カテゴリー「平和・憲法・環境・原発」の149件の記事

2021年8月16日 (月)

福島DASH村の今!

毎週日曜日、夜7時からの「鉄腕DASH」というテレビ番組を楽しみにしています

アイドルグループのTOKIOが本気の農業や、無人島生活、東京のビルの屋上に生物のオアシスを造ったり、東京湾のお魚調査などなど・・・

Dsc_3009

その中で、福島DASH村での農村体験、お米作りなどが、福島原発事故の影響で出来なくなり・・・

昨日の番組では、別の場所になったけど21回目のお米作りの様子が放送されていました。

 

予告編で今度の24時間テレビで、原発事故から10年経ったDASH村に特別の許可を取り、どうなっているのかを放送すると・・・

 

ちょうど8月号の「女性のひろば」という日本共産党の女性向け月刊誌に、そのDASH村のことが掲載されていたのを思い出し、ここに最初のページだけですが紹介します。

Dash

いまだ帰宅困難地域で、除染もされずいつ帰還できるのかさえ分からない中・・・

三瓶宝次さん(自民党)、馬場績さん(日本共産党)の元町議が共同代表となり、地区住民がまとまって「ふるさとを返せ!津島原発訴訟」を起こしています。

 

事故当時からその後、訴訟の状況など座談会形式で・・・

三瓶さんの親戚が、DASH村で指導をした方でその事も話の中にありました。

 

「うるさいほど報告に来ていた東電は、事故後なんの連絡もない」「いくら口で安全と言おうが、・・・想像を絶することになる」身をもって体験した。という三瓶さんの言葉は重い。

 

事故から10年後のDASH村の様子だけでなく、ふるさとを取り戻そうと国や東電に対して完全賠償を求めるこうした取り組み・・・

何より原発事故による多大な影響をしっかり放送してほしいと思います。

2021年7月27日 (火)

環境すごろく!・・・自然エネルギー市民の会の環境教室に参加

連日の猛暑!

本当に暑い、地球温暖化がいっそう進んでいると実感します。

 

泉大津市の全小学校のなかよし学級(放課後学童)で、自然エネルギー市民の会「環境教室」の取り組みがあり、今年も参加させてもらっています。

Img_20210727_173413

まずはガラスの地球を救え!を視聴

手塚プロも関わるアニメ、高校生たちが地球環境の課題研究を通じて、将来の地球を救うために進む・・・

 

河川の決壊の映像に、こどもたちから思わず「よく見るやつ」と声が出ます。

毎年どこかで起こっているから・・・

 

「環境すごろく」は楽しみながら、みんなで家や自分が出来ることを学びながら・・・

「電気付けっぱなしで2つ戻る」に止まった子は、「おれはちゃんと消してるのに」と悔しそう・・・

 

「テレビ付けっぱなし」には、「親が寝落ちしてやってる」とリアルな感想に、我が家でもよくあるので思わず「疲れてたいへんなんや、消してあげて」とつぶやいてしまいました。

 

今回の環境教室の特徴は、各校でもう一回あり、すごろくで学んだことを、1週間「こども省エネチャレンジ」と家でもいくつかやってもらおうと・・・

そして次回、取り組んだ感想も含めて持ち寄ってもらおうと・・・

 

みんながどんなチャレンジに取り組んで、どうだったのか?どんな感想を持ってきてくれるのか楽しみです。

今日は浜小学校へ、明日は楠小学校へおじゃまします。

 

2021年7月21日 (水)

大津川の堤防上の除草が進みました!

今日から夏休み・・・

ということは、朝の通学路の見守りもお休みで、ちょっと朝もゆっくり!

何か?こどもと同じようにわくわくしてしまう単純な私です。

 

こどもだけでなく、ウォーキングやジョギング、わんちゃんのお散歩など大勢の人でにぎわう我が家のすぐ横の大津川の河川敷。

 

市の管轄の河川敷は定期的に除草がされていますが、大阪府の管轄の堤防上の道路に生い茂る草もすごいことに・・・

人の背丈をも越えて、川が見えない所も・・・↓↓↓ こんな感じでずっと先まで!

Dsc_3048

阪南地域の市町の日本共産党議員で毎年のように行ってきた大阪府との交渉で、私は「特に住宅の近い堤防沿いの除草について」要望を続けてきました。

 

これまで部分的にされたことはあったようだけど、昨年は住宅側の土手も含めて一定区間の除草がされ喜んでいましたが・・・

今年も夏休み前のタイミングでしっかり除草がされました。

Dsc_3049

実はコロナの影響で、昨年の大阪府交渉は行なうことが出来ず心配していましたが・・・

今年もきちんとされて安心しました。

 

これで気持ちよくみなさん歩けます。

また草は生い茂ってくると思うけど、以前のように長くほったらかしではなく、定期的に「管理やっているなぁ」ということが市民の安心にもつながると思います。

 

何よりこの暑い中作業をして頂いたみなさんに感謝です。

 

 

 

 

2021年7月 3日 (土)

今年も核兵器のない世界にと願い歩きました!・・・国民平和大行進(泉大津~高石)

毎年、7月3日は「国民平和大行進」が泉大津にやって来ます。

東京から広島まで平和と核兵器のない世界を訴え、同じ思いのみなさんの心をつなぐ歩き・・・

 

毎年毎年、本当にすごい取り組みだと思います。

今日は和泉市役所を出発して、堺市役所までつなぐ・・・

 

その途中、泉大津市役所から高石市役所まで私も歩きました。

Dsc_2999

市役所横の東雲公園から出発!

コロナの影響で、宣伝カーからのアナウンスでの訴えで、私たちは実は静かに歩く・・・

 

心配された雨に降られることもなく約4キロ、しっかり歩けました。

 

国際的には核兵器禁止条約が発効し、長年の願い、訴えが大きく前進・・・

ただ、唯一の被爆国である日本の政府が条約に署名も参加もしない立場をとっていることが残念ではありますが・・・

 

核兵器廃絶は人類未来のために必ずやらなければならないこと。

まだまだ訴え続けなければ・・・

 

帰宅したらこの間の雨で、静岡県熱海で大規模な土石流が発生し、大きな被害が出ているとのこと。

まだ詳細は分かりませんが心配です。

 

2021年7月 1日 (木)

泉大津汐見市民共同発電所は順調に推移!

今日から7月、昨日からの大雨の月初め。

朝からの午前中の駅での宣伝予定もなくなり、ブログ更新の時間に出来ました。

 

ただ、2021年も早くも半分終わったと思うと、出来ていないことが多く何かあせります。

 

昨日、届いた泉大津汐見共同発電所たより・・・設立時の森下ブログ記事

多くの市民と協力し、私も1口だけ協力し、全部で192口の出資協力と泉大津市との連携で実現したおそらく初の市民共同発電所。

 

この1年間の発電量の推移、予測に対しては、昨年7月の長梅雨の影響で下回った以外はすべて上回った!

Photo_20210701111001

裏面には発電所管理の草引きや、市の学童保育(なかよし学級)での取り組みについての記載。

今年も全小学校で、地球温暖化や自然エネルギーの大切さを楽しく学べる取り組みは実施予定で、私も何日か参加させてもらうので楽しみです。

Photo_20210701111601

 

2021年5月25日 (火)

ソラダス2021・・・大阪府下いっせいNO2測定を泉大津市でも実施!

先週の木曜から金曜にかけて、泉大津市でもソラダス2021に参加し実施しました。

 

ソラダスとは、大気汚染の指標となるNO2(二酸化窒素)の濃度を、住民自らの手で直接測定し身近なところの空気の汚れを調べる運動です。

大阪府下いっせいに4年ごとの実施をしてきましたが、昨年はコロナの影響で中止になりました。

ただ、今年は実施することになり、今回が9回目となりました。

 

夕方の6時から翌日の6時までの間に市内54カ所にカプセルを設置・・・

カプセルに付着したNO2濃度を後日専門家が測定、一定区間ごとのエリアの空気の状態を調べるというものです。

Dsc_2557

泉大津エリア全体の振り分けなどを私が担当したので、区域ごとにカプセルを分けて、カプセルの番号とエリアを分かるように、事前に準備・・・

当日は、地域の人が行きにくい臨海地域を私が回り、市街地はその地域に住んでいるみなさんで手分けして設置してもらいました。

 

ただ残念なことに、設置の時から回収までほぼ雨☔・・・

今回は濃度的にはかなり低いと思います。

 

過去のデータを見てもお天気が悪い日は低い傾向ですが、そういう日も含めてのデータなので・・・

良い天気の日のデータでは、大阪市内ほど良くない傾向ですが、特に大阪南港周辺、それに堺から泉大津にかけても・・・

 

やはりトラックなどが行き交う港周辺は、特にNO2の濃度が高いようです。

今でも光化学スモッグ注意報は出る時もあるので、公害、大気汚染はまだまだ続いている問題だという認識もあらためてもって活動していきたい。

2021年5月24日 (月)

大津川の生き物調査活動に参加!

我が家のすぐ横を流れる大津川

昨日は「大津川生き物ネットワーク」のみなさんと川の生き物調査の活動にご一緒させてもらいました。

 

先週は雨ばかりで心配しましたが、いつもより水量は多めで川幅いっぱいの流れになっていましたが水もきれい・・・

 

昨年はコロナの関係で、毎年行ってきたイベント「アユとあそぼう大津川」(前回の様子はココから見れます)も中止に・・・

今年もイベントは中止ですが、生き物調査はやろうということで、関係者が集まっての取り組みに・・・

 

今年もアユがいました!きれいです。うれしいです。

Dsc_2706

ほぼ1時間半の調査で、こんなにアユの確認が出来ました。

Dsc_2710

魚だけでなく、うなぎやどじょう、手長エビ、モクズガニなどなど・・・ヤゴもいました。

Dsc_2709

これは何?と参加した子どもが聞きにきたり、たまたま散歩していた方が興味をもって話しかけてこられたり・・・

アユをお見せすると驚かれていました。

 

川の先生が採れた生き物を書き出して解説してくれました。

Dsc_2712

最終的には27種類の確認ができ・・・

よく知っている魚からはじめて知るものまでいろいろです。

 

近隣の地域の川よりも多くの生き物が確認出来ていて、大津川がよりきれいになっている証でもあります。

Dsc_2711

みんな夢中で採取しましたが、参加人数が多ければもっと多くの種類が確認できるそうです。

来年こそ「あゆとあそぼう大津川」のイベントが開催できればと願うばかりです。

 

2021年4月23日 (金)

核兵器禁止条約、日本共産党に共感する159通の中学生からの手紙!

今日のしんぶん赤旗の1面の囲み記事にちょっと感動!

ある中学校の生徒たちから、日本共産党に159通もの手紙がよせられたと・・・

Dsc_2295

核兵器禁止条約について各政党に質問を送ったところ、唯一日本共産党からだけ返事があり、その内容に共感し、激励してくれるもの・・・

 

他党は何の対応もしなかったけど、さすが日本共産党、中学生にも丁寧に対応。

 

そして、真の平和を求め行動してきた党だからこそ、堂々と返事ができる。

紙面に紹介されていた中学生たちの感想。↓ 

Dsc_2296

率直な思いがいっぱいあってうれしくなりました。

核兵器のない平和な世界を!

 

若い柔軟なこころ、その期待に応えること、こうした平和の思いをもつみなさんと、私もともに行動していきたい。

 

 

2021年4月14日 (水)

原発事故汚染水の海洋放出決定に抗議します!

政府は昨日、福島第1原発事故で発生する放射能汚染水の海洋放出を決定!

昨日はテレビなどでも大きく報道されていましたが・・・

 

気になったのは、「基準以下に薄めて放出する」・・・だから大丈夫かのような言い方ですが本当に安全なのか?高濃度のトリチウムが薄まるわけではなく、総量は変わらない。

 

「タンクが来年秋にも満杯、避けては通れない、現実的だ」という・・・本当にそれしか方法はないのか?これ以上の増設は無駄だというかのように来年以降の増設計画はないままです。

 

そして一番大きな問題だと思うのは・・・

「関係者の理解なしには、いかなる処分も行わない」としてきたこれまでの約束をあっさり反故した政府のやり方。

「風評被害は補償する」と言うけれど・・・どうやって被害を図るのか?ましてや東電に指導するとしているだけ・・・

 

この10年、まともな補償がされずいくつも裁判が起こり、国や東電に対しての不信が大きく・・・

こうした対応などでどれだけ真摯な対応がされたのか?この問題でどれだけ話し合いなどがされてきたのか?

 

福島県内の7割の自治体で、海洋放出に反対や慎重にという意見書が採択されているのに、それらを無視をするのか?

何より、報道にもあるように地元住民、漁業関係者の反対や抗議、撤回求める声を聞けば、国がまともに向き合ってこなかったことは明らかです。

 

多くの不信や不安なままでの強行は許されません。

熊取町にある京大原子炉での研究経験がある 大阪18区の国政対策委員長のもちづき亮佑氏の見解 を表明していますので、ご一読ください。

Fb_img_1618358609592

また財務大臣は無責任なことを言ってます。この水を飲んでしばらく生活してみたらどうですか?

2021年1月23日 (土)

核兵器禁止条約が発効!

核兵器をはじめて違法とする国際法が昨日誕生・・・

しんぶん赤旗、毎日新聞でも1面で取り上げられていました。

Dsc_1763

「核兵器禁止条約」(TPNW)は、2017年に国連加盟の122ヵ国・地域の賛成で採択され・・・10月に、条約に署名・批准する国・地域が50カ国に達して、昨日付けで発効することに(毎日新聞記事より)

 

毎日新聞の写真は「NO NUKES FUTURE! TPNW 2021」

「核のない未来を! 核兵器禁止条約 2021」

 

「この明かりを世界の希望に・・・核なき未来を築くために・・・」と、広島の市民団体の方の声も紹介されていました。

 

しんぶん赤旗の写真は、被爆者団体の会長さんのあいさつで「核兵器が国際的に違法化されたことを喜びたい」という言葉を紹介していました。

 

それにしても唯一の被爆国である日本政府が、背を向けて拒否していることは恥ずかしいこと・・・

どこに忖度しているんでしょうか?

「核抑止」は、いざという時に広島・長崎の悲劇を繰り返す非人道的なことを容認する考えです。

 

昨年の12月の国連総会では、条約参加を訴える決議を、まだ批准していない国も含めた130カ国が賛同しました。

「核のない世界の実現」は、絵空事ではなく世界の大きな流れ・・・

 

条約に堂々と署名し、批准する政府をつくるしかないです。

 

 

より以前の記事一覧

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ