カテゴリー「平和・憲法・環境・原発」の122件の記事

2023年1月14日 (土)

忠岡町が巨大な産業廃棄物焼却炉の誘致、建設?!

日本一小さな町、忠岡町。幅は500m、南北5キロの小ささ。

 

この忠岡に巨大産業廃棄物誘致する計画があり、我が家は大津川をはさんですぐが忠岡町、えらいこっちゃと学習会があり参加してきました。

 

来週の町議会で基本協定を決めようとしています。

 

なぜ「巨大」なのかと言うと、忠岡町で出るゴミは、1日 20トン。

そのゴミも一緒に燃やしてあげるからということで、1日 180トンの産業廃棄物を燃やせる焼却炉を作らせようとしています。

 

ダイオキシンを発生させないために、800度以上で24時間365日休みなく運転し続けなければならず・・・

全国から毎日180トンの産廃が集まって、忠岡のゴミと合わせて200トンの焼却炉。

 

なぜ小さな忠岡で全国の産廃を引き受けないといけないのか?

問題山積、まずは安全性、健康被害、住民合意もないまま・・・配布資料⇩

Photo_20230114161201

町長はゴミの焼却は「広域」でと選挙で公約して当選。

少し前までは、泉大津・高石・和泉市で構成する泉北環境に参加していく意向だったと私も聞いてきましたが・・・

 

何年か前に7億円かけて補修したとも聞くので、忠岡町単独での焼却炉の維持は大変だと思いますが・・・

 

現在の焼却炉の場所に民設民営で建設されれば、本当に町に近く、最大で500mしか幅がない細長い町なので・・・

隣接する泉大津や、岸和田はすぐ近く。

 

ただよりこわいものはない。

お金では環境も健康も買えないし、取り返せない。

 

田立議員が12月議会でこの件で質問しても「何の説明も忠岡町からはない」としか答弁はなかった。

 

「空はつながっている」し・・・

今日の説明では浜風で少し離れた所、例えばなぎさ町などのマンション群などには遮るものがなくダイレクトに行くのではないかとのこと。

 

忠岡町民にはもちろん、隣接する自治体にもきちんと説明し、合意なき巨大な産廃焼却施設の誘致はやめてほしい。

配布された資料⇩

2

 

2022年12月24日 (土)

「気候危機打開」と「なかよし学級(学童保育)」の取り組みや改善を提案した一般質問報告

もうクリスマスとすっかり遅くなってしまいましたが・・・

12月の市議会第4回定例会で取り組んだ一般質問のご報告です。

 

1つ目が・・・「気候危機を打開するための市の取り組み」について。

 

市は、2020年に気候非常事態宣言をし、ゼロカーボンシティを表明。

今は第3次環境基本計画の策定、最終段階。

 

しかし、理念ばかりでりっぱな宣言や計画だけ作っても・・・

質問の中でお聞きした太陽光発電や高効率給湯器の設置補助件数は減ってしまっています。

 

計画目標もCO²は2013年比で46%削減。国と一緒ですが・・・

国際的には2010年度比での45%削減、これに当てはめると実質は42%の削減にしかならない。

 

こんなまやかしとごまかしの計画値で本気でゼロカーボンにする気かあるのか?と・・・

日本共産党の「気候危機打開2030戦略」も紹介しながら、補助金の大幅引き上げ、省エネ住宅のリフォームや新築への補助金創設など実質的に思い切って進める手立てをいくつか提案しました。

 

2つ目が・・・「なかよし学級(学童保育)の現状と改善」について。

特に旭小学校のなかよしが大変ということを聞いてから、自分なりに調査もして・・・

利用者が多く120人を超える日が何日もあるのに、3クラスで2つの教室(一つは大きな部屋)しかない状況。

 

待機を何とか出さないようにご苦労していることがあらためて分かりましたが、しばらくこの状況は続いていくでしょう。

やはり人数に対しての必要な教室の確保、人員の配置がなければ、大変な状況は落ち着かせることは難しい。

 

市と学校は4クラス分の教室確保に向けて調整を行っていくという答弁もありました。

大事な子ども達の放課後の時間です。

 

安全はもちろん、一人一人が大切にされて、楽しいなかよし学級になるよう指導員の処遇改善も合わせて求めました。

第4回定例会 森下いわお一般質問動画⇐⇐⇐ココから見れます。(1年間視聴可能)

Dsc_0202

 

 

 

2022年11月20日 (日)

国道26号線から平和を訴える!

昨日、お昼前の11時、泉大津市要池住宅角の国道26号線へ集合!

泉大津九条の会などでつくる平和連絡会のみなさんと平和を願い、アピールするスタンディング行動に参加。

Dsc_0153

この日は阪南地域全体の連絡会の呼びかけで、高石市から岬町までの26号線沿いにある各自治体で行なわれ、ずっと車で走っていたら各市町で目に留めてもらえたんではないでしょうか・・・

私もどちらかというと、ずっと走って見てみたかったくらい。

Dsc_0155_20221120121001

毎月、9が付く日は泉大津駅で宣伝、署名の取り組みをずっと続けていますが・・・

交差点で信号待ちをしている人や通りかかった人など、署名にもご協力いただけました。

 

駅では出会うことのなかった人たちで、いろんな所でいろいろな形でアピールすることは大事なことだなあと・・・

向かいの和泉府中側には、和泉市の九条の会のみなさんも集合していて、それぞれの所で平和のためにがんばっているみなさんの姿を目にするととても励まされます。

Dsc_0156

すぐに何かが変わるという事ではないけれど、この積み重ねが平和を願う人の心の輪を広げていくのではないでしょうか。

 

2022年11月13日 (日)

泉大津の戦争中のことを聞く・・・南溟寺

今日は市内でいろいろなイベントが盛りだくさんの日。

まずは、あいにくのお天気で、場所を総合体育館に変更になったスポーツフェスティバル(第76回市民体育祭)へ・・・

 

ゲストの朝原宣治さんのお話を聞き、ラジオ体操も全力でしたらなかなかいい運動・・・

 

地元地域の自治会のみなさんが、地域のことや自治会そのもののことを役員以外の人にお聞きする意見交換会があり移動。

 

そんなに大きくない自治会ですが、自治会のイベント、防犯カメラや防犯灯のこと・・・

自治会会費の在り方から地域の問題まで幅広い意見をお聞き出来ててたいへんよかったです。

 

午後からは泉大津九条の会などでつくる平和連絡会の憲法九条を考える市民のつどい

 

私も主催側で今年はどうしようか?と相談をしてきましたが、「戦争中の泉大津はどうだったんだろう?」という意見があり・・・

 

それなら南溟寺さんが1年に一度、保存されている戦争関連の資料を見えもらう会を行っているので・・・

住職の戸次公正さんにお聞きしよう。資料もぜび見せてもらえたらと代表の青山先生とお願いしてきました。

Img_20221113_164426

泉大津市史には、戸次さん達が調べた資料をもとにした戦争中の記載があり・・・

軍需工場が泉大津にもあり爆弾が投下されたこと、機銃掃射もあったと・・・

 

戸次住職は宗教者九条の会などの平和活動も熱心にされていて、戦争に異を唱えていた宗教者のことやご自身の生い立ちから平和への思いや・・・

南溟寺の成り立ちを通じて、泉大津のことや地域のことまで、あまりよく分かっていなかったことも知ることが出来て、戦争の招集令状から兵役検査のこと、戦死者への勲章など当時の貴重な資料も拝見させて頂きました。

Img_20221113_133550

とても貴重な機会になりました。

2022年8月13日 (土)

農業と食に関わっての大切な視点

先の参議院選挙で議席を1議席得た参政党。

はじめての選挙での議席獲得、いったいどんな政党なのか?

 

興味や関心を持っている人も多いと思います。

まだまだ私もよく知らないことも多いですが、オーガニックなどの食や医療の安全などの訴えは多くの人の心に届いたようです。

 

ただ、単純に良いとは言えない部分もあって、どう考えたらいいんだろうかと思っていたら・・・

今日一緒に活動している仲間からこんな声明が出されていると聞いたので、これは非常に大事だと思い紹介します。

 

全国の農業などに関わる個人、団体のみなさんの声明です。⇩

https://note.com/starvalley/n/n207f44f82da5?magazine_key=m595978030299

Screenshot_202208131506532

農と食だけでなく、今の日本は、国民の危機意識をあおり軍備の大拡張、憲法改定、国家による監視と統制、排外主義への懸念も・・・

 

有機農業運動は、国際交流や海外のすぐれた実践に学び、日本の経験を分かち合ってきたとして、こうした動きは相いれないと・・・

 

世界人権宣言や国際人権規約に明示されている「食料への権利」

誰でも、いつでも、どこに住んでいても、心も体も健康で生きていくために必要な食料を作り、手に入れることができる、すべての人が生まれながらにもっている権利。

 

非常に大切な視点に気づかせてもらいました。

2022年8月 6日 (土)

非核・平和への願いをこめて・・・泉大津市80周年記念事業

今日、8月6日はヒロシマの原爆の日。

朝は広島の平和記念式典を視聴。

 

平和への祈りだけでなく、今こそ核なき世界を実現するための行動が求められている。

 

泉大津市では80周年の記念事業として「非核・平和への願いをこめて」とコンサートと講演会を開催。

 

原爆の子の像のモデルになった佐々木禎子さん、兄の佐々木雅弘氏のお話が聞けるというので出席させてもらいました。

 

1部は、うちわにそれぞれの平和への願いを描いた平和メッセージ展の表彰式。

Dsc_0343

ちょっと遠くて分かりませんが・・・ロビーには他の書かれた子ども達などもみな展示されていて楽しく見れました。

 

2部は、平和の祈りコンサート

広島で生まれ活動をされているソプラノ歌手の大島久美子さんとピアニスト竹中結紀さん。

 

「原爆許すまじ」「さとうきび畑」と広島のこと、沖縄戦のことなどからはじまり・・・

はじめて聞いた「命のうた」や「ありがとう」

 

歌詞のない「鳥のうた」、どの歌もピアノも素晴らしく、あまり知らずに来て聴いているのが申し訳ないくらい。

今日でおふたりのことは覚えました。

 

最後は佐々木雅弘氏から「いのちの叫び~佐々木禎子の一二年~」

一番身近で見てきた兄として、発症までのことから亡くなるまでのこと。

 

どんな思いで折り鶴を病床で折っていたのかなど、本当に貴重なお話を聞かせて頂きました。

最後の方で言われた「身近な周りの平和を大事にすること・・・小さな平和なくして大きな平和はない」

 

今、ウクライナで起きていることなども交えて話され、私たちが出来ることはこのまずは小さな平和を大事にすることだなぁと感じ入りました。

 

コロナ感染拡大もあって、PRもしにくかったり、来れなかったりと参加者が少なかったことがとても残念でした。

何かしら今日のお話を、来れなかった人にも知ってもらえるような形にぜひして頂きたいと思いました。

 

そして同封されていた封筒には「戦争体験談募集」のチラシ。

Photo_20220806173501

田立議員が、この80周年に戦争体験を聞く機会をつくることを予算員会で提案していました。

子どもたちや後世に引き継いでいくものとして・・・

 

お知り合いや身近な人で体験をされている方がおられればぜひお知らせください。

 

2022年7月25日 (月)

「脱炭素社会の実現に向けて」おづ自然エネルギー市民の会の総会へ

昨日はおづ自然エネルギー市民の会の総会へ

去年のなかよし学級での環境教室の取り組み以来、みなさんともお会い出来ました。

 

コロナ禍もありなかなか集まったり取り組みが進んでいませんが・・・

総会は気候ネットワークの研究員の豊田陽介さんのお話。

Dsc_0169_20220725162401

テーマは「脱炭素社会の実現に向けて」

 

自然エネルギー市民の会は市民共同発電所を設置して、市民主体の取り組みを進めていて・・・

泉大津汐見共同発電所も設置してもう7年に・・・

 

この何年かは、太陽光発電の買い取り制度などが変わって難しい状況があることや、それでも脱炭素社会への転換を進めていかないと、いよいよ気候危機が待ったなしの状況にあることなどの話が聞けました。

 

自治体が窓口となっての太陽光発電の共同購入事業などまだまだやれることが多くあるというも、今回の学びの収穫。

 

ただ、またコロナ第7波の感染拡大が広がる中で、恒例となってきた夏休みのなかよし学級での自然エネルギ―教室はどうなるのか?

早く安心して活動できるようになってほしいと願うばかりです。

 

2022年7月 4日 (月)

今年も平和行進を歩きました!

核兵器のない世界、平和を願って東京から広島までを歩いてつなぐ平和行進・・・

昨日、泉大津にもやって来ました。

Dsc_0284

この日は和泉市役所から出発して、泉大津市役所、高石市役所、浜寺公園、堺市役所まで・・・

泉大津から高石までを私も歩きました。

 

前日までの猛暑から一転、雨になりましたが、私は雨に打たれることもなく、ただそれでも暑かった!

 

今年で65回目になる国民平和大行進

5月6日に東京を出発して、8月4日に広島へ、泉大津は毎年7月3日。

 

九州や北陸から広島へ行くコースや四国を周回、北海道、東北から東京へなど全国すべての都道府県で歩かれています。

 

こうした取り組みが続けられてきたのは、二度と戦争をしない、被爆国として核兵器を無くすという熱い願いが引き継がれてきたから・・・

 

ウクライナ危機に乗じて、自民党の議員や維新の会が「核共有」を言い出していることは非常に恐ろしいこと!

戦争を止める、核兵器を無くす力は世界の世論と運動。

 

その歩みに今年も参加できたことを喜び・・・

いよいよ今度の日曜日が投票日になった参議院選挙で、平和と核のない世界を展望する日本共産党の躍進に力を尽くしたい。

 

2022年6月 2日 (木)

泊原発の運転差し止め!

昨日の新聞記事(写真は毎日新聞、しんぶん赤旗)ですが、うれしいニュースです。

北海道民1201人が原発差し止めと廃炉を求めていた訴訟。

 

北海道電力の泊原発は安全性に問題があるとして、運転差し止めを札幌地裁での判決で運転差し止めが命じられました。

Dsc_0106

裁判長は「津波に対する安全性の基準を満たしていない」と・・・

しかも安全性を立証する責任は電力会社にあり、その根拠を示していない。

 

防潮堤の地盤の液状化の恐れはないというだけで、資料で裏付けていないなど

裁判引き延ばしともとれる北電側の主張に、延々と対応することを余儀なくされ、訴訟上正当化することは出来ないと・・・

 

きっぱり判決を出されたことがすごい。

 

「他の原発訴訟では原子力規制員会の判断などを待ってする場合も多いが、司法の独立性を保った意味でも高く評価できる」と、脱原発弁護団全国連絡会の共同代表の弁護士さん

Dsc_0107

廃炉とまでは認められなかったものの、安全神話、無責任な対応について断罪するもので、住民側に立った判決。

 

10年前、3回目の被災地支援で福島原発事故現場、当時で一番いける所まで視察に行きました。

まだ、近くの町にも入れませんでしたが、沿道には何ヵ所も除染作業で積み上げられた真っ黒な袋の山・・・

 

放射線の測定器の数値が跳ね上がり、恐怖を覚えました。

 

1993年の北海道南西沖地震で奥尻島を襲った津波・・・

震度6でも甚大な津波で、島は壊滅的な被害があった。泊と同じ日本海側・・・

 

二度とフクシマの悲劇は繰り返してはならない。

脱原発、原発ゼロの日本へ!

 

2022年4月 9日 (土)

ウクライナに平和を!

昨日、今日と2日続けて泉大津駅でロシア侵略に抗議し、ウクライナ支援を求める宣伝行動!

Img_20220409_165407

危機に乗じて憲法9条を含くめて改正の動きがあることや・・・

核兵器をアメリカと共有しようと言い出す元首相や維新の会には危機感を覚えます。

 

9条改正NOの署名も行ないましたが、感染対策もあり机の上に置いてあるだけなのに・・・

親子ですっと来てくれて、子どもさんも自分でしっかり書いてくれたのには感銘を受けました。

 

ウクライナへの人道支援のカンパもありました。

「ウクライナに平和を」と願う泉大津のみなさんと、遠い異国からでも声を上げ続け、出来る支援に取り組んでいきたい。

より以前の記事一覧

フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ