カテゴリー「旅行・地域」の69件の記事

2019年8月25日 (日)

みんなでキャンプ「あの夏の日をもう一度」駒ヶ原2019

この週末は愛知県設楽町駒ヶ原へ・・・標高が確か800メートルくらいあって、夏でも涼しい。

大学時代の4年間、没頭し夢中になって活動していたのが、「みんなで創るキャンプの会」、「NICC(日本福祉大学キャンプカウンセリング研究会)」

 

障害のあるみなさんの団体や子ども達の団体キャンプから、『とんび村』という障害のある子もない子も一緒に楽しめる6泊7日のキャンプを企画し募集して・・・

夏の間だけでなく、その準備など1年間、なんやかんやとしていました。

Dsc_5224

その時の地域の学校校舎が今でも残っています。今は老朽化で使うことは出来ませんが・・・これを見るだけでウルウルきます。✨

学生ボランティアの福祉大のサークルと、会を創設したメンバーやサークルを卒業した社会人のメンバーが一緒になってしていました。

この駒ヶ原キャンプ場が3ヵ所目で、私は2年生の時にここへの引っ越しからキャンプ場づくりまで関わった。

 

この学校を借り受けて・・・

ここで20年、その後キャンプが続いたと・・・あらためて聞き、いろんなエピソードなど今さらながらはじめて知ったこともあり。

30年ぶりの再会と言う人も・・・

Dsc_5227 

「何とかここでまたみんなで会いたいね~✨」というみんなの願いが叶いました。

構想と言うか準備に主なメンバーでおよそ2年くらいやってきて、とにかく実現できて感無量。

 

みんなあの頃の思いを持ちながら、それぞれ頑張っているんだなぁ~というのも再確認・・・遠くは徳島、富山から、私同様大阪からの参加。

 

駒ヶ原の地元の人や有志で、コテージや炊事場、トイレなど造って、ガールスカウトなどの活用もあるそうで・・・

私たちが「以前、ここでキャンプをしていた」と昨年話をしたら、当時のことをいろいろ覚えてくれていて、快く使わせて頂きました。

Dsc_5230   

夜に向けてキャンプファイヤーの準備もばっちり、心配だったお天気も奇跡的に2日間よいお天気になり・・・

Line_36309405835663

昔やっていたスタンツを披露しあうも、「どうだった?」と・・・でも思い出したらみんな一気にテンションがアップ。

まさに非日常でしたが、この後は夜更けまでしっかり「馬酔木・あしび」という福祉大にあったうたごえサークルの歌集で歌い・・・🎶

 

今回来たかったけど、来れなかったメンバーもおり・・・

次はいつ頃になるか⁉ どうするかまではまだ決められませんでしたが・・・

 

「またきっとみんなで会おう」と駒ヶ原を後にしました‼



 

2019年8月16日 (金)

お盆の帰省は台風10号の影響で…行きはよいよい、帰りは大変なことでした!

台風10号の影響がまだ残っていて、まだ心配ですが・・・

我が家の今年のお盆は、昨年は子どもは行かなかったんですが、今年は全員で長崎へ帰省・・・

 

ずっと車で夜中の空いている時間に移動してましたが、この何年かは新門司まではフェリー🚢

最近のフェリーは快適で、大部屋でも洋室ならそれぞれの区分けされたベットがあり、ちゃんと寝れるし・・・

何よりビール飲んで✨、お風呂♨に入って、のんびりと・・・

帰りもフェリーでのんびりというもくろみは、台風のおかげですっかり無くなり、フェリーは欠航・・・😞

ただ、台風がゆっくりだったので、とにかく直撃前に大阪に戻らないと大変と、陸路で久しぶりに中国道をひたすら走って・・・🚙

九州出るのに5時間、ほぼ13時間・・・

みんな考えることは同じようで、途中の大渋滞やサービスエリアも満員で、給油や買い物にも一苦労💦

 

商品も品薄で、パンやおにぎりを品切れ直前に何とか買えて、空腹をお菓子なども食べながら・・・

帰って食べる予定だったカステラはすっかり無くなり・・・

 

それでも無事に、何事もなく大阪に帰って来れたので良かったです。😃

 

今年も朝のこの景色を見れて良かったです。

Img_20190813_202650_896

南島原市口之津町、ふるさと創生の1億円で造ったと聞いている赤い南蛮大橋・・・

天草諸島もきれいに見えて、ちょうど口之津と天草を結ぶフェリーが航行してました。

 

台風前で少し波があったけど、海にも行きました。

ここは太平洋側ではないので、波のプールくらいの波で、ちょうどいい楽しさ・・・

30人以上は海水浴の人がいたけど、違う方を見るとプライベートビーチのように、誰もいません。

Line_429022303320153

ただ、お盆になるとくらげが出るので、しっかりさされてまだ赤いぶつぶつが今も治らずかゆくてたまらない・・・

海も油断禁物・・・

Img_20190813_190548_260

初日は新門司からハウステンボスへ、目的は「鈴木敏夫とジブリ展」、おもしろいアンブレラのアーケードや風車もきれいでした。

湯ばー婆開運おみくじで「大吉」をひいて喜んでいたら、やっぱりここで運は使ってしまったようですが・・・

 

お墓まいりなどお盆らしいことも出来て・・・

お盆休みを満喫できました。

 

 

2019年6月 2日 (日)

ごみゼロ大作戦・・・泉大津市

今日は泉大津市内全体で、自治会などを中心にした年に一度の大掃除・・・ごみゼロ大作戦 ❗

私も朝7時半から準備し、近くの公園や大津川への堤防へつながる所などの草ひき・・・

200世帯ほどの小さな自治会ですが、出てくるものですね~

Dsc_4711

3ヵ所ある置き場の内のひとつですが、側溝の泥や土、雑草などから水路沿いの木まで・・・全体終わった後も引き取りに来てくれるまで、不法投棄されないようしばらく見守りをしていました。

 

我が家の近くのみなさんが散歩などでよく通る大津川の堤防の道につながる所の雑草・・・

Dsc_4707

前から草がふさいでいて、気にはなっていたんですが、参加してくれた近所のみなさん4人で一気に・・・

雑草の根が堤防のコンクリの隙間に入り込んでいて、手ごわかったですが・・・

これだけきれいにしておいたらしばらくは大丈夫でしょう。

Dsc_4710

ただココは、この辺りの住宅が建つ前からあったガードレールがそのままあって・・・

便宜上、水路は渡れるようにプレートは置いてあったんですが、みなさんガードレールをまたいでたいへんそう・・・

どうにかできないものなのか⁉ 

個人さんの家の横も草がひどいところがあり、今日だけではそこまでは出来ないので、それも合わせて、また取り組んでみよう❗


 

 

2019年5月27日 (月)

真夏のような暑さの週末に・・・昨日は「浜街道まつり」へ!

昨日は、泉大津の「浜街道まつり」

用事がいくつかあって、その合い間をぬうように・・・あまりゆっくりできなかったのが残念でした。

それでも昔ながらの落ち着く街道沿いのお宅に和まされ・・・

Dsc_4615

今回は市会選挙の演説会でもお世話になった南瞑寺さんへ、まずお伺いすると「いっぷくいかが・・・」と・・・✨

Dsc_4623

美味しいお抹茶と和菓子を頂きながら、茶華道の会の方から、最近あったお抹茶の体験会で子どものひと事に、妙に納得してしまいました。

「お抹茶知ってますか?」と聞いたら、子どもは「知ってる、回転寿司で飲んだ~」と・・・

確かに、ちいさなスプーンでお茶の粉をすくって入れて、お湯入れるけど・・・💦

Dsc_4620

今回の和菓子も、食べるのがもったいないくらいきれいで美味しかったから、お抹茶もより引き立ちます。

その子どもたちに、「どっちが美味しかった?」と聞いたら、みんな「苦いけど、こっち~」と言ってくれたそうです。

時代も変れば感性も変ってしまうところもあるけど、その子たちは本物を体験できて良かったです。体験したこと無ければ回転寿司のお茶が抹茶と誤解したままだったかも・・・

本物にふれるという事は何事においてもやっぱり大事ですね。

Dsc_4618

泉大津市茶華道会のみなさんが行なってくれている保育所や幼稚園、こども園での体験会が貴重な機会になっているんだということをあらためて気付かせて頂けました。

他にも、毎年顔を出している美味しい洋菓子の出店にも・・・これは家へのささやかなお土産というかおやつとして購入😃

 

昨日も今日も、全国的にもたいへんな暑さは、少しましになりましたが、これからが本格的な夏、暑さになると思うと心配ですが、みなさんもくれぐれも無理をされず、お気を付けください ❗

2019年5月 5日 (日)

湖南アルプスへ!鶏冠山~天狗岩~龍王山

GWの後半は実家の愛知へ・・・母にお礼と父の墓前に当選の報告❗

その前に滋賀県で寄り道して、久しぶりの山行に・・・この1年は日帰りでも山にも行けてなく。

 

人気の「湖南アルプス」にはじめて行って来ました。

朝5時半に家を出て、8時前には麓の上桐生の駐車場に車を停めて出発。(有料だけど駐車場は広くて安心

まずは落ケ滝へ。登山道からすぐで道を外れて行くけど、行ってみるとなかなか良い感じ・・・

そこからは直登せず、少し戻って北谷線から北峰縦走線を登って、尾根に出てからは気持ちよく歩け・・・

途中の見晴らしの良いところからは近江富士(二上山)が見えて、「鶏冠山」490.9mの山頂へ❗

Dsc_4407

ところが予想に反して、木々の覆われ見通しはよくなく、あまりこちらに人が来ない理由が分かりました。

 

そこからは尾根伝いにアップダウンし、天狗岩方面に・・・

途中からはアルプスと言われる由縁の岩場や巨岩がいっぱい・・・

天狗岩が見え、近くなって来ると、人が頂上に登っているのが見え、あそこまで行けるのかと・・・

Dsc_4436

ずっと見晴らしも良く、楽しい歩きが続き・・・

途中にはロープなどが何箇所も設置されていて、時にはよじ登る感じで、「天狗岩」頂上に❗

Dsc_4453

この写真は天狗岩から少し行った耳岩というところの巨石の上から・・・

登りより下りの方が、すべり落ちそうで慎重に・・・

 

さらにそこから「龍王山」604.7メートルの山頂までを縦走。

Dsc_4463

その途中も新緑の中を気持ちよく歩けましたが、この山頂も残念ながら見晴らしはゼロ・・・

そこから少し戻って、昼食・・・山では何でかチキンラーメンが定番で、家で食べるより豪華にして・・・

Dsc_4471

ゆで卵と焼き豚も切って持参、乾燥野菜とねぎ入り・・・

 

昼食後は、天狗岩線の谷沿いルートを一気に降りました。

びっくりするほどの岩場もあって、ロープがなければとても無理なほどの場所も・・・

子どもはズリズリ、尻もちついて・・・

 

途中からは沢伝いで、ここはミストな感じで気持ちよく・・・

それほど高い山ではないけど、変化にとんだ良いコースでした。

ただ、スニーカーにジーパンなど、あまりに気軽な感じで来ている人も目立って心配になりました。

 

昔は寺社仏閣の柱や燃料に木が切られ続け、麓あたりは禿山だったそうです。

大雨の度に鉄砲水が出て、多くの被害を出していたのを、治水事業や地元の人たちの努力で、緑いっぱいの山によみがえらせたとありました。

最後の駐車場に向かうまでは、川辺で多くの家族、子ども達が遊んでいて、すばらしい憩いの場に・・・

自然を壊すのも活かすのも人間次第という事にも気付かされた一日になりました‼

2019年5月 3日 (金)

岸和田市民フェスティバルのボランティアへ!

今日、5月3日は憲法記念日❗

全国各地で「改憲許すな、憲法守ろう」と、多彩なイベントが企画をされています。

 

この同じ日に長年続けられているのが、岸和田中央公園で行なわれている「市民フェスティバル」・・・

今年も好天☀に恵まれ、ものすごい人で賑わっていました。

Dsc_4393

この岸和田の障がい児者の団体のコーナーに、22歳の作業所に就職した時から毎年欠かさず参加し・・・

何年かは全体の実行委員会にも、法人から担当者として参加していた。

Dsc_4388

議員となってからは、毎年顔を出す程度でしたが、ここに来ないと何か落ち着かないので・・・

今年は10連休のあおりでボランティアがいつもより少ないとお聞きして、多少でも役に立てるならと参加・・・

写真係くらいしか出来ませんでしたが、懐かしい人や泉大津の人にも思いがけずお会いして・・・

Dsc_4391

子どもから年配の方まで、家族や友達同士など、出店もたくさん有り、どこも多彩で・・・

何万人の参加があると、以前聞いたけどちょっと忘れてしまいましたが・・・

これだけのイベントを仕切っている実行委員会のみなさんはすべてボランティアで、参加する団体への差配などの事前準備から、片付けまで、本当に苦労も多く、これだけ長年続けられているというのも驚きで・・・

 

この市民フェスティバルへの「市」からの補助金がカットされてきたうえに、台風で公園内にある倉庫が壊れその撤去費用40万円や、公園の使用料20数万円の減免制度が出来なくなるなど・・・存続の危機と聞きました。

来年どうするのかは、決算状況を見てと、以前一緒にしていた実行委員の人に聞きました。

 

このイベントを長年ボランティアで支え続けてきた人たち、これだけのイベントをしっかり支援するのが行政の役割ではないでしょうか⁉

来年どうするのかなどは、私がどうこう言える立場にはありませんが・・・

岸和田は花火に続いて、この市民フェスティバルも終わってしまったら、あまりに残念なことになってしまう❗

2018年10月29日 (月)

この週末は近江八幡と姫路城へ!

この土・日は2日続けての日帰りバスツアーへ

土曜は、日本共産党泉大津後援会で、近江八幡市へ・・・

日曜は、地元地域の自治会のみなさんと姫路城へ・・・

中々日程がない中で、それぞれで調整していたら連日になってしまいましたが・・・

心配した雨も土曜も降られることもなく、昨日は最高の秋晴れとなりました。

近江八幡市は人口8万あまりで、泉大津と近いですが、城下町だったということと近江商人、その中でも八幡商人と、その歴史的な城跡や商人の屋敷が残る風情ある街並みがとても良かったです。

この美しい運河も一時はゴミや雑草で汚れ、埋め立てられようとしていたそうですが・・・

それをまちの人たちが守り、復活させ、今では運河めぐりを楽しめる観光スポットに・・・

この通りも有名で、電線がなくとてもすっきりと・・・運河近くのお店などよく時代劇の撮影などがあるそうです。

この写真の松があって電線が引けなかったそうですが、それが幸いして美しい街並みが残され、何が幸いするか分かりませんね

自治会のバスツアーは姫路城へ・・・

新幹線からちらっとは見たことがあるけど、間近に見るのははじめて・・・

噂にたがわぬ美しいお城で、お天気もよく、お城の白がこんなにも白いのかと・・・

お城の中の階段が急で狭いので、途中渋滞が起こっていて、それだけ多くの観光客が訪れるだけの価値はあるなぁと・・・一度でも来れて良かった。

同じ自治会の地域の人でも初めての人や、私の連れ合いと同じ長崎島原半島の出身という方もいて、うれしい出会いもあり・・・有意義な2日間に。

連日のお出かけで、さすがに今日はちょっと疲れてが出ているかなぁと感じつつ・・・いつも通りの毎朝の通学路の見守りからスタート。

もう10月が終わってしまうと焦りつつ、元気とよい気分転換になったので、また頑張ろう

 

2018年10月 6日 (土)

泉大津は今日、明日とだんじり祭り!

気になっていた台風25号

友人がいる九州北部、特に対馬は大学の同期がいて、最大風速がすごくニュースでも取り上げられていて心配です。

これから北海道に直撃しそうで・・・ここにも大学のサークルの先輩、同期、後輩がいるので、どうぞみなさんお気を付けください。

この辺りはそれほど影響もなく、無事にだんじり祭りも行われて、ちょっとホッとしています。

それでも台風の影響で風はあるものの、とにかく暑い・・・

朝早くからだんじり囃子が遠くに聞こえていて、この2日間はまちは祭り一色・・・

この時とばかりに知り合いのお宅におじゃましてお昼から乾杯

軒先でだんじりが通るのを楽しませてもらいました。

前から勇壮にやってきてのやり回しとかもいいんですが、何となくですが行った後の後ろから見るだんじりが好きですね。

だんじりが休憩になっている間に移動と歩いていたら・・・

誰かにぎやかに、それも調子よく話してるなぁと思ったら泉大津出身の「阪神さん」でした。

さすがの話術で大勢の集まっている人を、だんじりが来るまでの間楽しませてくれていました。

台風21号の被害の影響が大きく、まだまだ大変な人も多くいますが、祭りがにぎやかに出来るというのが一番のみんなの元気の源になりますね

2018年8月21日 (火)

原点を再確認・・・駒ヶ原キャンプ場、一宮の実家へ!

先の週末は愛知県へ・・・自分の原点を再確認できた仲間との再会に

設楽町駒ヶ原の旧小学校跡を借り受けて、障害のある人も大人も子どもも誰もが楽しめてできるキャンプなどの野外活動・・・

キャンプ場でも学校だった所なので、グランドや校舎は平らで車いすの人でも自由に行き来ができるのでこの場所に・・・他にも夜は満点の星空、前の小さな川で水遊び、愛知県で2番目に高い段戸山、標高900メートルで夏でも快適、魅力いっぱいの場所です。

そこで「みんなで創るキャンプの会」の学生カウンセラーとして、福祉大の4年間没頭していました。

駒ヶ原に移転した1年目、炊事場づくりから坂道のスロープ、それこそトイレの手すりまで、ホームセンターに行って材料を買って手作り・・・

32年前の当時、トイレは和式、トイレの手すりなど売ってなかった中で、塩ビ管を使ってどうやって取り付けるのか

みんなで悩んで、みんなでどうやったら出来るのか 

それもこれも、どんな障害があっても楽しめみんなで出来るようにするにはと考え・・・

1泊や2泊などで、障害者作業所や障害のある児童施設などが順番に・・・

自分たちで募集して6泊7日の「とんび村」という障害のある子もない子も参加できるキャンプは夏の最大のイベントでした。

今思えば、ちょっと無茶なよくやったなぁという思いもあるし、送り出していた親御さんもすごいなぁと・・・

この時の経験が、その後の福祉の仕事につながったし、仕事の中でも生きていると思う。

はじめて重度の障害のある人に出会った時に、この人に何ができるのかどう接したらよいのか楽しめるのか

いろんな疑問があったけど、キャンプ場で施設では見れなかった笑顔、一生懸命伝えようとしている姿に感動し、自分たちと同じだ、みんな同じ人間なんだと・・・

この事に気付かせてくれた。

多くの時間をこの場所で費やし、この活動に没頭できた事が、これまで自分はどんな大人になるのか、社会に出て何ができるのか、漫然とした不安いっぱいの自信のない高校生を変えてくれました。

15年前にそのキャンプは終わってしまい、私も卒業後遠ざかっていましたが、この場所を活用できないか活動する地元や協賛するグループの人たちがログハウスを2棟、炊事場も建て、ピザ窯まで・・・

朝は寒いくらいでしたが、快適に過ごせました。

ここを使わせてもらえるようになったのは、農園レストラン&BBQばんじゃーる駒ヶ原 と言うレストランのオーナーとの出会いでした。

地元産の段戸牛が人気で、予約して行くのがお勧めです。

今回は管理をしているキャンプ場のお隣りの方ともいろいろとお話ができて良かったです。私たちがキャンプをしている時から「今年も来ているなぁ」と温かく迎え入れてくれていた事を改めて知り、感謝です。

翌日は一宮市の実家へ・・・今年は早いもので父の七回忌

高校卒業後、ほとんど家にも帰ることなく、何やってるのかもよく分からないけど、文句を言わず信頼して自由にさせてくれた両親の存在があったからこそ・・・

お恥ずかしい話ですが、これまで母や家族で行く時しかお墓に行ったことなかったけど、はじめて一人で行き掃除をして、お水を替えて・・・

母は、まだまだ元気なので感謝を伝え、父を思い起こす七回忌を11月にしたいと思います。

2018年8月14日 (火)

お盆休みの長崎帰省前に鹿児島・砂むし温泉と知覧特攻平和会館へ!

今年のお盆休みは少し早目の10日の夕方のフェリーで九州へ・・・

行きからフェリーにしたのは、今年は大河ドラマの「西郷どん」もしているので、早朝に新門司に着いて、鹿児島まで行こうと・・・

九州を北の端から南の端まで縦断・・・

いつも妻の実家への帰省は、渋滞をさけて夜中に中国道走るので、長崎か熊本辺りまで行くのに精一杯でしたが、フェリーで寝ているので元気に走れました。

せっかく行くのでテレビでしか見たことのない指宿の「砂むし温泉に、行ってみようと・・・

さらにそこまでせっかく行ったんだったらと、一度は行かなければと思っていた「知覧特攻平和会館」

 

開聞岳の美しさにも見とれながら到着。

砂むし温泉は、海岸べりで海も開聞岳の景色も良く、なかなかの醍醐味・・・

ただ、夏は地熱と太陽にも熱せられた砂が予想以上に熱くて・・・

身動きのできないサウナ状態で、すぐに汗だらだらでした。気候の良い時ならもっと気持ち良いのだろうけど・・・

その後、すぐに露天風呂にも入れたので、お湯も良く、すっきりしました。

この写真の蒸気の出ている昔の塩田跡を挟んで、向こうが砂むし温泉で、手前は写ってませんが露天風呂のある たまて箱温泉・・・セットの入浴券がありました。

そして、知覧の「特攻平和会館」へ・・・お盆前だからか大勢の人にちょっと驚きました。

ちょうど語り部の人の話も聞けました。また、たくさんの遺品や家族などに宛てられた手紙などの展示に胸が痛む・・・

 

「何故、こうした若い未来ある若者が命を落とさなければならなかったのか・・・」

国や家族の為にと言われるが・・・戦争だからというだけではないと思う

 

ちょっと美談のようにし過ぎている所があるのでないかという点は気になったけど・・・

ただ言えるのは、戦争は人を狂わせる、二度とこんな悲劇を繰り返してはならないということ。

 

今の自衛隊でも海外に派遣された後に、帰国後の自殺やPTSDや精神的な病気で苦しんでいる人も多く、本質的には同じことではないかと思う・・・

国や権力は都合よく、大義名分で若者を駆り出して行くということは、この間の安倍政権のやり方を見てもはっきりしてる・・・

 

この日はここまでで時間切れで、鹿児島市内に行く時間はまったく無くなり、せっかくの「西郷どん」にも会えず、帰りに桜島が一瞬目の前にどんと見えたのが救いでした。

今度はゆっくり鹿児島市内を見て周りたいですね

 

より以前の記事一覧

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ