カテゴリー「大震災・被災地支援・防災関係」の84件の記事

2018年3月11日 (日)

東日本大震災から7年…今、思うこと!

今日で東日本大震災から7年、もうそんなに経つのかという思いと、原発事故後の後始末をはじめ復興はまだまだだという思いsign01

テレビなど報道は、この時期に一斉に様々なことを知らせてくれるが・・・

それも普段は随分減ってしまっているのではsign02

2万2千人以上が犠牲になり、今尚7万3千人以上が全国で避難生活、仮住まいをしなければならないとういうのにdespair

政府は2020年度までの10年間を「復興期間」として、復興策の打ち切り、縮小をしようとしています。

オリンピックのあるその年に、期間が終わったからと同時に終了と言うわけにはいかないでしょう。

西日本では、南海トラフの巨大地震が心配されていますが、必ず起こるものとして想定して対応を怠らないこと・・・

先日のテレビの特集で「河川津波」をしていました。

知られざる脅威と・・・震災後はじめて岩手県陸前高田市に支援に行った中で、河川の津波が何キロも内陸地に上り、こんな所まで浸水被害があったのかと案内してもらい、目の当たりに・・・wobbly

私たちのまちのすぐ近くに流れる大津川はまさに、この北上川と同じような形状で蛇行して流れています。

私はこの7年、大津川の防災対策、津波、大雨対策の必要性、重要性を訴えて来ましたが、まさに科学的にも分析をされ、その危険性が映し出されていました。

この2年間かけて、川の中に溜まった堆積土砂の除去工事が行なわれ、一定進んだ事で少し安心しましたが・・・

引き続き河川状況を確認しながら見ていかないといけない・・・

東日本大震災を教訓は、想定外とせず、対応、対処できる準備を怠らないということを忘れずに続けることsign03

2018年2月11日 (日)

平昌・冬のオリンピックが開幕❗️

いよいよ冬期オリンピックが開幕sign01

今大会の日本はメダルが期待される選手も多く楽しみですが、「平和の祭典」であるオリンピックとしても注目が集まっています。

平昌冬のオリンピックが開幕しました❗️

何といっても北朝鮮の動向・・・オリンピックでアピールしても、核開発やミサイルなどとんでもないことを繰り返しているだけに、信用できないというのが多くの声・・・

それでも朝鮮半島とかたどった水色の統一旗「コリア」として、同時に入場run

大国によって分断された歴史、多くのコリアにとれば同じ祖国という思いがあるのは当然です。

今はこの一時だけの事かもしれないけど・・・

いつか祖国統一を願う、平和な朝鮮半島の実現は、隣国日本としてもそういう立場でいなければならないと思います。

現実は国の権力者に翻弄されていますが、国民、世界の人たちの願いでもあるはずです。

それを象徴するかのように、この冬期オリンピックの参加国は最多の92カ国・地域になり、実施種目も100を超える史上最大規模・・・

今日のしんぶん赤旗の潮流によると、アフリカや南国、女性選手の参加が目立つ・・・

紛争地帯から逃れ、難民として育った選手も・・・

その時々の政治や国際情勢に左右され、無関係ではいられないかもしれないけど、あくまでも主役は選手たち・・・shine

隣国だけに、リアルに視聴できる機会も多いと思うので、フェアで力をぶつけ合う最高の姿を楽しみ、応援したいと思いますsign03

 

2018年1月17日 (水)

阪神淡路大震災から23年!借り上げ復興住宅からの追い出し、何故こんな非道な仕打ちを?

今日、阪神淡路大震災から丸23年・・・私も毎年、この1月17日を特別な想いで迎えていますsign01

直接の被災はなかったものの、直後から大阪の障害者作業所など関連する団体のみなさんと一緒に、被災した作業所や施設にトラックで物資を運んだり・・・

その後は、安否の分からない障害のある方やその家族の確認、支援。

被災した建物の中にテントを張って寝泊り・・・

ほぼ3ヶ月職場から派遣されていました。

その時の経験、体験が、今どれほど役に経っているか。

今日のしんぶん赤旗の記事・・・

阪神淡路大震災から23年!借り上げ復興住宅からの追い出し、何故こんな非道な仕打ちをするのか?

復興公営住宅の孤独市は、昨年も64人に上り、累計では1027人と、千人を超えました。

また、神戸市や西宮市では、被災者が住む借り上げ復興公営住宅の借り上げ期間が来たので、退去を求め応じなければ提訴をするという非道な仕打ちをしています。angry

入居の際や、同居両親亡き後の継承の際にも何の説明もなく、あと数年になって「実は出てもらわないと…」と言って来て、これが事前通知だから問題ないかのようにされている。

しかし、すでに高齢で転居困難な生活実態であり、こうした事情は無視され・・・

一方、兵庫県の借り上げ県営住宅では、広く継続入居が認められ、実情を考慮する判定委員会で 検討されています。

これが当たり前の心ある対応ではないでしょうか。happy01

23年も経った今尚、震災の影響が終わっていない。

こうした非道を行政が作り出していることに心が痛みます。

日本共産党の堀内照文前衆議院議員は、「道理は被災者にあり、政治の責任で最後の一人まで生活再建が果たせるよう力を尽くす」と・・・

非道に負けないでsign01心からそう思うsign03

2018年1月12日 (金)

大津川堆積土砂除去工事について!

昨日、今日とこの冬一番の寒波snow

大阪はうっすらと白くはなったものの、すぐに消えて無くなってしまいました。

 

「台風」や「大雨」だけでなく、冬も極端な「どか雪」で、電車や車の立ち往生など、どこで何が起こるのかsign02 本当に分からない・・・

だからこそリスク、心配なことは取り除くなどの対処、対応が欠かせないですね。sweat01

 

私も住んでいるこの地域では、何と言っても近くを流れる大津川・・・

昨年から進んでいた大津川の堆積土砂除去工事の状況を、以前から撮っていた写真でのご報告sign01

 

一昨年は、南海本線から上流部の土砂除去が行われ、昨年からは下流域と2年連続で進んでいます。

 

大津川堆積土砂除去工事

かなり積み上げられていて、トラックで運び出されていました。工事終了後に、この2年でどのくらいの量の土砂が運び出されたのかsign02ぜひ聞いてみたいです。

 

昨年の大阪でも大きな被害の出た台風21号の時も、水かさがかなり増えて心配しましたが、土砂の除去が進んでいて本当によかったと思えました。

 

旧26号線から下流、楯並橋方面を見た一昨年の写真camera

 

大津川堆積土砂除去工事

ここは南海本線、旧26号線、楯並橋と橋梁が3つ続いていて、防災マップでも氾濫危険の箇所にもなっている近く・・・

川の流れが狭くなってしまっていましたが・・・

 

現在は、丘のように盛り上がっていた土砂はすっきりと取り除かれています。

 

大津川堆積土砂除去工事

7年前、議員になる前でしたが、地域の人からの一番の心配事として、大津川に溜まった土砂の問題を聞いて・・・

大阪府との毎回の交渉や市議会での一般質問でも取り上げてきただけに・・・

 

こうしてすっきりした状況を見ると感慨深いです。happy01

 

引き続き、大津川の防災、そして市民の憩いの場、貴重な自然環境shine

しっかり守り、良くしていきたいものですねsign03

 

2017年12月14日 (木)

府営要池住宅での火災の状況について

すでに昨日のニュースなどでも報道されていますが、午前10時半過ぎ、府営要池住宅6棟の12階部分から出火sign01

泉大津市、和泉、堺(高石)の消防、救急車、ドクターカーなど13台が出動・・・

12時23分に鎮火しました。

4名の方が救急搬送されましたが、重症と伝えられていたドクターカーで搬送された方も命には別状はなく、後の方も軽症だということでした。

 

詳しい現場検証がまだ終わっていないので、詳細な報告はまだ受けていませんが、分かった範囲でのご報告です。

 

私が駆けつけた時点でも、煙がかなり上がり、火も少し見える状況でした。

府営要池住宅で火災の状況について

住人がちょうど帰宅した際にすでに出火していたとのことで、住民のみなさんも避難は終えていました。

ただ、私の知り合いも含めて何人かの人の確認が取れてなく心配しました。

私も心当たりの人や所に連絡を取り合うなどしている間に、出かけていると分かりひと安心しました。

みなさん無事で何よりでしたが、高層階の建物になるほど、大変な火災になるということも目の当たりにしました。

府営要池住宅で火災の状況について

10階以下は、夕方までには自室に戻れ、知り合いの所などに行かれた方もいると聞きましたが、焼け出されて行く所がない人もなく、それも安心しました。

 

煙や放水で他の部屋の方にも影響が出ていると聞き、明日は要池住宅の知り合いの所の訪問に行こうと考えています。

府営要池住宅で火災の状況について

この火事に関わっての情報や何かお困り事などがあればお寄せください。

 連絡先:090-3051-9790(森下)

2017年12月 1日 (金)

大津川河川敷緑地、通行禁止が解除になりました!

今日からもう12月・・・師走ということで2017年もあと1ヶ月sweat01

なんか気ぜわしい感じなのは、そういうことだけでなく、来週の一般質問を前になかなか準備が進んでいないから・・・coldsweats02

夕方、いったん帰宅して大津川の堤防を見るときれいな夕陽でした。

行って見ると、通行止めになっていた河川敷の緑地に降りれるようになっていました。

10月の台風21号で、大津川の上流の牛滝川で土砂崩れが起こり、大きな被害に・・・

その後、土砂で川の水がせき止められていて、決壊したら鉄砲水になる恐れがあると、河川敷は全面通行止めに・・・

先日の11月15日の大阪府交渉でも今後の見通しについて質問しましたが・・・

「まずは水を逃がすことができるよう、水路を掘って確保していく工事を行なっていく」ということでした。

その後、市の担当者との確認では、ポンプでの排水も行なっており、ほぼ崩れた箇所の上流と下流で水位が同じになってきたので、まもなく解除することが出来るだろうと・・・

夕陽の下で、多くの市民さんが散歩をしていました。良かったです。happy01

直接の被害は岸和田でしたが、こうした所まで影響があるのかと驚きましたが・・・

大津川下流域では堆積土砂除去の工事がまだ続いています。

先日近くを通った時に、あれだけ溜まっていた土が除かれ、きれいになっている一方・・・

昨年除去したところは、もう溜まってきているのを見ると、自然の力のすごさを目の当たりにします。

それに貴重な自然の憩いの場でもあり・・・

適切な対処、対応で大きな被害を生まない、そして、いつまでもきれいに管理する取り組みが大切だと、ますます感じていますsign03

2017年10月26日 (木)

昨年に続いて、大津川の堆積土砂除去工事が進行中!

今日は、久しぶりの気持ちの良いお天気sunに・・・

台風21号に続いて、この週末も台風22号の心配が大きくなってきました。

我が家のすぐ近く大津川の防災対策は、私が議員になってから最も力を注いできたことのひとつ・・・

2011年3月の東日本大震災での津波被害を目の当たりにしたからですが、台風などの大雨であっという間に水位が上昇して、河川敷が水没するということが毎年のようにあります。

泉大津議員団として、忠岡町の日本共産党議員団と連名で要望書を提出、堆積土砂除去を求めたのは2012年でした。 ←ココから見れます。

毎年のように大阪府との交渉で実情を伝え、要望し、泉大津市議会の一般質問でも取り上げてきました。

昨年、ようやく槙尾川と牛滝川の合流地点から下流、南海本線までの間の掘削除去工事が行われ・・・昨年の工事の様子はココから

そして、今年はそこから下流の工事が行われています。shine

台風が来る前に見て回った写真で、ちょうど旧26号線の下辺り・・・camera

期間は来年の2月末日まで・・・

写真はdownwardright 旧26号線から上流の南海本線の方面・・・

かなりの土砂が堆積しているのが分かります。

こちらの写真はdownwardright 下流の方向、楯並橋の方面です。

生い茂っていた草木がきれいに伐採されていました。

ハザードマップでも洪水での越水の危険性が高い区間・・・

今週末の22号の心配はありますが、今後の安心安全につながることが大きく進んだことをうれしく思います。happy01

工事の状況を見守りながら、今後も大津川の防災対策だけでなく、市民の憩いの川にしていくために力を尽くしたいと思います。

2017年10月24日 (火)

台風21号、大津川も危険水位に・・・

総選挙投票日に大きな影響が出た台風21号typhoon

近隣の和泉、岸和田では土砂災害が発生し、大きな被害が全国的にも・・・

我が家のすぐ横を流れる大津川も、危険水位になったと通知が入り・・・

どしゃ降りの雨の中、市域の河川の状況を把握するため見て回りました。

川幅が狭い、槙尾川、牛滝川の方がより堤防の上まで水が迫っている感じ・・・

公園橋の辺りの河川(槙尾川)の状況 upwardright 河川敷に降りるスロープの真下まで水が・・・coldsweats02

両河川(写真右が牛滝川、左が槙尾川)の合流地点downwardleftからは川幅も広くなりますが、河川敷は全く見えず・・・

忠岡側の河川敷公園の植え込みの上部のみが見えていました。

この河川に挟まれた板原5丁目の地域には避難勧告も出されましたが、私の記憶でははじめてのことでは・・・

昨年、この合流地点から下流域の堆積土砂除去工事が行われ、本当によかったと思いました。←森下いわおのブログでココから見れます。

現在、南海本線から下の地域の工事が行われていますが、工事車両はすべて堤防上の道に避難していました。

この土砂除去工事はまだ途中ですが、それでも随分と流れはよくなったと思います。

工事についてはまたお知らせします。

本市においては、「松ノ浜町でマンホールから水があふれるということはあったが、目立った大きな被害はなかった」と、昨日市長からも報告を受けました。

選挙の投開票の対応に、台風対応など大変な1日だったと思います。

関係されたみなさん本当にお疲れ様でした。

2017年8月 7日 (月)

台風5号、近畿直撃、 全小・中学校で避難所開設…泉大津市

昨日の猛暑から一転、今日は台風の心配に…typhoon

停滞、のろのろだった台風の5号が、動き始めると、どうもこっちに向かって来ました。

 

近畿地方を直撃、和歌山県北部に上陸・・・

雨はさらに強まっていますが、風はこれから強まるでしょう。

動きは依然遅いので、雨風が長引きそうです。coldsweats02

明日の朝までは注意が必要です。みなさん充分にお気を付けください。

 

テレビではお隣の岸和田市の避難所状況のテロップが流れていましたが・・・

泉大津市では、午後1時市内全ての小・中学校11ヵ所に避難所を開設しています。 ←ココから避難所名を確認できます。

 

市内でよく水が上がるエリア、水路や河川近くは特に注意が必要です。

我が家のすぐ横を流れる大津川、大雨のたびに水位が気になります。

一般質問で要望して市のホームページからも確認できるようになったのが河川の水位や雨量情報・・・

 

大津川の水位は、河川に府が設置しているカメラからの状況をネットで確認できます。←ココから(市ホームページの防災の所から府の河川情報を確認できます)

 

今日は夜の会議も中止して帰宅、後は自宅待機・・・

大きな被害が出ないことを願うのみですsign03

2017年7月10日 (月)

九州北部豪雨災害・・・

記録的な豪雨が襲った九州北部・・・

すでに発災から数日が経ったが、捜索も依然続いていますし、被災の状況の全容がまだ見えない状況です。

依然連絡が取れない方も多数おられ、またお亡くなりになった方、被災した全てのみなさんに心からのお見舞いを申し上げます。

昨日の「NHK特集」downwardrightで、今回の豪雨がなぜ起きたのかsign02 どう対応したら良かったのかsign02 を見ました。

九州北部豪雨災害

あの鬼怒川決壊をもたらしたのと同様の「線上降水帯」という気象状況だった事・・・

「『津波』の想定外だった東日本大震災同様に、今回の『豪雨』も考えるべき」だという言葉が印象的でした。

そして、全国どこでも起こりうる災害だと・・・

多数の土砂崩れなどや流木による被害の拡大・・・

一方、前回の水害の教訓から地域での取り決めや、自主防災マップなどを作って避難行動に役立てていたという報告も・・・

想定外にしない想定が大事だという事・・・

日本共産党は党として「救援対策本部」をいち早く立ち上げ、地元出身の国会議員、地方議員をはじめ党組織をあげて実態把握と被災者救援に取り組んでいて・・・

仁比総平参議院議員、田村貴昭衆議院議員が9日、福岡県朝倉市へ行き、お見舞いと要望を聞いて回っています。

一刻も早い復旧、そして何より生活再建につながるよう被災者生活再建支援制度の支援金の増額を求めていくと・・・

地球温暖化が進む中で、大雨のたびに、地球が悲鳴をあげ泣いているように感じるのは私だけでしょうかsign02

自分たちの事だけでなく、全地球的なことを考えれる人がどの国もリーダーとなってほしいものですねsign03

より以前の記事一覧

フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ