カテゴリー「平和・憲法・環境・原発」の169件の記事

2019年8月27日 (火)

大津川上流の槙尾川河川敷・堤防敷の除草作業がされました!

昨日はお昼前に大阪に戻り、すぐにうれしいことが・・・

自宅近くの大津川のすぐ上流になる槙尾川の河川敷と堤防敷の除草作業が行われていました。✨

Dsc_5276

板原橋の上から公園墓地横の橋の方角・・・

以前はここに立ち木が生い茂り、そこに増水した時に上流から流れてくるゴミや木切れなどが大量にひっかかり残されていました。😞

Dsc_5275

これは板原橋の下、ここにも以前は山のようになったゴミが長く放置されていました。

毎年の大阪府と日本共産党阪南地区委員会の高石以南の議員団との交渉や管理する鳳土木事務所へも行き話し合い・・・

大雨の時に増水した川にゴミが溜まっていく様子の撮影をして、その様子を動画を見てもらったことも・・・

 

これで多少の増水でも川の水はその時よりはスムーズに流れて行くでしょう。

 

昨年はこの写真を撮っている立っている所は、背丈以上の草が生い茂り、見通しも悪く、ちょうどのこの道沿いには住宅もあり、不審者が子どもにいたずらをという話も聞き・・・

堤防敷についても除草をしっかりするように要望❗

今回はしっかり除草がされ、見通しもよくなり気持ちよい景観になりました。

今日はだいぶましですが、たいへんな暑さの中で作業をされた方たちには感謝、感謝です。

 

1年に何回もするという事にはなっていないので、また生えてきますが、ちゃんと毎年してくれるというのが分かっていれば、安心ではないかと思います。

 

大規模開発などと比べれば大きな予算がかかるわけではありません。

IRやカジノで、巨額の税金が使われるより・・・

きれいで安心できる住環境を整える仕事を、もっとお願いしたいものです。

 

大津川の河川の中に溜まった土砂を3年がかりで撤去できましたが、まただんだんと目に見えて溜まっているのも分かります。

槙尾川の方の土砂も溜まっているという意見もお聞きしたので、それはまたよく調査をしていきたいと思います。

 

2019年8月19日 (月)

原子力災害について、さよなら原発の会の講演会に参加!

昨日の午後は、さよなら原発・岸和田の会の6周年記念講演会へ、浪切ホールへ出かけました。

目的は松本市長医師菅谷(すげのや)昭氏の話を聞きたくて・・・

 

テーマは「原子力災害による子どもの健康と人権への影響」~チェルノブイリ原発事故医療支援の経験を通して~

Dsc_5220

医師として、甲状腺疾患の基礎研究をされていて、チェルノブイリ原発事故後に直接ベラルーシに入り、現地の子ども達への診断、手術などをされたりあるな経験をお聞きしました。

 

ベラルーシでは事故後4年後から小児甲状腺患者が急増・・・

一方福島では、直後から患者が多くいることから、原発事故とは無関係という論調もあることに対して・・・

ベラルーシでは超音波の検査体制が整ったのが5年後頃で、早くから整えられていたらもっと見つかったというのが、現地の医師や関係者の話で・・・

個人差はあるが潜伏期間と言われた当初の少ない状況は違っていただろうと・・・だとすれば無関係などと言う論はありえない。

 

事故後33年経過しても、ベラルーシは国として子ども達への定期健診を行い、一定期間被災地域以外の地域へ子ども達を行かせる「子ども保養事業」などを行なっているのに対して、日本では国家が責任をもってやらないという無責任ぶりに対して、ベラルーシの人から「なぜなのか?」という疑問が投げかけられたそうです。

 

当時、出会った子ども達が大人になり、非常に苦労しながらも医療関係の仕事に就き、親になってなど、希望や幸せを求めて成長した姿にも再会している事を紹介し・・・

福島の子ども達にこそ、この事を「これから伝えて行きたい」と言われた話には、思わず目頭が熱くなりました。✨

 

以前、松本に視察に行った時は市長のことは恥ずかしながらよく分かっていませんでしたが、病児保育や病後児保育などの子育て支援が地域ごとにしっかり行なわれており・・・

子どもにやさしい、子育てしやすい環境整備をしっかり行なっていることに感銘を受けました。

 

子ども達を大切にする土台があり、福島の子ども達を招いて「信州まつもと子どもキャンプ」や「松本子ども留学」などの事業も展開・・・

本来なら国の事業でするべきことだが、政府が無関心、全く動こうとしないなら、誰かがやらなければならないという信念からでした。

 

チェルノブイリの子ども達の苦悩、苦痛は、まさに原子力災害によって起こされたもの「子どもの生きる権利(生存権)」への侵害、人権問題であり「子どもへの虐待」に通じると・・・

福島の子どももまさにこの渦中にまだいるわけで・・・

 

子ども達の未来を守るために、これこそが「国難」で国民一人一人が放射能災害に関心を強めて、立ち向かって行かなければならないという言葉をしっかり私も受け止めていきたい。

2019年8月 9日 (金)

夏休み親子環境「エコハウス」工作教室へ!

今日は泉大津市と自然エネルギー市民の会の共催企画、夏休み親子環境「エコハウス」工作教室のお手伝いに!

 

3年続いたエコソーラーカーから今年は「エコハウス」☀

福祉センターの3階には、市内の3年生以上の親子40組が集合・・・

Dsc_5127

始まる前に参加者にちゃんと教えれるよう、こうやって作るんだと事前レクチャーを受けて、私は真ん中の白いお家を製作・・・

牛乳パックを使ったお家にソーラーパネルをのせ、充電式の電池を中に仕込んでいます。

 

最初に地球温暖化や自然エネルギーについて、親子でパワポで勉強し、製作に・・・

泉大津の街を再現して、出来上がったお家を並べて・・・

汐見市民共同太陽光発電所所や、まだ無いけど風力発電も・・・南海電車も走っていました❗

Dsc_5134

LEDの電気が着くお家や街灯も光っていました。

 

みんなはこのお家を製作してもらいましたが・・・

中にはさすが泉州っ子・・・だんじり小屋を作るんだと、我が町のシールまで持参✨

Dsc_5129

これを製作したのは私が担当したテーブルの親子で、ドアや屋根にも持参した銀色のシールを貼って、中々の出来栄えでした❗

 

家に色をぬって思いも思いのお家になったんですが、色付けに時間がかかり最後バタバタしてしまったので大変でしたが・・・

子ども達には夏休みの自由研究になると、毎年大好評。

勉強にもなって、工作の宿題にもなっているようで、なかなか楽しめた一日になったのではないでしょうか。😃

 

私は当日だけのお手伝いでしたが、スタッフのみなさんが事前準備の工作キットや、イメージできるよう街並みなどの工夫など・・・

いつも感心しきりです。ありがとうございました。

 

 

2019年8月 6日 (火)

原爆被災から74年、核兵器のない世界へ

今日8月6日は、言わずと知れた広島に原子爆弾の投下された日で、あの惨禍から74年・・・

広島では投下時間の8時15分に追悼の黙祷が行なわれ、続く平和式典をテレビで視聴📺

Dsc_5084

(写真はお昼のテレビ朝日ワイドスクランブルより)

戦争を知る世代が1割未満となる中で、戦争を知らない世代の政治家が軍備強化と戦争につながる動きを強める状況・・・

Dsc_5085

安倍首相は「核兵器のない世界に・・・」と毎年言います❗

しかし、それは本気なんでしょうか⁉

 

本気で核兵器をなくすと言うなら、日本政府が真っ先に核兵器禁止条約に署名をして、批准すべきです。

「核兵器のない世界に」という流れは、国際政治の中でも市民の中でも圧倒的多数・・・

唯一の被爆国である日本がなぜ参加しないのか⁉ 世界の不思議ではないか⁉

Dsc_5088

上記記事(本日のしんぶん赤旗)では、この1年で広島で被爆し死亡が確認された原爆死没者は5068人・・・合わせて31万9186人

広島・長崎で被爆し、被爆者健康手帳を持つ人は、全国に14万5844人(3月末)で、この1年で9015人減ったそうです。

 

残された時間は多くありません。

それまでに核のない世界、もちろん兵器だけでなく原発もない・・・

1日も早く廃絶に向けた世界の動きが大きく進む日を願い、地域で出来る事をしていきたい。

 

 

2019年8月 3日 (土)

楠小学校、なかよし学級での「自然エネルギー体験教室」へ!

今週は暑さもたいへんでしたが、なかなかハードな予定で・・・

水曜の夕方から愛知の実家行き、早朝から長野県上田市の浄水場を視察、夜の講演会を終えて、その日の晩遅くに愛知に戻り・・・

昨日の朝から大阪に戻って来ました❗

午後からの楠小学校なかよし学級での「自然エネルギー体験教室」のお手伝いに・・・

泉大津市内の全8校で順に行なわれていましたが、参加できる日程がこの日しかなく、何とか間に合った~💦

 

市民が主体にして太陽光発電事業に取り組みながら、自然エネルギーについての環境学習などを行なっている「自然エネルギー市民の会」の主催・・

会は、泉大津市汐見での市民共同太陽光発電所(←ココから私のブログの点灯式・汐見発電所の様子が見れます)もしています。

 

夏休み中のなかよし学級に来ている子ども達への取り組みで、今回は30人の子ども達と楽しく学びながら、体験・・・

まずは地球温暖化の問題や自然エネルギーの大切さを学びます。

Dsc_5056

ちょっと低学年の子には難しかったかも、でもしっかりと質問に答える子どもも・・・

そして電気がどうやって作られるのか、自分たちでも電気を作ってみようと・・・

Dsc_5058

手回し発電機で電球を光らせようと・・・みんなで一斉に回します。

他のコーナーでは、ちょっとだけ回せば電気がつく豆球もありましたが、これはかなり必死でみんなで力を合わせて・・・

パッと一瞬光るとうれしくなります。✨

 

これは自転車をこいで扇風機を回します。

Dsc_5060

暑かったけど、涼しい風を作るにもエネルギーが必要・・・

それもけっこう意地になってこいでしまうので、暑さ倍増でしたが、みんな楽しそう。

 

一番の人気は手回し発電機で「電車を走らせよう」

Dsc_5067

前進だけでなく、逆に回すとバックもするし、早く回すほどスピードが出るのが楽しい~

 

子ども達にとっては、いつもののなかよし学級とは違う、ちょっと学びながら楽しい経験になったのでは・・・

こんな経験を通して、環境や自然エネルギーについて考えたり、また何かのときに思い出してくれればと良いなぁ思い、お手伝いしながら楽しいひとときでした❗

 

2019年7月 3日 (水)

2019国民平和大行進に今年も参加!

九州南部ではかなりの大雨で危険な状況・・・

最大限の警戒が呼びかけられていてまだまだ心配です。

 

大阪もこれから心配・・・近畿地方でも警戒が必要なようです。

ただ、今日は朝からお昼過ぎまでは雨もなく、広島に向けて東京からつながれている平和のバトン✨をつなぐ、国民平和大行進が今年も泉大津にやってきました。

 

和泉市役所を出発し、10時過ぎに泉大津市役所へ・・・市長は代理メッセージでしたが、池辺議長からはご本人からしっかり平和のメッセージを頂けました。

Dsc_4858

そこから高石市役所に向けて、「核兵器の廃絶」「憲法9条を守ろう」と訴えながら・・・

先頭の真ん中を歩くオレンジのシャツの方は、7回目の通し行進に参加、なんと87歳だそうです。

本当にお元気で、私もそのくらいいつまでも元気に歩きたいもの・・・

高石市役所では、旧職だった高石障害者作業所のメンバーと再会✨ それも楽しみなひとつです。

Dsc_4864

長谷川義史さんの「へいわってすてきだな」を、みんなで読んで話し合って参加したんだと・・・

それはとても素敵な取り組み✨

とにかく今日あるからと参加した自分とはえらい違いとちょっと反省・・・

 

 今日の毎日新聞の夕刊で、米国の核実験で被災した「第5福竜丸」のアニメを米国の大学で教材として使われるという記事が・・・

Dsc_4867_20190703172401

「ほとんど米国では知られていないという戦後の核実験の被害を若い世代が知るきっかけにしたい」と、製作した監督・・・

広島、長崎だけでない核兵器の被害、日本でも薄れてきているように思う・・・

 

第五福竜丸展示館では1回1万円(100人以上の会場での上映なら2万円)で貸し出しているそうです。

問い合わせは同館へ。℡:03-3521-8494

2019年6月24日 (月)

泉州市民連合の泉大津駅宣伝で訴え、泉州若者憲法集会に参加!

この週末の土日は、いくつかのイベントがあり「にんじんサロンまつり」は顔だけしか出せなくて残念でした。

 

土曜日は、泉州市民連合市民共同宣伝泉大津駅であり・・・

泉州地域は広いので、順番に各市の駅をまわっています❗

全国の32ある1人区では、野党統一候補の擁立になりそうですが、それぞれの地域の市民連合が尽力し・・・

泉州市民連合は大阪18区、19区での市民と野党の共闘を目指して活動中・・・

Dsc_4789

写真の宣伝の訴えのトップは、絵手紙の会などで活動されている女性で、平和を願い市民活動、サークル活動を行なっていることなど・・・

立憲民主党や社民党、緑の党からもあいさつがあり・・・

大阪18区の日本共産党の国政対策委員長、27歳の望月りょうすけさんは若者の働く実態、高すぎる学費の問題などを・・・

 

も登壇させてもらいました。久しぶりの高いところからの訴えにちょっと緊張しましたが・・・💦

党の参議院選挙公約や年金問題、うそとごまかし、都合のよいデータの改ざん、都合が悪いと受け取らないというご都合主義の政治を変えよう、泉大津駅前ビルの4階に造ろうとしている新図書館も、市民の声や疑問に応えない税金の無駄遣い、国政も市政もこんな政治から市民の声や願いが届く、暮しや実態に根ざした政治に・・・

「アベ政治を終わらせる」ために、選挙へ行って、投票で結果を示そう❗と、訴えました。

 

望月さんとは翌日も一緒で、テクスピアで行なわれた「泉州若者憲法集会」にも参加してきました。

全国若者憲法集会に何年か前に行き触発されて、今の自分があると前に望月さんから聞きました。

 

全国各地から東京に集まり、それぞれの地域で「憲法を守り」や「政治を変えよう」と行動する青年がこんなにいるんだと・・・

今年は分科会やメイン集会に1200人、その後の原宿周辺のデモには1500人が参加したと・・・報告する↙ 望月りょうすけさん🎤

Dsc_4802

Unite for the Diversity ~連帯しよう 私たちの自由と多様性のために~

泉州若者憲法集会のテーマ、全国、そして泉州の同じ思いの青年たちとでつながろう・・・

自由と多様性を認め合える社会にしたいという想いが伝わってきます‼ 

私もそういう若い思いにふれると50代になってしまっていますが、30代くらいのつもりでいきたいもの・・・

体内年齢は家のタニタの体重計によると「37歳」なので、いけるはずですが・・・⁉

 

 

2019年6月17日 (月)

泉州若者憲法集会が泉大津で行なわれます!

今度の日曜日、6月23日泉大津駅近くのテクスピアおおさかで「泉州若者憲法(わかけん)集会」があります❗

全国のわかけん、6月9日に東京で行なわれ、そこに泉州地域から参加した青年らが企画・・・Img_20190613_074839

昨日の日曜の夕方からその青年たちと一緒に、参加の呼びかけに知り合いの所を訪問・・・

やはり若者はみな何かと忙しく、不在が多かったけど・・・

親御さんから渡してもらったり、それでも直接会えた何人かが、参議院選挙に向けての「若者要求アンケート」に協力してくれました。

 

看護師になって3ヶ月、「配属された病棟ごとに対応が違うのっておかしくない⁉ 」と、疑問持ちつつ言えない雰囲気・・・

別の女性は、以前私も相談を受けたブラック高齢者施設に勤めていた頃を思い出したからか、「書き出したら止まらなくなった~」と・・・

 

政治への願いをびっしりと・・・

これは直接、参議院議員のたつみコータローに届けますと伝えました。

 

会えずにアンケートを預けた青年が、それを持って参加してくれれば1番うれしいなぁと期待をしつつ・・・

終了後は大阪市内に移動しての御堂筋デモも5時からあります。

集会だけでも、デモからでも、どこからでも参加できる企画・・・参加してみませんか。

 

憲法の大切さを学び、政治を正したいというエネルギーにあふれているなぁ・・・

「選挙で暮しや働き方をよくする」ために、その為には「連帯して、自由と多様性のために」、そんな社会にしたいものです。

若者たちのスローガンが素敵です。✨

Img_20190613_074856

 

 

2019年5月29日 (水)

傍若無人な日米外交・・・

米国大統領のトランプさんは何しに来たんでしょうか⁉

特上のおもてなしを受けて、上機嫌でお帰りになりましたが・・・

 

まず驚いたのは、大相撲の千秋楽の見学に取り組みの間に途中入場・・・土俵の周りでひたすら待たされる力士たち😠

天皇さんでも進行の妨げにならないよう、中入りが始まる前や5時前後の休憩時間に入場するなどの配慮をしているという記事を目にしました。

安倍さんはそうした事を知らずにしたんでしょうか⁉ 

力士への配慮も敬意も感じられない、パフォーマンスとしか思えません。

 

昨日は、護衛艦「かが」を視察❗

護衛艦の空母化やF35ステルス戦闘機105機の追加購入を歓迎するとし・・・

艦内では武器取引の様相・・・

Dsc_4628

「離れた地域の紛争にも対応してくれる」とも・・・

「自衛」とは無関係の米国の関与する紛争に自衛隊を参戦させることができるようにする本音も・・・

 

 

この前のしんぶん赤旗日曜版の1面には、F35戦闘機1機116億円・・・

しかもこの戦闘機、今年の4月9日に三沢沖で墜落してます。最新鋭⁉でも落ちます。戦闘機ですから、落とされる場合も・・・

 

これ1機で、保育所「4000人」分特別養護老人ホーム「900人」分学校教室へのエアコン設置「4000教室」分にあたると・・・

Dsc_4627

トランプさん、アメリカ言いなりで、兵器を爆買いする安倍さん、自公政権 ❗

基地の近くの学校は「真夏でもうるさくて窓も開けられない」・・・「税金はアメリカのためではなく、子どもや市民のために使ってほしい」

当然の願いであり、本当におかしなことが平然と行なわれています。

 

日本と米国が大切なパートナというのであれば、軍事同盟ではなく、従属ではない対等な平和条約こそ必要ではないでしょうか‼

2019年5月25日 (土)

第6回のアユとあそぼう大津川にボランティアで参加!

朝はさわやかで、よいお天気☀ で良かったんですが、すぐに夏のような暑さに・・・💦

Dsc_4580

そんな中、 「第6回アユとあそぼう大津川」 が行なわれ、私も朝の準備からボランティアとして参加させてもらいました。

我が家から歩いて3分の大津川河川敷なので毎年楽しみです。

すっかり定着してきたのか⁉ 今年はこれまでで一番多い360人の参加・・・

まずは参加者みんなで川のごみ拾い・・・

Dsc_4585

今年は昨年よりは少なかったように思いますが、砂の中に埋まった大物を小学生の女の子があきらめずに悪戦苦闘しているので、一緒に掘り出して、その子のがんばりに報えました。

そして、今年はアユの魚道を造るためにと、みんなで土のう作り・・・

Dsc_4579

マジックで思い思いに絵を書いて、砂をスコップで入れて・・・並べていくとこんなにカラフルに✨

Dsc_4593

これを午後から、公園橋から少し上流の牛滝川に設置すると聞きました。

3月には槙尾川の方にも魚道の設置をしたとパネルで展示もあり、今後はさらに上流にアユが遡上していってほしいですね~✨

今回捕れたアユ、昨年よりちょっと少なかったですが・・・やっぱりきれいです。10センチくらい❗

Dsc_4610

他にもうなぎやどじょう、チチブ、ギギ、テナガエビにモクズ蟹、子ども達が捕まえると「これは何⁉」と聞きに来て、水槽に・・・

Dsc_4607

全部で34種類、これまでで一番多くの種類が捕れたようで、毎年見つかるブルーギルなどの外来種は1匹だけで、生態系がずいぶん良くなってきていると、解説してくれる専門家の方が説明していました。

こんなに魚などがいるんだと最初の時から驚かされましたが、さらにきれいに豊かな川に戻ってきているんだと、こうしたイベントは実感させてくれます。

Dsc_4606

子ども達の楽しみはやっぱり魚とり、泉大津高校のボランティアのみんなが長い網を徐々にせばめての囲い込み漁・・・

待ち構える子ども達・・・大漁とまではいかなかったようですが、それでも魚を捕まえやすいので、子ども達のワクワク感が伝わってきます❗

こうした生き物や自然環境とのふれあいは、ぜったいに良い思い出、経験となり、大切にしようという気持ちが育つと思います‼

 

より以前の記事一覧

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ