カテゴリー「スポーツ」の10件の記事

2019年11月11日 (月)

文化、スポーツ、音楽、そして平和とこの国の未来を考えた週末に!

この土、日はイベントが盛りだくさんな週末でした!

 

土曜日は午前中は、南公民館での「公民館祭り」✨

Dsc_5940

日頃のサークル活動の発表、展示に加えて、前伊藤市長の時からはじまった桃山大学との地域大学連携事業をきっかけにはじまったという「南公民館活性化チーム」の取り組みも・・・

今年は手作りでみなさんが力を合わせて、上の写真の門柱に絵を描いたり、フェンスの修繕、こども文庫設置など・・・

市内で最も老朽化した施設だけど、みんなの大切な施設、みんなの手でという思いがいっぱいでした。

 

大切なものは長く使い続けるということですが、さらなる今後どうなるのかについては行政の役割、見識が問われます。

 

昨日の日曜は朝から古池公園での「市民体育祭」✨ すばらしいお天気☀で出来てよかったです。

Dsc_5944

第73回ということなので、戦争が終わってまだ間もない時からずっと行なわれてます。

すごいなぁと思いつつ、平和であってこそのイベントだと・・

 

ちょうどその日の午後からは、泉大津九条の会など市民団体でつくる泉大津平和連絡会主催のつどい✨

フリージャーナリストの西谷文和さんを迎えて「戦争取材の映像から平和を考える」と講演をお聞きしました。

Dsc_5947

戦争がなぜ無くならないのか?武器でもうけている人とそれをバックにする政治家がいる・・・

その陰で現地の人々、特にこどもたちのリポート、リアルな状況・・・

いかに戦争がうそではじめられていくのかの告発・・・

 

そして、どれだけ日本がアメリカに利用されているのかなど・・・

憲法9条の精神を日本だけでなく世界に広め、日本では憲法改悪、9条変質させる安倍政権を終わらせるために・・・

 

終了後は懇親会でさらに深めたいところでしたが・・・

泉大津市吹奏楽団の定期演奏会へ🎶

Dsc_5953

第48回ともう半世紀目前・・・長くこの泉大津で吹奏楽を通じてすばらしい活動をされています。

市民会館が無くなってからはテクスピアで、午後と夜の2回、夜の部もほぼ満席・・・

 

連続での演奏はたいへんだろうなぁと思いつつ、組曲やメドレーなどは吹奏楽の迫力に圧倒される一方で、繊細で美しいメロディも・・・

驚いたのは、ジャングルファンタジーという曲で、動物や鳥の鳴き声など多彩な音・・・

そして聞かせるだけでなく、アンコールのお楽しみにも期待が大きいのは会場の雰囲気、盛り上がりがすごいので・・・

 

ちょっといい楽しい時間、いろいろと過ごせて考えさせられた2日間でした❗

 

2016年8月23日 (火)

リオオリンピックが閉会・・・月並みですが感動をありがとう!

寝不足になったこの2週間あまり… いろいろな感動的な場面に出会いました

過去最多のメダル獲得という素晴らしい結果で、メダルの数や色にもちろん注目が集まりますが、結果だけでなくそれぞれの選手の思いなどを知るほど、心動かされました。

それに昔みたいに悲壮感が無いのがいい、勝っても、負けて悔しくても、みんなやりきった感があって、それを楽しんでいるというのが本当にすごいなぁと・・・

昨日の毎日新聞の夕刊1面の写真が、いろいろ見た写真や映像の中で1番印象に残った・・・

リオオリンピックが閉会

残念ながら4連覇できなかったレスリングの吉田選手、試合直後は自分を責めて、そこまで負い目を感じなくてもと思っていたが、閉会式では同じレスリングの選手とこの笑顔・・・

次世代の選手と共に・・・希望を感じます。

個人的には、中学の時にしていた卓球の躍進、高校の時にしていた柔道の復活がとてもうれしい出来事でした。

不思議と早朝の決勝あたりで目が覚めて(いつもは朝が苦手なのに)、テレビにかじりついていました。・・・

他にも体操や競泳、シンクロ、バドミントンに男子400メートルリレーは世界を驚かせた。

史上初ということや、逆転での勝利など、最後まであきらめない姿に多くの感動をもらいました。

4年後はいよいよ東京でのオリンピック、開催に向けて国立競技場など問題がいろいろとすでにありますが・・・

体力低下が言われている子どもたちがもっとスポーツに親しみ・・・

どの競技も競技人口を増やして、どの人も健康で文化的な生活を送れる一環にスポーツがあってほしいと思います。

そして何より、選手が1番輝けるものにと願います

2016年6月17日 (金)

イチローの父と私の父、ほんの少しのつながり!

イチロー選手がついに日米通産4257安打、世界一になりました

大リーグ・メジャーだけでないということでどうなのかという評価もあるようですが、張本氏が「ローズはメジャー最多、イチローは世界一、それでいいじゃないか」と言われているのを聞いて「なるほど」とスッキリ

本当にすごい・・・42歳ですが、ここがまだ通過点で、さらなる高みを目指しているという点がもうひとつすごい

同じ40代・・・と言っても私はギリですが、「イチローの哲学」なんて本を読んだりして、わずかばかりでも何かを得れればと思ったけど・・・なかなか日々の中では

日本にいる時の最多安打、7年連続首位打者・・・阪神淡路大震災のあとの「がんばろ神戸」での日本一

私は震災ボラで神戸に3ヶ月泊まりこんだので、神戸への想い入れも当時はあって感激したのを覚えています。

大リーグに行ってからの活躍だけでなく、その後の控え扱いの中でも、輝きを失わない姿に、あらためて感激してしまい。選挙に議会の準備といろいろあっても、特集記事など全部読んでしまいました。

その中で、イチローの父チチローさんの満面の笑み

実は私の父宛に、毎年チチローさんから年賀状が届いていました。

もちろん私はイチローはもちろんチチローさんにも会ったことはありませんが・・・

父が生きている時のちょっとした自慢で・・・

父がいたスプリングの会社の仕事の部品をチチローさんに加工してもらっていたそうです。

子どもの時にイチローの練習にいつでも付き合えるようにと、家でできる仕事をしていたと・・・

私の母も同じような部品を家でやっていましたが、納期に間に合わせるのと、何千という数をこなさないとたいしたお金にもならないので・・・家事以外はその仕事ばかりやっていて、よく「大変だ」と言っていました。

子どもの頃の野球漬けの毎日という逸話をよく効きますが、学校にいる間や寝ている間に仕事をして、生活やイチローの野球も家族で支えていたんだろうなぁと想像します。

年賀状の事を、私にいつ教えてくれたのかはもう忘れてしまいましたが・・・

父も「たいした人や・・・」(子どものためにそこまでできると言う意味合いだったかと・・・)と言っていました。

イチロー選手は、今でも「24時間きっちり野球のために使っている」そうです。どこまで輝き続けるんでしょうか

ほんの少しの父同士のつながりを、私も思い出させてもらい、40代のこれからの活躍がますます楽しみです

2014年9月28日 (日)

中学の体育大会と障害者のスポーツ大会

今日は朝から、下の中2の娘の体育大会へ

秋晴れのいいお天気、暑いくらいでしたが、お天気の心配をしなくてもいいというのが1番では・・・

写真は、1、2年生合同の組体マスゲーム

中学の体育大会と障害者のスポーツ大会

ちょっと遠くて見にくいですが・・・

校舎の上から見ると全体的に見れて、その動きがよく分かり、毎年この組体と3年生の組体ダンスはここから見てます。

その動き一つ一つがきびきびとしていて、6年生の時の組み立て体操を、さらに進化せているのは、見ていても素晴らしいなあと感心させられます。

今日は障害者のレクレーション大会もあり、午後はそちらに…

中学の体育大会と障害者のスポーツ大会

写真はみなさんの前であいさつする伊藤市長・・・空が本当に青い

午前中の競技で入賞した人の表彰があり、メダルをかけてもらい弾ける笑顔の人

見ている、こちらが励まされるくらいです。

みんながスポーツを目一杯で、元気にできる地域や社会を・・・

それはあたり前かもしれませんが、平和で安心、安全であってこそ・・・

子どもたちやみなさんの笑顔を見て、そんなあたり前のことの大切さを思いました

2013年11月 4日 (月)

東北楽天イーグルスが日本一、凄い、凄すぎる、凄かった♪

遂に東北楽天が日本一、久しぶりに試合開始からテレビの前でかじりついて、くぎずけに…

九回に、田中マー君がでで来てからは、もう泣きそうで・・・勝利の瞬間はめっちゃ感動しました。

2013

今年は田中投手の大活躍が牽引したことは間違いないが、昨日連勝がついに止まってしまい、正直勢いというか途切れるんではないかと心配したが・・・無用でした。

最終戦は、MVPの美馬投手はじめ、ルーキー則本投手、生え抜きの銀次や岡島、ベテラン松井、球団創設時の数少ないメンバーの牧田のホームランなど、まさに全員で掴みとったもの

ただ、あり得ない連投だったが、田中投手に最期を託したのは、今年の楽天を象徴した形、最高のファンサービスだが、それに応えて押さえてしまうのが、凄すぎるこれまでに見たことのない投手に・・・

東北楽天が日本一、凄い、凄すぎる、凄かった♪

朝からコンビニにスポーツ新聞を買いに行ってしまった。(((^^;)

特別な時しか買わないので、その気にさせたのはイチローの4000本安打の時以来かな・・・

阪神淡路大震災の年に、オリックスブルーウェーブが、『がんばろう神戸』と、日本一になった。

その時も感動したが・・・あるんですね、こういうことが、本当に凄い。

そして、東日本大震災から3年かかったが、『がんばろう東北』と日本一に・・・

昨日のスタジアム雰囲気が、これまでに見たことのない、凄かったですね。

嶋選手が、「見せましょう東北の底力を、野球の底力を…」と言った力を見せてもらいました。

東北のみなさんの熱い想いが伝わってきたし、東北に支援など何回か行って、今年は東北楽天イーグルスが日本一で、本当によかった。

球史に残る歴史的な瞬間を見れました

ありがとう、そして、日本一おめでとうございます

2013年8月22日 (木)

イチローは、本当にすごい♪

今日、ヤンキースのイチロー選手が日本人としては、前人未到の4000本安打

毎日新聞の夕刊の扱いもすごかった。ほぼ、三面

イチローは、本当にすごい♪

高校野球の決勝戦もあり、スポーツ満載の夕刊で、結構隅々まで読んでしまいました。

イチローは、本当にすごい♪

「4000回には、8000回の悔さがあった」 それを受けとめて積み重ねてきた数字

インタビューでの受け答えの一幕での、イチローの一言

イチローは、本当にすごい♪

イチローにとってはこれも通過点か

次は、ピート・ローズの4256本(あと256本)、大リーグでの3000本(あと278本)

これもやってくれそうと、簡単に思ってしまうが、子どもの頃からの変わらぬ努力の賜物・・・

私ごときが言うようなことではないが、今日は書かずにはおれませんでした。

小学校時代は、毎日のように公園で、同じ左利きの王選手にあこがれて、草野球ばかりしていましたが・・・

私はあっさり、中学で野球部にも入れずあきらめましたが・・・

子どもの頃からの夢を実現どころか、さらに大きく発展させている姿に、尊敬の念と、それに励まされがんばる子どもたちも大勢いることでしょう

そのこともすごいことだと思う。

ただ残念なのは、誰もがプロになれるわけではない中で、あきらめ挫折しても、新たな夢を持ったり、再チャレンジしにくい社会になってしまっていないかということ

多くの子どもや若者が、自分がこれからどうなるのか悩み、手探りでいろいろと取り組んでいると思うが・・・

高校生の頃は、将来どうなるのか どうしたいのか も分からず、思い悩んだのは私だけではないだろう。

努力して、まじめにがんばれば、どの人も当たり前に暮らせる社会の保障があってこそ、思い切ってチャレンジできると思うのだが・・・

先進諸外国に対して、日本の子ども・若者が将来に希望が持てない割合が極端に低いのが本当に心配

こんな日本に誰がした。政治の責任は重大です

2012年8月 8日 (水)

チーム力!

卓球の女子団体、史上初のメダル 今朝3人のインタビューを聞いていたら、自然とうれし涙が

中学の時は、卓球部で根暗なスポーツと揶揄され嫌な思いもしたこともあったが、すばらしいスポーツということを示してくれました。

あらためてじっくりと試合を見ると、そのスピード、テクニックなどすごいです。

中国には完敗したが、福原選手が2セット目を奪った時は、負けていたのに6ポイント連取してすごかった

久しぶりに卓球がしたくなりました。すぐ感化させられるんです。

ロンドンオリンピックのおかげで毎日寝不足状態ですが、連日すごい感動させられています。

特に、各種目ともチームの力での勝利が目立っていますね

女子バレーも24年ぶりの4強、28年ぶりのメダルにあと1歩。

男子サッカーは、残念ながらメキシコに負けてしまったが、まだ44年ぶりのメダルをかけて韓国と対戦。

なでしこ女子サッカーは、金メダルをかけてアメリカと決勝。

団体のスポーツでなく、個人個人がする卓球、アーチェリー、フェンシングでもチームとして戦うと、個人の力以上のものが出せるんですね

それも、すごい努力が実ってのもの

そして、多くの選手が東北の被災地を訪問したり、「元気と勇気を届けたい」と発言していることもうれしいことです

それに比べて、あまりにも進まない復興への道、国の政治を憂うばかりです

2012年6月 7日 (木)

がんばれ!新竹優子選手

がんばれ!新竹優子選手

今日、市役所で北京に続き、ロンドンオリンピックに出場が決まった体操の、新竹優子選手を応援する横断幕とパネルの除幕式がありました。

がんばれ!新竹優子選手

新竹選手も来て挨拶されました。

がんばれ!新竹優子選手

オリンピック選考の競技会の前は、不調だったがそれを乗り越えて出場を掴み取ったという話も紹介がありました。

がんばれ!新竹優子選手

泉大津のマスコットキャラクターに決まったおずみんとも握手。

体操は特に国民期待の種目でもあり、注目度も高いが、プレシャーに負けず、頑張ってほしいですね

男子の大エースとなった内村航平選手は、妻と同じ長崎県出身で当初から注目していたが、彼などはプレッシャーを楽しんでいるようだ

私など、毎議会まだまだすごく緊張しているというのに・・・すごいですね

2012年1月16日 (月)

44歳の挑戦!

サッカーJ2横浜FCの三浦和良 言わずと知れた日本サッカー界のスーパースター

日本代表で55得点を挙げてきたが、'98年のフランスワールドカップで日本代表をはずされながらも、その後も一途に今もサッカーに情熱を傾け続けるその姿に、同じ歳でもあり関心をもって注目をしていた。

今シーズンついにJリーグでの18年連続得点がついに途切れ、さすがにどうなのか と思っていたら、東日本大震災復興支援試合では、見事にゴールを決めて、さすがまだまだやる時はやるなあ感銘を受けた。

今度は、フットサルのFリーグに挑戦。ゴールこそならなかったが、10チーム中9位のチームを勝利に導く活躍だった。5368人というリーグ史上最高の観客動員 すご過ぎる、これぞプロ

フットサルは知っていたが、Fリーグというのがあることをはじめて知った(すんません・・・) こうした人も他にもいると思うのでその効果は計り知れない。

フットサルのワールドカップもあり、監督などが真剣に代表として検討しているそうで、そうなればサッカーでは叶わなかったワールドカップに出場できるかもしれない

全く違う道だが、同じ年齢として、努力を惜しまず挑戦し続けるその姿勢は見習うべきことも多い。あんなにダンディにかっこ良くはなれないが、自分らしくがんばろう

2011年8月28日 (日)

世界柔道2011!日本がんばれ!

世界柔道2011が開催中おかげで毎日寝不足だぁ~

高校の3年間だけだが、柔道部で汗を流した

今から思い返すと、何か漠然と日々の生活の中での物足りなさがあったように思う

強くなりたいと、柔道部へ入ったように思う

新設の高校だったので、練習は厳しかったが先輩もおらずで、ある意味自由におおらかにやることができた。

同じくらいの体格の人には、負けることはなかったが、高校クラスだと体重別ということがなく、昇段試験で当たった人が20cmくらいの体格差があり、あと1ポイント足りず、黒帯になれなかったことが、今でも悔いが残っている

その直後に練習中に、腰というか背中を痛めてそのまま受験もあって引退

それにしてももう少し早い時間に放送してほしい。生中継ならともかく、結局録画なのに夜中の12時半とかからしかはじまらない。なでしこジャパンの例を見ても、勝てば官軍とばかりにスポーツ報道はされるが、実際のスポーツ振興には国が真剣に取り組んでいないことや、企業お抱えのスポーツ推進の中で、この間の不景気でどんどん撤退している

日本は前半戦は、金メダルラッシュで、福見VS浅利などの日本人対決もありもりあがったが、後半戦は、パワーを全面にしていざという時には逃げ回りながらまともにくまない、柔道とは言いがたい、強引な力づくでの、柔道にほんろううされてしまっている。

それでも、自分がしていたというひいき目はあるが、勝っても負けても必死でがんばる姿にはひきつけられてる。

おかげで、朝からちょっとふらふらだったが、しんぶん赤旗読者を増やそうという地域をまわる。この間相談にのっていた方が、読んでくれることに

本当に感謝、九州電力や北海道電力のやらせをスクープした、大企業や財界、アメリカ言いなりの他のしんぶんでは明らかにできない真実がある

フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ