カテゴリー「大震災・被災地支援・防災関係」の135件の記事

2021年9月 1日 (水)

発言通告を提出、今回は「内水氾濫への対策」と「新型コロナワクチン接種」について

今日から9月!

時間は待ってくれない。今日が来週の一般質問の発言通告の締め切り・・・

 

来週の8日(水)、9日(木)が一般質問・・・私は11番目で、2日目の9日になりそうです。

その次の週からは決算委員会が連日・・・

 

先々週くらいからあせっていますが、考えがまとまらず中々進みません。

相談も何件かあり、その対応にも追われましたが、今日から仕切り直して・・・

 

一般質問は、今年の雨続きのお盆の豪雨で気になった「内水氾濫」について、排水処理能力を超える雨水、都市型水害にどう備えるのか。

そして、6月議会に続いて「新型コロナワクチン接種」について・・・

 

提出した質問項目です。

泉大津市議会 第3回定例会 一般質問 発言要旨

15番 日本共産党 森下 巖

 

1.豪雨による内水はん濫などの防災対策と避難について

1.内水氾濫の場合は発生情報をどう把握して避難情報を出すのか?市民へどう知らせていくのか? その知らせる段階と判断はどうなっていますか?

2.内水氾濫対策として日常的に取り組んでいること、また近年内水氾濫対策として取り組まれた事業についてお示しください。

3.避難行動要支援者の支援について

 「避難行動要支援者支援名簿」の作成状況や登録人数と、それらの人の「避難支援計画」の策定状況についてはどうなっていますか。

 

2.新型コロナワクチン接種について

1.市民のワクチンの接種状況 65歳以上とそれ以下の年代ごとの接種状況についてお示しください。

2.ワクチン接種の優先接種は、高齢者や障害者施設等で働く人、基礎疾患のある人に加えて妊婦、妊婦とその同居家族についてとなっています。優先接種についての取り組み状況と考え方についてお示しください。

 

相談のあったお宅の前の道の舗装がされました。

大雨のたびにいつも水が溜まってたいへんだと・・・通学路にもなっていてとのことで改善を要望したら、さっそく対応してくれました。(感謝!)

 

こういう所はいろいろあると思うけど、部分的な対応だけでは済まない想定での対応が必要だと感じた今年のお盆の大雨・・・

そうした確認をしながら必要な対応について取り組みます。

Dsc_3528

 

2021年8月22日 (日)

大津川ウォッチング!板原5丁目の牛滝川河川敷の除草もされていました。

ようやく晴れ間も見えてきた今朝・・・

朝8時から自治会役員のみなさんと自治会加入促進のチラシのポスティングや防犯灯のチェック。

 

みなさん、せっかくの休日、早くはじめて10時には終えようと・・・

町内をあらためて見てみるといろいろな気付きも・・・

 

通学路に飛び出し注意の看板をあたらに設置しようかなど、いろいろ相談が出来ました。

 

ただ意外と時間がかかり、10時半に約束していた相談者のお宅には慌てて行きました。

この間の大雨もあってか?水の問題・・・

 

これはなかなかすぐにということにはならないので、もうすこし様子をみましょうと・・・

 

帰り道、大津川のすぐ上流の槇尾川と牛滝川の合流地点を見たら・・・

写真奥の牛滝川の方はまだ水がにごっていて、手前の槇尾川からの水とくっきり分かれている様子が見れました。

Dsc_3468

水量はまだ多かったですが、ようやく落ち着いてきた感じ・・・

また、板原5丁目の合流地点から、これまでなかなかされていなかった牛滝川の河川敷の除草がされていました。

Dsc_3460

写真左側の忠岡側は公園指定になっているのでいつもきれいになっていますが、右側の泉大津・板原5丁目側はこれまでなかなか除草もされず、議員になったばかりの10年前、こちら側もきれいにしてほしいと住民から言われ・・・

 

せっかく階段もあり、降りて散歩など出来るようになっているのに、草が生い茂って残念な状況が続いていました。

こちら側も定期的な管理をぜひ続けてほしいと思います。

 

我が家の近くでは、ここまで水があがったんやなぁと・・・

流木などが分かりやすく残っていました。

Dsc_3463

河川敷まではあがることがなかったようでよかったです。

あがってしまうと後の掃除、きれいにするのがたいへんなので・・・

 

また、台風情報もあり、まだまだ心配な季節が続きます。

大津川ウォッチングはしばらく続きそうです!

 

 

 

 

2021年8月18日 (水)

豪雨による内水はん濫!

今日も雨、明日も雨、連日の大雨に各地で大きな被害・・・

まだまだ警戒を続けなければならない状況です。

 

大津川のすぐ横に住む私としては、いつも川の決壊や洪水が真っ先に心配になりますが・・・

今回はそうなる前に起こりうる災害として「内水はん濫」について、その対策や対応についてあらためて考えさせられました。

 

ちなみに泉大津市内水はん濫ハザードマップ ↓↓↓

Photo_20210818103801

市内全体に被害想定区域があり、1時間あたり50㎜の雨が続いた場合の状況です。

 

内水はん濫は、雨水の排水が出来なくなって市中にあふれてくる状況ですが・・・

河川などへの排水も出来なくなったりすることによって、危険性はいっそう高まります。

 

大津川の体積土砂を取り除くことや身近な水路などでも可能な限り水が流れやすくすることが大事・・・

これまでもそうした要望や、水がたまってあふれたと聞くとその原因となることの改善要望を出すなど取り組んできました。

 

ただ1時間50㎜を超える雨量でまちの機能として排水が出来なくなると言われてます。

毎日新聞の814日夕刊、15日の朝刊の写真を目の当たりにして正直驚かされました。

2021

福岡県久留米市、ここまで冠水して避難をされている様子です。時間は朝の9時半過ぎ・・・

この時には河川の決壊などの情報はなく、降り続く雨での内水はん濫ということ・・・

その後、筑後川の支流も越水していると聞きました。

 

当日のアメダスで雨量を確認したら久留米市では午前時からのたった10時間で251㎜、一番多い時間帯は1時間で66㎜もの雨・・・

大雨特別警報が出ても夜中の避難は難しかっただろうし、一気に浸水したのだと考えられます。

 

「通行できない」とか「ここは浸水してる」などSNSではいろいろアップされていましたが・・・

全体の被害状況を行政はどう把握して、避難情報を出すのか?

 

想定以上のことがいつ起きてもおかしくないのがこの頃の常・・・

想定にとらわれない対策、対応をどう日頃から備えていくのか?!

いろいろと考えさせられます。

 

 

2021年8月16日 (月)

福島DASH村の今!

毎週日曜日、夜7時からの「鉄腕DASH」というテレビ番組を楽しみにしています

アイドルグループのTOKIOが本気の農業や、無人島生活、東京のビルの屋上に生物のオアシスを造ったり、東京湾のお魚調査などなど・・・

Dsc_3009

その中で、福島DASH村での農村体験、お米作りなどが、福島原発事故の影響で出来なくなり・・・

昨日の番組では、別の場所になったけど21回目のお米作りの様子が放送されていました。

 

予告編で今度の24時間テレビで、原発事故から10年経ったDASH村に特別の許可を取り、どうなっているのかを放送すると・・・

 

ちょうど8月号の「女性のひろば」という日本共産党の女性向け月刊誌に、そのDASH村のことが掲載されていたのを思い出し、ここに最初のページだけですが紹介します。

Dash

いまだ帰宅困難地域で、除染もされずいつ帰還できるのかさえ分からない中・・・

三瓶宝次さん(自民党)、馬場績さん(日本共産党)の元町議が共同代表となり、地区住民がまとまって「ふるさとを返せ!津島原発訴訟」を起こしています。

 

事故当時からその後、訴訟の状況など座談会形式で・・・

三瓶さんの親戚が、DASH村で指導をした方でその事も話の中にありました。

 

「うるさいほど報告に来ていた東電は、事故後なんの連絡もない」「いくら口で安全と言おうが、・・・想像を絶することになる」身をもって体験した。という三瓶さんの言葉は重い。

 

事故から10年後のDASH村の様子だけでなく、ふるさとを取り戻そうと国や東電に対して完全賠償を求めるこうした取り組み・・・

何より原発事故による多大な影響をしっかり放送してほしいと思います。

2021年8月12日 (木)

前線停滞で西日本豪雨災害並みの大雨に!

今年のお盆は連日の雨模様・・・

それも西日本豪雨災害の時のような大雨に最大限の注意が必要!

Dsc_3444

朝のニュースの雨雲レーダー↑↑↑

その後はYahooの防災速報がスマホに入り、「激しい雨」→「非常に激しい雨」→今は「猛烈な雨」

 

1時間で50mm、これが続くと市中で内水氾濫が起こる状況です。

猛烈な雨の大阪では、今、80mm/h かなりやばい雨量です。

 

どうか長い時間続かないようにと願うばかり・・・

 

お昼前の今やっているニュースのトップは「災害級の大雨警戒」です。

 

泉大津市にも11時34分、大雨警報が発令されました。

 

これが1週間くらいは前線停滞でしばらくの間は要注意です。

Dsc_3443

今年も帰省は出来ず・・・

この大雨で必然的にこもることに、山歩きどころか散歩も出来なさそうで、ストレス溜まりそう・・・

 

防災情報とにらめっこしながら過ごすしかなさそうです。

各自治体の出す情報をこまめにチェックしましょう。泉大津市ホームページ

まだ何も起こっていないので、現時点ではホームページには何もありませんが・・・今のところは天気予報だのみ!

 

我が家の近くの大津川のライブカメラ  ←←←大津川の河川増水状況、こちらは1分ごとに自動更新されるので最新状況をチェックです。

 

みなさんどうぞお気を付けください。

 

 

 

 

2021年8月 7日 (土)

槇尾川河川敷の除草されました!

板原公園橋から上流の槇尾川河川敷の草刈りがされて「気持ちがいい」

ラインからコメントを入れて頂いた方があり、さっそく確認に・・・

Dsc_3435

公園橋からの写真 ↑↑↑ 左側が板原3丁目、右側が5丁目側できれいに刈ったばかり・・・

確かに気持ちがいい、こうでなければと思います。

 

10年前、議員になったばかりの頃、ここは低木が生い茂り、大雨で増水した時のごみも大量にたまっていました。

さらにまた大雨でごみがたまってが繰り返されて、川の流れそのものを阻害して、あふれて洪水になる恐れがあると・・・

 

繰り返し大阪府や管理する鳳土木事務所に適切な管理をするよう要望し続け・・・

この間、ようやく毎年やってくれるようになりました。

 

台風などの大雨の時に何度か、水位がかなりあがり危険な状況もありましたが、合わせて要望していた河川内の体積土砂の撤去も河口部分までされました。

 

河川敷も含めて、ちゃんと管理することで河川の流れはずいぶんよくなります。

ちゃんと管理してくれているという住民のみなさんの気持ちも違ってきます。

 

今年も1度に3つ台風、時間差で熱帯低気圧になったりしましたが・・・

これから台風シーズンになり、その前にされて良かったです。

 

この猛暑でたいへんな中、お仕事とはいえ従事してくれた皆さんには本当に感謝です。

ありがとうございました。

 

2021年7月 7日 (水)

今年も大きな災害が・・・避難指示で必ず身を守る行動を!

また今年も大きな災害が起こってしまった。

今朝のニュースでは、島根鳥取で線状降水帯による豪雨での広範囲の洪水になっていて、これも心配です。

 

熱海の大規模な土石流・・・危険な箇所と指定されていても、早めの避難は簡単ではない。

自治体の避難の呼びかけはどうだったのか?という記事も目にしましたが・・・

 

非常に難しい判断だったんだろうと・・・

ただ、その後の報道で崩落現場の上部で人為的な盛り土がされていて、人災ではないか?

 

しっかりとした検証が必要。

 

今年、避難方法について大きな変更がありました。

自分の住んでいる地域のリスクをしっかり知り、避難という判断をしてどう行動するのか?

Photo_20210707131701

これまで分かりにくかった避難勧告というのは無くなり、避難指示で必ず避難するということで、分かりやすくなりました。

 

起きそうな災害に対して、どういった避難が有効なのか?どう行動すればよいのか?

それらも気象や災害の状況、住んでいる地域で違ってきます。

 

何より落ち着いて行動できるよう、日頃から考えていないといけない時代なんだとつくづく思います。

2021年5月19日 (水)

大津川の洪水ハザードマップと光明池のため池ハザードマップ

今日も雨、ちょっと晴れたと思ったらまた雨の予報!

明日以降は大雨の予報で、毎年のように心配が尽きません。

 

一昨日のブログの中池、小寺池のため池ハザードマップ でアップ出来なかったので・・・

今日は光明池ため池ハザードマップもアップしておきます。

Photo_20210519170801

和泉市にある光明池、信太山の方で遠くて関係なさそうですが、全地図を見ると槇尾川が増水して、その影響で大津川の河口部までもかなり影響するということなので、注意が必要です。

そして、大津川ハザードマップ ↓ ↓

Photo_20210519171201

地図が大きすぎて全面のスキャンはできなかったので、大津川沿いのエリアだけ・・・

大津川、槇尾川、牛滝川の堤防決壊などの洪水では、かなりの広範囲に多大な影響が出ることが想定されています。

 

2018年度に配布され掲載されている泉大津市総合防災マップ ←(市ホームページのマップでも詳しく確認してください)

 

200年に一度の大雨、概ね1時間で104mmが降った場合と但し書きがありますが、気候変動、気象異常で今年あっても来年あってもおかしくない・・・

そういう思いできちんとチェックして、把握をしておく必要がありますね!

2021年5月17日 (月)

ため池ハザードマップを知っておいてください

昨日から早くも梅雨入り!

こんなに早く、今年もお天気にはいろいろと驚かされそう。

 

近畿地方では1951年からの観測史上最も早いそうです。

早く梅雨入りしたら、早く明けるのか?と思ったらそうでもなく、長梅雨になることが多いと気象予報士の方が言ってました。

 

すでに大雨警報が出ている地域もあり、長雨や大雨に今年も十分な注意が必要。

 

私が住んでいる地域は、すぐ近くに大津川があり、川の水位にはいつも気を付けていますが・・・

5月の広報誌に挟み込まれ配られてます「ため池ハザードマップ」についてもちゃんと把握しておきたいですね。

Dsc_2662

特に板原町から虫取町にかけては3つの大きなため池の影響があります。

中開きにすると全部はスキャンできなかったので一部ですが、影響のあるエリアをアップしておきます。

 

一番我が家から近い中池・・・楠小学校の近く

Photo_20210517165001

緑、濃い黄色が中池の影響が出るエリアと到達時間。

紫と黄土色は槇尾川、大津川の浸水想定のエリア。

 

小寺池は、国道26号線に沿ってあるため池。

Photo_20210517165601

板原町、楠町東はかなり影響が出そうです。

 

光明池は和泉市の信太山の方にある広大なため池。

 

泉北水道の水源にもなっていましたが、この4月から廃止されたため、その分の使用が無くなり、槇尾川に流されるため洪水のリスクも高まってしまっています。

その為、光明池から槇尾川、大津川へと影響が出て河口部に近い河原町でも大きな被害になると想定されています。

 

マップ詳細がブログの容量不足でアップ出来ませんでしたが、また後日大津川のハザードマップと合わせてなどで紹介したいと思います。

 

 

 

 

2021年3月11日 (木)

あの日から10年!日本共産党の提言

今日は東日本大震災原発事故から10年・・・

翌月の4月に初当選したので、この10年は議員としての私の歩みとも重なります。

 

えらいことになった!選挙どころではないと、連日街頭で救援募金活動を地域のみなさんと・・・

選挙後はすぐには行けなかったけど、7月と10月の2回、岩手県の陸前高田へ・・・

 

持って行った物資などを青空市で配布したり、避難所でお困りごとの聞き取り・・・

あの時のみなさんはどうしているだろうか?

 

テレビ等では連日、震災特集が組まれて放送されています。

その中で、何が生死を分けたのか?というNHKスペシャル・・・

Dsc_1969

どの災害でも同じだと思うが、率先避難をした人に誘発されて多くの犠牲者を出したエリアでも一定助かっている人がいると・・・

何かあった時には、自分自身にも問われる教訓的な内容でした!

 

沿岸部はきれいに防潮堤などの整備も一定進んだように思いますが・・・

しかし、人口減少したままの地域や、今だ避難先から戻れないという人も・・・

 

政府は10年を区切りとして、各種支援策を打ち切ろうとしています。

 

① 暮しと生業再建できるまでの支援の継続、強化を・・・

② 原発推進は福島を切り捨てること、この政治の転換を・・・

③ この大震災の教訓を生かす政治に・・・

日本共産党は、この3本柱の政策提言を発表

上を ↑↑↑ クリックしてご一読ください。

 

国民の苦難軽減のため・・・これは日本共産党の立党の精神のひとつ。

今、コロナ禍も重なり、ますます国の施策の重要性が求められています。

 

今年は必ず総選挙が行われます。ご一緒に国民のために働く政治に変えましょう!

 

より以前の記事一覧

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ