。

この先は緑色にラインが引かれていますが、車がすれ違う時にはその歩行者帯にはみ出してきます。

 

こうした状況はずっとなので学校も把握はしていますが、交通専従員さんが欠員になっていることは知らなかったようで・・・

委託先のシルバーさんからも欠員の報告もなかったようで・・・

 

状況を確認しあうこともないのか?位置づけが軽視されているのではないかと心配です。

長く危険箇所だとして専従員を配置してきているのだから、すみやかに配置をするよう求めました。

 

何より、各校区の通学路の状況についても、年々変わるのでよく把握をしてほしいということも合わせて要望!

事故があってからでは遅いし、こどもの安全が第一です。

 

 

 

2020年9月16日 (水)

決算委員会真っ只中!

今週の月曜日からはじまった泉大津市議会「決算審査特別委員会」

「特別」ってなってますが、毎年この時期にあり、常設の委員会ではないから・・・

 

2名会派から1名、3名会派は2名なので、9名の委員・・・

日本共産党は2名なので、今回は私が委員として出席しています。

Dsc_0874 

コロナの対策もあっていつもとは違う配列の座席で間隔をあけて、答弁に入る職員さんの人数も減らしてに・・・

 

月曜日は、議会費、総務費・・・

火曜日は、民生費、衛生費、農林水産費・・・

水曜日、今日は商工費、土木費、消防費・・・ようやくここまできた感じ!

明日は、教育費、公債費、歳入と続き・・・

あさって金曜日に各特別会計へ、国保や介護、後期高齢、水道、病院など・・・

 

審議は5日間連続で続くので、準備が追いつかず、連日居残りで取り組んでますが・・・

今回は途中の経過のブログもなかなか更新できず・・・

 

毎日6点くらいは質問してやりとり、意見要望述べて・・・

その為の事前の準備もかなりしてたけど、思い悩む事業がいろいろあり・・・悩む時間の方が長いです。

 

それらはまとめてになるか?個別になるか?またおいおいご報告を・・・

もうひとがんばり!!!  ちなみに委員会も泉大津市議会はインターネット中継で見れます。朝10時からです。

 

2020年9月13日 (日)

しんぶん赤旗「桜」報道でJCJ大賞を受賞!私は明日から決算委員会!

今日のしんぶん赤旗の日曜版を楽しみにしていました。

先週、日本ジャーナリスト会議が、優れたジャーナリズム活動を表彰する今年度の第63回「JCJ」大賞に、しんぶん赤旗が連続して取り上げてきた『桜見る会』私物化スクープを選んだと発表が・・・

 

SNS上ではすでにその話題がありましたが、大きく日曜版に出るだろうと思っていて・・・

その記事がこれです。「ブラック企業」の告発などで、JCJ賞は何度かありますが、大賞ははじめてだそうです。

Dsc_0869

この報道に、国会での田村智子議員の追及があいまって、問題が世間に大きく知れ渡った。

一連の記事は、「地道に取材をしての調査報道そのもの」で・・・月刊『世界』のメディア批評

メディアの重要な役割でもある「権力の監視」「本気の追及」・・・

 

大手メディアは知っていたけど、参加する芸能人の追っかけのような報道ばかりの中で・・・

「私物化という視点がなかった」と・・・上西教授

 

安倍さんは辞任、体調理由ですが、この桜問題をはじめもたなくなってのこと!

次期、首相候補は国民には「自助」を強調し、「アベ政治」を無条件に引き継ぐと・・・

 

私たちが望んでいるのは、国民そっちのけで、忖度しあったり、政治を私物化するような政治を終わらせること!

 

この記事を朝一番に読んで、今日はずっと市役所にこもって明日からの決算委員会の準備・・・

クーラーは全館一体なのでもちろん休日は動くことはなく・・・

昨日は暑くて耐えられなかったけど、今日はまだ曇りで日差しもなく風があって耐えられた。

 

とりあえず5日間、ぶっ続けの審議になるので毎回覚悟していますが、やっぱりたいへん・・・

でも、もう目前なのであとはどう乗り切るか!? がんばるのみ!

Dsc_0873

 

2020年9月11日 (金)

泉北水道企業団規約変更は信太山の浄水場廃止が前提!同意出来ないと反対討論

一昨日、昨日とで一般質問を終えて、その後すぐに議案の審議・・・

懸案だった「泉北水道企業団規約変更」は、「企業団の解散に伴う事務・・・」となり、企業団議会や議員総会で説明を受けた信太山の浄水場の廃止も行っていく協議に入ることに他ならない。

 

その為、私は日本共産党議員団を代表して反対討論を行いました。

 

当初の説明での「更新費用70億、これほどのお金をかける投資は出来ない」ということが、その後の議論の中で変わり、その見積もりが過大でそれしかないと言う説明がおかしいことや・・・

何より浄水場を廃止すれば、災害時にも貴重な2次水源がなくなること・・・

 

信太山の浄水方法の緩速ろ過・生物浄化方式で継続すれば、当初示された過大な出費にはならず、年次計画的に進めることで更新費用を抑えながら市民負担にならないという、そうした試算も示されていないこと・・・

そして、市民に何の説明も理解も求めることなく突き進んでいくことは、あまりにも乱暴なやり方では・・・

 

一度立ち止まり、市民の貴重な財産として残す、活用するという方向性についても3市で協議し示すべきだと求めました。

 

しかし結果は、まさかの1名が判断出来ないと退席があり・・・

賛成に対して反対もの同数となり、この場合は議長の判断となり賛成と・・・

 

賛成多数での可決! 非常に残念な結果・・・

今後は構成する和泉市、高石市、泉大津市の各市で「企業団の解散」「浄水場の廃止」ということが議題に上がってくることに・・・

 

1票でも多ければよい、それが民主主義・・・

しかし、賛否拮抗この状況がなぜなのか、行政は重く受け止めて頂きたい。

 

こうしたやり方がまかり通っていいはずがないし、市民への説明責任も果たされなければならない。

引き続き、浄水場の存続を願うみなさんと力を合わせていきたい。

 

今日は来週からの決算委員会に向けて、控え室でこもっていますが、昨日からの気持ちのようにどんより曇っています。

何日か前の控え室から見える晴れた和泉葛城山系を思い描き・・・

この写真の左の方が槇尾山、ここから信太山浄水場の原水になる光明池に水が流れてきます。

Dsc_0865

2020年9月 8日 (火)

何て迷惑な!泉大津市役所に爆破予告・・・

今日の午後2時、泉大津市役所に爆破予告があり、一時立ち入り禁止に・・・

そのことが市民に知らされたのは前日ですが・・・

 

朝から市役所玄関入り口は張り紙・・・

Dsc_0863

もちろん知らずに来る人もいるし、今日どうしても必要な証明書がいる人もいるだろうし・・・

本当に何ていう迷惑な・・・もちろん何事もなくて良かったんですが・・・何か嫌な複雑な気分。

 

何より、その対応や協議にどれだけの時間と労力がかかったかと・・・

警察はもちろん、消防も万が一の事態に備えて待機・・・

Dsc_0864

各階、各部署、各部屋で不審物がないかなどに朝から時間を取られ・・・議員の控え室もロッカーの中まで確認。

みんな、この忙しい時に・・・

 

本当にやめてほしい。

完全に愉快犯だろうけど、威力業務妨害という犯罪行為です。

 

こういうことがあったことはたまにテレビで報じられるけど、その後犯人捕まったとか、突き止めたとかは聞いたことが・・・

誹謗中傷のたぐいもそうだけど、きちんと捜査されて責任取らされるようにしないと。

 

明日から市議会定例会、本会議・・・

これ以上おかしなことがないようにと願います。

 

一般質問は一番手なんで、もう少し追い込みかけてがんばります!

2020年9月 6日 (日)

和泉市議会議員選挙が今日からはじまり、原しげき候補の出発式へ!

お天気が心配でしたが、朝から雨もなく晴れ間も・・・

今日は和泉市議会議員選挙告示、次の日曜、13日投票で行われます。

 

日本共産党原しげき候補の出発式へ!

さおとめ実候補と2名の当選を目指しています。

 

前参議院議員のたつみコータローさんも応援に駆けつけてくれました。

原さんは7期28年の議員活動を表す力強い最初のあいさつ・・・

Dsc_0859

「税金のムダ使いは許さない」がモットーと、不公正な同和行政を追求し続けています。

不要不急な開発、施設建設も見直せと迫るのは、日本共産党の議員しかいないと・・・

 

今、富秋中学校区では、耐震化もエアコン整備もした2つの小学校を取り壊し、その費用だけでも8億円・・・

土地を売却し、280億円もかけて新しい「複合施設」建設を計画・・・

 

こんな無駄な計画やめろときっぱり見直しを求めています。

今、最もやらなければならないのは新型コロナ感染症対策です。

 

PCR検査の大規模実施を国、府、市で・・・

連続引き上げをしている高すぎる国民健康保険、介護保険の保険料引き下げ・・・

少人数学級の実現でゆとりの教育、学校に・・・

和泉市が誇る学校給食の自校直営方式を守り、無償化を・・・

性差別やハラスメント、DVなくし、ジェンダー平等な和泉市へ!

 

これら公約を掲げる原しげき、さおとめ実、両日本共産党候補へのご支援をどうぞよろしくお願いします。

和泉市にお知り合いのある方も、ぜひよろしくお願いします。

Fb_img_1599359440237

この写真は早乙女さんのFBから拝借しました。今日から訴えて走っております。

Dsc_0861

2020年9月 5日 (土)

内水氾濫の恐れ!記録的でも短時間でよかった!

今日の5時前後、激しい雨☔に!

電話☎が・・・「車のタイヤの半分まで、あっという間に・・・」と・・・

 

ちょうど家に居たのですぐに現場に向かうと、途中の道も水があふれているのに遭遇・・・

雨のピークは過ぎて、ちょっと小雨になったので、それ以上の浸水にはならずに「ホッ!」と・・・

 

たった30分位ではないかと思うけど、これくらいの時間であっという間にあふれてくる内水氾濫・・・

一般的に1時間あたり50ミリの雨で、都市の排水機能はマヒしてしまうと・・・

戻ってニュースを見ると・・・

Dsc_0852

記録的短時間大雨情報で、泉大津のお隣りの和泉市付近で約100ミリ、岸和田では120ミリだったと・・・

1時間だったらちょっとやばかったなぁ!

 

これだけの短時間に降る大雨を想定した町になっていない・・・

特にあふれやすい所はやはり何かしらの対策がいるでしょうね。

 

大津川は上流の雨が流れ込むのでもう少し心配ですが、帰りにはもう青空が見えてちょっとびっくり・・・

Dsc_0846

何かすごい景色、とにかく雨は短時間で止んだので良かったです。

 

でも九州地方は台風10号がまさにこれから・・・

非常に大型、かつてないクラスの台風だということで、本当に心配です。

 

九州には連れ合いの実家や知り合いも多く、どうぞみなさんご無事でと願うしかできませんが・・・

万全な備えで安全な場所でお過ごしください。

Dsc_0850

 

2020年9月 2日 (水)

「コロナ感染拡大防止のためのPCR検査センター設置と市立病院の果たす役割」について問う発言通告を提出!

いよいよ、泉大津市議会第3回定例会

今日が一般質問の発言通告提出の締め切り日・・・

 

今回は新型コロナウィルス感染の第2波が続く中で、感染防止のためのPCR検査の抜本的拡充のための「PCR検査センター」の設置・・・

そして、全国どこでも感染症対策で大きな役割を果たしている公立病院、泉大津の市立病院の果たしている役割などを確認し・・・

 

コロナの感染から市民の命と健康を守るための泉大津市の役割や責任を問いたいと思う。

 

発言通告提出後の発言順を決めるくじ引きでは何と1番

2回連続なんで驚きましたが・・・

 

9月9日(水) 午前10時開会後、すぐが出番です。

Dsc_0827

市役所6階議場での傍聴、市役所1階ロビーのテレビ視聴、市議会HPからインターネット中継視聴などがあり・・・

後日の録画放送が市議会HPから見れます。 → 泉大津市議会HP

 

以下、提出した発言通告書です。

泉大津市議会 第3回定例会 一般質問 発言要旨

15番 日本共産党 森下 巖

2020年9月2日

 

新型コロナ感染拡大を防ぐためのPCR検査センター設置と

市立病院の果たす役割について

 

 新型コロナウィルス感染の第2波といえる感染拡大が止まっていません。社会、経済活動を止めないという判断の中で、市中感染が再び広がり本市においても感染者が増え施設内でのクラスターも起っており、市民の不安は大きくなっています。  

しかし、感染者の濃厚接触者の定義は当初よりも狭められていることや、PCR検査が迅速に行なわれていない状況もあります。 

こうした状況の中で、これ以上の感染拡大を防ぎ、市民のいのちと健康、暮らしを守るためには、速やかにPCR検査センターを各市、地域に設置し、無症状者も含めて感染力のある人たちを把握して隔離、保護することが有効な手立てと言えますが、抜本的な対策は取られていません。そこで以下、本市の現状や今後の取り組みについてを確認しつつ、PCR検査の拡充や公的病院は全国的にもコロナ感染患者の受け入れなどで重要な役割を果たしていることから、本市の市立病院の果たしている役割についてお聞きします。

 

① 本市の感染者が再度増え第2波と言える現状についてどう判断し対応を行っているのかについて

 

② 感染拡大防止策など収束に向けての考えや今後の取り組みについて

 

③ 本市にPCR検査センターを設置する考えについて

 

④ 本市の市立病院の取り組みや現在果たしている役割について

 

以上、ご答弁よろしくお願いします。

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ