« 3月議会報告の議員団ニュース | トップページ | 泉大津市議会2024年の役割が決まりました! »

2024年4月19日 (金)

高等教育(大学や短大、専門学校)の無償化へ

北助松駅や泉大津駅、昨日は桃山学院大学の前で高校生や大学生に向けての宣伝、対話の活動をこの間何度かしています。

 

我が家はようやく2人の娘が卒業してホッとしてますが・・・

あまりに高額な学費に驚き、これは本当に何とかしないと・・・

 

先日、参加した学習会「みんなで考えよう高等教育無償化」

Dsc_2912

宮本たけし衆議院議員(左から2人目)の報告や囲んでのディスカッション。

大阪で取り組んだ学費無償化を求める国会請願署名を文部科学省へ提出した報告を、同席した大阪18区の馬場ひでき(右端から2人目)、19区の北村みき(右から4人目)からありました。(下の写真)

Dsc_2909

日本の学費は、この50年で50倍に。

北欧の国やドイツ、フランス(登録料が3万4千円)では、ほぼ無償!

 

学費が高い国でも、給付型奨学金など充実していてお金の心配なく学べるのがあたり前。

日本のように奨学金と言う名の借金をこんなに背負わされる先進国は見当たらない。

 

何でこんなに違うのか?そもそも国の教育にかける予算が少なすぎ。

OECD38国の中で36位。

 

学びたい若者がお金の心配なく学べる社会へ!

 

日本共産党は、高等教育の無償化に向けて3つの緊急提案をしています。

①ただちに学費を半額、そしてゼロへ。入学金もゼロ。

②75万人の給付型の奨学金をつくる。

③奨学金の返済を半額カット。

 

5年で43兆円もの大軍拡をやめて、内部留保をため込み続けている大企業・富裕層に応分の負担で財源は確保できます。

泉大津でも、かつて市独自給付型奨学金がありましたが、今は廃止をされています。

 

復活を求めているのは私たちだけです。若者の未来への架け橋となる泉大津市へ。

 

« 3月議会報告の議員団ニュース | トップページ | 泉大津市議会2024年の役割が決まりました! »

教育・学校」カテゴリの記事

日本共産党・選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。高校はもちろん義務教育にかかるお金は無くすべきです。特に給食費の無償化についても、日本共産党はこの地域や全国の仲間と無償化を求めて、長らく運動をしています。引き続きがんばります。

補足しますと、高校へ行くのが当たり前になった時代ですので、高校無償化もなされるべきですし、また、義務教育以外(高等教育)の無償化をすべきと思います。

無償化するのなら、義務教育こそ無償にすべき。授業料などは無料ですが、給食費・制服など結構お金がかかります

H.Sさん

コメントありがとうございます。
本当に具合がわるいですよね。
こんな借金を若者に背負わせている国は・・・

教育の無償化は、今年度は、高校3年生を対象にしていて来年度は、高校2年生をそして再来年度は、高校1年生を対象にしていて段階的な無償化は、今年入学した高校1年生に適用されず、来年になれば、無償化するのは、具合が、わるいです。2年後に高校1年生~3年生までの授業料の無償化は、きつくて非常につらいです。今年春に大学を卒業して奨学金を借りている人は、10月から返済が、
開始されますが、貸付型の奨学金を返済するのは、利息をつけて返済しなければならないので大変ですが、利率が、少し高くなる可能性が、あります。毎月の返済額を月2万程度にすれば、よいです。
又今春に大学に入学して奨学金を借りる時に金利を確かめて奨学金を借りてほしい。金利上昇に伴い
金利が、上がる可能性が十分あるので要注意です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月議会報告の議員団ニュース | トップページ | 泉大津市議会2024年の役割が決まりました! »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ