« 4月28日以降に生まれた新生児にも10万円の特別定額給付金が支給に・・・泉大津市 | トップページ | 内水氾濫の恐れ!記録的でも短時間でよかった! »

2020年9月 2日 (水)

「コロナ感染拡大防止のためのPCR検査センター設置と市立病院の果たす役割」について問う発言通告を提出!

いよいよ、泉大津市議会第3回定例会

今日が一般質問の発言通告提出の締め切り日・・・

 

今回は新型コロナウィルス感染の第2波が続く中で、感染防止のためのPCR検査の抜本的拡充のための「PCR検査センター」の設置・・・

そして、全国どこでも感染症対策で大きな役割を果たしている公立病院、泉大津の市立病院の果たしている役割などを確認し・・・

 

コロナの感染から市民の命と健康を守るための泉大津市の役割や責任を問いたいと思う。

 

発言通告提出後の発言順を決めるくじ引きでは何と1番

2回連続なんで驚きましたが・・・

 

9月9日(水) 午前10時開会後、すぐが出番です。

Dsc_0827

市役所6階議場での傍聴、市役所1階ロビーのテレビ視聴、市議会HPからインターネット中継視聴などがあり・・・

後日の録画放送が市議会HPから見れます。 → 泉大津市議会HP

 

以下、提出した発言通告書です。

泉大津市議会 第3回定例会 一般質問 発言要旨

15番 日本共産党 森下 巖

2020年9月2日

 

新型コロナ感染拡大を防ぐためのPCR検査センター設置と

市立病院の果たす役割について

 

 新型コロナウィルス感染の第2波といえる感染拡大が止まっていません。社会、経済活動を止めないという判断の中で、市中感染が再び広がり本市においても感染者が増え施設内でのクラスターも起っており、市民の不安は大きくなっています。  

しかし、感染者の濃厚接触者の定義は当初よりも狭められていることや、PCR検査が迅速に行なわれていない状況もあります。 

こうした状況の中で、これ以上の感染拡大を防ぎ、市民のいのちと健康、暮らしを守るためには、速やかにPCR検査センターを各市、地域に設置し、無症状者も含めて感染力のある人たちを把握して隔離、保護することが有効な手立てと言えますが、抜本的な対策は取られていません。そこで以下、本市の現状や今後の取り組みについてを確認しつつ、PCR検査の拡充や公的病院は全国的にもコロナ感染患者の受け入れなどで重要な役割を果たしていることから、本市の市立病院の果たしている役割についてお聞きします。

 

① 本市の感染者が再度増え第2波と言える現状についてどう判断し対応を行っているのかについて

 

② 感染拡大防止策など収束に向けての考えや今後の取り組みについて

 

③ 本市にPCR検査センターを設置する考えについて

 

④ 本市の市立病院の取り組みや現在果たしている役割について

 

以上、ご答弁よろしくお願いします。

« 4月28日以降に生まれた新生児にも10万円の特別定額給付金が支給に・・・泉大津市 | トップページ | 内水氾濫の恐れ!記録的でも短時間でよかった! »

議会報告・市政報告」カテゴリの記事

社会保障・医療関係」カテゴリの記事

新型コロナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月28日以降に生まれた新生児にも10万円の特別定額給付金が支給に・・・泉大津市 | トップページ | 内水氾濫の恐れ!記録的でも短時間でよかった! »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ