カテゴリー「教育・学校」の102件の記事

2021年8月28日 (土)

暑い・・・まだまだ夏!学校再開も心配なことばかり、子どもにも頻回に検査を!

今週の木曜日から泉大津の小中学校の2学期がはじまって、毎朝の通学路の見守り活動も再開・・・

お盆前後はさんでずっと天気が悪かったけど、すっかり回復して朝からとにかく暑い!

Dsc_3032_20210828130901

夏といえばひまわり、すっかりしおれてきたのも増えてきたけど・・・一番きれいに撮れた写真

 

教室のエアコンの設置が出来ても、行き帰りやなどこの暑さで大丈夫かと心配に・・・

しかし、今年はそれ以上に新型コロナ感染、それもデルタ株による子どもへの感染も急拡大!

 

本当に心配、子どもからの家庭内感染については、ほぼ全員がかかってしまうという報告も相次いでいる。

オンラインで再開という地域もあるようだけど、やはりいろいろと難しい。

 

学びの保障とコロナ感染予防・・・

日本共産党は「デルタ株による事態急変 学校の夏休み明けにあたっての緊急提案」を発表!

 

もし感染者が出たら、クラスター、感染を広げないために・・・

こういう時にこそ自治体の主体性、柔軟性が問われます。

 

広範な子どもや教職員に抗原検査などを行い、安心して授業を受けれるようにすることも必要です。

ドイツでは週2回、オーストラリアでは週3回の検査を行って、子どもやその周りの人たちを守る努力をしています。

 

まともな検査体制をつくろうとしない政府や大阪、泉大津も・・・

だから感染も収まらないし、このままではいつまでも繰り返される。

 

何で分からないのだろうか?それが不思議!

 

2021年7月27日 (火)

環境すごろく!・・・自然エネルギー市民の会の環境教室に参加

連日の猛暑!

本当に暑い、地球温暖化がいっそう進んでいると実感します。

 

泉大津市の全小学校のなかよし学級(放課後学童)で、自然エネルギー市民の会「環境教室」の取り組みがあり、今年も参加させてもらっています。

Img_20210727_173413

まずはガラスの地球を救え!を視聴

手塚プロも関わるアニメ、高校生たちが地球環境の課題研究を通じて、将来の地球を救うために進む・・・

 

河川の決壊の映像に、こどもたちから思わず「よく見るやつ」と声が出ます。

毎年どこかで起こっているから・・・

 

「環境すごろく」は楽しみながら、みんなで家や自分が出来ることを学びながら・・・

「電気付けっぱなしで2つ戻る」に止まった子は、「おれはちゃんと消してるのに」と悔しそう・・・

 

「テレビ付けっぱなし」には、「親が寝落ちしてやってる」とリアルな感想に、我が家でもよくあるので思わず「疲れてたいへんなんや、消してあげて」とつぶやいてしまいました。

 

今回の環境教室の特徴は、各校でもう一回あり、すごろくで学んだことを、1週間「こども省エネチャレンジ」と家でもいくつかやってもらおうと・・・

そして次回、取り組んだ感想も含めて持ち寄ってもらおうと・・・

 

みんながどんなチャレンジに取り組んで、どうだったのか?どんな感想を持ってきてくれるのか楽しみです。

今日は浜小学校へ、明日は楠小学校へおじゃまします。

 

2021年7月 2日 (金)

通学路の安全対策の再考を!

先月、千葉県で起こった通学路にトラックが突っ込み、児童5人が死傷した交通事故・・・

私も毎朝通学路の見守り活動に取り組んでいるので、本当に痛ましく胸がつまる思い・・・

 

またしても繰り返された通学路での事故、しかも飲酒運転ということで、この運転手が一番悪いのはもちろんだが、防ぐことは出来なかったのか?

 

事故現場は見通しのよい直線、しかし道幅が狭く歩道もガードレールもない。

同じような場所は全国にいっぱいあり、京都府では一斉に通学路の安全の再点検をするという報道も・・・

 

あらためて自分が朝立っている交差点から続く通学路を見てみるが・・・

今朝も大型トレイラーが来て、本当にひやひやした。

Dsc_2989

黄色のポールから先が狭くなっていて、議員になったばかりの10年前に通学路の安全対策を求め、その後、緑色の通学路を示す通行帯のラインが引かれたけど・・・

 

子どもたちはちゃんとそこを歩いていたけど、トレーラーが来たため対向車は大きくラインをはみ出して通行・・・

自転車の人もあわてて横に出てきたよう・・・

 

特に朝は双方の交通量が増え、大きめの車が来れば同じような状況が度々あります。

雨は止んでいたけど、傘をさしているとさらに広がって歩くことになり、ひっかけられないかという心配も・・・

 

物理的な歩道やガードレールの設置が困難であっても・・・

 

この区間だけでも大型車を通行禁止にする。

あるいは朝の通学時間の7時30分から8時30分だけでも大型車の通行を制限するなど、市や大阪府に提案しています。

 

何かしら出来ること、危険性のリスクをどうやって下げて対策をとれるのか?

ここは仕方ないと危険なままにされている箇所がたくさんあります。

 

もう1カ所の見守りの立ち番をしている所は、信号も横断歩道もない交差点。

ここはスピード出し過ぎの車が多く、時には何台も連なってくるので、なかなか渡れないことも・・・

 

実際に一般の交通事故も多いところ。

規制に関わっては大阪府警になり、大阪府への要望の時にまた状況を伝えて、対策を求めなければ・・・

 

すぐに実現にならなくても、危険な状況が変わっていないのだから、言い続けます。

 

 

 

 

 

2021年5月 5日 (水)

#子どもたちに少人数学級をプレゼントしよう

今日は「こどもの日」

「子どもたちに少人数学級をプレゼントしよう」は、昨年の6月10日の日本共産党・志位和夫委員長が衆議院の予算委員会で、こどもの学びの保障と教員増を求めた時の発言です。

 

その後、この言葉にハッシュタグを付けた #子どもたちに少人数学級をプレゼントしよう が、SNSでも大きく広がり・・・

SNSだけでなく全国的な運動の広がり、国や地方議会でも取り上げられ・・・

 

泉大津でも、もちろん日本共産党議員団でも、私も取り上げてきました。

昨年の11月の議会では、私の質問に対してはじめて教育長が「実施に向けて検討」と答弁があり・・・

 

12月の市長選挙では「市独自の少人数学級の実施」を現市長も公約。

国もようやく実施を決めたけど、5年間かけてまず2年生から3年生に順番に・・・

 

そうなるとすでに2年生までは35人の少人数学級になっているので、今年は何も変わらない・・・

市独自というなら今こそ、3年生を35人以下の少人数学級にする必要があります。

この学年の子どもは1年ずつ制度が進んでも該当することがないままです。

 

私の質問で、楠小と条東小は2年生が26人だったのが、3年生になると38人から40人と急増すると分かりました。

市は、支援学級の子どもも入れて定数を超える場合には、あらたに講師を入れて対応するとしましたが・・・

 

こうした状況なのに、独自に上乗せして実施する気がない残念な大阪府や泉大津市です。

3月の私の一般質問で取り上げた少人数学級の実施にむけての内容、録画放送←ココからご覧になれます。

Dsc_2555

ニュースなどでもあまり報告が出来ていないのでぜひご覧ください。前半部分です。

後半は市民会館跡地活用の公園の問題です。

 

市議会では大阪府に対して少人数学級拡充を求める意見書←ココから文章見れます。

この案文を私が作成し、日本共産党市議団で提案し、全会一致で採択。

 

コロナ禍の中で、1年づつと悠長なこと言わず、子どもたちのために本気で少人数学級を一気に進めたいし・・・

中学校にも導入をすることを求めていきたい。

 

 

2021年3月17日 (水)

少人数学級実施に向けてと市民会館跡地活用についての一般質問の動画!

昨日で予算審査の委員会が終了!

田立議員が討論で市政運営の大きな問題点など指摘をし、一般会計には反対しました。←田立議員ブログから内容確認出来ます。

 

予算委員会に先立つ先週の一般質問で私が取り上げた2つのテーマ

「少人数学級の実施」について

「市民会館跡地活用(仮称)小松公園整備」について

 

市議会ホームページでこの動画が見れるようになりました。(1年間)

リンク貼っておきます。⤵

森下いわお・一般質問・令和3年第1回定例会

ぜひご覧ください。

 

市独自少人数学級の実施はなく、3年生4年生で「40人を超えての授業になるクラス」のある学年への講師配置をするものの・・・

しかし、条東小と楠小では、3年生でクラス数が減り、ひとクラス児童数が2年生の26名から3年生になると38~40人に激増・・・

 

3年生の35人学級を市独自で継続すれば、こういう事態にはなりませんでした。

来年からで仕方ないという姿勢が非常に残念!

 

市民会館跡地の公園整備←(公園整備とパークゴルフについての以前の私のブログ)

47%も占める民間活用地の問題を指摘・・・

明確な活用の見通しもあてもないのに、この整備だけでも3億3千万円・・・

 

その一方で、健康のため多くの活用があるこの場所のパークゴルフ場は張り紙1枚で廃止すると・・・

イメージ図ですが、ここに再掲載しておきます。

1_20210317163501

奥の遠くが公園で手前に広がる芝生と通路だけの広大なエリア、出来たらどんな感じになるのか?

何よりも奥にあるパークゴルフ場を活かして、入れ込めばその撤去や整備はかからないわけで・・・

 

市民の多額な税金をつぎ込んで、大切なものをなくし、何年先にどんな活用ができるのかのあてもないものを整備する。

これほどのムダ使いはないと思いませんか!

2021年3月 1日 (月)

少人数学級、独自に拡充が全国で広がっています!

もう3日後に迫ってきた一般質問・・・取り上げるテーマのひとつが「少人数学級」

昨日のしんぶん赤旗で、全国で拡充が広がっているとの報道!

Dsc_1959

政府の5年間かけてということでは、この4月からはまず2年生ということなので・・・

全国どこも2年生まではもうすでにそうなっているので、何も変わらない!

 

それならばということでしょうか!?

一覧表では15道県、ほとんどの所がさらなる拡充・・・群馬県は小中全学年で少人数学級に!

 

大阪はまさにとり残され、遅れたまま!

熊本など大阪同様だと思っていた県も拡充に・・・一覧表にはない県も、ほぼどの県でも独自に実施しているのに!

 

府独自のチャレンジテストとかで、子どもをテストテストでランク付けて競争をあおるばかり・・・

 

少人数の学級でひとりひとりへの丁寧な対応でこそ、学力だけでなくコロナやいろいろと不安を抱える子どもたちへの対応がよりできるようになる・・・

中学校への対応もすでに多くの県が実施していることもあらためて確認できました。

 

本気で学校でのコロナ感染拡大を防ぎ、新しい生活様式を学校でも・・・

少人数学級は私たちが長年求めてきたことで、大阪府もその気がぜんぜんないようなので、泉大津市としての対応をしっかり求めていきたい。

Dsc_1958

2021年1月16日 (土)

議会報告の議員団ニュース・コロナ感染防止と暮らし応援に市の独自施策を!

例年、年始から配れるようにしてきた第4回定例会の議会報告のニュースがようやく出来ました。

これからの1年、まだまだコロナ感染防止と、市民の暮らしを守ることが最優先・・・

 

そういう思いで、これから各地域のみなさんの協力ももらいながら手分けして、市内ほぼ全戸に3万枚を配布します。

 

1面はコロナ感染防止と暮らし応援の市の独自施策を求めた内容に・・・

そして、新病院建設のために新た10億もの繰り入れをする議案について反対した内容。

20211102

2面は、私の一般質問は、少人数学級についてで、実施に向けて検討していると教育長からの前向きな答弁!

コロナ対策でも、一人1台のタブレット配布などの活用でも、少人数学級で児童生徒、先生も支援がしやすく、活動しやすい学級にと強く求めました。

 

また、タブレットなどの電磁波の健康被害、影響はほとんど考慮されていないのは問題だと提起し、調査研究を求めました。

田立議員は、学校給食の課題、問題点を明らかにして・・・

 

美味しく豊かな給食にするために、食材費は保護者の負担というシステム、その考えを改めてと・・・

全国の自治体で広がっている給食費無償化をみれば、負担を増やすことなくむしろ軽減して出来るということです。

20211102_20210116140601

ご一読頂ければ幸いです。

実際に印刷して配布するのは青色ですが、元原稿データでアップしています。

 

 

2021年1月11日 (月)

コロナ禍での成人式に・・・

今年の成人式がどうなるのか?

コロナ感染拡大の中で心配されましたが、泉大津市では2部制にしての開催に・・・

 

なんせ我が家の下の娘も20歳になり、一番本人が気をもんでいましたが・・・

久しぶりに会う友人たちとの楽しいひとときを過ごせたようです。

 

私は例年通り、泉大津九条の会の「憲法九条を守ろう」のチラシを入れたティッシュの配布活動に会のみなさんと参加・・・

Dsc_1675

「成人おめでとう」と大きな声にならないよう声をかけながら・・・

手袋をして、気にしながら渡しましたが、「ありがとう」と素直に返事をしてくれる子も多く、うれしくなったり・・・

娘も通り、久しぶりにお会いしたすっかり大人になった友人にも会えて渡せてよかったです。

 

少しでもチラシを読んで九条のことや平和を考えてくれたらと思います。

 

市のホームページでは、新成人の皆様へ(小中学校長からのメッセージ)が載っています。

泉大津市ホームページ ←←← ココから見れます。

 

学校長からとなっていますが、見たら卒業当事の担任さんたちや卒業メンバーでの集合写真など、各学校で違いますが職員一堂からとなっていましたが・・・

堅苦しく思わず、出身校の所をぜひ見てほしいですね!

 

 

2020年12月24日 (木)

総合教育会議を傍聴・・・GIGAスクール構想と学校給食について!

「明日から冬休み」・・・今朝の通学路の見守りでうれしそうに子どもが言ってました。

毎朝、通学路に立つ私も子どもと同じで、ちょっとうれしい・・・

 

コロナ禍の中で今年もあとわずか・・・夏休みは短縮になったけど、冬休みは例年同様になりました。

学校・教育に関わって、昨日、総合教育会議という市長が座長で、教育長、教育委員、教育委員会の主な職員が集まっての会議があり、傍聴しました。

 

テーマは「GIGAスクール構想」と「学校給食について」

Dsc_1453

GIGAスクール構想は国が推進するICT教育で、一人1台タブレット配って・・・

あたらしい学び、学び方改革というもの・・・

 

アプリを活用して個別最適化された学び、家庭学習も個々に応じてと、説明は良いことばかり・・・

「良いのは分かるが・・・」と委員から意見が集中したのは、現場の教員の不安に対してや支援が出来るのかということ!

 

このテーマでは、ちょうど先の議会の一般質問で私も取り組みました。←←←ココから見れます。

あくまで活用する手段であり、教師だけでなく、児童生徒が個々に主体的にどう取り組めて、家庭での取り組みに対してもちゃんとサポートが出来るのか?という所が重要。

 

意見にあった発達障害や不登校の子どもたちにとっても、これまでにない活用の可能性があることは私も質問し意見しましたが・・・

充分な活用ができるようにするためにも、ゆとりのある学校環境、個々の児童生徒との関わりがもっともてるようにする少人数学級のことなどにはまったく話がいかなかったことは残念でした。

 

 

学校給食については、小学校で課題となっている給食費の徴収は、再来年度(2022年)から学校でなく市が行なう方向性が示され、教職員の業務軽減となりそうです。

だいぶ前から問題になっていたのに、来年ではなく、再来年というのはちょっとがっかり・・・

 

食材費の高騰で、保護者負担増を検討する必要があるとしながら・・・

市長が公約していたからでしょうが、オーガニック食品の導入については推進を目指すと・・・

 

食の安心、安全、健康な体づくりからも誰も悪いとは言わないし、その素晴らしさ必要性を市長も力説!

市長選挙で保護者負担を増やすことなくと言われていたので、負担増なしでやってもらいましょう。

 

これまで近隣も含めた地元のお米や野菜の活用などもなかったのに、完全オーガニックではなくても、そういう視点からまずしていく方がよいのではないか・・・

学校給食でいのちや健康を保つ子どもがいることも現実問題としてあり、給食費の無償化ということも視野に入れるべき・・・

 

実際に全国の自治体では無償化するところが増えていて、子どもの食を支えるだけでなく、徴収業務そのものがなくなることでの人件費も含めた負担減もかなりあり、こども・保護者・教職員、三方良しだから・・・

食材費は保護者負担という考えをなくせばよいだけで、自治体によって大きな差が出てきている問題・・・

 

本市のオーガニック食品推進は、どこからどう進めるのか? まだちょっと違和感があるし、いきなりなやり方・・・

それだけでは、子どもたちを取り巻くの食や学校給食の課題、問題解決にはならないです。

 

2020年12月17日 (木)

少人数学級は実施に向けて検討・・・教育長答弁!

市長選挙があり、第4回定例会の議会報告が遅くなりました。

私は一般質問で「コロナ禍におけるICT・オンライン教育の現状と課題、健康被害について」を取り組みました。

 

児童生徒ひとり1台のタブレットが配られ、ICT教育が進められます。

今後のコロナ休校などでのオンラインなどの活用で期待されていますが・・・

 

しかし、それがどう活用できて、活かされるのか?

いっそうの教育格差となるのではないか?

おまけに日本の電磁波などの規制値は30年前と変わらず、健康被害の問題というのはほとんど考えられていない。

 

これらの問題意識で取り組み・・・

タブレット活用するにあたっても、教師が支援しやすい少人数学級、個々の状況に応じた対応こそ求められることを明らかにし・・・

コロナ感染対策としてもクラス人数を減らすことが重要と少人数学級の早期実現を求めました。

 

教育長の答弁では「少人数学級の教育的効果について述べたうえで、実施に向けて検討していく・・・」ととても前向きな答弁がありました。

長年、要望を続けてきた中ではじめてのこと・・・

 

また、家庭へタブレットを持ち帰り、自学自習のために活用するにあたり・・・

ネット環境のない家庭には低額のルーターの貸し出しとその費用は就学援助の対象にするという答弁もありました。

 

森下いわお第4回定例会一般質問の録画中継 ←←← ココから1年間見ることが出来ます。

Dsc_1384

今日の朝刊にも来年度から「小学校は35人学級」にと方針が固まったと報道が・・・

すべての小中学校で30人以下学級にということが、コロナ対策としても求められているけど、1歩前進、でも大きな前進・・・

 

長年の私たちの要望が実りました。

引き続き、30人以下学級に、中学校にも広げていくためにがんばらねば・・・

 

健康被害の問題はさらに調査研究もして深めていきたい!

 

より以前の記事一覧

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ