« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月の12件の記事

2021年5月28日 (金)

何が何でもオリンピックを開催するのか?

今日にも緊急事態宣言が6月20日まで延長に・・・

9都道府県が対象で、大阪も・・・そしてもちろんオリンピックの開催地の東京も!

 

感染者数は減ってはきたものの、まだまだ高い数字、全国的には増えている地域もあり・・・

何より重傷者や、お亡くなりになる方の人数も多いまま・・・

 

そんな中、この間のIOC(国際オリンピック委員会)の人たちの発言に驚きというか、何を根拠にそんなことが言えるのかという発言が続き、さすがにメディアでも大きく取り上げられている。

Dsc_2722

写真にはないけど、バッハ会長は「(五輪開催のために)誰もがいくらかの犠牲をはらわなければいけない」とまで述べているのを聞いた時には、どんな犠牲のことなのか?と怒りすら覚えてしまった。

 

命より優先されるべきものはないはずで、五輪によってさらなる感染拡大を引き起こすことが非常に懸念され、多くの専門家からも警鐘されているにも関わらず・・・

 

菅首相は「安全安心の五輪にする」と言うだけで、それ以外の具体的なことははぐらかし・・・

検査もワクチンも低水準なのに、「選手関係者には毎日検査、ワクチン優先接種する」というダブルスタンダードで、国民との公平性も何もない・・・

 

昨日、日本共産党の志位委員長が「日本はIOCの植民地か」と主権を無視した発言を繰り返すIOCに対して抗議の記者会見をしています。

 

後戻りできないところまで結論を引き延ばし、少しでも感染者数を減らすために緊急事態宣言を延長し、何が何でも強行・・・

その後にやってくることは考えようとしない・・・

 

科学的知見を聞くふりはするけど、国民のためではないということがますます明らかではないか!

以下、しんぶん赤旗の号外です。

Photo_20210528151901

 

 

 

2021年5月25日 (火)

ソラダス2021・・・大阪府下いっせいNO2測定を泉大津市でも実施!

先週の木曜から金曜にかけて、泉大津市でもソラダス2021に参加し実施しました。

 

ソラダスとは、大気汚染の指標となるNO2(二酸化窒素)の濃度を、住民自らの手で直接測定し身近なところの空気の汚れを調べる運動です。

大阪府下いっせいに4年ごとの実施をしてきましたが、昨年はコロナの影響で中止になりました。

ただ、今年は実施することになり、今回が9回目となりました。

 

夕方の6時から翌日の6時までの間に市内54カ所にカプセルを設置・・・

カプセルに付着したNO2濃度を後日専門家が測定、一定区間ごとのエリアの空気の状態を調べるというものです。

Dsc_2557

泉大津エリア全体の振り分けなどを私が担当したので、区域ごとにカプセルを分けて、カプセルの番号とエリアを分かるように、事前に準備・・・

当日は、地域の人が行きにくい臨海地域を私が回り、市街地はその地域に住んでいるみなさんで手分けして設置してもらいました。

 

ただ残念なことに、設置の時から回収までほぼ雨☔・・・

今回は濃度的にはかなり低いと思います。

 

過去のデータを見てもお天気が悪い日は低い傾向ですが、そういう日も含めてのデータなので・・・

良い天気の日のデータでは、大阪市内ほど良くない傾向ですが、特に大阪南港周辺、それに堺から泉大津にかけても・・・

 

やはりトラックなどが行き交う港周辺は、特にNO2の濃度が高いようです。

今でも光化学スモッグ注意報は出る時もあるので、公害、大気汚染はまだまだ続いている問題だという認識もあらためてもって活動していきたい。

2021年5月24日 (月)

大津川の生き物調査活動に参加!

我が家のすぐ横を流れる大津川

昨日は「大津川生き物ネットワーク」のみなさんと川の生き物調査の活動にご一緒させてもらいました。

 

先週は雨ばかりで心配しましたが、いつもより水量は多めで川幅いっぱいの流れになっていましたが水もきれい・・・

 

昨年はコロナの関係で、毎年行ってきたイベント「アユとあそぼう大津川」(前回の様子はココから見れます)も中止に・・・

今年もイベントは中止ですが、生き物調査はやろうということで、関係者が集まっての取り組みに・・・

 

今年もアユがいました!きれいです。うれしいです。

Dsc_2706

ほぼ1時間半の調査で、こんなにアユの確認が出来ました。

Dsc_2710

魚だけでなく、うなぎやどじょう、手長エビ、モクズガニなどなど・・・ヤゴもいました。

Dsc_2709

これは何?と参加した子どもが聞きにきたり、たまたま散歩していた方が興味をもって話しかけてこられたり・・・

アユをお見せすると驚かれていました。

 

川の先生が採れた生き物を書き出して解説してくれました。

Dsc_2712

最終的には27種類の確認ができ・・・

よく知っている魚からはじめて知るものまでいろいろです。

 

近隣の地域の川よりも多くの生き物が確認出来ていて、大津川がよりきれいになっている証でもあります。

Dsc_2711

みんな夢中で採取しましたが、参加人数が多ければもっと多くの種類が確認できるそうです。

来年こそ「あゆとあそぼう大津川」のイベントが開催できればと願うばかりです。

 

2021年5月20日 (木)

ワクチン接種の2回目の予約は5月29日から・・・泉大津市

昨日発表ありました。

泉大津市の2回目のワクチン接種受付5月29日(土)午前9時から受付。

 

1回目の5月1日は、電話もつながらず、ウェブはあっという間に締め切りに・・・

「どうしたらいいのか?」という問い合わせや、たいへんだったということをいろいろとお聞きして・・・

 

先週、状況の確認や今後について担当者からも話を聞いてきました。

次は6月10日の予定を可能な限り早くしたいということだったので、10日ほど早くなりました。

 

また、そのお知らせはSNSだけでなく予約がまだの65歳以上の高齢者のみなさんにはがき通知をするということでした。

そのはがきの内容で対応してもらえればと思います。

泉大津市のホームページの情報もリンクしておきます。←←←ココをクリック

2_20210521130201

集団接種の会場も保健センターだけでなく、2回目は総合体育館市立病院も選べるようにしています。

 

市内のかかりつけ医さんたちもかなり協力があり、そちらでの接種という予約も出来ていますが、それぞれの所で予約できる条件や対応が違っているようで、困っている方もおられました。

かかりつけ医がないという方や医院での予約が出来なかった方は、この集団接種のコールセンターに連絡する必要があります。

 

私がお聞きした中で一番心配をしているケースは、市立病院にしか定期的に通っていない方で・・・

いくつかの基礎疾患があり、市立病院が総合病院で安心だからと、地域にはかかりつけ医がない場合。

 

市立病院が集団接種会場となっても、病院では予約は出来ず、コールセンターに連絡しないといけないので、ちゃんとできるだろうか?

回線を25増やして5倍にして対応するとしていますが、つながらなくて早々にあきらめてしまわないか?

 

1回目の時も「あきらめた!」という人もかなり聞いたので、接種できるまでのフォローをどうしていくのかも課題です。

 

ワクチン頼みでは、コロナ感染は抑え込めませんが感染のリスクは下げることが出来ます。

集団免疫をできるだけ早くつくるというのは大事ですが、ワクチン一辺倒でPCR検査などで無症状感染者を発見、保護していきクラスターを未然に防いでいくことがおろそかになっていないかも心配です。

 

両面からの対応になるように状況を見て、しっかり確認し求めていきたい。

 

 

 

 

2021年5月19日 (水)

大津川の洪水ハザードマップと光明池のため池ハザードマップ

今日も雨、ちょっと晴れたと思ったらまた雨の予報!

明日以降は大雨の予報で、毎年のように心配が尽きません。

 

一昨日のブログの中池、小寺池のため池ハザードマップ でアップ出来なかったので・・・

今日は光明池ため池ハザードマップもアップしておきます。

Photo_20210519170801

和泉市にある光明池、信太山の方で遠くて関係なさそうですが、全地図を見ると槇尾川が増水して、その影響で大津川の河口部までもかなり影響するということなので、注意が必要です。

そして、大津川ハザードマップ ↓ ↓

Photo_20210519171201

地図が大きすぎて全面のスキャンはできなかったので、大津川沿いのエリアだけ・・・

大津川、槇尾川、牛滝川の堤防決壊などの洪水では、かなりの広範囲に多大な影響が出ることが想定されています。

 

2018年度に配布され掲載されている泉大津市総合防災マップ ←(市ホームページのマップでも詳しく確認してください)

 

200年に一度の大雨、概ね1時間で104mmが降った場合と但し書きがありますが、気候変動、気象異常で今年あっても来年あってもおかしくない・・・

そういう思いできちんとチェックして、把握をしておく必要がありますね!

2021年5月17日 (月)

ため池ハザードマップを知っておいてください

昨日から早くも梅雨入り!

こんなに早く、今年もお天気にはいろいろと驚かされそう。

 

近畿地方では1951年からの観測史上最も早いそうです。

早く梅雨入りしたら、早く明けるのか?と思ったらそうでもなく、長梅雨になることが多いと気象予報士の方が言ってました。

 

すでに大雨警報が出ている地域もあり、長雨や大雨に今年も十分な注意が必要。

 

私が住んでいる地域は、すぐ近くに大津川があり、川の水位にはいつも気を付けていますが・・・

5月の広報誌に挟み込まれ配られてます「ため池ハザードマップ」についてもちゃんと把握しておきたいですね。

Dsc_2662

特に板原町から虫取町にかけては3つの大きなため池の影響があります。

中開きにすると全部はスキャンできなかったので一部ですが、影響のあるエリアをアップしておきます。

 

一番我が家から近い中池・・・楠小学校の近く

Photo_20210517165001

緑、濃い黄色が中池の影響が出るエリアと到達時間。

紫と黄土色は槇尾川、大津川の浸水想定のエリア。

 

小寺池は、国道26号線に沿ってあるため池。

Photo_20210517165601

板原町、楠町東はかなり影響が出そうです。

 

光明池は和泉市の信太山の方にある広大なため池。

 

泉北水道の水源にもなっていましたが、この4月から廃止されたため、その分の使用が無くなり、槇尾川に流されるため洪水のリスクも高まってしまっています。

その為、光明池から槇尾川、大津川へと影響が出て河口部に近い河原町でも大きな被害になると想定されています。

 

マップ詳細がブログの容量不足でアップ出来ませんでしたが、また後日大津川のハザードマップと合わせてなどで紹介したいと思います。

 

 

 

 

2021年5月16日 (日)

大阪の街道を歩く・紀州街道(泉大津)

大阪民主新報で何年か前から毎週連載されている”大阪の街道を歩く

毎週楽しみに読んでいました。

 

ようやく紀州街道になり、この3週は泉大津編!

 

ここが紀州街道だとか意識して生活とかされていないと思うし・・・

所々に説明の看板があり知っている人もいますが、知らないという人も多く・・・

 

ちょっと府道(旧26号線)に出るイレギュラーな区間もありますが、ちゃんと市内を横断し高石から忠岡につながっています。

 

毎年行われている国民平和大行進では、松ノ浜駅を下がった所から紀州街道を通って高石へ・・・

私もそこは毎年歩いています。

 

記事では、田中本陣やロシア兵士墓地、大津神社、変わった名前の”おてんのう公園”についての説明もありとても分かりやすい。

この記事を手にしていつか通して歩いてみたいなぁと思います。

 

以下、記事をアップしておきますので、まだ知らない泉大津の一端が垣間見えるかも・・・

よろしければ、ご一読ください。

Photo_20210516150201

Photo_20210516150401

 

 

2021年5月14日 (金)

就学前施設・学校・高齢者施設・障害者施設のPCR検査が実現しましたが、本気度が足りなさすぎる!

臨時議会が閉会、今年度の泉大津市議会の役職、分担などが決まりましたが・・・

それ以外にも、市長の先決処分・コロナ対応などの補正予算の議題もありました。

 

その中で、私たちがずっと求めてきた高齢者施設や障害者施設の職員、就学前や学校の教職員へのPCR検査を実施すると・・・

Dsc_2647

ようやくという感じですが、その規模があまりに小さいのが気がかり・・・

希望する場合で、陽性者が出た場合に濃厚接触者とならなかった人をカバーするぶんだけとかで・・・

 

要望してきた定期的、頻回な検査とは程遠いもの・・・

あまりにも範囲が狭すぎないか?

陽性者が出るのをおそれて希望しない場合は?

結局見過ごしてしまい、クラスターの要因になってしまいかねない。

 

感染拡大を本気で抑え込んでいくには、無症状者感染者を把握して隔離し保護するしかない。

せっかく設置した泉大津市役所横のPCR検査センターも5月末までということ・・・

 

なかなか3000円を自費で、ここまで来て検査ということもハードルが高く、活用が少なく・・・

先進市のように行政検査として無償で、施設などには出張もして検査に順次回るくらいなことをしなければ・・・

 

クラスターを未然に防ぎ、多くのいのちを守る最善の対応を・・・

ワクチンの対応で手一杯かもしれませんが、やはり検査拡充も同時にもっと進めていかなければ・・・

 

形式的にやってますというだけでなく、本気のPCR検査の抜本的拡充をさらに求めていきます!!

2021年5月13日 (木)

臨時議会開会中・・・泉大津市議会

昨日から泉大津市議会の第1回臨時議会。

主には1年間の議会の役職、担当を決めること。

 

以前は何日もかけて選考委員会で話し合いをしていましたが、2年前から立候補表明し、議場での立会演説での所信表明後に質疑、そして全議員での投票・選挙をすることに・・・

議長、副議長の任期も2年間になり、今回で2回目の選出。

 

議長は複数立候補があり選挙になり、副議長は候補1名で信任投票に・・・

その結果、新議長には丸谷正八郎氏(市民クラブ)、副議長は野田悦子氏(市民みらいネット)になりました。

 

他には各委員会の構成、役割などが内定して、明日の最終日に正式に決まります。

 

ちなみに私は、総務都市常任委員会、議会運営委員会、臨海地整備特別委員会、広報公聴委員会の担当となり・・・

4年間継続となる議会改革検討協議会も引き続き担当します。

 

新体制の基で、引き続き市民のみなさんの声や要望などしっかりと市政に届けていけるよう力を尽くしていきます。

コロナ禍の中での議会の機能と役割についても、もっと考えていかなければと思います。

 

どうぞよろしくお願いします。

ご意見、お困りごとなどあればお気軽にご連絡ください。

 

市議会議員、森下いわおへは、TEL:090‐3051‐9790 まで

お電話だけでなく、携帯ショートメール、このブログへのコメントでも構いません。

2021年5月11日 (火)

東京五輪は中止して、コロナ対策に集中を!

「さざ波」発言に唖然とした!

それが内閣官房参与という首相に進言する立場にある人からの発言・・・

 

日本のコロナ感染状況について、感染者数の多い他国と比較して、日本は「『さざ波』五輪中止とかいうと笑笑」とツイッターで投稿・・・

これに批判が殺到、医療状況や多くの亡くなった人に対する冒とくで、こういう人物が政権中枢にいることがおそろしい!

 

昨日の国会で「オリンピック・パラリンピックは中止して、コロナ対策に集中すべきだ」と迫ったしんぶん赤旗の記事・・・

Dsc_2643

大阪では医療崩壊、非常事態が続いています。治療も受けることが出来ずに亡くなる人が急増・・・

それでも五輪ありきで進んでいて、何を聞かれても「感染対策をして、安心して参加できるようにする・・・」という同じ答弁を繰り返す無責任な首相の姿が浮き彫りに・・・

 

アスリートへの毎日検査、ワクチンの優先接種などで安全、安心をと言われても・・・

 

世界最高峰の大会が、参加する国の感染状況は様々で、参加する以前に公平な条件にない・・・

また、入国制限などもしているのに、開催にあたって多数の選手、関係者を受け入れることができるのか?

 

さらに、看護師を500人派遣しろとか、医師もどうするのか?

五輪開催中止を求める署名があっという間に30万を超える賛同を集め、読売の世論調査でも6割近くが中止と回答。

 

高齢者へのワクチン接種も混乱し、まだまだこれから・・・

開催への不安や中止の声がこれだけあって・・・

スポーツでもっとも大切な公平でフェアな条件にならない以上、やはり五輪は中止するしかないでしょう!

 

 

2021年5月 5日 (水)

#子どもたちに少人数学級をプレゼントしよう

今日は「こどもの日」

「子どもたちに少人数学級をプレゼントしよう」は、昨年の6月10日の日本共産党・志位和夫委員長が衆議院の予算委員会で、こどもの学びの保障と教員増を求めた時の発言です。

 

その後、この言葉にハッシュタグを付けた #子どもたちに少人数学級をプレゼントしよう が、SNSでも大きく広がり・・・

SNSだけでなく全国的な運動の広がり、国や地方議会でも取り上げられ・・・

 

泉大津でも、もちろん日本共産党議員団でも、私も取り上げてきました。

昨年の11月の議会では、私の質問に対してはじめて教育長が「実施に向けて検討」と答弁があり・・・

 

12月の市長選挙では「市独自の少人数学級の実施」を現市長も公約。

国もようやく実施を決めたけど、5年間かけてまず2年生から3年生に順番に・・・

 

そうなるとすでに2年生までは35人の少人数学級になっているので、今年は何も変わらない・・・

市独自というなら今こそ、3年生を35人以下の少人数学級にする必要があります。

この学年の子どもは1年ずつ制度が進んでも該当することがないままです。

 

私の質問で、楠小と条東小は2年生が26人だったのが、3年生になると38人から40人と急増すると分かりました。

市は、支援学級の子どもも入れて定数を超える場合には、あらたに講師を入れて対応するとしましたが・・・

 

こうした状況なのに、独自に上乗せして実施する気がない残念な大阪府や泉大津市です。

3月の私の一般質問で取り上げた少人数学級の実施にむけての内容、録画放送←ココからご覧になれます。

Dsc_2555

ニュースなどでもあまり報告が出来ていないのでぜひご覧ください。前半部分です。

後半は市民会館跡地活用の公園の問題です。

 

市議会では大阪府に対して少人数学級拡充を求める意見書←ココから文章見れます。

この案文を私が作成し、日本共産党市議団で提案し、全会一致で採択。

 

コロナ禍の中で、1年づつと悠長なこと言わず、子どもたちのために本気で少人数学級を一気に進めたいし・・・

中学校にも導入をすることを求めていきたい。

 

 

2021年5月 1日 (土)

泉大津市のワクチン接種予約は!

本日、午前9時からが泉大津市の65歳以上の新型コロナワクチン接種の予約開始!

あっという間にウェブ予約は終了、コールセンターへの電話もつながりにくく、こちらもすぐに終了になるんでしょうか?

 

これまで先行してはじめている他市の状況をみれば予想通り・・・

運の良い方は予約、持病などがあって早くと願って頑張って電話とかしても運しだい、つながればよいのですが・・・

 

気になるのは、こういうことが苦手な方ほど後回しになってしまい・・・

「もういいや!」とあきらめてしまわないかということにならないか?ということ・・・

 

今回は2300人分、5月24日から7月4日までの分。

次のワクチンの予約開始は、6月10日(木)午前9時~の予定。

 

どれだけの量のワクチンが次は来るのか?まだ分かりませんが・・・

政府が当初言っていた6月末どころか7月末、お盆までになど無理では?

当分の間、今日のようなことが繰り返されるのか?

 

ちょうど5月号の市の広報が配布され、その中にも黄色のチラシでワクチンのお知らせが入っています。

参考にここにも添付しておきます。

1_20210501143401

2

ウェブやコールセンターでの予約は、保健センタでの集団接種会場での接種の予約。

かかりつけ医で希望の方は、それぞれの医療機関に直接お電話で予約となっています。

 

しかし、市民からお聞きしたのは、かかりつけ医で聞いても「集団接種の方で」と言われたとか・・・

2件聞いたけど、同じようなというか、できればしたくないようなニュアンス!?

 

この表になくても(非公開)の所もあるので、聞いてみてとまで書いてあるけど・・・

集団接種は密になるので避けたいとか・・・

保健センターまでは遠いから、できれば近くのかかりつけ医でという人も多いと思うが・・・

 

そうした人は後回しということか?

どういうことなのか?は、また確認が必要ですが・・・

 

何か?しっくりこない。

何か?おかしなワクチン接種騒動はしばらく続きそうです。

 

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ