« 2024年6月 | トップページ

2024年7月の5件の記事

2024年7月18日 (木)

議会報告ニュースNo.114が出来ました!

泉大津市議会の第2回定例会のご報告のニュースがやっと出来ました。

私の一般質問は、大阪関西万博の「子ども無料招待」について。

 

特に学校行事として、遠足の代わりにとするようで、その際の問題点や懸念することなど・・・

かなり詳細にやり取りをしたので、紙面では限定的ですが、裏面は会場となる夢洲の問題についても記載しました。

 

詳しくご覧になりたい場合は、泉大津市議会HPでの録画《2024年第2回定例会1日目・森下いわお》⇐ここをクリック。

 

ぜひご一読ください。(実際に配布するニュースは青インク一色なので見た目は違いますが、原稿の方が少しでも見やすいと思いそれをこのブログでは掲載させてもらっています。)

No114

No114_20240718110201

 

議会報告ニュースNo.114が出来ました!

泉大津市議会の第2回定例会のご報告のニュースがやっと出来ました。

私の一般質問は、大阪関西万博の「子ども無料招待」について。

 

特に学校行事として、遠足の代わりにとするようで、その際の問題点や懸念することなど・・・

かなり詳細にやり取りをしたので、紙面では限定的ですが、裏面は会場となる夢洲の問題についても記載しました。

 

ぜひご一読ください。(実際に配布するニュースは青インク一色なので見た目は違いますが、原稿の方が少しでも見やすいと思いそれをこのブログでは掲載させてもらっています。)

No114

No114_20240718110201

 

2024年7月 4日 (木)

旧優生保護法は違憲・全面勝訴!

戦後最大の人権侵害とされる強制不妊手術の根拠とされた旧優生保護法がようやく断罪された。

 

20年で消滅する除籍期間については「国の賠償責任を逃れることは、著しく正義公平の理念に反する」として「到底容認できない」として、被害者への賠償請求権もあると判断。

 

憲法13条(個人の尊重)と14条(法の下の平等)に違反するという全面勝訴。

Dsc_3606

昨日、帰宅してすぐのテレビのニュースを目にして思わず拍手しました。

 

旧優性保護法はそんなに昔の話ではなく、1996年まであり、法改定の時に速やかに補償をしなかった国の罪と責任は何重にも重いものです。

 

すでに障害者の施設で働いていた当時は、あまり意識してなかったことを恥ずかしく思い、今さらですが、どれほどの苦しみ、悲しみだったのかと・・・

 

知らない間に不妊手術をされたり、同意したとしてもそれは諦めや従わざるを得なかっただろうと思います。

自ら声を上げにくい人たちが多くいるはずです。

 

これを契機に、速やかに全ての手術を受けた人への救済が出来るよう取り組みが進むことを期待しています。

2024年7月 3日 (水)

平和行進が今年も泉大津にやって来ました!

毎年、核兵器のない平和な社会を求めて訴えながら歩く「原水爆禁止・国民平和大行進2024」

7月3日、泉大津にやって来ました。

 

泉大津市役所前の公園で出発集会。

今年は議長が出席できず、泉大津市議会を代表してみなさんにご挨拶。

Dsc_0685

議長からのメッセージを読み上げ、私は「今年も高石まで一緒に歩きます」と申し上げ、締めくくりました。

 

昨日までの雨はなかったものの、たいへん蒸し暑く大変でしたが・・・

東京から歩いている通し行進の方が元気いっぱいで、平和を願う1曲をアカペラで披露。とても素敵な歌声でした。

Dsc_3602

今日で58日目とのこと。

高石に入ってからは、高校生のみんながいっぱい手を振ってくれました。

 

「まじで、がんばってほしい」という女子生徒の声が聞こえてきて、とても励まされました。

この歩みは8月4日まで、広島の平和記念公園まで続きます。

2024年7月 1日 (月)

「万博遠足の問題」を問う一般質問

今日から7月。6月議会の一般質問の報告です。

森下いわお一般質問「大阪・関西万博への学校行事としての参加問題について」⇐ココから視聴できます。

 

大阪府は、大阪・関西万博に子どもを無料で招待すると・・・

小学生以上は、学校行事としてみんなで来いと。

 

しかし、会場となる夢洲へ行っても大丈夫なの?と多くの人が不安に思っています。

特に低学年の子にとって、多くの乗り換えや、駐車場からの徒歩移動や広い会場での集団行動、団体用の昼食休憩場所も限られていて、中学生以上は使えないそうです。

 

3月28日に夢洲1区であったメタンガスの爆発事故。今もガス抜き管が約80本あり、ガスを放出している。

Photo_20240701103901

1区は現役の産業廃棄物の最終処分場で、本来なら入ってはいけない監視区域のはず・・・

 

ほとんどの学校・学年が参加を「希望する」としています。

様々なリスクがあり、安全面に関わる情報不足の中で、行くことを大前提にせず、安心・安全の確保を第一にしてしっかりと学校現場で議論して、キャンセルして行かないという決断も必要だと求めました。

 

低学年の参加は不安と「未定・検討中」としている学年があった事にちょっと安心しました。

 

大阪府下の市町村の教育長の協議会から、府と万博協会に対して「緊急要望書」が出されていることも今回分かり、その回答というか、その内容が実現されなければ行くことにはならないと確信。

 

教育長からは緊急要望書を出したのは「このままでは駄目だと」という事でした。

 

全ての児童・生徒への「安全配慮義務」を果たせるのか?の疑問は解消していませんが、真摯な学校現場での検討を期待したい。

 

 

« 2024年6月 | トップページ

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ