« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月の4件の記事

2021年10月10日 (日)

大津川の清掃活動と鮎の生息調査!

昨日は「大津川生き物ネットワーク」のみなさんと大津川の清掃活動、鮎の生息調査にご一緒させて頂きました。

活動場所は我が家のすぐ横、徒歩2分の河川敷・・・

 

毎年、5月の「アユとあそぼう大津川」のイベントは、コロナの影響で2年開催出来ていませんが調査は続けています。

今回は、はじめて10月のこの時期の生息調査!

Dsc_0270

しっかり確認出来ました。

写真のは14cmですが、17~18cmの鮎も・・・

Dsc_0275

鮎は全部で4匹捕れました。投網は1時間程度だったので、かなりの確率。

投網の様子!

Dsc_0268_20211010093701

私はようしませんが、なかなかかっこいいです!

その分、清掃活動は一生懸命しました。

Dsc_0274

約1時間あまりで・・・細かいプラの破片、タバコの吸い殻が多いですが、いろいろ出てきます。

自転車が埋まっているのも発見しましたが、ちょっと掘り出すのは無理そうだったので、それは次回大勢の時にでも・・・

 

天気も良く予想以上に暑かったですが、鮎にも出会えたし、よかったです!

 

2021年10月 8日 (金)

議会報告ニュースが完成!新病院建設に関わる問題を市民に知らせないと!

9月議会が閉会した後もけっこう忙しく・・・議会だよりや地域の後援会ニュースの原稿作成など!

議会報告ニュースはすべて仕上げて印刷に出すので、何度か校正、手直しをして作成、ただいつも以上に急ぎました。

 

何といっても、新病院建設に関わる問題を早く市民に知らせなければと・・・

 

ちょうど昨日、日大の病院建設をめぐり報道がありました。

工事設計業務の業者選定で、プロポーザル審査で1位になるように評価点の改ざんもあったとか・・・

 

こんな事件を聞くと、泉大津の新病院も疑わしい!

1面はその病院問題、財政面からも事業者選定も非常に問題です。ぜひご一読ください。

1no105

2面は、私が委員として出席した決算委員会の概要や一般質問、提案した意見書について・・・

市民のみなさんからお聞きした問題から長年要望を続けているものまで、ここに載せれたのは一部ですが・・・

2no105

市内に3万枚、各お宅などには、これからみんなで手分けしてポストにお届けします。

原稿は黒ですが、印刷は青です。青いチラシが入っていたらご一読ください。

2021年10月 6日 (水)

諸事情って何?!

10月号の泉大津市の広報紙を見て首をかしげる人も多かったのでは・・・

1面から3面までが新病院の大々的なお知らせ!

 

しかし、使っているイメージ図はまだ契約締結になっていない清水建設の提案書のもの!

諸事情によって保留中としながら・・・

Dsc_0257

市民にとっては諸事情ってっていうこと?

 

9月議会での病院問題について 取り取り上げた内容はココから見れます。

このプロポーザルの審査には疑義があります。

 

地元企業から要望書が出され、決定した企業が地元企業に対して「名義貸し」があり、審査のやり直しを求めていること・・・

 

さらに私は、審査委員の学識経験者が、決定企業との資本的、人的関係があり、市が公募途中でこの審査委員の規定をこっそり削除していたことを告発しました。

 

税金が投入される公的事業にはあってはならないこと。

 

市は諸事情なんてごまかさず、しっかりと事情を説明し明らかにするべきです。

議会も病院整備の特別委員会を設置しているのだから、委員会を開らかせて、市に説明させなければならない。

 

説明責任を果たさず、こうやって広報で決まったかのように既成事実を積み上げていくやり方には、到底納得出来ません。

 

 

2021年10月 4日 (月)

沖縄戦没者の遺骨等を含む土砂を埋立てに使用しないよう求める意見書・・・泉大津市議会で採択!

先日、閉会した泉大津市議会の第3回定例会・・・

このブログでも紹介した私たち議員団が提案した「国に学校給食無償化を求める意見書」の他にも3つの意見書が全会一致で採択されました。

 

どれも大事な問題ですが、中でも上記タイトルの「沖縄戦没者の遺骨等を含む土砂を埋立てに使用しないように求める意見書」 ← 全文はココをクリック

沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」という団体からの要請、代表の具志堅隆松さんはこの問題で報道などで知っていましたが、全国の自治体に要請されているようです。

 

各種団体から送付された意見書は、あまり採択されることがないんですが、多くは意見の違いもありますが・・・

今回は、辺野古新基地建設中止を求める意見書も別の団体から要請ありましたが、これは賛同できないと反対の議員も遺骨の問題は別と、全会派一致となり採択されました。

 

私たち日本共産党はもちろん両方賛成でしたが、正直難しいのではと思っていましたが・・・

戦争で亡くなった方の遺骨がまだ残されている土砂を埋立てに使うなどということは、基地であろうとなかろうと尊厳が踏みにじられる問題で、泉大津市議会の良識を示すことができました。

 

意見書の採択は、どこが出すということに関係なく、内容についてそれぞれがどうなのかという議論を踏まえて判断するということになっていて・・・

こうなるまでには先輩議員のみなさんの努力というものがあり!

 

意見が一致しないことや、理解してもらえないこともありますが、今回は非常によかったし、画期的と喜んでいます。

 

遺骨収集活動中の具志堅隆松さん↓ 写真の内容を伝えるしんぶん赤旗記事

2020091801_01_1

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ