« 発言通告を提出!・・・コロナ禍でのICT・オンライン教育の現状と課題、健康被害について | トップページ | コロナ危機から医療機関、高齢者施設を守れ・・・日本共産党 志位和夫委員長が記者会見  »

2020年11月19日 (木)

コロナ感染拡大第3波・・・泉大津市のPCR検査が一歩前進!

昨日の新型コロナ感染者数は、全国で過去最多数に・・・

大阪府では過去2番目に多い273人でした。

 

泉大津市の感染者数も112名に・・・

第3波と言える状況に!

 

そんな中、ようやくPCR検査体制が一歩前進・・・

 

①市内のかかりつけ医に電話で相談 ↓ ↓ ↓

②医師が検査が必要と認めれば、医療機関で検査容器を受け取り ↓ ↓ ↓

③自宅などで唾液を採取し、検査容器を保健センターの屋外指定場所へ提出することに・・・

 

相談の流れ、相談対応可能な医療機関は以下 ↓ ↓ ↓ の一覧で確認してください。

Img_20201119_0001

12月広報で掲載されると議会にお知らせがありました。

 

ようやくです。

先月、後輩の支援で行った泉南市はすでにこうした対応が取られていました。

 

私は9月の議会でPCR検査センターや発熱外来の設置を求めて質問しましたが・・・

Dsc_1229

9月議会報告のニュースです。 ↑ ↑ ↑ 

検査センターや発熱外来という一括の整備にはなっていません。

 

今回のPCR検査は、受けようと思っても医院や保健センターに行かないと出来ないので負担が大きいです。

症状があって、車もなく一人では移動がたいへんな人へはどうすればよいのか?そうした支援はあるのだろうか?

 

保健所を通さなくても検査が出来るようになったのは一歩前進だけど・・・

PCR検査の抜本的拡充にはなっていないし・・・

 

特に介護や医療、福祉施設、学校や保育所などで働く人への定期的な検査

安心して働き、利用できる状況をつくらないといけない。

 

 

« 発言通告を提出!・・・コロナ禍でのICT・オンライン教育の現状と課題、健康被害について | トップページ | コロナ危機から医療機関、高齢者施設を守れ・・・日本共産党 志位和夫委員長が記者会見  »

議会報告・市政報告」カテゴリの記事

新型コロナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 発言通告を提出!・・・コロナ禍でのICT・オンライン教育の現状と課題、健康被害について | トップページ | コロナ危機から医療機関、高齢者施設を守れ・・・日本共産党 志位和夫委員長が記者会見  »

フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ