カテゴリー「社会保障・医療関係」の85件の記事

2018年5月21日 (月)

泉大津社保協の介護保険の学習会へ!

昨日の午後は、泉大津社会保障推進協議会主催の学習会へsign01

泉大津市介護者家族の会の細川会長からは、在宅介護の中でも老老介護、認認介護、老親介護など、今後ますます大変になってくるであろう高齢化の状況の中で、介護保険が逆に使いにくく、厳しくなっていると・・・

そして、大東市のあらさき美枝市会議員からの報告karaoke

大東市は、介護保険利用者を「元気でまっせ体操」やボランティアの「生活サポーター」に移行させ、大幅に要支援、要介護認定率を引き下げてきた・・・

介護からの「卒業」と言う名の強制を行なってきた結果、あちこちで状態悪化、孤立が起こり・・・

リアルな実態の報告に、ため息と驚きの声があがるほどwobbly

介護事業者に対しては、30%以上の卒業や移行を「みなし条件」に加算を行なうなどで誘導・・・

しかし、市内事業所も訪問10ヵ所、通所4ヶ所の減少に・・・新規で出来た所もあり、やっていけないと、もっと多くの事業所が撤退したとsad

社保協や議会での取り組みの中で、「卒業」の強制はしない、「申請」は断らないという成果を得たが、実態としてはまだ改められているとはいえないようです。

国や大阪府などはモデル事業として、こうした方式を全国に広めようと・・・とんでもないangry

泉大津の介護保険の状況については、ただち議員から詳しく報告がありました。

また、泉大津市内の介護事業所の方の参加もあり、改正のたびに条件が厳しくなっていること・・・

利用者の行き場がなくなるのではないかsign02という心配をしながらも、一事業所としては限界があると・・・

最後は、人として最後のあり方の問題まで・・・

そんな心配なく、人生を全うできるようにするには・・・

やはり政治の責任なんだと、いろいろと考えさせられた学習会でしたsign03

2018年5月17日 (木)

どうなっているの?泉大津の介護保険事業は…

「高齢者の介護を社会全体で支える仕組み」として、2000年からはじまった介護保険制度sign01

今年の4月からは、「第7期の介護保険事業」が・・・

昨年からは市が行なう「総合事業」なるものがはじまったが・・・

 

いったいどうなっているのかsign02 

みんなで学びあう学習会が今度の日曜日に行なわれます。

5月20日(日) 午後2時~ 勤労青少年ホーム 1階 集会室 

泉大津市の介護者家族の会 会長の細川さん・・・

体操で元気にと言いつつ、NHKクローズアップ現代でも取り上げられた介護認定から卒業させるという問題のあるやり方をしている大阪府大東市の市議会議員のあらさき美枝さん・・・

泉大津市の現状は、同会派のただち恵子議員からお話させて頂きます。

 

どなたでも参加してもらえますので、興味のある片などお気軽にお越しください。

 

介護保険制度の基で、利用者だけでなく、支えて支援する事業者も大変になっていると・・・

今、市内にある事業所へ実態アンケートにも取り組んでいます。

今日は午後から特別養護老人ホームやデイサービスなどいくつかの事業を行なっている比較的大きな法人さんですが、アンケートを届けに行って来ました。

 

総合事業はじまる前は、静観気味だった所も実際にはどうなのかsign02

利用者、事業者双方の、率直なご意見、課題や問題点などがあがってほしいと思いますsign03

 

2018年4月16日 (月)

今日から3日間は地方議員向けの社会保障研修会へ

この何年、余程の事がない限り毎年参加の大阪社会保障推進協議会の「全国地方議員研修会」へsign01

今日から3日間、なんば通い・・・bus

 

1日目は「生活保護制度をめぐる動きと実務上の論点、自治体で取り組んでほしいこと」

それと「女性とこどもの貧困の現状と背景、自治体の課題とはなにか」

今日から3日間は社会保障研修会へ

こどもやシンママさんだけでなく、誰でもこうなってしまう可能性のある社会の矛盾、若者ももちろん高齢者も孤独にならなくていいように、そんな社会に・・・

この3日間に込められた思いではshine

明日は「都道府県単位化後の国民健康保険の仕組みと自治体での課題」と「地方財政の基本と財政分析」について

明後日は「宝塚の日本一と言われる学校給食がなぜ可能なのか」と「介護保険制度の内容と課題」について

 

各コマ、3時間というみっちりの研修で、集中力を保つのがなかなかたいへんですが…coldsweats02

どれも自治体での課題や役割など実践的sign01

制度がどんどん変わって行くので、理解が追い付いていきませんが、ここに来ないともっと分からなくなるので、本当に役立つ研修会です。

しっかり学んできますsign03

2018年3月26日 (月)

高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画推進委員会を傍聴

すっかり日中はあたたかくなり、一気に桜の開花も進みそうです。cherryblossom

大阪はまだもう少し満開までかかるかと思っていたら、こんなに咲いている桜と遭遇・・・

お花見の予定をもう1週間早くしておいたらと思っても、もう案内してるし、再来週だと完全に「葉だけ見」になりそう・・・sweat01

 

今日は、高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画の推進委員会を傍聴・・・

計画を最終承認する日のため、あまり意見もないなぁと思っていたら・・・

 

最後に、朝日新聞に載っていたそうですが、認知症の方の「徘徊」という言葉がどうなのかsign02という事が話題になり・・・

「徘徊」という言葉をやめてはどうかと・・・

委員長からは「迷い人」(まよいびと)なんていう言い方についてのも話もあり・・・

いずれにせよ、どう支援していくのかを合わせて考えていかないといけないという事に・・・

 

普通に使われていても、それを聞いた人がどう感じるかsign02 

一つの視点としてもっておく必要のあることだと気付かされました。

 

2000年に介護保険制度がはじまって、18年sign01

泉大津市の高齢化率は13%から25%へ・・・

保険料は、3000円台から、5700円に・・・

これだけの保険料を集めているということは・・・

「計画をつくっただけにならないように」というあいさつもありました。

その為にも、市の役割、責任をしっかりと果たしてほしいと願いますsign03

2018年3月 6日 (火)

国保・介護の保険料、いっそうの負担増・・・厚生文教委員会で日本共産党以外はすべて賛成!

昨日開かれた泉大津市議会、厚生文教委員会sign01

私は委員ではないので隣室で傍聴ear・・・

この4月以降の国民健康保険、介護保険の保険料の負担増の議案・・・

出席した同会派の田立議員は、実際の保険料がどうなるのかsign02と追加資料を請求し・・・

ほぼ2時間かかった委員会のほとんどの時間を費やして、質疑karaoke

軽減がかかる低所得の世帯でも保険料の引き上げになり・・・

一定以上所得の層では、若干保険料引き下げになるものの、2割軽減の対象にも引き下げ対象にもならない、まともに負担増になる世帯があり・・・

その多くが、子育て中などの現役世代。・・・angry

私たちが一貫して求めてきた、子どもが多い世帯への減免制度の実施を求めました。

大阪府は統一化にあたってこの「多子減免」の実施をするかのように言っていたのに、府としての統一基準にはしないと・・・

その為、市独自で「3人目以降の子どもの均等割り額」を軽減する考えがはじめて示されました。

一歩前進にはなりましたが、それでもあまりにも高い保険料・・・

これまで4月、5月はみなし保険料として徴収し、その後不足分を上乗せしていたものも・・・

みなし期間がなくなり、10ヶ月での徴収になると・・・あまりの大きな引き上げ額に、通知が届いたらびっくりするんではwobbly

その為か、他の議員さんから「市民への周知の徹底」、そして「医療費削減につながる健康体操を」との質疑はありましたが、保険料の負担増にふれたのは田立議員だけで・・・

委員会での賛否も、国保も介護も保険料の負担増の議案に、日本共産党以外はすべて賛成で可決されましたsign03

田立議員の討論など⇒詳しくはココ(ただち恵子のブログ)から見れます。

2018年2月24日 (土)

国保も介護も保険料が値上げされようと・・・

昨日、今日はとてもいいお天気sun、寒さもやわらいでこのまま春になってほしい・・・

お伺いしたお宅の梅も、もう咲いてきてました。

ただ、そんな気分も吹っ飛び、懐の寒さがますます身にしみるのが・・・

国民健康保険(国保)と介護保険の保険料またまた値上げの方向に・・・angry

国保は、都道府県単位化のもとで、大阪府統一保険料とされて、泉大津では単身で比較的所得が高い人以外のほぼすべての世帯が負担増になる予定・・・

低所得や多人数の世帯ほど負担増に・・・annoy

3月の議会で決められようとしています。

その前にあった所管する厚生文教委員会協議会では、各所得世帯がどれだけの保険料になるのかの資料も示されなかったため、出席した同会派の田立議員が委員会の開催と資料の提出を強く求めました。←・田立議員のブログココから見れます。

介護保険でも、現行の保険料基準額(本人非課税・世帯が課税)の月額5,180円が、5,700円の引き上げに・・・wobbly

これからさらに審議になりますが・・・

市民があまり知らない、分からない間に、さっさと引き上げてしまおうと言われても仕方のないやり方で、これに簡単に同意するなら議会や議員のあり方も問われるのではないでしょうかsign02

2018年2月13日 (火)

「保護」ではなく「生活保障」法に!

先週の衆議院予算委員会で、日本共産党の志位和夫委員長が提案した「生活保障法」への反響が広がっていますsign01

格差と貧困が深刻な状況の中で、現実のリアルな声を紹介・・・karaoke

2人の子がいるシングルマザー「ギリギリの生活で、3年間に一度も病院に行けず・・・薄氷を踏む生活・・・」

3人の子がいるシングルマザー「お風呂は冬場は週一回、あとは水シャワー・・・」

生活保護でいのちと暮らしをようやくつないだのに、政府が行う生活扶助費の引き下げ・・・

貧困の実態、暮らしの現実を見ないあまりにもむごいやり方・・・angry

世界の先進国では、貧困ラインは引き上がっているのに、日本は下がり続けています。

図

そもそも生活保護で生活を保障しなければならないのに、2割の程度の「捕捉率」しかないことも世界でも異常な事で大問題なのに・・・

生活保護に対する「バッシング」と「スティグマ」(恥と思わせる)で、ギリギリの生活でもためらい、我慢しているのに、困り果てて行った窓口での誤った説明(ex:働いていたらだめ、若いからだめなどetc)がされる「水際作戦」で追い返されることが依然としてある。

志位委員長は、こうした貧困の深刻な状況を打開するために4つの緊急提案sign01

「保護」という名称が、憲法25条で保障された生存権を保障するということになっていない・・・

1 法律の名称を「生活保障法」にする。

2 国民の権利と明らかにして、制度の広報、周知を義務付ける。

3 申請権を侵害しないことを明記して、「水際作戦」を根絶する。

4 定期的に捕捉率を調査、公表し向上に努める。

誰でも病気やけが、失業などの思いがけないトラブルで、生活が行き詰ることは起こりうる・・・

私もこれまでも何人も生活たいへんという人の相談にのってきましたが・・・

「まさか自分が」と・・・

「病気で働けなくなって」・・・

「自分だけでなく、家族が病気になって」など、そうなりたくてなったなんて人には出会ったことはありません。

それまでちゃんと税金も払ってまじめに働いてきたにも関わらず・・・

そんな時でもちゃんと暮らせる保障が社会保障・・・shine

そのための「保護」ではなく、「生活保障法」・・・

誰もが正当に利用できる制度にするのが、憲法25条に基づく生存権を保障する政治の責任ではないでしょうかsign03

2018年1月19日 (金)

病気で入院の相談が2件続き・・・医療費負担これがやっぱり大変です!

午前中、地域を回っていたら電話が・・・mobilephone

緑照寺さん、浄土真宗本願寺派のお寺で建物が印象的で、写真をスマホでちょうど撮った時でした。

早めに訪問を切り上げてお会いすることに・・・その後にも別の人とsweat01

今日の相談があった2件とも、入院に関わっての費用負担の重さ・・・

年金があっても、年金生活でなくても、いきなり生活費の範疇を大きく超えて費用がかかってくる。wobbly

「備えあれば憂いなし」とばかりに保険屋さんが宣伝していますが・・・

その備えすら簡単に出来ない人が大勢おられます。despair

保険料すら払えず滞納せざるを得ない人も・・・誰もそうしたくてしているわけではない。

そうなってしまうにはそれなりの理由があるはずなのに・・・

身近な所でも「滞納分を先に10万円払え」と言われたなど、対応に疑問を感じることがあったと聞きました。

困って相談に来ているのに、なぜ払うことが出来ないのかを、もっときちんと事情を聞き取り把握して、丁寧な対応をして頂きたいと思います。

全日本民主医療機関連合会(民医連)の調査では、お金がなくてまともに医療機関にかかれず、手遅れになり死亡した事例が昨年は「58件」あったと・・・

しかし、この調査は民医連に加盟する600あまりの事業所の調査なので、これはまさに「氷山の一角」だと・・・sweat01

お金のない人は死んでも仕方がないといわんばかり、これが政府の言う自己責任でしょうかsign02

このまま医療と社会保障のあり方が大きく変えられて行けばどうなってしまうのかsign02

「命」と「健康」を守るための「国民皆保険制度」とは言えなくなってしまいますsign03

2017年12月27日 (水)

市の各種計画に対するパブリックコメントの募集がはじまりましたが・・・

今年も残すところあと少し・・・sign01

寒さがいっそう厳しくなって来ました。

そんな中、昨日は安倍首相らが目指す「憲法9条改正NO!憲法を生かす全国統一署名」を集めて、地域を回りました。

ハンドマイクkaraokeで訴えながら、みんなで手分けして訪問・・・

泉大津でも各地域、駅頭での取り組みが進んで来ましたが、全国統一の署名なので、どこかで出会ったらぜひご協力ください。

また、呼びかけ団体安倍9条改憲NO!全国市民アクションココから内容や取り組みなどチェックできます。

そして、泉大津市で昨日からはじまった、各種福祉関係の計画のパブリックコメントの募集sign01

それも一斉に・・・それぞれ写真では分かりにくいですが、かなりのページ数wobbly

「第4次泉大津市地域福祉計画・第3次地域福祉活動計画」

「泉大津市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」

「泉大津市第5期障がい者福祉計画・第1期障がい児福祉計画」

「泉大津市国民健康保険特定健康診査等実施計画」

しかも募集期間は、12月27日(水)~1月19日(金)19日間sign01

この年末の押し迫った年の瀬と年始を挟んでの期間設定sign02

この短いあわただしい時期で、いったいどれだけの人が、読み込んで意見を出すことができるでしょうかsign02

積極的に市民の声を引き出したい、お聞きしたいというのなら、これはないのではないかと思うのは私だけでしょうかsign02

計画決定のおしりが決められているので、それまでにするなら逆算でこうなるのなら、どう意見を受け付けられるような働きかけをしているのかsign02

ただ単にホームページで告知して、情報公開コーナーに冊子を置いておくだけの形だけのものなら、パブリックコメントの意味を再確認しないと・・・

そうは言っても、募集ははじまっているので・・・

興味関心のあることだけでも、ささいなことやこうあってほしいことなど、パブリックコメントへのご意見をお寄せくださいsign03

2017年11月27日 (月)

泉大津生活と健康を守る会の第21回定期総会へ

昨日の午後は、泉大津生活と健康を守る会の第21回定期総会に来賓として出席して、ごあいさつをさせて頂きました。happy01

会は、「なんでも相談会」を定期的に行い、困っている人たちの相談にのり、必要な支援につなげるなど、名前のとおり市民の「生活」と「健康」を守る取り組みをしている団体です。

誰もが人間らしい生活を送ることができるよう憲法25条の基本的人権を守り、生存権を保障する大切な取り組み・・・shine

暮らしに必要な制度を活用して、みんなの声や願いを聞き、みんなで力を合わせて改善を求めたり、必要な新しい制度をつくることを提案するなど・・・

しかし、国は地域共生社会の実現などと、よさそうだけどいまいち分かりにくいことを言って、自助(自分で何とかする)、共助(地域の助け合いで何とかする)ことを、公的な責任は出来るだけしなくてもいい方向で置き換えようとしています。coldsweats02

地域のつながりや取り組みは大切ですが、みんながみんな参加できません。

また、地域の中の地域力には差があります。

その中で、特に個人に起こる問題や課題は、地域がというより、やはり公的な役割と責任を通じて解決が図られなければ、かえって放置されたり、問題が大きくなるのではないでしょうかsign02

あいさつでは、そんな国の動向などを紹介し、生健会の取り組みの大切さを発言させてもらいました。

そんな事に思いめぐらせている今日この頃です。

あさってが一般質問の発言通告の締め切り・・・

がんばりますsign03

より以前の記事一覧

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ