カテゴリー「議会報告・市政報告」の418件の記事

2020年2月21日 (金)

市民会館跡地の活用で報告が・・・泉大津市議会!

昨日の総務都市委員会協議会で、市民会館の跡地活用事業の報告がありました。

私は委員ではないので、田立議員が出席し、隣室で傍聴・・・

Dsc_6565

基本計画が出来たということでしたが・・・

写真の緑の所、奥が(仮称)小松公園、手前の所が民間活用用地。

 

マルシェなどと宿泊施設を誘致したいようです。

魅力あるまちの都市ブランド向上、アビリティタウン、リビングラボなどコンセプト、ヘルシーパークなどの言葉が並ぶ54ページに及ぶ基本計画・・・

 

これを提示して、3月2日からパブリックコメントを募集すると・・・

市民の意見はここで聞くということでしょうが・・・

 

田立議員は、計画そのものをきちんと報告をする説明会をまず行なうべきだと求めました。

前に私もブログで書いたけど、キックオフセミナーでこう考える的な報告はあったけど、質問の時間はまったくなく・・・

 

広く誰でも参加できる説明会をして、少なくとも計画に対しての説明を行なって、市民の声や意見を聞くべきではないでしょうか!

パブリックコメントを実施して、これで市民の声を聞きましたという形だけのことにされるのでは・・・

 

公園はよいとは思うけど、それ以外の部分はまだよく分からないし、何よりその進め方は大きな疑問です。

「市民参画及び協働の推進に関する条例」の第8条には「市は次に掲げる事項を行おうとするときは、市民参画の手続きを実施しなければならない」 

その(3)広く市民の利用に供される大規模な施設の設置に係る基本計画の策定及び変更

 

計画決定をするまでに広く行う市民説明会。そし地元の地域の住民に対しても・・・どうするんだろう!

素晴らしい計画だとするなら堂々と報告したらよいのではないか!

 

2020年2月19日 (水)

またまた「国民健康保険料」が値上げ…泉大津市

今日は厚生文教委員会協議会・・・第1回定例会の議案説明。

その議案の中で、国民健康保険料の引き上げ提案・・・

Dsc_6561

ちょっと見えにくいですが、標準保険料率、基礎賦課限度額、所得判定基準の改正で・・・

いずれも引き上げ・・・

 

ただその中で、一部世帯は所得階層が2割軽減から5割軽減に・・・

非該当が2割軽減になるので保険料が安くなるのだけど、これはどの程度の世帯数なのかと質問。

 

29世帯と50世帯だと・・・

国保加入世帯は10,111世帯なので、たったの79世帯、それ以外の全ての世帯で保険料が引き上げになるという❗

大阪府は府内すべての市町村統一化をしようとしており、保険料も大阪府に合わせるよう全国にない強引なやり方を押し付けているけど・・・

それまでの猶予期間として激変緩和と、一気に負担が重くならないようになどとしていますが、私の今日の質問ではその大阪府との差は逆に開いていて、緩和になっていないということも明らかに・・・

 

あくまでも保険料を決める権限は市町村にあり、このまま大阪府の言うがままについて行っていいのか?

いいわけはないとは思っていますが・・・

 

市民への負担が重い重大な問題だとして・・・

このまま本会議での採決ではなく、慎重審議を求めて委員会でのさらなる質疑を求め、認められました。

 

3月2日(月) 午前10時 厚生文教委員会 が行なわれることに・・・

引き続きこの問題に取り組みます。

2020年2月18日 (火)

議会モードが一気に高まりました!

今日、来年度の施政方針と予算書が手元に・・・来週の2月25日(火)が第1回定例会の初日❗

市長の施政方針演説があるので、時間と興味のある方は傍聴や市議会ホームページからのネット視聴をぜひ・・・

Dsc_6557

施政方針を読み込み、分厚い予算書を前にして、去年のと見比べたり・・・

準備は日頃からちゃんと進めてないとたいへんになると分かっていても、日々の何やかんやに追われているうちに・・・

 

さっそく明日は厚生文教の委員会協議会で議案の説明があるんですが・・・

それを何と1日勘違いしていて・・・その質問準備もまだまだ。

 

すっかり他の議員さんは誰もいないけど・・・

自宅ではどうもはかどらないタイプなので、まだ市役所の控え室に居残って、悪戦苦闘中・・・

 

議会中の1カ月は運動不足も続くことに・・・

市役所5階の夕陽(夕焼け)がきれい、そんなことに喜びを見出しながら頑張ります‼

Dsc_6558

 

 

2020年2月14日 (金)

議場コンサート開催のご案内・・・泉大津市議会

市議会ホームページなどでもお知らせしていますが・・・

市民の皆さんに少しでも議会を身近に感じてもらい、一度も議場に来たことがない人などには知って頂く機会に・・・

そして、次は議会傍聴もしてみようと思って頂ければと・・・

 

泉大津市混声合唱団のみなさんとのコラボで、議場でコンサートを開催します。

議場は天井が高くて音の響きがきっと良いと思う。

Fb_img_1581347027226

初質問の時はさすがに緊張してそれどころではなかったけど・・・

すぐに雰囲気だけでなく、他の委員会室とかとは話していても、聞いてきても、聞こえ方がぜんぜん違うので・・・

 

きっとこれまでに感じたことのない素敵なコンサートに・・・

是非ともお越しください。

 
 日時:2月29日(土) 午前11時00分から1時間程度(開場10時30分)

 定員:100名(先着)※入場無料

 

 申込期間:2月3日(月)~2月18日(火) ※定員に達し次第締め切ります

 申込方法:・窓口申込 泉大津市役所5階議会事務局(開庁時間内)
      ・郵送申込 住所・氏名・電話番号・同行者名(4名まで申込み可)を記入し、
       往復はがきで議会事務局宛に郵送

2020年2月13日 (木)

「明石川浄水場」と「防災センター」の視察、ちょっとだけ「あかし市民図書館」へも!

今日は泉北水道に関わる水資源開発連絡協議会のみなさんとの視察に明石市へ・・・

午前中は明石川浄水場へ。

Dsc_6481

浄水場の模型、映像は取水場の明石川・・・

大きな特徴は、オゾンや活性炭などを使う高度処理の浄水場。

 

そうしなければならない経緯を質問したが、大阪の淀川同様にやはり明石川の原水が厳しいので・・・

その建設費も相当高額だが、維持経費もオゾンと活性炭のランニングコストだけで5000万円ほどだと・・・

 

明石市は元々地下水が豊富で、今でも49.5%はその活用、明石川浄水場ともう一箇所の浄水場の河川水は23%、そうした安く出来る水も元々多いので全体的にコストはみていると・・・

ただ沿岸地域の深井戸の塩水化もあり、不足分の27.5%は県営水道を購入しているが、展示してあったパネルには「高い県水を出来るだけ買わなくてもいいように・・・」とあった。

 

泉大津でも広域の水に75%は頼らざるを得ないが、やはり高いし、ひとつの水源だけに頼っていいのか・・・

泉北水道の水は、原水がいいので、高度処理にしなくても充分に安くておいしい水を供給できており、廃止ではなくやっぱりもっと活かす道を考えるべきだという事を強く思う視察だっだ。

 

その後の午後からは、明石市防災センターへ。

Dsc_6507

消防本部、消防署と併設されていて・・・

海に面しているので、東日本大震災の津波の映像や地震の揺れ体験から火災の煙体験などができます。

阪神淡路大震災などを直接経験し、こうした施設を直営で、すべての小学3年生がここへ来て学ぶということでした。

 

一緒に参加されたある方が「本気度が違う」、「大阪はそうはいっても見ていただけ」と・・・

防災資機材なども一式、各自治会に配っていると・・・

忘れることは出来ないけど、記憶がだんだん薄れて即座に命を守る行動が出来なくならないよう、この点ではどこも努力が必要です。

 

最後は人気で大賑わいの「魚の棚商店街」へ。

Dsc_6513

ただ、なんと木曜日は定休日で休んでいるお店が多いとかで、ちょっと残念でしたが、それでも魚屋さんや明石焼きなど・・・

私は今日の晩御飯に困らないように、明石だこの練り物を買って・・・

 

地図を見ていて気が付いたのが、すぐ近くにあった「あかし市民図書館」、時間なかったけどちょっとだけでもと行ってみました。

Dsc_6518

明石駅にも近く、ビルの4階・・・泉大津市がやろうとしていることと同じではと思ったんですが!

管理する責任者の方にも話が聞けて、さすがに「家賃」は払っていないとのこと。

 

再開発の時にはじめからそうする予定で、市民のためのスペース、工夫が図書館だけでなくされていました。

2階には広くて見晴らしの良い市民広場、各種手続きが出来たり、相談ができる市民センター的なスペースもある公設の複合施設。

 

泉大津の駅前再開発のように駅前商業スペースの空き店舗が多くなり、そのため「駅前活性化」のために「図書館」とか言うけど・・・

しかも根抵当が約19億円もかかっている建物に、家賃を年5000万円もはらっての20年契約。これだけで10億円。改装費設計費と合わせたら16億7千万に・・・

 

どう考えてもこれだけの税金をかけるなら、ちゃんといちから造った方がいいに決まっていると思いませんか!?

泉大津が明石市のようにうまくいくとは思えないけど、よい図書館を見せて頂きました。

 

 

2020年2月 5日 (水)

泉北水道企業団議会、人事院勧告に基づく議員・特別職の期末手当増額の議案を否決!

昨日行なわれた泉大津、和泉、高石の3市で構成する一部事務組合の泉北水道企業団議会・定例会・・・

その中の議案にあったのが、人事院勧告に基づく期末手当の額、対象は議員、企業長(和泉市長)、副企業長(泉大津市長、高石市長)・・・

 

そもそも人事院勧告は国家公務員など公務労働に携わる労働者が対象であって、泉北水道で働く人たちは和泉市にならって実施される・・・

しかし、議員や特別職の企業長などはその法的な根拠はなく、市民の理解も得られないということが、昨年も議論されて「否決」されたにも関わらず・・・

 

私は「なぜまた提案されたのか?」と率直な思いを質問・・・

要するに昨年は昨年、今年は今年というような答弁で、根拠などの理由は示されず・・・反対!

 

それぞれの市でも同様な提案がされており、議員、特別職の増額には反対したけど賛成多数で可決・・・

しかし、泉北水道議会では賛成5、反対8、(欠席1)となり、2年続けて否決されました。

 

それにしても、これまでの議会での議論などの経過がぜんぜん踏まえられずに提案され・・・

討論で他の議員さんも言われていたが「出さないという選択肢もあった」はず・・・

 

形式的で硬直した典型的なものであり、もちろんそれはトップの姿勢の表れ・・・

その後の質疑の中で、信太山の浄水場のあり方についても議論がありました。

 

「廃止ありき」で、災害時の危機管理、どう活かすのかという視点はなく、このままの施設で継続使用していくための費用の試算が出されていない、それを示してもらわなければ判断出来ないと・・・

まったくその通りだと思う。

比較検討できる様々なケースを想定しての試算を提案すべき!

 

昨日の朝はとてもいいお天気、通学路の見守りの帰りに通った大津川・・・

冬は、空気が澄んで見晴らしも良く、遠くに和泉葛城山系、手前の丘みたいなのは神於山。きれいに見えると何かうれしいです。

Dsc_6409

 

2020年1月27日 (月)

どうなる?どうする?泉大津市立病院を考える集い!

昨日の午後はこのブログでもお知らせした「市立病院を守る会」の集いに出席させてもらいました。

会場にははじめてお顔を拝見する方もおられて、50名もの方が・・・関心の大きいことが分かりました。

Dsc_6381

この看板は、市立病院の存続が一部議員などからも議会の中で危うくなった2013年に開催された集いのもの・・・

その後、前市長は1万人の市民アンケートなどを行い、48%の市民が「市の責任で運営すべき」という結果から存続してきた。

 

今の市長も市立病院は無くしません。守りますと明言して当選したけど・・・

今出されている計画では、今の病院は22ある診療科のうち周産期や小児医療、産婦人科しか残らず、他は廃止・・・実質的に総合病院ではなくなり。

新設するという急性期部門の新病院は、高度急性期、救急医療を担い、府中病院はリハビリや回復期に特化すると・・・

 

真っ先に参加者から出された意見は、「こういう会が開かれたのは知ることができてありがたいが、本来なら市長が責任をもって説明すべきことではないか?」ということ・・・

 

一部新聞などでも断変的な報道がされて、議会への説明しかまだなく、市民にはまともな説明はされていません。

会として正式に要望書を出して説明会の開催を求めているとの報告もありましたが、まだ市からの連絡もなく・・・

不安に思う市民の方の当然の声ではないでしょうか。

 

もうひとつ成る程と思ったのは、機能分化や効率化は医療にはそぐわないのではないか?という声・・・

その理由は、単に病気といっても原因はひとつではなく、またいくつもの診療科にまたがっている人も・・・

 

総合病院なら同じ病院で診てもらえるが、患者があちこちにある病院をたらいまわしになり渡り歩くことに?

高齢になればなるほど、移動は大変になるにも関わらず・・・

 

新病院や府中病院の診療科がどうなるのか?は、まだ分かりません。

災害時の医療拠点としての役割や地域包括の拠点病院としてのこれまでの役割や位置付けもまだ?

 

私の市民への説明をどうするのかという質問に対して、2月の広報で知らせ、HPなどで資料も明らかにすると答弁はありましたが・・・

他にどういう形で市民への説明を行なうのかは、まだはっきりしません。

 

市民のみなさんへの説明責任を果たすことなく、理解と納得も得ないまま、計画だけどんどん進めることは許されないでしょう。

 

2020年1月24日 (金)

泉大津市立病院のこれからについての集いのご案内

ブログに市立病院に関わってのコメントが寄せられました。

ちょっと紹介すると、「現在の場所にある 現在の市立病院が実質「なくなる」・・・

「市立病院を持たない泉大津市、、、絶句、、(中略)、、、ショックです。  市民にできることはないのでしょうか、、、  ショックです。  

 

市民団体の「市立病院を守る会」が、以下⤵ の集いを行なうことに・・・

できることはないのか?ご一緒に考えませんか?

20200126

2020年1月13日 (月)

泉大津市の成人式へ・・・2020年

朝から少し寒いけど気持ちの良いお天気に・・・☀

今日は全国の多くのところで成人式が行なわれており、泉大津市の成人式に今年も来賓として出席させてもらいました。

Dsc_6324

泉大津市では953人の方が新成人として今日の日を迎えたと聞きました。

新成人のみなさんおめでとうございます。

 

あいさつでは「夢」や「志」、「挑戦」という言葉、そして「感謝」・・・20歳という節目の年ですからよく言われますが・・・

それだけでなく、大人としての「覚悟」をもてとか「自己責任」とかまで・・・

 

私はちょっと違和感をもって聞いていました。

一直線に目標に向かっていける人ばかりではありません。

 

迷い、悩み、不安に襲われる時、何か不幸な出来事が襲うかもしれません。

そんな時に、「助けて」と言える、そして「支え合える」社会でなければならないと・・・

 

式の前に、成人のみなさんに平和の大切さをより知ってもらおうと「泉大九条の会」のみなさんと憲法九条の条文を載せたメッセージ入りのティッシュを今年も配布しました。

 

それとは別に成人のみなさんの関心や問題意識を聞こうと、シール投票やアンケートにも取り組みました。

Dsc_6321

田立議員と日本共産党大阪18区国政対策委員長で予定候補のもちづき亮祐さんも来て直接対話・・・

別の組はシール投票をたくさんしてもらっていました。

Dsc_6323

ブラックな働き方が前に比べると減ったかもですが、将来や就職への不安が大きいし、人間関係や恋愛など20歳という年齢はまだまだ悩み多き世代・・・

高い学費や奨学金の返済への不安も、両項目合わせるとそれなりにあり、非常に現実的な直面する悩み・・・

 

自己責任などとその人だけの責任ではなく、こうした不安がなく学べたり働ける社会にしていくのが、私たち先に社会に出ている者の役割で・・・

すでに選挙権は18歳からになっているので、あらためて成人になったみなさんと一緒により良い社会にしていくために、私も頑張っていきたい。

 

2020年1月12日 (日)

2020年泉大津市消防出初式へ

お正月明けのこの連休は毎年恒例の消防出初式に、明日は成人式・・・

 

昨日は、前職で働いていたいずみ野福祉会の新年互例会、あの前川喜平さんが来られるということでご案内頂き。出席させてもらいました。

「個人の尊厳と国民主権」というテーマで、憲法に照らしてどうなのかという詳しすぎる話を聞き・・・

 

今の国政、安倍自公政権下で起きている様々な問題に加えて、午後は市の図書館フーラム、夜は市立病院を守る会の会合へも行き、国や市政のあり様についてとても考えさせられた1日でした。

 

今朝からは消防出初式へ❗ はじめて市役所隣の東雲公園で・・・

寒い中でしたがお天気もなんとかもって・・・😃

昨年は、火災が17件(車両や軽微のものも入れて・・・)

救急は4401件で、毎年増えているとのことでした。それにしてもすごい数・・・

 

式のメイン、日頃の訓練を披露する はしご演技、チームワークも大切・・・

Dsc_6295

見ている方もちょっとはらはらしますが、大勢集まった市民のみなさんからも歓声と拍手・・・

スパイダーマンという技!両手から糸?が飛び出てきて・・・

Dsc_6301

最後は一斉放水💦

公園のひときわ高い木を目標に・・・

Dsc_6304

ホースも水の勢いではじかれそうになるのをしっかりコントロール・・・

 

今年は大きな災害や火災などがないことを願いつつ・・・

市民のみなさんの安心、安全、命と暮らし、財産を守るためによろしくお願いします。

より以前の記事一覧

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ